■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50
投下代行スレ

1 :風と木の名無しさん:2011/06/16(木) 12:22:02 ID:h0wT/kes0
アクセス規制や忍法帖レベルが足りないなどの理由で本スレに投下できない人が
作品を投下して、誰か他の人に本スレに投稿してもらうスレです。

代行を依頼したい書き手さんは投稿する内容をテキストファイルにまとめたもの
をアップローダーにアップするか、このスレッドに直接投稿してください。

例:
【名前欄】作品タイトル 1/3(←投下時のナンバリング・適宜変更してください)
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/059.txt

アップローダー
http://morara.kazeki.net/upload/


2 :風と木の名無しさん:2011/06/18(土) 23:43:20 ID:P7N5Xb3g0
>管理人様
代行スレを作っていただき、ありがとうございました。
早速ですが、投下代行をお願いいたしたく、利用させていただきます。

【名前欄】「力の代償」1/6 〜 6/6
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/060.txt

自分なりに、かなりのエロなので、他人様に投下をお願いするのもどうかと思い悩んだのですが、
忍法帖のレベルがなかなか上がらなくて、長文を投下することができないので、
どうか、よろしくお願いいたします。

また、勝手を申しますが、投下するのは、埋めがてらに第64巻の方にお願いしたいと思います。

3 :保管庫管理人 ★:2011/06/19(日) 04:13:29 ID:???0
>>2
完了しました。ちょっと途中で行数大杉のエラーが出てくるので、予定より多めのレス数
使ってしまいました。
いちおう致命的なミスはないと思いますが何かあったらおしえてください

4 ::2011/06/19(日) 09:30:58 ID:vGAi03Ls0
>>3
投下して頂き、ありがとうございました!

こちらで分割していた行数が多すぎて、余計なお手間を取らせてしまって申し訳ありませんでした。
分割は、もう少し余裕を持たせないとダメですね。

他にも、投下される際に、やりにくかった点などがありましたら、お知らせください。

この度は、本当にありがとうございました。

5 :風と木の名無しさん:2011/06/20(月) 01:33:31 ID:UmNtkSHc0
こんなスレが立っていたんですね。管理人様、いつもお疲れ様です。
父の日ネタを昨日のうちに投下したかったのですが、久々に2ちゃんに来たら、
忍法帖のレベルがリセットされていて驚きましたorz
どなたか、代行をよろしくお願い致します。

【名前欄】Waltz 岩西×蝉 「紫陽花」 1/7〜7/7
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/061.txt

6 :風と木の名無しさん:2011/06/20(月) 08:08:19 ID:awNymD7k0
>>5
行きます

7 :6:2011/06/20(月) 08:12:35 ID:awNymD7k0
だめでした。どなたかお願いします。
先に保管庫の方に入れておくのはありかな。

8 :6:2011/06/20(月) 08:14:33 ID:awNymD7k0
やっぱりそれはやめときます。

9 :風と木の名無しさん:2011/06/20(月) 13:29:28 ID:zmYMbgiAi
>>5
行ってきます

10 :風と木の名無しさん:2011/06/20(月) 13:36:11 ID:zmYMbgiAi
完了しました

11 :風と木の名無しさん:2011/06/20(月) 22:47:31 ID:khslxIhE0
お願いします。前スレで失敗したので諦めてました!

【名前欄】夜空 1/5〜1/5
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/062.txt



12 :風と木の名無しさん:2011/06/21(火) 00:34:38 ID:tpo+z3vAO
>>11
行ってきます

13 :5:2011/06/21(火) 00:46:23 ID:NcmaTihU0
>>10
姐さんのおかげで、嬉しい感想が貰えました。
本当にありがとうございます。

>>6さんもありがとう。

14 :12:2011/06/21(火) 01:00:27 ID:tpo+z3vAO
>>11
完了しました。
1レス目が長文エラーにひっかかったので、改行を変えました。

15 :風と木の名無しさん:2011/06/21(火) 10:46:51 ID:JMl4V3FE0
>>12,14
ありがとうございました!
お手数掛けてすみません

16 :風と木の名無しさん:2011/06/21(火) 14:11:41 ID:MoSTCN2Q0
思ったんだけど、投下する時に代行であることをどっかに記載した方がいいんじゃないのかな
今はまだないけど、一人の人が複数作品を代行することもあるかもしれないし

17 :風と木の名無しさん:2011/06/22(水) 00:14:24 ID:cYCXiA4A0
>>16
私は特に明記しなくてもいいんじゃないかと思うな

同じIDが続くと連投じゃないかと勘ぐられるかもしれないけど
連投ウゼーとか叫ぶ人は、同ジャンル同カプが続いたときに沸いて出る感じだし
逆にIDとか投下日付とかは見て無いっぽいから

18 :風と木の名無しさん:2011/06/29(水) 11:49:52 ID:e5Vm/Pp60
初投稿です
忍術Lv.不足のため代行投下よろしくお願いします

【名前欄】異邦の日頃 1/3〜3/3
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/064.txt


19 :風と木の名無しさん:2011/06/29(水) 13:45:59 ID:qhks33lU0
>>18
行ってきました、完了です

20 :風と木の名無しさん:2011/06/29(水) 14:36:46 ID:e5Vm/Pp60
>>18です >>19ありがとうございました
投稿前に推敲したのですが読み返して赤ペン入れたい個所を二つ発見しました
書き手自身は修正レスを書き込まないほうがよいのでしょうか?
せっかく代理投稿の手間をかけてくださったのに当方が迂闊で誠に申し訳ありません

21 :風と木の名無しさん:2011/06/29(水) 17:53:01 ID:m5akbcu20
>20
今までも修正レス入れる人いたから、いいんじゃないかな
そりゃ、何度も何度も修正いれるのはNGだと思うけども

ただ、現行スレに書き込むのをためらうくらいなら
保管庫に収録されてから、こっそり直すのもアリだよ

22 :風と木の名無しさん:2011/06/30(木) 02:00:49 ID:GHjTClN20
>>21
1レスなので現行スレに書き込みました
代行投下してくださった>>19さん
修正レス書き込みのアドバイスをくださった>>21さん
誠にありがとうございました

23 :風と木の名無しさん:2011/07/04(月) 23:42:34 ID:iF1f4EYc0
初めてなのでこれでいいのかどうか?
間違ってたら教えてください!
これからもお世話になりたいのでよろしくおねがいします!!
【名前欄】仮面ライダー000パンツ腕1/6〜6/6
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/064.doc





24 :風と木の名無しさん:2011/07/05(火) 18:02:02 ID:Gu26HGJc0
>>23
行ってきます

25 :風と木の名無しさん:2011/07/05(火) 18:15:10 ID:Gu26HGJc0
>>23
完了しました。
改行大杉エラーが出たので適宜調整の上投下いたしました。

あと、添付ファイルはWord(拡張子.doc)よりもプレーンテキスト(拡張子.txt)
の方がいいかもしれません(PCによってはWord等が入っておらず.docを開けない
環境の人もいるかもしれないので)

26 :23:2011/07/06(水) 20:26:10 ID:+TwdVG3YO
>>24 25
ありがとうございました。
次回から気を付けます。
またよろしくお願いします。

27 :風と木の名無しさん:2011/07/10(日) 16:17:51 ID:UzaE1EHs0
LV不足のため投下できないということで、こちらに依頼させていただきます
お手数おかけしますが宜しくお願いします

【名前欄】バガボンド植田×清十郎
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/065.txt

28 :風と木の名無しさん:2011/07/10(日) 21:22:31 ID:dMHdw4Lc0
>>27
行ってきます

29 :風と木の名無しさん:2011/07/10(日) 21:29:13 ID:dMHdw4Lc0
>>27
done.


30 :風と木の名無しさん:2011/07/10(日) 21:31:53 ID:dMHdw4Lc0
今まで何度か代理投稿やってみた結果、改行は30行ぐらいが限界らしいことが判明
25〜27行ぐらいで区切り入れるようにしたら多分丁度いいかと思います

31 :27:2011/07/10(日) 22:49:26 ID:y3muufQI0
代行していただいてありがとうございました
アドバイス参考にさせていただきます

32 :風と木の名無しさん:2011/07/11(月) 19:50:10 ID:JqzSeB1o0
はじめて利用させていただきます。
なかなかレベルが上がらず、こちらにお願いさせていただくことにしました。
お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

【名前欄】影の狩人 魔法使い×黒髪狩人
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/066.txt

33 :風と木の名無しさん:2011/07/12(火) 02:11:17 ID:Bk8IYRoQ0
>>32
ノシ

34 :風と木の名無しさん:2011/07/12(火) 02:32:08 ID:Bk8IYRoQ0
>>32
オワタ

2/8を投稿する時「長すぎる行があります」のエラーが出ますた
11行目(マ/グ/ナ/スは〜の文)を途中改行したら回避できた

あとテキスト一行目の作品名はそのまま投稿していいのか分からんかったので
念のためスラッシュ入れておいた

35 :風と木の名無しさん:2011/07/12(火) 18:57:20 ID:n/g+4U7o0
>>34
ありがとうございます。助かりました!
お手数おかけして申し訳ないです

36 :風と木の名無しさん:2011/07/17(日) 23:41:21 ID:azhprjIk0
すみません。携帯で投稿していたのですが見事にひっかかりました。
途中からですが代行をお願いできる方がいらっしゃったらよろしくお願い致します。

【名前欄】海の記憶
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/067.txt

37 :風と木の名無しさん:2011/07/18(月) 00:32:38 ID:5DLD6fAo0
>>36ですが、サルが解除されとりあえず続きを途中まで投下出来ました。
残りも何とか自分で頑張ってみようと思いますので、上記の依頼はキャンセルさせていただくようお願いします。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

38 :風と木の名無しさん:2011/07/22(金) 21:46:11 ID:RuAWipZ+0
規制で投下できませんでした。
お手数おかけしますが、代理投稿よろしくお願いします。

【名前欄】ジャケット
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/068.txt

39 :風と木の名無しさん:2011/07/23(土) 21:56:03 ID:B9aXmGUw0
>>38
行きます

40 :風と木の名無しさん:2011/07/23(土) 22:01:21 ID:B9aXmGUw0
>>38
done.
長すぎる行がありますエラーが出たので適宜改行しました。

41 :風と木の名無しさん:2011/07/23(土) 22:08:10 ID:39Sr6/4AO
>>40
>>38です
代理投下ありがとうごさいます
適宜改行などお手数おかけしました

42 :風と木の名無しさん:2011/08/05(金) 19:15:30 ID:OgzWaARA0
【名前欄】Waltz 岩蝉岩 「夏蝉」 7/8〜11/8
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/069.txt

連投規制に引っかかってしまうので、続きの投下の代行をよろしくお願い致します。
分割数が11/8なのは、文章が長すぎると言われたからです。本当に申し訳ない。

43 :風と木の名無しさん:2011/08/05(金) 21:18:17 ID:4lZ5DE2M0
>>42
行きます

44 :風と木の名無しさん:2011/08/05(金) 21:20:13 ID:4lZ5DE2M0
>>43
done.

45 :42:2011/08/05(金) 23:28:04 ID:RS4CvCbI0
>>44
代行ありがとうございました。

46 :風と木の名無しさん:2011/08/07(日) 22:15:14 ID:t8xFCDhs0
前回連投規制に引っかかってしまった為、代行をお願い出来たらと伺いました。
いつでも結構なのでよろしくお願い致します。

【名前欄】泡沫 1/9〜9/9
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/070.txt

47 :風と木の名無しさん:2011/08/08(月) 20:08:34 ID:vDOTDiTU0
>>46
done.

48 :風と木の名無しさん:2011/08/08(月) 20:48:25 ID:8mz06IHs0
>>47
あらためて、代行ありがとうございました。
お手数お掛けしてすみません。助かりました。

49 :風と木の名無しさん:2011/08/12(金) 23:27:59 ID:h6E4Dw8k0
忍法帳を作れない状態なので、お手数ですが代行をお願い致します。

【名前欄】「僕の相方」
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/071.txt

50 :風と木の名無しさん:2011/08/12(金) 23:33:15 ID:h6E4Dw8k0
49ですすみません。
上記のファイル、文末が抜けていました。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
なんだかんだといいコンビな二人がいとしいです。
投下代行ありがとうございました。

を入れて頂けると有り難いです。不備があってすみません。

51 :風と木の名無しさん:2011/08/12(金) 23:41:18 ID:IHB3SnOki
>>50
行きます

52 :風と木の名無しさん:2011/08/12(金) 23:47:19 ID:IHB3SnOki
>>50
完了
本文長過ぎエラーが出たので最後分割しました

53 :風と木の名無しさん:2011/08/13(土) 00:03:40 ID:wLuu6pBo0
>>52
すみません。分割と投下、本当にありがとうございました。
感謝しております。

54 :風と木の名無しさん:2011/09/04(日) 18:00:22 ID:OActDcLo0
規制の為お手数ですが、代行をよろしくお願い致します。

【名前欄】推理好きの隣人 1/5〜5/5(+ラストAA 1)
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/073.txt

55 :風と木の名無しさん:2011/09/04(日) 20:21:15 ID:O58QEEjQ0
>>54
行ってきます

56 :風と木の名無しさん:2011/09/04(日) 20:24:07 ID:O58QEEjQ0
>>54
完了しましたです

57 :風と木の名無しさん:2011/09/04(日) 21:23:36 ID:OActDcLo0
>>56
代行ありがとうございました。感謝です。

58 :風と木の名無しさん:2011/10/08(土) 02:00:01 ID:cSL1GLOc0
本スレ142から投稿していた者ですが、最後規制のようなので
申し訳ありませんが、代行お願いできますでしょうか。
不首尾&長々手間取り大変申し訳ないです。

【名前欄】Rather than Suffer 10/10
【メール欄】sage
【本文】

わずかに顔を傾け、視界際に兄を捉えるシャ一口ックの声はどこか酩酊に似る。飲み干したのかもしくは手遊びでそうするのか、空のコップを持って窓辺に置いた椅子に座るその両足は、幼子のようにぶらぶらと前後に揺れる。
その先に落ちているのは、多すぎる銀紙の抜け殻。時折、彼にだけ見える蝶を追うように、重たげに頭は右へ左へとさまよう。
生成りのナイトウエアを、急いだのだろう、後ろ前に着ているのにも気づいていない。
そしてもっともマイク口7卜が見たくなかったもの。
壁伝いに、彼は弟の正面へと移動した。兄はそれを視認し、両手で顔を覆う。続く咆哮。
シャ一口ックの細く滑らかな首筋をトレースする、まだ緋色を保つ無数の名残り。

Fin

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!



>>145さん,149さん,153さん
投稿ご支援ありがとうございました。助かりました。
最後もたついて申し訳ありませんでした。

59 :58:2011/10/08(土) 02:20:03 ID:cSL1GLOc0
自己解決できました。
スレ汚し&お騒がせ重ねて大変申し訳ありませんorz

60 :風と木の名無しさん:2011/10/10(月) 18:29:05 ID:xoxNtbD20
お手数ですが、代行をよろしくお願い致します。

【名前欄】川のほとりで 1/4〜4/4
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/074.txt



61 :風と木の名無しさん:2011/10/10(月) 23:19:32 ID:2M8X9mUU0
>>60
いってきますね


62 :風と木の名無しさん:2011/10/10(月) 23:31:59 ID:2M8X9mUU0
>>60
完了しました

63 :風と木の名無しさん:2011/10/10(月) 23:34:43 ID:2M8X9mUU0
>>60
ごめんなさい。名前欄間違えてしまいました。
申し訳ありません!!


64 :風と木の名無しさん:2011/10/11(火) 00:04:45 ID:3tdm4vfU0
>>61-63
規制中の為こちらで失礼します。60です。
代行ありがとうございました。感謝します。
タイトルはお気になさらずに。僕電の方がある意味わかりやすいですw

65 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

66 :風と木の名無しさん:2011/10/15(土) 18:16:03 ID:vI2/hGGwO
すみません。忍法帖で投下できなかったので代行をお願いしたいんですが、アップローダーの使い方がわかりません。
このスレッドに直接投稿でも良いとのことなのですが、その場合は本スレに投下するのと同じようにレスを投稿すればよいのでしょうか。


67 :風と木の名無しさん:2011/10/15(土) 23:24:31 ID:46v9+WkE0
>>66
本スレと同じようにしといた方が、分かり易くていいと思うよ


68 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:13:05 ID:BXf1wYukO
>>66です。
お手数ですが代行をよろしくお願い致します。
この注意書き含め7レスほどお借りします。

【名前欄】ヨロコビ 0/6
【メール欄】sage
【本文】
半生注意。
洋画スプラッターホラー「深夜の肉列車(要英訳)」主人公受け。
※エロ(強姦・異種姦)、グロ(殺害・カニバ・死体描写)注意。
苦手な方はお手数ですが数レスほど飛ばしてください。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

69 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:14:16 ID:BXf1wYukO
【名前欄】ヨロコビ 1/6
【メール欄】sage
【本文】
俺は悲鳴のようなものを上げた。数十秒前に素手で俺の舌を引きちぎった男が、たった今目の前で俺の大切な人の喉元にナイフを突き立てたからだ。
彼はそのままナイフを胸まで滑らせ、ばっくりと口を開けたそこに手を突っ込む。そして勢い良く引き抜くと、その手には何かが握られていた。その何かを失った彼女は一度だけビクンと身体を揺らし、そして事切れた。
「…ぁ、あぁ……!!」
舌を奪われた俺は何も言えなかった。いや、舌があったとしても同じだっただろう。まさか、こんなに理不尽に彼女の命が奪われるなんて。
ひきつった表情のまま固まっている俺の元に彼が再びやってくる。その手に握ったもの――彼女の心臓を目の前に突き出し、静かに語りかけた。
「さぁ、僕となれ。これは命令だ。彼らと我らが交わらぬように」鈍く光る刃物より鋭く冷たい眼差しでそう告げる。掌の心臓は、もう持ち主を生かすことなどできないというのにまだ鼓動を打ち続けていた。
その様に目を奪われていると、彼は心臓を俺の口元へと運んでくる。
「喰うんだ」
「……は…?」
「これを喰え。そして『人間』であることを捨てろ」
未だパニックを起こしている頭では彼の言葉の意味を半分も理解できていなかったが、とにかく頭を横に振って拒絶を示す。
俺の身に起きたこと、彼女の身に起きたこと、そして今置かれている状況、全てを拒んで無かったことにしたかった。
「言っただろう。これは命令だ。お前には従うという選択肢しかない。拒むことも逃げることも、死ぬことすら許されない」
「ぅ……っ」
彼は座り込んでいる俺と目の高さを合わせるように片膝をつき、瞬きもしないままじっと俺の目の奥を見据えながらゆっくりと囁く。
「いいか。これはとても名誉なことだ。お前が、我らと彼らを繋ぐ掛橋となるんだ。俺達は他の誰も知らない真実を知り、その一部になることを許されたほんの一握りの存在だ」
混乱する頭の中に彼の言葉が突然浸透し始める。まるで荒れ狂う海がすっと凪いでいくように周囲の雑音が消えていく。自分の喘ぐ呼吸すらも。
「お前は選ばれた。それを受け入れろ。お前の身体は既に準備が出来ている。あとは頭だ。今までの価値観や信念などもう必要ない」
聞けば聞くほど、それは正しいことのように思えてくる。今までの俺は本当の俺じゃない…そんな気さえしてきた。

70 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:17:19 ID:BXf1wYukO
【名前欄】ヨロコビ 2/6
【メール欄】sage
【本文】
少しずつ揺らいでいくのを見透かしたように、彼は一際強く俺に言い聞かせる。
「さぁ喰え。そしてお前の中の『人間』を殺せ」
もはや逆らうという選択肢はなくなりつつあった。まだかろうじて脈を打っている心臓に吸い寄せられるように、俺はそっと口を付けた。
今までに経験したことがないほど強烈な血の匂い。まだ死んでなどいないと主張しているような温かさ。拍動というよりはもう痙攣に近いその反応。
俺はその全てに彼女を感じながら、しかし抑えきれない衝動に流されるままソレに歯を立てた。
肉は想像していたよりも硬く、何度も顎を動かしてようやく一口分を噛み切ると、中から一気に溢れ出した血液が口内を満たす。あまりの量に口の端から零れてしまったが、気にも留まらなかった。
その肉が、その血が、信じられないくらい美味かったからだ。舌を失ったはずなのに、まるで脳が直接感じ取っているかのようにそう思った。
俺は差し出された彼の手を掴み夢中になってソレを貪った。初めこそ彼女を喰うなんてと絶望すら覚えたのに、
やがてこれを喰えば彼女と一つになれるのだからと錯覚し、肉片も無くなる頃には彼女の存在など頭から消え、一心不乱に喰らいついているだけになっていた。そんな俺を見て彼は愉しそうに笑う。
「お前菜食主義だっただろう」
「……っ、あぐ…」
「こんなに美味そうに喰ったヤツは久しぶりだ」
喰うものがなくなってしまい、俺は血塗れの彼の手をしゃぶる。舐め取ることができないので、指をくわえて吸い上げるようにして全てを喰い尽くそうとしていた。彼はそれを止めようとはしない。
まるでフェラチオしてるみたいだな、とどこかに残っていた冷静な部分で思う。それをきっかけに先程まで異常な興奮状態だったことを思い出し、再び心拍数が跳ね上がる。
背筋に走る鳥肌が立つような感覚と共に一気に体温が上がり、喉が渇く。それを解消しようと躍起になって彼の指に吸い付いた。
「ん…ぅ、はぁ……っむ」
視点が定まらない。まともにものも考えられない。
俺は何をしてる?
ナニを?
俺?
オレって誰だ?
おれは――…
「っ、うあっ…!!」
頭の中が真っ白になった瞬間、俺は射精していた。座ったまま身体を痙攣させ、掴んでいた彼の手にすがり付く。

71 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:19:18 ID:BXf1wYukO
【名前欄】ヨロコビ 3/6
【メール欄】sage
【本文】
「ぁっ…っ、ん、ふっ…ぅ…」
「面白いな。こんな反応を見たのは初めてだ」
彼は力任せに腕を振り払い、項垂れた俺の顎を掴んで上を向かせる。俺は血液と涎が混じったものを口元からだらしなく溢しながら虚ろな目で彼を見上げていた。
彼は改めて値踏みをするように俺を観察し、向こうにある地下鉄の車両を見遣る。やがて何かを察し、自力で動けない俺を無理矢理立ち上がらせた。
「んん…」
「どうやら彼らがお前に興味を持ったようだ。行って相手をしてやれ」
「…あ…?」
まだぼーっとしている俺の腕を肩に担ぎ、人間の骨で埋め尽くされた廃墟を横切っていく。徐々に車両に近付いていくと、『彼ら』と呼ばれる何かの姿がはっきりと見えてきた。
人間より大きく、異形な彼らが揃って俺を見ている。目があるようには見えないが、見られているとしか思えない。だが最初に見た時に感じたような恐怖や嫌悪感は湧かなかった。俺の中の何かがもう麻痺し始めているようだ。
「さぁ、きちんと挨拶してこい」
彼が車両の扉を開け、俺をそこに放り投げる。
「うっ!!」
「お前の新しい雇い主達に」
そして扉が閉まるのも待たずに彼はそこから立ち去っていった。
血の海と化した金属の床に、彼らの喰い散らかした肉片や骨が転がっている。さっきとは比にならないほど強い血の匂いが目眩を引き起こし、
同時に気が狂いそうなほどの興奮が身体を支配していく。息苦しさを感じて仰向けになると、彼らが俺を囲むようにして見下ろしていた。
「はぁ……あ、ぅあ…っ」
気付かない内に溜まっていた涙で歪む視界の中に手を伸ばす。彼らの一体が、それに応えるように俺の手をゆっくりと掴んだ。
そいつはしゃがんで俺を頭から引き寄せると、羽交い締めにするようにして抱き抱える。他のやつらも同じようにしゃがみ、ボロボロだったパーカーを引きちぎっていく。
「うぅっ…!」
咄嗟に顔を背けると、後ろにいたやつが俺の口の中に長い舌を滑り込ませてきた。喉の奥にまで届きそうな舌が暴れ回り、何度もえづく。
「おごっ……っ、ゔぇ、っっ!!」
苦しくてばたつかせた脚を押さえ込まれ、ベルトを掴まれる。やつは硬い爪でそれを一気に引きちぎり、下半身を露にされてしまった。

72 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:20:33 ID:BXf1wYukO
【名前欄】ヨロコビ 4/6
【メール欄】sage
【本文】
すると横から違うやつが俺のモノに舌を巻き付かせる。それを器用に動かして扱かれるとあっという間に熱を取り戻した。
「っはあ、あ……ぃっ」
色んな方向から伸びてくる舌が身体中を舐め回す。身を捩ると押さえ付ける彼らの鋭い爪が肉に食い込んで血が滲んだ。
痛みは感じなかった。痛みを感じる余裕もないほど責め立てられた。
「ひ……ひぁっ!は、ぁ、ん゙ん゙っっ!!」
だが容赦なくやつらの舌が俺の中に捩じ込まれた時は悲鳴を上げた。そんな風に使ったことがない部分に何本もの舌を差し込まれ、奥を蹂躙される。
「あ゙ぁ、あ゙……うっ、ぐぅっ!うゔぅ!!」
目を見開き、ガクガクと身体を震わせながら衝撃に耐える。目尻から落ちた涙をどいつかの舌が舐めとるのを感じた。
開きっぱなしの口に指が差し入れられ、俺は無意識にそれをくわえ甘噛みする。口内に広がる誰のものともつかない血の味が苦痛を和らげていく。やがてそれは言い様のない快楽へと変わっていき、全ての感情や思考を蕩けさせてしまう。
「んむ……ふ、う…」
音を立てて指を吸い上げる。もう自分の行動に何の疑念も湧いてこない。
彼らの思うままに。彼らの望むままに。それこそが至上の悦びである。
誰に言い聞かせられた訳でもなくそう思った。今までの常識や価値観を全て塗り潰し、何をやっても掻き消すことなどできないほど深く、強く刻み込まれていくのを感じる。
「…あ…ぁ、は…はは、ははは……!」
素晴らしいことじゃないか。もう何にも縛られることはない。
これからはただ彼らの為に生きていけばいい。そうだ、俺は初めからそうなる為に存在していたんだ。
そう確信すると、まるで目の前を遮るものがなくなったようにとても清々しい気分になる。そしてこれ以上ないというくらいの幸福が全身を満たしていった。
「…いっ!?っ、うぅぁ……っ!」
突然、俺の中に入っていた舌が無理矢理その入口を拡げ始める。驚いてそっちを見ると、ちょうど俺の真正面にいたやつの下腹部辺りが不自然に膨らんでいた。
やがて下の方から薄い肉が捲れ上がり、そこから人間の男性器のようなものが姿を表した。形は似ていたが、大きさは人間とは比にならない。
こいつが何をしようとしているかを理解した瞬間、そいつはその大きくそそり立ったモノを拡げられたソコに一気に押し込んだ。

73 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:22:21 ID:BXf1wYukO
【名前欄】ヨロコビ 5/6
【メール欄】sage
【本文】
「あがっ…!!!」
凄まじい圧迫感で完全に息が止まる。それに伴い全身が強張ってしまったので半分までしか収まらなかった。それ以上先に進まないことに気付いたそいつは、その場で強引に抜き差しをし始める。
「かはっ!あ゙っ、ぎ、ひっ!!」
体当たりのような突き上げに弾かれる身体を後ろのやつが押さえ込む。固定されたおかげで力の逃げ場がなくなり、屹立がどんどん内壁を押し広げながら潜り込んでいく。
「ぅ゙あ゙あっ、はぁ、ぐうっ!!」
腹を突き破られるんじゃないかと思うほどの衝撃に声を上げた。だが、それもいずれは快感に変わっていくことはわかっている。彼らが俺に与えてくれるものは全て悦びだ。苦痛なんかであるはずがない。
その証拠に、舌に巻き付かれた俺のモノは萎えるどころか先走りを溢れさせてひくついている。
「…っは、ん゙…っ!あ、やっ……はぁ、あっ」
もっと強く。もっと深く。激しく突いて、バラバラに千切れるまで。
「はぁっ、はあ、あっう、いっ…!!」
ゾクゾクと快感が駆け上がる。俺は泣きながら嬌声を上げ、羽交い締めにしているやつの腕にしがみ付く。それに応じるようにそいつは舌で俺の頬を撫でた。
「ぁひっ、ぎ…やあっ、あ゙っ!!あ、あ、イく、イくっ、もっ…!!」
言葉の意味がわかったのか、俺を犯しているやつが急に俺の腰を掴んで力任せに引き寄せる。メリメリと音を立て、俺の身体はやつのモノを無理矢理飲み込まされていく。
そのほとんどを収めてしまう頃には、堪えきれず絶頂を迎えて自分の腹の上に精液を撒き散らしていた。
「――――ぁっ……!!!」
ビクビクと全身を痙攣させ、内壁でやつのモノをきつく締め付ける。するとやつは一声大きく吠え、今までで一番強い力で腰を打ち付けた。
「あ゙ぐっ…!!?」
完全に根元まで突き刺され、先端の形に腹が盛り上がる。やつがもう一度腰を揺らすと中に入っていた屹立が膨張し、そして破裂したかと思うほどの勢いで焼けるように熱い液体をぶちまけた。
想像を絶する感覚に悲鳴すら出なかった。自分でも死んだと錯覚するほどに身体を硬直させ、目を見開いたまま意識を失った。

74 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 02:23:48 ID:BXf1wYukO
【名前欄】ヨロコビ 6/6
【メール欄】sage
【本文】
だが再び意識を取り戻すのにそう時間はかからなかった。次のやつがまた俺の中に入ってきたからだ。そいつも同じように俺に種付けをする。
子孫を作るというよりはマーキングといった方が正しいだろうが、所有物の証を付けられているのだと思うと実に誇らしく思えた。
どれくらいの時間がかかったのかはわからないが、俺はそこにいた彼ら全員と交わった。全てが終わり俺を車両に置き去りにした男に助け出される頃には、以前の俺を構成していた要素など欠片も残っていなかった。
それから一週間ほどの間に俺は新しい仕事を教え込まれた。
確実に仕止める方法、基本的な処理の仕方、効率の良い解体の順序、そして社会に溶け込み『餌』を見つけるコツ。全てを完璧に習得し、いよいよ初仕事の日がやってくる。
与えられたスーツに着替え、道具の揃った鞄を下げる。指には彼らの僕である証の入った指輪を嵌め、渡された時刻表を手に部屋を出た。
焦りも不安も恐れもない。罪悪感も。俺は感情を無くしてしまったのだろうか。
……いや、それは大した問題じゃない。俺は彼らの為にすべきことをやるだけでいい。
そこからは考えるのを止め、無機質な金属でできた巨大な箱に乗り込んだ。
時刻は深夜2時4分。ほとんど人気のない車両に酔い潰れたらしい男が一人、列車の振動に揺られている。
――こいつにしよう。
一度前を通り過ぎた俺は、改めて狙いを付けるようにその男を振り返った。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

75 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 21:50:05 ID:3h1RG0p20
>>68
行ってきました。投稿完了。

76 :風と木の名無しさん:2011/10/17(月) 23:07:31 ID:BXf1wYukO
>>75
>>68です。
お手数おかけしました。ありがとうございました!

77 :風と木の名無しさん:2011/10/23(日) 18:47:25 ID:5ryHZbfg0
忍法帖レベル不足のため、お手数ですが代行をよろしくお願い致します。

【名前欄】最初の夜最後の夜 1/6〜6/6
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/075.txt

78 :風と木の名無しさん:2011/10/23(日) 21:56:00 ID:RI0lkGR60
>>77
行ってきます

79 :風と木の名無しさん:2011/10/23(日) 21:58:54 ID:RI0lkGR60
>>77
完了です

80 :風と木の名無しさん:2011/10/23(日) 22:10:02 ID:ozZUa3JMO
>>78
>>77です
ありがとうございました!
助かりました!

81 :風と木の名無しさん:2011/11/02(水) 17:13:02 ID:Rb8/jKoo0
忍法帖がレベル不足のため、お手数おかけしますが、投下代行よろしくお願いします。

【名前欄】喪失1/3〜3/3
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/076.txt

82 :風と木の名無しさん:2011/11/02(水) 20:42:05 ID:U9S/mZmg0
>>81
done

83 :風と木の名無しさん:2011/11/02(水) 22:26:59 ID:Rb8/jKoo0
>>82
>>81です。
お手数おかけしました。
ありがとうございます。

84 :風と木の名無しさん:2011/11/05(土) 00:25:27 ID:o5vHYUnA0
忍法帳レベル不足につき、お手数ですが投下代行をお願いいたします。

【名前欄】永い一瞬 1/5〜5/5
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/077.txt

85 :風と木の名無しさん:2011/11/05(土) 02:43:24 ID:6HTPjWec0
>>84
いってくるお

86 :風と木の名無しさん:2011/11/05(土) 02:53:23 ID:VXFcsEGs0
>>84
おわったお
繋ぎ変えたからID変わってるけど気にスンナ

87 :風と木の名無しさん:2011/11/05(土) 08:35:46 ID:o5vHYUnA0
>>85-86
>>84です。
繋ぎ変えるお手間まで、申し訳ありません。
助かりました、本当にありがとうございました!

88 :風と木の名無しさん:2011/11/23(水) 17:20:22 ID:9n0PwqdQ0
規制の為お手数ですが、代行をよろしくお願い致します。

【名前欄】セカイノハテ 1/3〜3/3
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/078.txt

89 :風と木の名無しさん:2011/11/24(木) 16:07:35 ID:YyDuOC/E0
>>88
いっきまーす

90 :風と木の名無しさん:2011/11/24(木) 16:16:19 ID:YyDuOC/E0
>>88
無事完了しました

91 :風と木の名無しさん:2011/11/24(木) 19:38:15 ID:JedgeMRU0
>>89-90
88です。代行ありがとうございました。感謝します。

92 :風と木の名無しさん:2011/11/28(月) 10:04:41 ID:ywRTcan+0
すみません、初めて投下しようと思ったら規制でしたoL/
御手数おかけしますが代行お願いいたします

【名前欄】妖神 1/3〜3/3
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/079.txt

93 :風と木の名無しさん:2011/11/28(月) 22:41:30 ID:iJrBpato0
>>92
( ^ω^)おっおっ

94 :風と木の名無しさん:2011/11/28(月) 22:44:27 ID:iJrBpato0
>>92
終わったお

95 :風と木の名無しさん:2011/11/29(火) 11:44:24 ID:mzHj7bYY0
>>93-34
代行本当にありがとうございました!
初めての投下だったので嬉しいです!

96 :風と木の名無しさん:2011/12/01(木) 06:49:05 ID:1JseCwRo0
忍法帳のレベル不足で投下ができないので、お手数ですが投下代行をお願いいたします。

【名前欄】会話と緩和 1/7〜7/7
【メール欄】sage
【本文】
http://morara.kazeki.net/upload/img/080.txt

97 :風と木の名無しさん:2011/12/01(木) 23:03:40 ID:aUPCVhr+0
>>96
done

98 :風と木の名無しさん:2011/12/02(金) 00:02:16 ID:tZMyU2/MO
>>97
ありがとうございます!助かりました

99 :風と木の名無しさん:2011/12/11(日) 01:45:10 ID:hDjSTgfg0
レベル不足のため、お手数ですが代行をお願い致します。

【名前欄】トクベツ 1/8〜8/8
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/081.txt


100 :風と木の名無しさん:2011/12/11(日) 13:00:41 ID:u1KEU/u20
>>99
行きます

101 :風と木の名無しさん:2011/12/11(日) 13:03:09 ID:u1KEU/u20
>>99
完了しました

102 :99:2011/12/11(日) 17:04:09 ID:hDjSTgfg0
>>100-101
代行有難うございました!
初めて投下しようと思った作品でしたので助かりました。

103 :風と木の名無しさん:2011/12/30(金) 05:11:56 ID:sCfpFA2I0
レベル不足の為、お手数ですが代行お願い致します。

【名前欄】Forget-me-not 1/7〜7/7
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/082.txt

104 :風と木の名無しさん:2011/12/31(土) 00:21:57 ID:lN9sJBAQ0
>>103
( ^ω^)おっおっ

105 :風と木の名無しさん:2011/12/31(土) 00:25:44 ID:lN9sJBAQ0
>>103
終わったお

106 :103:2011/12/31(土) 04:03:09 ID:hpgCuxUQ0
>>105さん
代行ありがとうございました!

107 :風と木の名無しさん:2012/01/02(月) 19:26:32 ID:WlTqb0Mc0
すみません、規制のためどなたか代行お願いします。
このレス含め6レスほどお借りします。

【名前欄】花の夢 0/5
【メール欄】sage
【本文】
半生il注意。
元旦スペの早見×九差壁

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!


108 :風と木の名無しさん:2012/01/02(月) 19:28:07 ID:WlTqb0Mc0
【名前欄】花の夢 1/5
【メール欄】sage
【本文】
 彼は、薄汚れた壁を眺めながら、ぼんやりと考える。
 考える時間だけはいくらでもあった。彼にとって、今生きていることは計画外のことであり、それゆえ彼は静かだった。
 余生を過ごすというのはこんな感じなのだろうかと、彼は考えていた。
 彼は生きているはずではなかった。けれど、死ぬと決めたときに死ななかった。死ねなかったのではないし、
死にぞこなったというのも少し違う。ただ、死ななかった。それはまぎれもなく彼の意志だったが、だからといって、
生きる希望を持っているわけではない。
 つまるところ、今生きていることは、彼にとって余りの時間だった。

 未来を考える機能が壊れてしまった彼は、ぼんやりと過去ばかりを思い出していた。
 例えば、7年間働いていた屋台珈琲店。他人から見れば不安定で夢も希望もないような仕事だっただろうが、
彼には彼なりの誇りと愛着があった。ろくに体を動かすこともできないほど狭い店内の、一つ一つを、彼は今でもありありと瞼の裏に思い描くことができた。
 例えば、思い出と呼べるほどの思い出もない、父親のことを。父親の死が彼に与えた影響は強かったのだろう。
 だが、それは悲しみというより、不意に横殴りにされたような重い衝撃だった。父親の死に顔を見ても、
 悲しめるほどの思い出すら彼の中にはなく、悲しみに浸ってしまいたいのに、ひたすら空虚だった。
 泣くこともできない虚ろの中で、こんなに近くにいたのにという衝撃だけが、唯一リアルな手触りを持っていた。

 そして、例えば ─── あの人のことを。


109 :風と木の名無しさん:2012/01/02(月) 19:30:47 ID:WlTqb0Mc0
【名前欄】花の夢 2/5
【メール欄】sage
【本文】
ある男との出会いが、彼に一つの計画を思いつかせ、実行させた。それは二重構造になっており、男の計画を隠れ蓑にして、
彼自身の目的を叶えようというものだった。
だが、彼は知っていた。本来、二重構造のおもちゃ箱は、目的という名のコインを入れれば、隠しBOXへ落ちる仕掛けになっているべきだ。
けれども、彼の作ったおもちゃ箱では、コインはどこにも留まらない。いっとき留まったかのように見えても、
スルリと抜け落ちて、誰の望みも叶えはしない。
彼は初めから知っていた。十億を手にして公園を買い取るなど、夢物語でしかないと。
知っていて行動に移したのは、彼には失うものが何もなかったからかもしれない。別にそれは、今まで、彼を絶望させたりはしなかった。
彼は家族に縁薄く、特別親しい友人も持たなかったが、だからといって自分を不幸だと思っていたわけではなかった。
彼は彼の人生を生きており、この特別幸せでも、特別不幸せでもない日々こそが、そこらじゅうにありふれている生活なのだと知っていた。
その意味では、彼は確かに自分の人生を受け入れていたし、国や政府に対する強い憤りなどもってはいなかった。

─── そういう意味では、自分よりずっと、あの人のほうが、純粋だった。

初めから、犯罪で手にした十億で、公園を買い取ることなど不可能だと知っていた。それでも彼が実行に移したのは、
その目的は、突き詰めてしまえば、自己満足であったのかもしれない。
誰もかえりみることのない人々に、傘を差し出して、ほんのいっとき守ろうとするような自己満足だ。
長期的に見れば誰も助けていない。本当に彼らのことを思うならば、もっと別の方法を取るべきだ。……だけど、本当にって、なんだ?
ほんの一瞬、差し出された傘に、心が救われることだってある。たとえ無意味でも、何も成していなくとも、
そんな優しさが必要なときだってある。彼はそれを知っていた。彼の人生において降り注いできた優しさというのは、
常にそういった類のものだったからだ。だから、彼もまた、自己満足という名前の傘を誰かに差し出して、ほんのいっとき守ってやりたかった。

─── それを、あの人に話していたら、あの人はなんと答えてくれただろうか?



110 :風と木の名無しさん:2012/01/02(月) 19:32:19 ID:WlTqb0Mc0
【名前欄】花の夢 3/5
【メール欄】sage
【本文】
わからない。彼が問いかけることはなかった。なぜなら彼にとって男は本物の桜だった。彼自身は、
季節に左右されることもなく店の隅で埃を被っている造花だったが、男は春にしか咲かない本物の美しい花だった。
少なくとも彼は、そう思っていた。
だから彼は、男に真実を打ち明けることはなかった。造花の理論など、本物の花には理解できないだろうし、
して欲しいとも思わない。本物の花には、本物の花としての生き方がある。それは造花の彼から見れば、あまりに理想主義で、
現実から程遠く、哀れなほどに夢想的だったが、同時に、手を触れることが叶わぬほど美しかった。
夢を見ることをやめてしまった彼にとって、男の語る理想は、赤々と燃える太陽のようだった。美しかった。
決して手が届かないとわかっていても、頷いてしまうほどに。
いっそ男の語る理想に身をゆだねてしまうかと思ったことも、一度や二度ではなかった。男と過ごす時間は、
彼にとって久しぶりに温かく、幸福だった。理想以外のことを話しているとき、男は彼を弟か、まるで息子のように扱った。
ぞんざいで、荒々しく、それでいて楽しげに。何度も使い走りにされて、彼の部屋には男の好む銘柄の煙草ばかりが増えた。
お前は若いくせに体力がないと呆れられて ─── 男に比べればほとんどの若者が体力なしだろうと彼は
内心で思ったが ─── 早朝マラソンに付き合わされたこともある。柔軟体操も大切だと、足を開いた状態で思い切り背中を押されて、
股関節が脱臼するかという目にあったこともあった(その時ばかりは、さすがの彼も涙目になって抗議した)

楽しかった。今になって、あの人のことばかり思い出すほど。

いっそ、男がただの友人に戻ることを望んだなら、彼は計画すら捨てたかもしれない。
だが彼はわかっていた。もし彼が、共犯者としての立場を捨て、ただの友人としての関係を望んだなら、
男は何もいわず彼の元を去っただろう。男はどこまでも本物の桜だった。造花にはなってくれない。永遠に。
そして彼もまた、そんな男を愛していた。造花にはなれない、どこまでも純粋で理想主義な男を、守ってやりたかった。



111 :風と木の名無しさん:2012/01/02(月) 19:33:40 ID:WlTqb0Mc0
【名前欄】花の夢 4/5
【メール欄】sage
【本文】
男の理想に身をゆだねてしまおうかと思う日もあった。どこまでも男についていって、ともに死んでしまおうかと考える日もあった。
男との日々が永遠に続かないかと願う日もあった。計画の全てを捨てて、平凡だがそれなりに幸せな生活を、
男とともに生きていけないだろうかと祈る日もあった。


けれど彼は、そのどれも選ばず、ここにきた。結局は、初めの計画を変えることなく、男を欺き、殺し、金を奪い、
包囲されて…………ただ一つ、計画と違うのは、生きていることだけだ。

死ぬはずだった時に死ななかったから、今さら死ぬ気にもなれなくて、彼は毎日を生きている。

ここに至るまでのことを、毎日ぼんやりと思い出しているけれど、特に後悔も悲しみも浮かばない。
これで良かったのだと思う。彼はいまや凶悪な犯罪者だ。金目当てに幼い子供たちを誘拐し、仲間を操り罪をなすりつけ、
挙句に殺した。忌まわしい事件の主犯、唾棄すべき犯罪者。……男の理想が汚される日は来ない。
造花は踏みにじられてもいい。けれど本物の桜が、真実美しいものが、ゴミのように扱われるのは耐えられない。
汚されるくらいならば、永遠に隠しておく。男の理想を知っているのは自分だけでいい。あの人が何を憂い、何を願って、
どんな風に生きていたかは、誰にも語らない。自分の罪状がどれほど重くなろうとどうでもいい。裁判で、報道で、
男の心がしたり顔で解説される日など、永遠に来させはしない。これはただの金目当ての誘拐であり殺人だ。それでいい。

あの人の真実は、自分が胸の中に隠し持って、墓まで抱いていく。

そのために、自分はあの人を殺したのだから。



112 :風と木の名無しさん:2012/01/02(月) 19:35:13 ID:WlTqb0Mc0
【名前欄】花の夢 5/5
【メール欄】sage
【本文】
ただ、彼には一つだけ不思議なことがあった。
夢を見るのだ。男の夢を。
夢の中で、男は何も語らない。裏切り者である彼を、罵りも蔑みもしない。
自分の願望が見せているにしては、不可解な夢だった。彼はむしろ、男に徹底的に軽蔑されることを望んでいた。
本物の桜である男なら、必ずそうするだろうと思ってもいた。
造花の自分を理解して欲しいと思っていたわけではないし、慈悲を請うていたわけでもなかった。

なのに、どうして。

──── 夢の中で、男はいつも、笑っているのだろうか。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


113 :風と木の名無しさん:2012/01/03(火) 18:22:20 ID:ednRi+2I0
>>112
投稿完了。

114 :107:2012/01/03(火) 22:53:09 ID:+Rz9XI1g0
>>113
代行ありがとうございました!助かりました!

115 :風と木の名無しさん:2012/01/13(金) 19:20:30 ID:pspqYPCM0
忍法帖レベル不足のため、お手数おかけしますが、投下代行よろしくお願いします。

【名前欄】深夜の電車内にて
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/083.txt

116 :風と木の名無しさん:2012/01/13(金) 23:08:11 ID:5lNRiZ620
>>115
( ^ω^)おっおっ

117 :風と木の名無しさん:2012/01/13(金) 23:10:38 ID:5lNRiZ620
>>115
終わったお

118 :115:2012/01/14(土) 15:11:32 ID:f6qbahaA0
>>116-117
投下ありがとうございます。
お手数おかけしました。

119 :風と木の名無しさん:2012/01/30(月) 10:04:19 ID:vEbQDPGU0
忍法帖レベル不足のため、お手数おかけしますが、投下代行よろしくお願いします。

【名前欄】アラウンド70 1/4
【メール欄】sage
【本文】
皇帝×公爵
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

皇帝の私室には、天鵞絨張りの瀟洒な安楽椅子がある。
背持たれや座だけでなく肘掛けの部分にも詰め物をした、ゆったりとくつろげる大きな安楽椅子は、老齢の皇帝、愛用の一脚だ。
椅子の前には趣のある上質の壁紙が張られた壁があり、壁には縁の装飾が美しい大型の姿見が掛けられている。
麗しく老いた公爵は、安楽椅子に座した老皇帝の屹立に後ろ向きに腰をおろした。
目の前の全身鏡は、背面座位で繋がる二人を映じている。
老いてなお精悍な皇帝は、白髪美翁な公爵の脚を大きく広げ、
半裸の公爵の加齢によって白くなった恥毛を指先で弄びながら、鏡の中の公爵と目を合わせた。
「卿もここが真っ白になったな」
公爵の首筋に口づけをひとつ落とし、年を重ねたセロの様な深く低い声で囁く皇帝のそこも色を変えて久しい。
金獅子王と呼ばれた皇帝の豪奢な金髪は、老いてすっかり銀色になってしまった。下叢も然りだ。
公爵は皇帝の囁きと内耳をくすぐる吐息に赤面した。
初めてそこに白い毛を一本見つけた夜、公爵は焦燥感を覚え歎いたものだ。
互いの下叢がこんなにも白くなるまで、皇帝との関係が永らうとは想像だにしなかった。
公爵が思いを巡らせていると、皇帝は背後から皴深い大きな手を伸ばし、芳香花の精油を用いて公爵の花芯を刺激しながら、
もう片方の手で老いて感じやすくなった公爵の胸の双茱を、左右交互に愛撫した。
下から力強く皇帝に後蕾を穿たれ、同時に胸と股間を愛される。老いた身体では受け止めきれない強い快感に老体を炙られた公爵は、
熱く潤んだ瞳で鏡の中の皇帝の碧眼を見つめ、切なげに喘ぎ悶えた。
「今宵の卿は、そこかしこ華やいでおるな」
いつになく花芯が硬度を保ち、胸の双茱もツンと勃っていることを皇帝に指摘された公爵は、羞恥に目を伏せた。



120 :風と木の名無しさん:2012/01/30(月) 10:04:50 ID:vEbQDPGU0
【名前欄】アラウンド70 2/4
【メール欄】sage
【本文】
ここのところ公爵の花芯は、強壮の薬用酒の力を借りても決して頭を擡げなかった。
皇帝の老巧な指玩や口淫にふっくらと膨らみはしても、その先端がかつての様に瑞瑞しく張る事はなく、
快感を追い、欲を吐き出すことが出来ずにいたのだ。けれど、今宵は花芯がはしたないほど濡れている。
艶やかに張りつめた先端は、若かりし頃の様にきらきらと淫蜜を零し、皇帝の大きな手を濡らした。
老齢の皇帝は、陰萎の秘薬を服しても、営みの中途で軟らかくなり憂う事や、硬度を得られず和合に至らない夜が増えていたが、
今宵は乱れる公爵に煽られ、皇帝の漢も壮健だ。皇帝は、久方ぶりに鏡の前で繋がったのが、二人に興奮をもたらしたに違いないと思った。
公爵が老いて腰を病んでからは、寝台にて腰に羽毛の枕を当てがい、公爵の腰を労りながら睦み合う事が多かった。
たまには趣向を変えてみるのも悪くない。下から力強く公爵の後蕾を穿った皇帝は、ニヤリと片頬で笑い、男臭い笑みを浮かべた。
今宵は数年ぶりに、二人揃って果てる事が出来るやも知れぬ。皇帝は馴れ親しんだ公爵の心地好い締め付けに笑い、
公爵の中で己の漢が大きくなるのを感じた。
「あっ、あっ、ああっ!陛下、陛下ッー!」
なめらかに腰を動かしながら、強弱をつけて公爵の花芯を扱く皇帝に喘がされ、
公爵は皇帝の掌に、限りなく透明に近い乳白色の飛沫を放った。
ほぼ同時に公爵の中で達した皇帝は、繋がったまま背後から公爵をギュッと抱きしめ、肩に口づけると満足げに笑った。
「こんなにも心地好い吐精が、まだ出来るとはな……」
満面の笑顔でしみじみと呟き、悦に入っている皇帝に公爵は恥じらいながら頷いた。
久方ぶりに精を射する事が出来た爽快感と、皇帝のすべてを受け入れた昂揚感が、公爵の下腹部で溶け合っている。
心地好いけだるさに浸りながら公爵は、皇帝の老いてなおぶ厚い胸板に背中を預けてもたれ掛かり、うっとりと目を閉じた。
50年前は、この男に背中を預ける日が来るなど思いもしなかった。



121 :風と木の名無しさん:2012/01/30(月) 10:05:11 ID:vEbQDPGU0
【名前欄】アラウンド70 3/4
【メール欄】sage
【本文】
55年前、先帝は有力貴族を後ろ盾に持つ異母弟の公爵を、皇太弟として次期皇位継承者に定めた。
けれど5年後、先帝が崩御した日、野心に燃える先帝の第一王子が挙兵。皇位継承をめぐり宮廷は皇太弟派と王子派に二分された。
軍部を味方につけ戦を制した金髪の王子は帝国を簒奪し、大陸統一の夢を追って辺境の蛮族との戦いに明け暮れる。
大敗した皇太弟は、領地と爵位を剥奪され、収監された監獄の檻の中で、ずたずたに犯された。
皇太弟には皇帝を憎んで余りある正当な理由がある。
反乱軍に救われ牢を脱した皇太弟は、反乱軍の先頭に立ち、時に辺境の蛮族と共闘し帝国軍と戦った。
狡猾な戦略で帝国軍を苦しめた皇太弟は、反乱軍の毒蛇と呼ばれ、金獅子王の好敵手となる。
ハルクロードの戦いで皇太弟は憎い皇帝を追い詰めた。が、皇帝の半身的存在の従卒が、身を盾にして皇帝を守ったため取り逃がしてしまう。
乳兄弟でもあった最愛の従卒を殺された皇帝は、皇太弟を憎悪した。
翌月、友だと信じていた蛮族の長に裏切られた皇太弟は、捕縛され帝国軍に売られる。
皇帝は仇敵を殺そうとしたが、皇帝の右腕の宰相は敗軍の将の才を惜しみ、彼を手厚く遇した。
生きて生きて生き延びて、いつの日かこの手で皇帝を殺す。そのために、皇太弟は矜持を捨て皇帝の臣下にくだった。
頭も股も使えるものは皆使った。蛮族の鎮圧で功績を挙げた。反乱軍と和議を結んだ。
麗しい微笑で牙を隠し従順な犬を演じながら、目覚ましい手腕を発揮した青年は、宰相の執り成しで旧領と爵位を復する。
公爵領の領民は、待ち望んでいた領主の帰還を喜んだ。



122 :風と木の名無しさん:2012/01/30(月) 10:05:39 ID:vEbQDPGU0
【名前欄】アラウンド70 4/4
【メール欄】sage
【本文】
翌年、帝国は突如半島に侵攻してきた外海の異教徒に聖地を奪われる。聖地奪還のため、皇帝と公爵は力を合わせて戦った。
敵にすると厄介だが、味方にすると頼もしい。皇帝は公爵がいれば、己がどこまでも強くなれる気がした。
公爵も然りだ。皇帝と共に戦うのは楽しく、酌み交わした勝利の美酒は、たまらなくうまかった。
宰相はこれを機に、皇帝と公爵が蟠りを捨て歩み寄る事を願ったが、二人の確執は根深かった。
40年前、訳あって肌を重ねてからも、いがみ合っていた二人を、仲睦まじくしたのは時の流れだ。
老いを受け入れ、互いを労る心を持てた5年前、二人はようやく肌と共に心を重ねる事ができた。

そうして今に至る。

鏡の前の椅子で皇帝と繋がった公爵は、果てた後も繋がったまま、公爵の花芯を愛撫する皇帝の皴深い大きな手に小さく喘ぎ、
麗しい笑みを浮かべると、
ほっそりとした首を後ろに捻り、長くゆるやかな白髪をかき上げながら、背面の皇帝に口づけた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!



123 :風と木の名無しさん:2012/01/31(火) 13:19:54 ID:Ok8Kyi0w0
>>119
done.

124 :風と木の名無しさん:2012/01/31(火) 13:57:06 ID:wXUTkVU2O
>>123
助かりました。
投下ありがとうございます。
お手数をおかけしてすみません。

125 :風と木の名無しさん:2012/02/22(水) 13:18:04 ID:XbrmXoxk0
度々すみません。忍法帖のレベルが上がらず長文を投下できません。
お手数おかけしますが、投下代行お願い致します。

【名前欄】アラウンド70 1/2
【メール欄】sage
【本文】
皇帝×公爵 
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース! 

お愛ぼいなと思うのは、をかしいのかもしれない。けれど銀髪の皇帝は、寝台で杯片手に書を捲る、
おのれより年長の白髪の男が愛らしく思えてならない。腰に羽根の枕を当てがい書を読んでいた公爵は、
っ……! と小さく喘ぎ、読みかけの書を枕元の飾り棚に置くと、おいたをする皇帝の不埒な手を
ぴしゃりと叩いた。老いてなお精悍な銀髪の皇帝は、麗しく老いた公爵の胸の双茱を、夜にだけ匂う珍しい
らんの花の香油をまとった指でツンとつつき、はだけた胸元から覗く公爵の双茱が悪いのだと
にやりと笑い悪さを続けた。公爵は思う。ただ同衾し語らうだけで、なにもない夜も二人ならいつも幸せだ。
できることなら今宵は、まろやかな酒を飲み交わしながら、ゆうるりと書を捲っていたかった。けれども、
ききわけのない皇帝が、杯を傾けながら胸の双茱をつつくため、公爵は書見用の眼鏡を外した。
なにもない夜も楽しめる。そんな歳になったはずだが、なにを求められれば老いた花芯がじわりと濡れて、
いつもこうして流される。数十年間、認めることが出来なかった恋心も、一度認めてしまえば木々の若葉が


126 :風と木の名無しさん:2012/02/22(水) 13:19:43 ID:XbrmXoxk0
【名前欄】アラウンド70 2/2
【メール欄】sage
【本文】
萌えいづる様に伸びやかに、枝を広げて萌えさかる。麗老なる公爵は、陰萎ゆえ指玩に走り、「卿の胸は
えも言われぬな」 と嘯く皇帝の手を優しく払うと、恋い慕う皇帝の下肢に男娼のように傅いた。
をかしいと思う。かつては恥辱の極みだと思っていた。けれど今は皇帝の花芯を口に含める。その昔己を
投獄した男の下肢に傅きながら公爵は微笑み、寄る年波に負け、猛々しさを失って久しい皇帝の
下陰へ恭しく接吻した。挿入もままならない陛下を、この手と口で、勃たせてさしあげたい。老い衰え、
できぬことも増えたが、時の流れを今は寿げる。けれど時折、胸に蘇るあの男の眼差しだけがただ苦い。
きらきらと光る芳香花の精油を用い、皇帝の老いた花芯を優しく慰め、高ぶらせながら公爵は、緋紅色の
るこう草を思わせる鮮紅の目をした皇帝の最愛の友を思い出した。彼を殺めたのは公爵だ。その事実を
棚晒しにしたまま、わけあって皇帝と肌を重ねたのは40年前。今も皇帝の胸には彼が棲んでいる。心が
にわかにかき曇り公爵は自嘲した。皇帝の唯一無二になりたいと欲する、老いて貪欲になった己が憎い。
感傷的な物語の脇役の気分だ。切なげにため息した公爵を皇帝はきつく抱きしめた。皇帝が没したのは、
謝肉祭の三日目だ。皇帝は公爵を想いながらも、迎えに来た緋色の瞳の友の手を取り天上に旅立った。 Fin

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ! 代行ありがとうございます。


127 :風と木の名無しさん:2012/02/22(水) 14:58:16 ID:OPd87Uwg0
>>126
( ^ω^)おっおっ

128 :風と木の名無しさん:2012/02/22(水) 15:01:36 ID:OPd87Uwg0
>>126
終わったお
2レス目タイトル間違えちゃった
ごめんなさいなんだお

129 :風と木の名無しさん:2012/02/22(水) 16:42:40 ID:XbrmXoxk0
ありがとうございます。お手数お掛けしました。

タイトル間違えちゃったのは
気にしなくていいんだお

130 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:11:00 ID:3BNmG12AO
忍法帳レベル不足のため、代行お願いいたします。
このレス含め7レスほどお借りします。

【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 0/6
【メール欄】sage
【本文】
蛙軍曹の緑黄緑です。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

131 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:12:00 ID:3BNmG12AO
【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 1/6
【メール欄】sage
【本文】
 いつも通りだった筈だ。どこにも間違いなんか無かった。
 朝からの自分の行動を思い返しながら、クルルは困惑していた。
 用事を済ませて、いつもの通りにケロロの部屋でケロロに背を向けて端末を弄っていた。
 だが今、クルルはケロロの膝――というか足――に頭を乗せ横になり、体にはブランケット。
 おまけに眼鏡は奪われ、代わりのようにケロロの手のひらが乗せられていた。
 どうして、こうなった。

 事の発端はこうだ。
 クルルが端末で作業をしている間、ケロロはガンプラを作っていた。それは実に当たり前の光景で、ぶつぶつギャーギャーと騒がしくプラスチックの塊と戯れる姿は特に注意を向けることの無いようなものだった。

132 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:13:14 ID:3BNmG12AO
【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 2/6
【メール欄】sage
【本文】
 ふと、ケロロの独り言の域を超えたガンプラへの愛が聞こえなくなった。
 僅かに動く気配を感じたクルルが顔を上げ、ケロロの方へと顔を向けると、思いの外ケロロが近くに来ていて、思わずびくりとのけぞったクルルを笑うでもなく、じっとクルルの顔をのぞき込んでいた。

「……なんだよ、隊長」

 含む色の無い、ただ真っ暗で深いだけの瞳に気圧されて、いつもの軽口も出て来なかった。
 蛇に睨まれた蛙ってのはこんな気分か、と些か現実逃避じみた事を考えながら見つめ返す。何となく目をそらしたら負けな気がする。
 無言で動かずにいたケロロの目が、急に不愉快そうに細められた。そうして、じとりとした視線とともに一言。

「……顔色が悪い」

 言うが早いか、バサッという音と共に視界が奪われ、体を半回転させられケロロの足に落とされた。


133 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:13:55 ID:3BNmG12AO
【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 3/6
【メール欄】sage
【本文】
「っ、なにしやがる!」
「お黙んなさい! 休憩を命じるであります!」

 突然の不可解な仕打ちに、非難の声をあげたクルルを押さえて、ケロロは怒ったように言う。

「ふんとにもー、まぁたろくに寝てもいないんデショ。ダメダメ! しっかり休めやこらー!」

 まくし立てられ気圧されているうちに、眼鏡を奪い去られ、目隠しをするように頭を押さえられて、すっかり逃げられなくなってしまっていた。
 そして、冒頭に戻る。
 自分の顔色が悪いなんて、それこそいつもの事だろう。確かに、ここ数日作っていた物があったため、睡眠時間は少なかったかもしれない。
 それでも、疲労を顔に出すような事はしていない筈だった。
 そもそもクルルは、自分の弱みを見せることなどまずしない。

134 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:14:42 ID:3BNmG12AO
【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 4/6
【メール欄】sage
【本文】
 ただでさえ生来恨みつらみを買いやすい性質の上、トラブル&アクシデントが信条なのだから、ポーカーフェイスはお手の物である。
 そんなクルルに、顔色が悪いから休め、と言う。居心地の悪い感覚に身じろいでいると、上からクスクスと小さな笑いが聞こえた。

「なんだよ……」
「ふふ、何で解ったんだーって感じだからさ」
「……何で」
「解るよ、クルルの事だもん」

 まあ全部じゃ無いけど、大体何となくね〜。
 気楽に言ってのけるケロロに、クルルは些かぐったりした気分になった。

「理由になってねぇ……」
「えー、そう? てか早く寝なさいよ。あ、子守歌とか歌ってあげよっか」
「イラネ」
「即答かよ! かっわいくねーな!」
「く〜っくっくっく」


135 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:15:57 ID:3BNmG12AO
【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 5/6
【メール欄】sage
【本文】
 くだらないやり取りをして、なんだかもう起き上がる気力も尽きてきたクルルはため息を一つ吐き、体の力を抜いた。
 一気に押し寄せる倦怠感に、気づかないうちに結構な疲労が溜まっていた事を思い知った。

「……本当に寝ちまうぜぇ」
「どーぞどーぞ、瞼が溶けるほどお休みなさい!」
「普通目玉だろ。く〜っくっく」

 諦めて本格的に寝に入ったクルルの耳に、微かに届いた音。低く掠れて、でも微かに甘いような、小さな歌声。
 古いいつかの歌は、少しだけ引きつるような胸の痛みを残して、クルルを眠りへと連れて行った。

 地響きのような音と、ギリギリという固い物を擦りあわせるような音で目を覚ましたクルルは、何事かと辺りを見回して、ケロロに眼鏡を奪われていた事を思い出す。

136 :風と木の名無しさん:2012/02/23(木) 23:16:51 ID:3BNmG12AO
【名前欄】蛙軍曹 緑と黄 6/6
【メール欄】sage
【本文】
 這うようにして見つけた眼鏡を装着し、改めて音の正体を探ると、何のことは無い。大の字になって寝ているケロロだった。
 つまり、地響きのような音はケロロのいびきで、ギリギリという音は歯軋りだったのである。

「……うぅん……ふぇ、ぶえぇっくしょい!」
「……コイツはどうやったて締まらねえな」

 年上ぶって人の心配をしてみせた結果がこれだ。
 今にもよだれを垂らしそうな寝顔に呆れながら、先ほどまで自分に掛けられていたブランケットをケロロに掛けてやる。

――まあ、後で礼くらい言っとくか――

 放置されていた端末を起動し直したクルルは、寝こけている癖に騒がしいケロロの額に口付けを一つ落とした。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

137 :風と木の名無しさん:2012/02/24(金) 17:49:40 ID:CYDSzyZQ0
>>136
( ^ω^)おっおっ

138 :風と木の名無しさん:2012/02/24(金) 18:17:15 ID:CYDSzyZQ0
>>136
終わったお
1レス目ミスしてごめんなさいだお

バイさるがキツかった…3レスでくらうのは厳しいよー

139 :風と木の名無しさん:2012/02/24(金) 19:17:19 ID:XLrvUzeYO
>>138
ありがとうございます。お手数おかけしました。
ミスは気にしなくていいんだお

140 :sage:2012/03/09(金) 20:52:47 ID:u00g7JdM0
アップローダーにうpしましたので、
どなたかよろしくお願いします。

141 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:01:11 ID:8nyR280w0
忍法帖レベルが足りませんでした。お手数おかけ致しますが投下代行お願い
します。
【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」1/6
【メール欄】sage
【本文】
文庫本書き下ろしの牛尾女装設定
エロはなし
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

十二支・華武合同合宿にて、両監督の悪ノリにより、悪夢のエスコート肝試しは再び開かれた。これは、その時のお話―。


142 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:02:04 ID:8nyR280w0

【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」2/6
【メール欄】sage
【本文】
屑桐・牛子ペア
会話・なし。雰囲気・殺伐。屑桐・おされ気味。牛子・暴走気味。
はたして一言目を発したのは。
「たかだか女装子ひとり口説く勇気もなくて?」
牛子その人であった。スカートを翻し口撃は続く。
「あなたいつも王者、王者って言ってるけれど、名門校ってブランドに守られないと
何一つできないのかしら?」
これは痛いところを突いたらしく、ただでさえ強面のかの人の眉間の皺がより深く刻まれる事態を引き起こした。
「…このようなバカげた事に付き合うつもりはない」
地の底から響くように重苦しい声。怒っている、完璧に怒っている。
「あらそう。その『バカげた事』ひとつうまくこなせないようじゃ、華武の天下も貴方の代でおしまいね。お気の毒に」
ぴしり。屑桐のこめかみの血管が浮き出る音。
「…貴様は、あの後輩達に毒されすぎだッ!!」
「楽しくてよ」
一喝もうまく切り返され、キレた屑桐のほうが途方に暮れる事態に突入した。


143 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:03:02 ID:8nyR280w0
【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」3/6
【メール欄】sage
【本文】
「…望みはなんだ」
彼はようやく、この悪ふざけの産物であるイベントを乗り切らなければ、今日の安眠が保証されない事を悟ったようである。
「そうねえ…。ねえ、ベンツとロレックスとシャネル買ってぇ」
「……」
「今晩はフランス料理ね。ハワイ旅行も行きたいわぁ」
「………だまれ成金女。貴様の入る墓石を買ってやるわ」
「んもぅ、ケチくさい男はこれだから」
「…」
ピキピキ。屑桐の血管の血流が劇的に速くなる音。
「アタクシお金のない男は興味ナッシングでございますわよ」
空気はもはや険悪である。
「なんてね。そんなちゃちなことはもうすべて経験済み。
牛尾家は旗本…今で言えば華族の血筋でございますの。高祖父は貴族院に勤めておりました。明治に入って財閥の令嬢を娶って、家柄も門地も手に入れましたの。成金とは最も縁がございませんことよ」
そこだけは訂正してくださらない。そう言われて、屑桐は腹を立てつつ素直に謝罪した。
「すまん」
「そう。それから」
彼女(?)の抗弁はどうやら続くらしい。もう勝手にしろと思いつつ、一応は耳を傾ける屑桐。


144 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:04:20 ID:8nyR280w0
【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」3/6
【メール欄】sage
【本文】
「男の価値はお金ではございませんことよ。無論、顔や中身なんて綺麗事も言いませんわ。
男は、器。甲斐性がすべて」
言っていることは真っ当なのか、ふざけているのか。金と甲斐性って被ってないかと思いつつ、どういうことかと屑桐は訊く。
「責任を取る能力。ここ一番という時にすべての責任を背負って動き、弱きものを守って行動できるか、否か。そういう面では、貴方は見込みがありそうな気がしましてよ。」
貴方にとっての女の価値も聞いてみたいわと突っ込まれ、ムチャ振りだと思いつつ屑桐は自説を披露する。
「大和撫子だな。趣味が古いと言われても構わん。尽くし体質で、文句を言わずに三歩下がってついてくるような性質が好ましい。良妻賢母になりそうなら、尚良し」
「さだ●さしの世界ですこと」
「お嬢さん育ちは絶対に無理だ。贅沢をさせてやる余裕もなければ、苦労をさせない保証もできん」
どうだ、とばかりに牛子を見る。『貴様は圏外も圏外だ』と宣言したも同然の発言に、さすがの彼女も退くことを屑桐は疑っていない。
「つまりは、」
牛子は余裕の微笑みを崩さずに切り返してくる。
「幸せにできるだけの甲斐性もないと。戦わずして負けを認めるということでよろしくて?」
贅沢ではなく、幸せ。そう言われては、さすがに屑桐も反論せざるをえなかった。
彼は裕福な生活を体験してはこなかったが、体に幸せの記憶は持っている。


145 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:05:24 ID:8nyR280w0
【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」4/6
【メール欄】sage
【本文】
「貴様にとって幸せとは、なんだ」
「愛こそすべて」
即答である。
「お金なら、アタクシがなんとでもできますもの」
なんとも太っ腹なセリフである。
「ねえ貴方」
さあ、今こそ最高の殺し文句を。
「アタクシに惚れたら、逆玉に乗れますわよ」
身体ひとつでいらっしゃい。そう締めくくり、自信に満ちた美しい微笑みを牛子は浮かべる。こころなしか、屑桐には彼女の後ろに黄金色の後光が差して見えていた。
「フハハッ!フハハハハハ!!」
気がつけば屑桐は笑い出していた。
「…なにがおかしくて」
「貴様が口説いてどうする」
もっともなツッコミである。エスコート肝試し、奥深し。
「それにな」
赤い瞳に、一瞬にして焔を宿らせて。
「他人に恵んでもらうものなぞ、何一つない。俺の幸せも栄光も、俺がこの手で自ら掴み取ってやるわ。貴様も心しておけ」
「何年先になることやら」
「…出世払いという言葉を知らんのか」
「将来性を買え、ということですわね。先物取引はリスクが大きいというのに」
ため息をついた後、まあいいわと笑顔を上塗りして、牛子は繊細な細工が施された手袋をつけた腕を差しだす。
「さらっていきたまえ」
男言葉に戻ってるぞと屑桐はツッコミをいれようと思ったが、手のかすかな震えを見て、不問に賭してやろうと思い改めた。
「悪いお嬢さんだ」
「ふしだらなのはお嫌い?」
返事の代わりに腕を掴むと、ぐいぐいと引っ張って勝手に旅館の方向へ戻る。


146 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:06:34 ID:8nyR280w0

【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」5/6
【メール欄】sage
【本文】
ふたつの、手。
片方は、夢を掴みかけている手。大きく、節くれだった働き者の手。
もう片方は、慈愛の手。自らの犠牲を省みず、未来の大選手を炎から守り抜いた手。
「…貴様はどうして皮膚の移植手術を受けなかった」
「逆に訊くよ。これから顔の火傷痕を治療する気はある?それと同じさ」

同じ傷を異なる場所に引きずったという、事。目に見える繋がり。忌まわしいというには哀しすぎ、懐かしいというには激しすぎ、愛しいというには歪すぎる繋がりであった。
嫌でも、相手を忘れない。
「…随分と遠回りしたな」
「…長かったね。でも、またここに居られる」
いくらか余裕を取り戻した牛尾、もとい牛子は艶然と微笑み言葉を続けた。
「アタクシ、この立ち位置が大変気に入っておりましてよ」
「そうか」
気がつかないふりも、淑女の嗜みのひとつ。
耳まで真っ赤になっている屑桐をうしろから見ながら、牛子は自身の母が語っていた信条を思い出していた。


147 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:07:31 ID:8nyR280w0
【名前欄】御簾振 屑×牛 「その淑女、ふしだらにつき」6/6
【メール欄】sage
【本文】
無断で旅館に戻った両校のキャプテンは、涼しい顔でまったりとくつろいでいた。
「二人してしけこみやがった」とは、この手の機微に敏い口の悪い某後輩の証言である。
お互いに軽口を叩くようになった両人の様子が「まるで熟年夫妻のそれであった」とは、両校の後輩達に共通した感想であったという。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
色々とミスってご迷惑おかけしました。
これ終わったら半年ROMります

148 :風と木の名無しさん:2012/03/16(金) 12:12:12 ID:8nyR280w0
うわ、スミマセン、3がふたつあった。
×1・2・3・4・5・6/6→○1・2・3・4・5・6・7/7

重ね重ねもうしわけありませんでしたm(_ _)m

149 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:33:02 ID:6fdELTVQO
忍法帖レベルが足りませんでした…。どなたか代行をよろしくお願いいたします。

【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 1/8
【メール欄】sage
【本文】
生注意。エロ有り注意。一角獣 太鼓×唄です。

すっと腕を伸ばして、背中を撫でると 唇を尖らせた顔で振り向いてくる。
俺はそれが可笑しくて、何度も何度も繰り返していたら、ついに猫パンチを食らってしまった。
「痛いのー。叩くことなかろぉ」
「あんたがしつこいからじゃろ!」
「だって本ばっか読んで、ちーっともこっち向いてくれんじゃないか」
「向く必要がないわ。暇ならでてけ」
相変わらずつんけんしているが俺はわかってるよ。本当に出て行ったら寂しがるんよ、この猫ちゃんは。



150 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:35:50 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 2/8
【メール欄】sage
【本文】

「じゃあ海老のとこ行こうかの。海老なら構ってくれるからね。夕ミ才と違って優しいし」
「……勝手にすりゃーええやろ」
「(あっ拗ねた。)」
昔から意地っ張りだったけど、なんかさらにひどくなってる気がする。
でも俺はそれがかわいいと思う。素直だともっと嬉しいけど。
「本当にいいの?出て行っちゃうよ」
「……」
「いなくなっていいの?」
「……いなくなる…のは嫌だ」
う〜んやっぱりかわいい。その寂しそうな顔が俺は大好物だ。だから夕ミ才を引き寄せて、顔を覗き込もうとするがそっぽを向かれてしまう。
「じれったいのう」
「うっさい」
「キスくらいさせてよ」
半ば無理矢理、夕ミ才にキスをする。たいてい最初は暴れるんだけど、しばらくすると大人しくなるんだよね。



151 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:37:22 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 3/8
【メール欄】sage
【本文】

「んん…」
夕ミ才の力が少し抜けていくのがわかるとシャツの中に手を入れてみた。
「ちょ、ちょお」
「なに?」
「キスだけじゃないんか!」
「えー?」
キスだけで俺が満足できるかい。ただでさえ構ってくれなくてしかも腹減ってるのに。
というか、なんだかんだいって夕ミ才も抵抗してないし。
「最後までやっちゃっていいでしょ?」
「どーせ最初からその気なんじゃろ」
「わはは、さすが夕ミ才。わかっとるなぁ」
「笑っとる場合か」
とはいえここは控え室だから、誰か来ちゃうんだよね。一応鍵は掛けてあるけど、声が聞こえちゃわないように俺はテレビの音量を上げた。



152 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:38:36 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 4/8
【メール欄】sage
【本文】

行為に浸っている途中、俺の携帯が鳴った。こっそり画面を見ると、アへ¨の名前が。
「あ、はあ、あ…ぅっ」
「…夕ミ才」
「あぁ…っ」
「聞いてる?」
「はっ…、な、なんじゃ」
「アへ¨から電話だ」
「へ…、アへ¨…?」
「何件か着信入っとるから出たほうがええか」
「ま、待…」
俺が電話に出ると、民生は声を出さないよう慌てて口をふさいだ。
だけど俺はちょっといじわるしたくて、腰の動きを再開してみた。
「うわっ!!」
「もしー?あ、ごめんねー。出れなくて」
「か、皮二っさん!」
「え?今ね、夕ミ才といるんよー」
「………っ」
一生懸命声を抑えてる夕ミ才がかわいくて、ますます動きを早める。



153 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:41:04 ID:6fdELTVQO
すみません…>>149
>生注意。エロ有り注意。一角獣 太鼓×唄です。
の後、一行ほど改行入れてくれるとありがたいですorz


154 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:45:52 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 5/8
【メール欄】sage
【本文】

「今何しとるかって?夕ミ才とセックスしとるよ」
「!」
その一言を言った瞬間、夕ミ才の顔がみるみる青ざめてゆくのがわかった。
普段仲がいいアへ¨に、こんなこと報告されたら夕ミ才もたまらないだろうねえ。可哀想に。
と思いながらもかまわず会話を続ける。
「はは、本当だって!今ねぇ、すごいことになっとるよ」
しばらく固まっていた夕ミ才だったが、俺がアへ¨に状況を伝えていると少しずつ表情と声が変わっていった。



155 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:47:26 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 6/8
【メール欄】sage
【本文】

「あぁ。あのねー、すごいよ。出たり入ったりして。こうやって話してるとね締め付けがすごい。」
「…ん!く、うぅ!」
「アへ¨にも見てほしいよ。俺のにぎゅうぎゅう締め付けてきてさ、アソコもドロッドロだし〜」
「は、はぁっ、あぁ!」
「夕ミ才もすごく気持ちいいって。」
「ぁ、あっ、ひっ」
「アへ¨聞こえる?この声」
「や!!いっ…、」
「ほら夕ミ才も見てみい、ここから出入りしとるじゃろ」
「皮、二…っさぁんっ、たの、むからぁ!」
「あとでアへ¨にも写真送っとくからの」
「うあぁっ!だっ、もう!イッ…くっ、うぅあぁ!」
「おわっと!」
夕ミ才が歯を食いしばり、ぎゅっと目を閉じた瞬間、アソコから大量に発射して俺の顔にも少しかかりビクビク脈打ちながら自身の身体にも飛び散っていった。



156 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:48:21 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 7/8
【メール欄】sage
【本文】

「うわあーすごい。夕ミ才大丈夫?」
大きく呼吸を繰り返す夕ミ才の頬を軽く叩くと、涙が出ている事に気づく。
さすがにやりすぎた、とちょっと後悔していると、夕ミ才が俺にゆっくり顔を向けてそのまま携帯を取り上げた。
「………」
「夕ミ才、ごめん。嘘だよ。電話はかかってきてたけど、出てないから」
「…この…クソ、ジジイ」
「ちぃといじめてみたかったんよ、ごめんな」
するとさっきの猫パンチとは遥かに違う重さの連続平手打ちを俺は喰らうことになった。
「あだっ、いたたっ!死ぬ〜!」
「黙っとれジジイ!アへ¨を利用しやがって!!さっさと抜かんかい!!」
「死後硬直しとるから無理じゃー」
「なに意味わからんこと言っとるんじゃ!!」



157 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 00:52:22 ID:6fdELTVQO
【名前欄】一角獣 太鼓×唄「オヤジの逆襲」 8/8
【メール欄】sage
【本文】


それからしばらくして、俺と夕ミ才は電話に出なかった事でアへ¨に怒られてしまった。
「夕ミ才も皮二氏さんもなーにやってたんだよぉ!」
「俺は悪くない!」
「夕ミ才がねぇ、俺のこと構ってくれたんだ。」
「んなことより!俺の電話無視するんなら二人とも当分一緒にいちゃだめだぞ!」
「安心しろ!もう二人きりにはならんから」
その後、夕ミ才は俺を見ては威嚇するようになり、仕方がないので他のメソバーにちょっかいを出すと
それはそれで怒られるようになったのだ。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


158 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 11:40:25 ID:JlqXOcho0
>>140
完了。1レス目重複投稿して申し訳ない。

続いて>>141-148


159 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 11:53:55 ID:JlqXOcho0
>>141-148完了。

続いて>>149-157

160 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 11:56:41 ID:JlqXOcho0
>>149-157完了しました

161 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 12:44:51 ID:6fdELTVQO
>>160
お疲れ様です!
どうもありがとうございました!!

162 :風と木の名無しさん:2012/03/17(土) 23:18:27 ID:yuACVfOI0
>>159,160
おお、気がつけばアップされてた!
どうもありがとうございました!!


163 :風と木の名無しさん:2012/03/30(金) 06:23:24 ID:GOiZQym60
忍法帖レベルが足りませんでした。お手数おかけ致しますが投下代行お願いします。

【名前欄】音のなる方へ 3/3
【メール欄】sage
【本文】
「…なに?」
「泣いてたから」
「…ごめん」

なんでだよ、って言おうとして
ごめんって言葉が先に出てきた。
絶対に、想いの通じない好きな人の胸に抱かれて
慰められながら気にしてないからなんて言われて。
知ってたけど、残念過ぎるだろ。

背中に手を回して肩に顔を埋めれば
髪に顔を寄せられて、優しく優しく
抱きしめ返された。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・`)イジョウ、ジサクジエンデシタ

手稲の報われない愛と、よく分かってないけど
手稲が可愛いとか思っちゃう末っ子旭川もえwww

本スレに3/2まで投稿済み。最後まで出来なくて申し訳ないです。

164 :風と木の名無しさん:2012/03/30(金) 17:33:26 ID:J6T60Dkk0
>>163
( ^ω^)おっおっ

165 :風と木の名無しさん:2012/03/30(金) 17:34:32 ID:J6T60Dkk0
>>163
終わったお

166 :風と木の名無しさん:2012/04/20(金) 03:14:38 ID:4tmxqWqw0
忍法帖レベル不足のため、投下代行をお願いいたします。

【名前欄】灯台守の話 1/9〜9/9
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/085.txt

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

167 :風と木の名無しさん:2012/04/20(金) 21:34:03 ID:IKm7vNVU0
>>166
( ^ω^)おっおっ

168 :風と木の名無しさん:2012/04/20(金) 21:51:31 ID:IKm7vNVU0
>>166
終わったお

169 :166:2012/04/21(土) 01:42:38 ID:K5L5TiZ20
>>167 >>168
投下ありがとうございました!
おかげさまでコメントをいただけて嬉しかったです

170 :風と木の名無しさん:2012/04/21(土) 20:23:28 ID:cbdoTY5c0
レベル不足のため、すみませんが投下代行お願いします。

【名前欄】イ寺せんたい 十→殿←金「夕陽とイクラとガーネット」 1/9〜9/9
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/086.txt

一応32行以内ごとに分割してますが、もし入りきらない等あれば
適当に改行を消したりしていただいて結構です。
よろしくお願いします。

171 :風と木の名無しさん:2012/04/22(日) 02:26:19 ID:763w6YeE0
>>170
( ^ω^)おっおっ

172 :風と木の名無しさん:2012/04/22(日) 02:48:30 ID:wn9P11IY0
>>170
終わったお

173 :風と木の名無しさん:2012/04/22(日) 09:15:34 ID:eGckNDF60
>>172
どうもありがとうございました!

174 :風と木の名無しさん:2012/05/04(金) 13:50:23 ID:7vhAKy3Q0
レベル不足のため、お手数ですが投下代行お願いできますでしょうか

【名前欄】レーザービーム1/5〜5/5
【メール欄】sage
【本文】

超次元野球。丑→葛な話。卒業後。一人語り。
・実在の歌がモデルになってる
・時系列は捏造
苦手だと思われた方は申し訳ないですがスルーお願いいたします
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

耳に覚えのあるヒットソングが管楽器の音で流れてくる。吹奏楽部の練習なのだろう。
十二支高校野球部は、昨年の夏・今年の春の快進撃により、県内をはじめ校内からの扱いも一変した。
潤沢な部費が支給され、朝礼で表彰され、
校内で応援団が組織されブラスバンドも漏れなくついてくるようになったらしい。
「うらやましいな」
昨年この高校を卒業し、自分の道を歩み始めたかつての主将はつぶやいた。
全面的に背中を押されて、期待を背負って戦いに赴く後輩達。
自分が不遇であったなどとは思わないが、この独特の熱気に包まれての
試合を体験してみたかった、というのは紛れもない真実である。
高校生活。
このきらきらとした時間と無縁になってしばらく経った。
出会いと別れは表裏一体というとおり、
経済・語学・政治とこれからの自分の役割のために学んでいくことは山ほど控えていた。
立ち止まる暇などなかったのは、踏ん切りをつけるという意味では幸運だったのかもしれない。

175 :2/5:2012/05/04(金) 13:53:39 ID:7vhAKy3Q0
「あれー、キャプテン?」
聞き覚えのある声。ひょこりと顔を出した彼は、
心なしか去年よりも顔つきが少し大人びてきたように思う。
「兎丸くん、しばらく。背が伸びたね」
「えへへ、そうかな。キャプテン今日は大学なかったの?」
「授業が休講になってね。久しぶりにここを訪ねてみたんだ」
さっきグラウンドを見てみたよと言うと、彼は嬉しそうに
近況報告をしてくれた。
「今年もねー、新入部員がいっぱい入ってきたんだよ。
ぼくに憧れて入ってきたって言ってくれた子もいてさ、
先輩になったんだしキッチリしなきゃなーって思うこともあるんだよね。」
皆、確実に進歩している。技術だけではない、精神面の成長が著しい。
かつての後輩が伸びていく姿を見るのは嬉しくもあり、寂しくもあった。
また、ブラスバンドが聞こえてくる。
「バックが豪華だと勢いがついていいね」
「今年は応援団も増えたんだよ。やっぱ去年の活躍が効いたんだね」
彼は頭のいい子だ、と思った。
「先輩」の不興を買わないよう、こちらを持ち上げて気まずい会話を回避した。
しかも鼻につくことなく、さりげなく。
流れてくるメロディーにあわせて、彼は軽く歌詞を口ずさむ。
『 グラウンドに立つ キミの姿が まぶしくて 少し照れちゃうけど 』
「あれ?『マウンドに立つ』って2番の歌詞だったのかな」
「違ったような…あ、もしかしてそれ歌ってたの、犬飼君の親衛隊?」
先ほど耳にして憶えていたのだ。
てっきり投手の詩なのだと思い込んでいた。
「僕もけっこうそそっかしいからなあ」
軽い笑い話をしていると、おそらく新入生なのだろう。
まだ高い声が彼を呼ぶのが聞こえた。
「あ、キャプテンごめんね。もう行かなくちゃ」
「こちらこそ、引きとめてしまってすまなかったね」
いつも通りに笑えているだろうか。
「みんなに会ってく?」
「…また、顔を出すよ」
今会ったら、ひたすらに高みを目指す彼らの邪魔になってしまう。
過去をわざわざ振り返らせる必要など、ない。


176 :3/5:2012/05/04(金) 13:55:02 ID:7vhAKy3Q0
帰宅し、用があるまで放っておいてくれと言い残し部屋へ篭もることにした。
何故だか泣きたくて仕方がなかった。なぜ。
普段は滅多につけないTVの電源をつける気になったのも、
そんな気分を紛らわすためだったに違いない。
適当にチャンネルをまわす。別に見たいものなどない。
ただ、静寂の中にいることだけは耐えがたかった。人工的な喧騒に包まれていたい。
リモコンを持つ手がとまる。興奮と緊張を、画面越しに受け取った。
『…さあ、白熱してまいりました。入れば虚仁の逆転、押さえれば比呂縞の勝ち越し。ツーアウト一塁、まだ勝負の行方はわかりません…』
思わず、息を飲む。煌々と照らされるマウンドには、
よく見知った人物が神経の糸を極限まで張り詰めて勝負のころあいを見計らっていた。
瞬間を、支配した者が勝つ。
対峙したことがあるから、あの戦場に立ったことがあるから、
痛いほどにその空気がわかる。


177 :4/5:2012/05/04(金) 13:56:11 ID:7vhAKy3Q0
ゆったりと体を捻る。ぜんまいを巻くように、限界まで。
肉眼では白い光線のように見えた。画面のS字の横、赤いランプがふたつ灯った。
「今のは生で見たかったな」
いつの間にか、食い入るように画面を見ていた。
まだ最大の山場は、残っている。
声援を耳が拾う。あと一球、あと一球。
深呼吸をして、心身を整えて。静かに投球体勢に入り、相手の間を読む。
永遠にも感じられるギリギリの均衡。
鋭い視線は相手の闘志も隙も、確実に打ち抜く。

一瞬。バッターが怯むのがわかった。
今だ!
球圧から生まれた風が、こちらにまで伝わるようだった。球を目で追うことができたのは、ミットに収まる直前だ。
ストレート。
「すごい」
声が震えているのは、感傷的な気分になっているからに違いない。
高校時代何十年にひとりの天才と謳われていても、才能が集う世界で活躍できるのは一握りである。壁にぶつかり、苦しみ続ける時期も確実に訪れる。
それでも。
真っ向勝負を挑み、自分の流儀を通して存在感を示し続ける。
その姿勢は、とても傲慢で尊い。
幾人もの夢も期待も背負い、無言でマウンドに立つ。
嫉妬では、ない。戸惑いでも、ない。ただただ圧倒されたのだ。


178 :5/5:2012/05/04(金) 13:57:37 ID:7vhAKy3Q0
勝負が決まり、体を支配していた力が抜けてしまった。
重力にまかせるまま、ソファに仰向けになる。
「…マウンド に、立つ キミの すがた が…」
まぶしいどころの話ではない、ドキドキするどころの話でもない。
置いていかれてなるものか。また会う時は、同じ目線で。
それが、画面の中の人物がかつて絶縁してまでも死守し、
今は自分が痛切にのぞむ立ち位置である。
戦う場所はもう違うけれど、せめて志は共有したいと思う。

『ありがとう』
画面に向かって心のうちで礼を言う。
迷いも、曇りも。一瞬にして吹き飛ばされた。あの美しいストレート。
僕は僕の道を歩いていける、キミに恥じない場所に居続けるために。
じっとしてはいられない。
そう思うと、自室の厳重な扉を勢いよく開いた―。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!



179 :風と木の名無しさん:2012/05/05(土) 23:51:22 ID:QxdMBTPQ0
done.

180 :174:2012/05/06(日) 12:20:49 ID:giqVwGfQ0
投下してくださった方、ありがとうございました!

181 :風と木の名無しさん:2012/05/15(火) 00:11:12 ID:ih291M2wO
規制の為、お手数おかけ致しますが何方か投下代行よろしくお願いします。


【名前欄】舐めてぇんだ 2/2
【メール欄】sage
【本文】
二人で緑ラベルを飲み大抵下らない話になるそんな時間も
大好きで酔って半分出来心で手を触れれば笑って
自分の手を退けないのを良いことに白い首元に噛みつく。
この男に不器用ながら優しくしたい気持ちが込み上げてくる。

首に痕を落とすと動揺して手に持った缶ビールを
軽く握り潰した彼の唇を舐めて何も言えないようにして塞いだ。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

本スレに1/2は投稿済みです。最後の方がどうしても投稿が出来なくて申し訳ありません。

182 :風と木の名無しさん:2012/05/15(火) 01:07:18 ID:ih291M2wO
>>181
投下できました ご迷惑おかけしました

183 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 02:47:53 ID:3TftouPc0
規制のため、お手数ですが投下代行よろしくお願い致します

【名前欄】たいせつなひと 1/6
【メール欄】sage
【本文】

半生・現行月九の新社長×元社長で新社長視点・7話冒頭周辺の話で801成分は低め
新社長が理想のヤンデレすぎて毎週ハァハァしているものの規制で全く801板に書き込めなくてつらいのでむしゃくしゃしてやった
棚への投稿は数年ぶりゆえ、お見苦しい点がありましたら申し訳ありませぬ

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!



久しぶりに寄って行かないか、と大切な人が言った。
だからああ、とだけ答えた。



「うっわ、本当に久しぶりだなこの家」
「だろ?」
「妹がこっち帰ってきた時以来じゃないか?」
「ばたばたしてたからな」
そう言いながら苦笑する横顔を見つめる。
きっと彼はまだはっきりと自覚してはいないのだろう。
奈津井誠。彼女の言葉で、行動で、心で、自身がどれだけ変わってきているのか。

184 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 02:49:09 ID:3TftouPc0
【名前欄】たいせつなひと 2/6
【メール欄】sage
【本文】

一番間近で彼を見つめ続けてきた自分だから気づくのだ。そしてだからこそ、堪えられないのだ。
心の奥底に渦を巻くこれは憧れか羨望か、それともどす黒い嫉妬の心か。
目の前の男の持つ天賦の才への。
その男を刺激し、いとも容易く変えてしまう無垢で愛らしい天使への。
果たして日優雅に変わってほしくなかったのか。
それとも彼を変えられるのは自分しかいないとでも思い上がっていたのか。
今はもう、わからない。
「でもよかった」
「何が」
日優雅が少し気まずそうに笑った。
「もう、お前とはこうやって話せないのかと思った」
まだ記憶に新しい。
株主総会の後に一戦を交えたという話は瞬く間に社内に広まり、かつてない剣呑な雰囲気を醸し出すツートップに社員たちも動揺を隠せない様子だった。
しかし一番こたえたのは何と言っても日優雅自身だろう。
多少の口論は今までに何度かあれど、そのやり方に真っ向から異を唱えたのは後にも先にもあれ一度きりだったのだから。
故意に酷い方法で傷つけた。一番彼の心を抉る言葉を選んで。
誰に何を言われても決して揺らがなかった日優雅が信じがたいほどに憔悴していたことを会いに行った妹から聞かされた。
自分の言葉がまだそれくらいの影響は与えられるのだと、暗く歪んだ悦びが湧き上がる。

『間違っていたのは俺だ。お前のやり方を疑った。ここはお前の会社だ』

185 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 02:50:03 ID:3TftouPc0
【名前欄】たいせつなひと 3/6
【メール欄】sage
【本文】

その言葉を聞いた先ほどの日優雅の表情が脳裏を過ぎった。
自信を取り戻したその顔は間違いなく自分の惚れ込んだ日優雅透そのものだった。
今までならその言葉に一片の嘘偽りもなかっただろう。
いや、今だって嘘を言っているつもりはないのだ。その証拠に日優雅は自分の言葉をただの少しも疑うことはない。
けれど確実に、自分の中では、何かが恐ろしい勢いで変質している。
もう自分でも制御できないほどに。
何が嘘で、何が本当なのか。
ただはっきりしていることはこの関係があと少しで終わるということ。他でもないこの手で終わらせるのだということ。
その時が来たら、ああ。彼はどんな顔をするだろうか。
「何言ってる。何年付き合ってると思ってるんだ」
隣に立つ日優雅の肩を抱いて諭すように力強く微笑んでみせる。
「そう簡単にお前を見捨てるわけないだろう?」
日優雅が、心から安堵した風情で笑った。



「さ、落ち着いたら少し寝ろ」
シャワーを浴びた日優雅が、まだ髪から透明な雫を滴らせたまま振り返った。
寝室の方向を顎で指し示しながら再び促す。

186 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 02:50:48 ID:3TftouPc0
【名前欄】たいせつなひと 4/6
【メール欄】sage
【本文】

「ろくに寝てないんだろう」
「僕は大丈夫だ、それを言うなら浅雛だって」
「俺のことはいいから」
「…帰るのか?」
「お前が傍にいてほしけりゃいてやるよ、だから寝ろ。今は社長が体調を崩していい時じゃない。これから大事な謝罪会見だってあるんだからな」
心許ない顔をする日優雅に柔和な微笑を浮かべながらそう囁いてやる。
「…ん」
彼がこくりと頷いた。自信家で尊大な天才、世間が抱く彼の印象からはとても想像できないほど素直で繊細な素振り。
ああ。お前は本当に子どもみたいだよ。いい意味でも。…悪い意味でも。
幼い子をあやすようにぽんぽん、と。指の先が僅かに濡れた。
寝台に腰掛け、横になる日優雅を見下ろす。足をばたつかせながら寝転がる姿が過ぎた昔を彷彿とさせた。
「お前、昔オフィスでよく寝ちゃってたよなあ」
「…そうだったか?」
「おいおい、俺が何回毛布かけてやったと思ってるんだよ」
肩を竦めて返すと日優雅がふふっと笑う。
「冗談だ。忘れるわけないだろう、あの頃のこと」
もともと体力のなかった日優雅は創業当時、慣れない作業に疲れて寝てしまうことがよくあった。
大好きなプログラムを組んでいる時は時間どころか寝食すらも忘れて没頭するくせに。
全く勝手なやつだ。それとも天才って皆こんなものなのか。
そう思いながらも、その無防備な寝顔からついつい目が離せなくて気がつけば日が暮れていたりして。

187 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 02:52:24 ID:3TftouPc0
【名前欄】たいせつなひと 5/6
【メール欄】sage
【本文】

規則的にキーボードを叩く音がふっと途切れる瞬間が変に待ち遠しく思えたりして。
一人、また一人と社員が増えるにしたがってそんな二人きりの緩やかな時間を持つことも次第に減っていったように思う。
今はもう何もかも、懐かしく思い出されるだけだ。
「あさ、ひな」
「ん?」
「……僕…は…」
声はそこで途切れ。言葉を返す代わりに、二、三度布団をさすってやる。
枕に顔を埋め、すぐに穏やかな寝息を立て始めた大切な人の髪にそっと触れた。
出会った時に人生を捧げたつもりでいた。
恋人が出来ても、伴侶を娶っても、何があっても、この後の一生はずっとこの男の隣で歩んでいくのだとそれだけは不思議と信じて疑わなかった。
きっと、互いに。
「…そうだ」
どれほど彼の外見が変わっても。どれほど自分の中身が変わってしまっても。
柔らかい髪の手触りは初めて出会った8年前のそのままで。
8年間。気づけば、あの頃の自分の年齢を彼が通り越していた。長いようであっという間だった甘い甘い蜜月。
甘く熟したその実は既に腐る時を待つだけだったのかもしれない。
「簡単じゃないんだよ、透」
どこでボタンを掛け違えたのか知れない。
それでももう自分は、この道をゆくと決めたのだ。
彼を切り捨てるその刃の先が鈍く輝く諸刃だと心のどこかで気づいていたとしても。
賽は投げられた―――もう引き返すことは叶わない。

188 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 02:53:33 ID:3TftouPc0
【名前欄】たいせつなひと 6/6
【メール欄】sage
【本文】

「…簡単じゃ、ないんだ」
そうひとりごちながら。
浅雛康介は、誰よりも大切だった人の頭を静かに撫でた。



□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

8話予告の「誰よりも日優雅さんのこと大切に思ってたでしょ!?」発言に滾ってしょうがなくてつい
毎週毎週公式が妄想の遥か斜め上をいってくれるので大変ですwwヒロインが妹より兄を恋のライバル扱い吹いたww
実は浅雛さんが真っ白エンドとか、なさそうだけど、そういう意味でも今しか書けないものを…みんなしあわせになーれ
お読み下さった方がいらしたらありがとうございました!

189 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 21:41:33 ID:knKOLALU0
>>183-188
投下しました

190 :風と木の名無しさん:2012/08/30(木) 23:52:04 ID:3TftouPc0
>>189
ありがとうございました!心より感謝です!

191 :風と木の名無しさん:2012/09/05(水) 03:31:15 ID:E0vne5qc0
忍法帳レベルが足りませんでした。お手数ですが代行お願いします。
【名前欄】新BM 2/3
【メール欄】sage
【本文】
「俺の事は放っておいてくれ」
再び背を向けて、なんとか風に逆らって歩き出す。だが、殆ど進まないうちに、今度は相手自らに前へ廻りこまれる。
押しのけて進もうとしたが、びくともしなかった。逆にその手を掴まれ、引き寄せられる。
「一緒に、帰ろう」
耳元で言われるが、無視して腕を振りほどこうとした。だが離れない。元々肉体的な力が違いすぎる上、今は酷く消耗しているのだから当然といえば当然だが。
空いた方の腕で押したり叩いたりしたが、堪えている様子は全く無かった。離すどころかよけようともせず、左手で腕を掴んだまま右手を背中に廻される。
相手からすれば、落ち着かせて説得しようとしての行為だっただろう。だが今の心持では逆効果だった。余計にむきになり、完全に頭に血が上ってしまう。
腕と背に手をかけられている上半身に比べ、下は割と自由がきく。服ごしとはいえ、相手の右手の感触が伝わってくる。
加えて、なんとしても離れようとするあまり理性を失った状態で、とる行動は一つだった。
右足を持ち上げ、体重をかけて思いきり踏み下ろす。相手の左足を狙って。
その瞬間、理性が甦り、自分が何をしようとしているのかに気付く。
なんとかブレーキをかけつつ横に逸らして、直撃させる事を避ける。だが完全に外す事は出来ず、端が当たってしまう。
そこまで大きなダメージにはならなかったようだが、触れる手が一瞬こわばり、脱力してそのまま地面にへたり込む。
その姿に完全に理性を取り戻し、慌てて横に膝をついた。
先程までとは逆に、こちらが抱くように右手を背に廻し、左手で相手の足をさする。
「……すまないっ」
下を向いて、目を伏せたままやっと声を絞り出す。
黙って、髪から背にかけて何度も撫でられる。

192 :風と木の名無しさん:2012/09/05(水) 03:33:22 ID:E0vne5qc0
【名前欄】新BM 2/3
【メール欄】sage
【本文】
不意に、疲労と痛みが甦る。相手の背に添えていた手から、続いて体から力が失われてその場に倒れ込む。
それを抱きとめられるのが分かったが、もう抵抗する事は考えなかった。
「……かえりたい」
ごく自然にその言葉が口から出る。その瞬間、心を縛り付けていたものが全て解けていった。
今まで考えた事も無いほど、相手に縋って甘えたくなる。だが、自力で動けるだけの力は無かった。
「連れてって……」
掠れた声でそれだけやっと言う。
「勿論だ」
目と同時に閉じていく意識に、その声だけはしっかりと届いていた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

分割ミス&途中規制失礼しました。
DVD見たらこの二人これでもかってほど萌える。

193 :191-192:2012/09/05(水) 03:53:33 ID:X3G8WO3AO
ごめんなさい、訂正です。
192は
【名前欄】新BM 3/3
でお願いします。

194 :風と木の名無しさん:2012/09/05(水) 09:11:59 ID:gxQDn/xo0
>>193
投下完了

195 :風と木の名無しさん:2012/09/05(水) 12:35:53 ID:X3G8WO3AO
>>194
投下ありがとうございます。助かりました。

196 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 14:48:09 ID:w8ZOxc4w0
すみませんが代行お願いします。


【名前欄】癒しの手3/13
【メール欄】sage
【本文】
扉が開かれた。そこは3メートル四方程度だろうか、何もないがらんとした部屋になっている。
照明はない。しかし部屋の中にはほのかに光りが射し、奥に行くほど明るさを増して石作りの壁に陰影を映し出している。
部屋の奥、一人寝のベッドの幅ほどの部分が奈落になっていた。その下から光が射している。
その手前に、ウィルは丁重に横たえられた。薄い夜着を通して冷たい床の感触が伝わってくる。
「それでは、ウィリウス殿。よくよく神をお慰めし…」
「ちょっとまって!」
やっとの思いでウィルは言葉をしぼり出した。今では恐ろしい疑問が心に渦巻いていた。
ウィルは一人で小部屋に寝かされている。信徒達は外に出て、扉を閉めようとしている。
その前に、どうしても聞いておきたい事があった。
(「私は…捕まったのですか?最初からそのつもりで、助ける振りをして…」
「恐れながら。お食事に薬を混ぜさせていただきました。我々にはどうしても、ウィリウス殿の
ような方が必要だったのです。健康で、体力もある健やかな若者が」
「…私は殺されるのですか?それとも一生、閉じ込められて…」
「そのようなことは決してございません。ただ、時間をかけて説明いたす暇のない以上
これより他に方法がございませんでした。ウィリウス殿。何卒神のため、神の御力を必要とする
全ての者たちのために、御身をもって神をお慰め申し上げいただきたい」
司教は再び跪き、恭しく頭を下げた。その姿を隠すように小部屋の扉が閉じられる。
ウィルは想像のつかない恐怖と共に、一人小部屋に取り残された。
やがて、彼らの『神』と呼ぶものが、奈落から姿を現した。


197 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 14:50:46 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手4/13
【メール欄】sage
【本文】
その姿を見て、ウィルは顔色を失った。
二本の長い縄のようなものが奈落から這い上がってきたのだ。
乳白色に輝くそれらは優に一握りはあるだろうか。伸縮を繰り返しながらずるり、ずるりと
ウィルに向ってにじり寄って来る。這いずった後にはそれの持つ粘液なのか、ぬらぬらとした
跡が残っている。
「なに…いやだ…」
ウィルは逃げようともがいた。だか、司教の言った薬のせいなのか、深い眠りから無理に
叩き起こされたような体はいうことをきかず爪先だけが力なく床を引っかく。
それはゆっくりと体に巻きついた。生暖かい粘液が肌に絡みつく。伸びきった表面は滑らかで
柔らかい。しかし恐ろしいほどに力強く、ウィルの体を難なく絡め取ると奈落の底へと運び入れる。
そこには神の本体とも言えるものが鎮座していた。
『神は』異様な姿をしていた。地下に開いた巨大な花のように、四方八方に乳白色の腕を伸ばし
ざわざわと蠢き燐光を放っている。顔や胴といった、いわゆる生き物らしい部分は見当たらない。
(…これが神?触手の化け物じゃないか)
恐怖に嫌悪の気持ちが入り混じる。なすすべもなく吊り上げられ、ウィルは本体に向って
運ばれてゆく。他の触手たちがウィルに気付いたように一斉に、その体を目指して伸び上がってくる。

198 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 14:54:57 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手5/13
【メール欄】sage
【本文】
「やめ…ろ、放せ!」
所詮は無駄な抵抗だった。言葉が届くはずもない。触手は無遠慮にウィルの体に巻きついた。
夜着の袖を払い、両腕を這い回り、指先まで絡みつき一まとめに縛める。前腕に負った傷に粘液が
塗りつけられ、ちりちりと痛んだ。
さらにもう一本。足元から縋り、巻きつきながら夜着の裾を割って進んでくる。しなやかに伸び
縮むと瘤が連なるように表面が波打ち、そこから一層身を伸ばしウィルの鼠径部に巻きつこうとする。
触手の動きに合わせ、重く湿った粘液の音がべしゃり、と響く。
限界だった。激しい嫌悪にまかせウィルは力の限り暴れた。かろうじて動く片足を振り回し
脚に絡む触手を蹴りつけようとする。つま先が触手に触れた。その表面に親指の爪を立て
力を込め引っ掻きおろす。
触手の動きが急変した。それまでの緩慢な収縮をやめ、一気にウィルの体を締め上げる。
脚に巻きついた触手はするりとウィルの男根に巻きつき、根元を締め付けるととたんに強張り
滑りもせずに力任せにねじ上げた。
「ひっ…ぎゃあああぁぁぁーーーっ」
ウィルは仰け反って絶叫した。敏感な部分を強く捻られ、痛みのあまり目の前が真っ白になる。
体の力が抜ける、しかし触手は蹂躙を止めようとはしない。両腕は頭の後ろに縛り上げられ
脚は新たな触手に押し広げられウィルの股間を無防備にさらけ出す。苦痛なほどに広げられた脚から
さらに腰へ、胸へと触手が這い進んでゆく。もう一度、男根を締める触手が大きくうねった。
「ぐあぁ…ああぁー…」
炸裂する痛みに気が遠くなる。もはや抵抗する気力もなかった。痛みに目を見開き、
大きく口を開けて浅い息を繰り返す。目の前の景色が揺らぎ、一瞬、意識が暗闇に落ちかける。


199 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 14:57:31 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手6/13
【メール欄】sage
【本文】
やがて、触手の動きが収まった。
ウィルは動こうともしない。涙が流れているのがわかった。暴れたためか包帯が解け
傷の上にも直接触手が取り巻いている。男根の触手は力を弱め、それをやわやわと撫でている。
しかし、痛みも快感もウィルには感じられなかった。ただ、激痛の余韻に身を震わせているだけであった。
涙を追うように、一本の触手が顔に張り付いてきた。先端を器用に窄ませながら目の周りを舐める。
薄く開いた唇をこじ開け、別の触手が侵入してくる。にじむ冷や汗が粘液と絡みあう
どこか淫靡な音が地下室に鳴り響いた。
胴を巻く一本の触手が離れ、腰骨を一撫でしてその奥へ、尻肉の間へと滑り降りる。
しばし先端で吸い付き、つつき廻したあと、探り当てた後孔をゆっくりと捏ねるように動く。
『御身をもって神をお慰め申し上げいただきたい』
司教の言葉をぼんやりと思い出す。たしかにこれでは、言葉通りの慰み者だ―
最後に一つ、陰部をぬるりと撫で、触手は硬く閉じた孔をこじ開け始める。
「んん…」
背筋に走る悪寒と新たな痛みに、ウィルはあっさりと意識を手放した。


200 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:07:39 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手7/13
【メール欄】sage
【本文】
「…気付かれましたか」
うっすらと目を開けたウィルの頭上に、穏やかな声が注がれた。
左手首に暖かなものが巻きついている。その瞬間、生暖かな触手の感触を思い出し
ウィルは飛び起きた。
緊張に身を固めながら回りを見回す。しかしそこは薄暗い地下室ではなかった。司教ほか
数人の信徒が彼を見つめている。左脇には、傷を手当てしてくれた教団付きの医者が座っている。
さっきのぬくもりは、脈を取る手だったのだろうか。
ウィルは清潔なベッドの上に寝かされていた。夜着は新しいものに着替えさせられ、触手との
接触などなかったかのように彼はこざっぱりとした姿に整えられていた。
「呼吸、脈拍、お顔の色も問題なし。少し休まれればすぐにお気力も回復されるでしょう」
医師はウィルの驚きなど意に介する様子もなく司教に見立てを述べている。
司教は一つ頷くと、ウィルの前に進み出た。
「ウィリウス殿。まずはお礼を申し上げねばなりません。昨夜の事、神はことのほか
お喜びのご様子であられました。」
深く頭を下げる。あっけに取られているウィルに対し、さらに司教は言葉を続ける。
「ごゆっくり、お休みくださいませ。しかる後に故郷に戻れますよう、手はずを整えましょう。
あるいはもし、幸いにも続けてお力添えを願えますのでしたら…」
「待ってくれ!」
叫び声は悲鳴に近かった。言いたいことは山ほどある、しかしありすぎて逆に言葉を選べない。
ウィルは必死で呼吸をととのえた。司教の目をまっすぐに見返しながら、なんとか探り当てた言葉を放つ。

201 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:19:19 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手8/13
【メール欄】sage
【本文】
「あれが『神』なのか?」
誰も答えない。
「あんなものが神なのか、あんな触手の塊が人を癒す!?じゃあ、私は…昨日のあれは…一体…」
それ以上は言えなかった。地下室での出来事がまざまざと思い出される。生暖かい触手の
滴る粘液の響き、肌を這う感触…
壁に背を押し付け、身をかがめてウィルは黙り込んだ。その肩がかすかに震えている。
直接は答えず、司教は震えるウィルの肩に手を乗せると、そっとわき腹を指差した。
「ウィリウス殿。ご自身の目でお確かめください」
そう言われ、ウィルはおずおずと夜着を捲り傷を探す。
傷は治っていた。昨日は確かに血が滲んでいた所が、今は古傷のようにうっすらと白く浮かんで
いるだけである。慌てて袖をまくってみると、前腕の小さな傷は跡形もなく消え去っている。
呆然とした顔で司教と傷跡を交互に見つめるウィルに向って、司教はゆっくりと言葉をかけた。
「これが神の御業なのです」


202 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:21:23 ID:w8ZOxc4w0
数日後。ウィルはまだ教団を離れられずにいた。
医師の見立ては間違ってはいなかった。一日もすると体の疲れも取れ、自由に動き回れる様にまで
彼は回復していた。信徒達が留めだてしたわけでもなかった。彼らは常に一人以上ウィルの側にいたが
行動を制限するようなことはなく、専ら身の回りの世話に専念していた。ウィルが頼めば
すぐに水や書物を用意してくれる。頼めば、教団内外の事情について丁寧に教えてくれる。
おそらくウィルが頼めば、帰郷の用意もしてもらえただろう。だがそれを教団側から提案されることはないと
彼にはわかっていた。
教団はウィルを、必要ならば再び神への捧げ物にしようと考えている。それはあの日、呆然と傷跡を見るウィルを見つめる、司教の眼差しが雄弁に語っていた。
ここに留まる以上、ウィルはそれに従うということになる。
彼の触手への嫌悪感は、決して消えてはいなかった。
それでいて彼は、ここを離れる決意が出来ずにいる。
ウィルの気持ちを迷わせているものは、一つはわき腹の傷跡だった。一見古傷のような白い傷跡が
動かしようのない事実として体と記憶に刻み付けられている。
そして、もう一つ。ウィル自身があまり認めたくない後ろめたさ。
思いは複雑に絡み合い、ウィルの足をこの場所に押し留めていた。


203 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:25:16 ID:w8ZOxc4w0
すみません、>>202が9/13です。

【名前欄】癒しの手10/13
【メール欄】sage
【本文】
さらに十日も過ぎた頃だろうか。昼過ぎから振り出した雨は夕刻には嵐になり、雨粒が激しく
窓を叩いている。ウィルはその音を一人で聞いていた。常に側に控えていた信徒の姿もない。
夜更け頃から教団の動きが慌しくなっていた。聞けば、近くで戦いが行われたらしい。
負傷したものが次々と運び込まれてくる。医師が忙しく走り回り、矢継ぎ早に出される指示に
信徒達が機敏に対応する。手伝いを申し出たウィルだったが、司教がそれを断った。
「この様子では今一度、ウィリウス殿のお力をお借りすることになりましょう。
それまでどうか、お体を休めください」
その言葉の意味するところを、ウィルは正確に理解していた。
(考えよう…)
他には誰一人いない。雨音が心の雑念を追い払ってくれる。ウィルの気持ちはいつしか
かつての戦場へと引き戻されていた。

同じ部隊にいたのは、彼と同じような身の上の者ばかりであった。
名はなんといっただろう。漁師がいた。小間物屋のせがれだという者もいた。
ウィルより歳の若い者も、妻の髪を一房、懐に入れている者もいた。いずれも
本来の兵士ではない、徴兵されてきた者ばかりだった。
今、運び込まれている兵士達もまた、同じような身の上なのだろうか。慣れない戦いの場に
放り込まれ、嵐に紛れた奇襲に追い詰められ傷を負い、倒れ運び込まれているのか…
雨は止まないまま、外は朝を迎えていた。ウィルはそれにも気付かず、答えの見えない考えを
めぐらし続けていた。


204 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:27:25 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手11/13
【メール欄】sage
【本文】
戸の外から声をかけられたのはその日の夜深く、じきに空も白みかけようかという頃であった。
いつの間にか雨は止んでいた。
「ウィリウス殿。お休みのところを失礼いたします。」
返事を待たずに戸が開けられる。姿を現したのは司教ただ一人。あの日と同じように恭しく膝を付く。
「我らが『神』の贄となり、お力をお貸し願いたい」
深く下げられた額に向かい、ウィルが答える。
「わかりました。…ただ、お話したいことがあるのですが」
「道々でよろしければ。ご同行いただけますか?」
「はい」
あの日とは違い、ウィルはしっかりと自分の足で部屋を出て廊下を歩き始めた。

もう一つ、あの日と違うことがあった。前回は返事も返せないウィルに対し、一方的に司教が
語りかけていた。今回は逆である。ウィルは、前を行く司教に向かい訥々と自分の心境を打ち明けていた。
「…私は、戦場から逃げ出してきました」
出来る限り率直に、胸のうちを伝える。言葉を飾る必要は感じなかった。
「怖かったのです。戦うことが…目の前で、人が死ぬことに耐えられなかった」
「無理からぬことにございます」
顔を向けることもなく司教が答える。
「お見受けしたところ、ウィリウス殿は本来の兵士ではないご様子」
「はい。粉引き屋の三男坊でした。ただ体力があるからという理由だけで徴兵さて
前線に放り込まれました」


205 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:31:53 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手12/13
【メール欄】sage
【本文】
暗い廊下に二人の足音が響く。
「本当に嫌でした。誰の為かもわからないまま戦って死ぬなんて。いつか逃げ出してやろう
それだけを考えていた…本当に、自分が助かることだけを考えていました」
廊下は外廊下となり、大聖堂へと続く。二人はその中へ入っていった。

大聖堂の中は人で埋め尽くされていた。誰もが大きな傷を負っているように見える、だが苦しそうな
表情は見受けられない。ただ深く、規則正しい呼吸を繰り返している。
見知ったものはいないか―それと気付かないまま、ウィルは足を止めていた。気配に気付いた司教が戻ってきて、ウィルに声をかける。
「眠っているのですよ、皆。神はご自身のお姿を人に見られることを嫌っておられます。
だから地下にお住まいになられたと言い伝えられている。そのため、神の癒しを受けるものは皆
薬を飲んで眠ってから御元に向うのです。あの時のあなたと同じように」
ウィルは息を飲んだ。爪が掌に食い込むほど強く手を握り締めている。
「…私は眠ってなかった。なのに何故、傷を治されたのでしょうか。大体、なんで私なんかが
気に入られたのですか?私は…ただ逃げ出しただけの臆病者です」
司教は何も答えない。
大聖堂の最奥、小さな扉へと辿り着いた。信徒達は皆、怪我人の手当てに走り回っている。
二人で小さな扉を開き、ウィルが中へと足を踏み入れる。


206 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 15:36:07 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの手13/13
【メール欄】sage
【本文】
「私は逃げるとき、誰かを助けようなんて考えられなかった。今はその気持ちを埋め合わせる為だけに
人助けをしているつもりになっているだけなのかもしれません。…そんな気持ちで、神の元に行っても良いのでしょうか?」
「ウィリウス殿」
二人は扉を挟み、向かい合って立っている。司教が表情を和らげた。初めて見せる、慈愛のこもった瞳で
ウィルを見つめる。
「神の御前にあって全てのものは等しく同じ。癒されるべき『傷』に分け隔てがなされることは
ございません。恐れ多き事ながら、それこそが神の真意かと」
ウィルはゆっくりと夜着を脱ぐ。放り投げようとしたそれを司教が受け取った。
そのまま背を向けて、奈落の淵に立つ。司教が跪いたのか、背後で衣擦れの音が聞こえた。
扉が閉じられる。ウィルは一人、神が現れるのを待った。

[][] PAUSE ピッ ◇⊂(・∀・;)チョット チュウダーン!


207 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 16:13:10 ID:w8ZOxc4w0
規制他諸々の事情でナンバリングが大幅にずれてしまいましたorz
どなたか投稿お願いします。

208 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 18:48:00 ID:2DtTuDWs0
>>196
done.

209 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 19:02:29 ID:cqLB2XMw0
代行さんは乙…なんだけど、

(4)一度にテンプレAA含め10レス以上投下しないで下さい(連投規制に引っかかります)
  長編の場合は10レス未満で一旦区切り、テンプレAAを置いて中断してください。

っていう棚スレルールがあるのに、最初から13レスとはどうなのか

210 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 20:12:27 ID:w8ZOxc4w0
ごめんさないorz
13レスを二つに分けるつもりがいきなり規制&改行ミスでてんぱってしまいました

211 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 20:33:57 ID:w8ZOxc4w0
代行していただいた方、ありがとうございます。

どなたか後半お願いします。

【名前欄】癒しの御手
【メール欄】sage
【本文】
当たっているかもしれない、その考えは。苦笑いをかみ殺しながら、ウィルは横たわる触手のうち
一本を手繰り寄せる。前回はどうしたんだろう。考えて、それに軽く唇を触れ…思い切って先端を
口に含んでみる。奇妙な感触だった。触手は器用に動き回り、舌を絡め先端まで吸い上げる。
歯列をなぞり、口内に吸い付きながら粘膜をこすりつける。粘液と唾液の絡まる音がくちゅくちゅと
直接、頭に響く。飲みきれない唾液が一筋、こぼれて顎まで伝った。
口を触手に犯されるままに任せると、もう一本を手繰り寄せ、両手で優しく撫で始めた。
その弾力と暖かさを確かめるようにしっかりと指を絡ませ、揉みしだき、粘液のぬめりを借りて
手を上下に大きく移動させる。
ウィルの下半身はいっそうの熱を帯びてきた。男根は半ば立ち上がり、透明な先走りの体液が
滲み出している。それを受け止めるように、触手はさらに力を増し鈴口を数回擦る。男の本能に
忠実な快楽に、背を反らせて耐える。後孔を嬲る触手も徐々に力を取り戻してきていた。
ただ漫然と撫でていただけの触手が意思を得たように後孔を責めたてる。閉じられた孔の
皺の一本づつを舐めるように這い回る。先端をわずかにめり込ませ、ウィルの体が強張ったとたんに離れ
硬く張った会陰に場所を移し縮んで瘤のできた表面を擦り付ける。
咥えた触手に声を封じられたまま、ウィルはゆっくりと、確実に絶頂に向って追い上げられている。
手に抱いた触手を胸に押し付け、彼自身のもののように握り締めながら後孔への刺激に
慣れようと息を整える。

212 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 20:39:39 ID:w8ZOxc4w0
>>211は3/6に訂正お願いします。

【名前欄】癒しの御手4/6
【メール欄】sage
【本文】
口の触手がぬるりと這い出した。涎を伝い、先端で首筋に吸い付きながら身をくねらせて胸に張り付く。
つんと硬くなった乳首に身を摺り寄せ、収縮して強く揉み、転がすようにくねりながら下へと移動する。
ウィルに密着したまま大きく波打ち、下腹部へ、鼠径部へと這い降り、先端は吸い付いたまま乳首へと
移り軽く捏ね、強く吸い上げる。くすぐったさの中に、体の芯に響く疼きが混ざっていた。
「んぁっ!…あぁ…はぁ…あ……あっ」
ウィルは触手の感触に身を委ね、知らず知らずのうちに腰を動かしていた。男根の触手は
敏感な先端の括れを優しく揉みこんでくる。そのまま果てそうになるのを抑えながら、触手が
次の行動に出るのを待つ。
胸の触手がするりと滑り落ちる。そのまま内股まで降り、腿に巻きつきながら先端を双丘の間に
滑り込ませる。少しでも楽な姿勢で受け入れようと、ウィルは膝に重心を移して腰を上げた。
少し考え、手の触手を離して両手を床につく。大きく息を吐き、体の力を抜く。
唾液と混ざり合った粘膜が孔に押し当てられる。一瞬、肩に力が入った。手から離した触手が
肩をつたい口元に現れる。ウィルはためらいもせずそれを口に含む。そちらに意識を集中させ
後孔の違和感を忘れようとする。

213 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 20:40:47 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの御手5/6
【メール欄】sage
【本文】
ゆっくりと、孔が開かれた。
「ふぅ…ん…んぅ…っ」
入ってくる。普段、意識することもない内側の粘膜を押し開きながら、触手がゆっくりと伸縮を
繰り返し入ってくる。慣らされていたせいか、痛みはなかった。ただ経験したことのない異物感に
体が震え、膝が崩れそうになる。その腰を他の触手が支える。そのうちの一本がわき腹の傷跡に伸びた。
確認するように一撫でし、背中を這い耳元へ進む。耳朶を愛撫し、吸い上げるぴちゃぴちゃという音が
大きく聞こえる。音に犯される感触にウィルの心は強張りを解いてゆく。
「うぅん…ふぅ…んっ!むうぅぅっ…ふっぁ」
孔の触手が一旦下がり、再度奥へと進む。それが繰り返され、次第に動きが早くなる。
搾り出された粘液がウィルの内股をつたう。浅い息を繰り返し、腕を震わせながらウィルは全身に
触手の暖かな愛撫を感じていた。違和感は次第に消えてゆき、擦りあわされる粘膜が熱をおびて
違う感覚へと変わり始める。それに応じるかのように男根が激しく擦りあげられる。
喘ぎに細く、声高い嬌声が混ざる。
じりじりと焦らされた末に、ウィルは鼓膜がしびれるほどの勢いで白濁した精を発した。

214 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 20:41:34 ID:w8ZOxc4w0
【名前欄】癒しの御手6/6
【メール欄】sage
【本文】
ポタポタと床に落ちる精を、触手たちが掬い取る。うつろな瞳でそれを見つめながら
ウィルはゆっくりと崩れ落ちる。その体を触手が抱き上げ、その中に沈めるように覆いこみ
全身をなぞる。姿勢を変えられる瞬間、孔の触手がよじれ、粘膜に新しい刺激が走った
鈍痛にも似た快感が再び体の中心へと集まりだす。
暖かい触手の海に抱かれながら、ウィルは涙を流していた。痛みでもない。後悔でもない。
ただ訳もなく涙が流れ出す。
(これも神の癒しなんだろうか…)
漠然と考えるウィルの涙をおって、一本の触手が這い上がってきた。

215 :風と木の名無しさん:2012/09/16(日) 20:44:44 ID:w8ZOxc4w0
以上です。よろしくお願いします。

本当にぐだぐだですみませんil||li _| ̄|○ il||li
半年ROMって修行してきます。

216 :風と木の名無しさん:2012/09/17(月) 00:30:29 ID:YtMK08Nw0
>>215
投下完了!

投下しながら読ませてもらったけど
面白かったよ!ドンマイ!

217 :風と木の名無しさん:2012/09/17(月) 07:55:31 ID:836yZW1Y0
ROMると言うモンの例に習って再(ry
投下ありがとうございました!
色々と有難うございます。

218 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 19:57:05 ID:n4kChWeU0
レベル不足のため、お手数ですがどなたか代行お願いします。

【名前欄】不誠実な恋人1/10
【メール欄】sage
【本文】

オリジナル。バカップルSMごっこ、何かとイタイ2人です。受けビッチ注意
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「おかえ…うぉっ!?」
譲はドアを開けた途端、出迎えた青年を突きとばした。
突き飛ばされた青年―宏夢は悪びれる様子もなく、意味ありげに譲を見返す。
「会ったんだ?」
「あぁ、エントランスで見かけたよ」
宏夢は納得したように頷いた。あえて神経を逆なでする態度に、譲はさらにイラつかされる。

二人は恋人関係だった―少なくとも、譲はそう考えている。同じ部屋に住み、体を重ねる
関係が続いている。しかし2人の性格はまるで正反対だった。
大学卒業後、さっさと就職し期待の新人として目をかけられている譲に対して、宏夢は
留年を繰り返しても苦にする様子もなく遊び歩いていた。クラブに入り浸り、友人宅を
渡り歩いて疲れきると譲の部屋に戻ってくる。
譲は、宏夢の遊び癖をある程度は容認していた。女を―あるいは男でも、自己責任で抱く分には
見て見ぬ振りをしている。しかし、宏夢が他の男に抱かれるのだけはどうしても許せなかった。
先程エントランスで会ったのは、宏夢自身が『縁を切った』と言っていた、彼を抱く男だったのだ。
譲が働いている間、二人の部屋に男を引っ張り込み好き放題に楽しんでいた。そう考えるだけで
譲の心は冷たさを増してゆく。物も言わず、彼は宏夢を乱暴に床に突き倒した。

219 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 19:58:06 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人2/10
【メール欄】sage
【本文】

「…ったく、荒っぽいんだから、譲は」
転がされた宏夢は言葉こそ不満げなものの、むしろ事態を楽しんでいる表情に見える。
譲はできる限り冷静に言葉を続けた。
「荒っぽいのが嫌なら、人の言いつけ位守れよ。なんで俺らの部屋でよその男咥えこんでんだ?」
「僕だってたまには優しくされたいんだよ」
「それじゃ満足できないくせに」
「誰が仕込んだんだか」
悪びれた風もない答え。すぐにでも押し倒したい衝動を抑え、譲はネクタイを解いて宏夢に命じた。
「両手を出せ」
何かくれるの?と言わんばかりの表情で掌を広げて腕を伸ばす宏夢。その手首をネクタイで
緩く縛り、何も言わず譲は自分の寝室へ向った。クローゼットの一番下の引出から太い
バイブを取り出す。それを宏夢の掌に押し付けた。
「自分で入れろ」
「…いきなりは無理だよ」
「いきなりじゃないだろ。どうせさっきまでやってたんだろうが」
「こんなにデカくなかったなぁ」
「じゃあ自分でほぐして入れりゃいいだろ」
一見、冷たく突き放した態度。しかし宏夢はその状況にある種の満足を感じていた。
まず自分の指を一舐めし、バイブを咥える。そのままジーンズのファスナーを下ろし
下着ごと膝まで摺り下げると床に寝そべると腰だけを高く突き上げ、譲に見せつける
ように自分の尻穴をほぐし始めた。

220 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 19:59:03 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人3/10
【メール欄】sage
【本文】

縛られた両手は器用には動かせない。塞がった口から甘えたような吐息を吐きながら
両の人差し指で懸命に孔を広げようとする。その時、体内に残ったままだった白濁した
体液がとろりと流れ出し、宏夢の内腿を伝った。
要は、『続き』があることを期待して、あえて洗い流さずに残していたのだ。
それに気付いた瞬間、譲は物も言わずに宏夢の口からバイブを抜き取った。抗議の
声を上げる暇も与えず尻穴にバイブをねじ込む。
「ちょっ、まだ無理!…っあ、痛っぁー…」
悲鳴を気にもせず押し込もうとする。何度か抜き差しし、精液が絡みバイブの滑りが
良くなったところで深々と差し込むといきなりリモコンのスイッチを入れ、それを
振動させた。
「ひぁっあぁん…んんあぁ…はぁ…あああぁ!」
「あんまデカい声出すなよ。それでなくても俺ら、近所に不審な目で見られてるんだからさ」
理不尽な言い分に、宏夢は恨めしそうな目を譲に向ける。それも無視して譲は自分の寝室に
戻っていった。
わざと時間をかけて部屋着に着替える。ベルトはクローゼットに戻さず、先をバックルに
通して持ち手になる輪を作る。クローゼットの一番下、最近は宏夢専用の小道具入れに
なってしまっている引出を探り始めた。
リビングからは宏夢の押し殺した嬌声が聞こえてくる。譲は、ボールで留めるタイプの
リングピアスとチェーンを選ぶと宏夢の元に戻っていった。

221 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 19:59:47 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人4/10
【メール欄】sage
【本文】

宏夢は手首を縛るネクタイを噛み、声を抑えながら快楽に耐えていた。背を反らせ、体を
捩りながら恍惚とした表情を浮かべている。まだ射精はしていない。それらの全てが譲を
満足させる。
「これも。自分で付けろ」
そう言ってバイブのスイッチを切り、リングピアスを放り投げた。
一見して判らないが、宏夢の鈴口にはプリンスアルバートのホールが完成している。
一時期、宏夢の遊び癖を何とか改めさせようとした譲が無理矢理開けさせたものだった。
…もっとも、効果があったのはホールが完成するまでの数ヶ月の間だけだったが。自由に
付け外しができるようになると、宏夢は外した状態の不便さを気にもせずまた遊びまわる
ようになってしまった。
今、渡されたピアスを見て、宏夢は息を整え譲を睨む。
「これ、僕が嫌いなの知ってるくせに」
「だからだよ。お前の喜ぶことばっかりやってたらお仕置きにならないだろ?」
しばしの睨みあい。譲は再び、ごく軽くバイブを振動させる。宏夢は軽く舌打すると
身を屈めてピアスを付けようとした。
体を動かすとバイブの当たる位置が変わり、新しい刺激が体を震わせる。弱く絶え間ない
刺激が前立腺を撫で、息を荒げさせる。
「ぁあん…ん…ぁ、ああ…はぁ…っんんっ」
震える指で何とかリングを通す。先走りの体液に助けられ、一瞬、尿道口に鋭い痛みを
感じただけで、するりとホールに収まった。ただ、どうしてもボールを留められない。
指先が震え、滑り、何度付けようとしても簡単に落としてしまう。喘ぎながらそれを拾い
何とかしようと苦戦する宏夢を、譲は楽しそうに見つめている。
とうとう、宏夢が根負けした。
「お願い、譲。ボール、留めて…」

222 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:00:42 ID:n4kChWeU0

【名前欄】不誠実な恋人5/10
【メール欄】sage
【本文】

譲はチェーンを見せ付けるように振りながら、宏夢に歩み寄った。チェーンの先には
小さな輪が付いている。
「俺がボール付けるとさ、これも一緒につけるけどいいんだな?」
目の前でチェーンを揺らす。宏夢はしぶしぶと頷いた。
リングにチェーン先の輪を通し、手際よくボールを留める。その途端、バイブを強め
チェーンを力いっぱいに引っ張った。
「ひいっ!…んあっはぁ…ん、くぅう…ふう、ぅうう…」
横様に倒れこんだ宏夢は今度は言われるまでもなく、自分から声を抑える。譲は宏夢の
男根に足指を置き、もぞもぞと動かす。宏夢がじれったい愛撫に自ら腰を振りそうになる度に
チェーンを引き、バイブの振動に強弱を付ける。再び、恍惚の色が宏夢の表情に浮かんできた。
低い振動音と甘い喘ぎ声だけが響く。譲は表情を押し殺したまま征服感を味わっていた。
『宏夢にこの喜びを教えたのは俺だ。こいつのこんな姿を見られるのは俺だけ―』
うっとりと見上げる宏夢の視線に気付かない振りをしながらチェーンを引き、手ごたえを
楽しむ。
「ひっ…いっ…ああぁ…。譲…はぁ…お願い。イかせ…て…」
宏夢の目に涙が滲んでいる。それを見るだけでもゾクゾクする。浮ついた声にならないよう
注意しながら、譲は意地悪な質問を出した。
「何回イった?」
「…え?」
「今日だよ。奴に抱かれて何回イったのかって聞いてんだ!…答えたら、イかせてやる」
言いながらチェーンを一層強く引いた。宏夢は悲鳴を上げて仰け反り、反動で強くバイブを
咥え込み湧き上がる快感に耐えようと床に身を伏せて呻き声を上げる。強すぎる刺激を何とか凌ぎ、声を震わせながら答えた。
「…3回」

223 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:02:12 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人6/10
【メール欄】sage
【本文】

一気にバイブの動きが激しくなった。同時に男根を揉む指に力を加え、半ば踏みつけるように
強く根元からしごき上げる。長く焦らされた体は抵抗することもなく、絶頂へと上り詰める。
「ああぁっ!はぁっぁああーーー…あぁ、は…ぁっ、あっあぁ…ふぅ…ぁああっ」
出口をピアスで塞がれて射精は勢いを失い、だらだらと長引く間中、絶え間ない絶頂間が
宏夢を飲み込む。そのうえ前立腺を激しく捏ねられ、男根を踏みつけられ逃げることもできずに
涙を流しながらネクタイを噛み、嬌声を押し殺し続ける。

ようやく精液の流れが途切れてきた。バイブを止めると嬌声も止み、半ば朦朧としているのか
宏夢はチェーンを引かれるたびに体をぴくりと動かすだけで、ひたすら荒い息をついている。
その口元に、譲は無言で足先を近づけた。
宏夢もまた無言で、その足を舐める。自分の精液を綺麗に舐め取るように、指の間まで
丁寧に舌を這わす。これは譲が教え込んだことだった。

「さて、と」
丹念に足指を舐めさせ終わると、譲は宏夢の脚から衣服を抜き取り一人用のソファに
座らせた。チェーンを短めに噛ませ、自分で自身を持ち上げさせる。
さっき用意しておいたベルトの輪に手を通し、見せ付けながら大きく振りかぶる。
宏夢は命令もされないままソファの肘掛に脚を乗せ、腰を突き出した。
「3回イったんだよな?」
宏夢が頷く。
「反省してんのか?」
挑発するように微笑み、首を横に振る。
「じゃあ、仕方ないな。お仕置きだ」
振りかぶられたベルトが空を切った。

224 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:03:02 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人7/10
【メール欄】sage
【本文】

「ひぃっ!」
宏夢は悲鳴を上げた。振り下ろされたベルトは狙いを外さず、強かに内腿に打ち付けられた。
白い肌に赤いベルトの跡がくっきりと残る。明日には痣になっているだろう。その事実が
譲を興奮させる。明日の会議の事、提出する書類、できるだけ気をそらしながらもう一度
ベルトを振りかぶる。同時にバイブのスイッチを入れる。すぐに甘い声が響きだした。
「ほんっとうに仕方ないな、お前。俺を怒らせて楽しいか?」
否定。首を横に振る。
「じゃあなんで浮気してんだよ。俺と別れたいのか?」
答えはない。陶酔したように譲の目を見つめ返す。
再びベルトがしなった。今度も外すことなく、会陰をまともに打つ。声にならない悲鳴が上がった。
仰け反った拍子にチェーンを引っ張ってしまい、鈴口に鋭い痛みが走る。タイミングを
見計らって譲はバイブの振動を最強にする。ソファに体を預けた宏夢は狂ったようによがり
喘ぐが脚を下ろそうとはしない。懸命にチェーンを噛み、ネクタイを口に押し当て、何とか
声を抑えて譲に向き直る。
「打たれて感じてんのかよ、変態」
誰が仕込んだのだか―ぼんやり考えるだけで答えない。
「あと一打ち残ってるけど。これじゃあお仕置きにならないよなぁ、お前喜んでるし。
このまま止める?」
全く止める気などなさそうに、譲は焦らす。ベルトを見せ付けるだけで動かさない。
我を忘れ悦楽に浸る宏夢の姿を、再び硬さを持ち始めた男根を、チェーンを噛む口元を
じっと見ている。

225 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:04:57 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人8/10
【メール欄】sage
【本文】

俺が仕込んだ―奔放な性格に、貪欲な体に、従うという悦びを教えたのは自分だ。
他の誰でもない、自分だけがこの宏夢の嬌態を見ることができる。その思いにしばらく
身を委ねた後、譲は三度目、ベルトを振りかぶる。
「宏夢。お仕置きが欲しいか?」
宏夢はゆっくりと頷いた。顔をあげチェーンを引っ張る。精神的な充足感がそうさせるのか
何度も果てたと思えない程に彼自身は固く張り詰めている。
その欲望の中心を目指し、譲は力一杯にベルトを振りぬいた。
「ひぅっ!ぅあーーーあぁああーーーっ」
チェーンが口からこぼれた。痛みとも快楽ともつかない刺激に、声を限りに叫ぶ。
力むほどに深く、強くバイブを咥え込み、電流のような快感が頭まで突き上がってくる。
ピアスの隙間から白濁した液が溢れ始める。譲はそれを見逃さなかった。すぐさまバイブを
引き抜くと宏夢を床に押し倒す。彼の気持ちはすでに宏夢の嬌態に煽られ、男根は硬さを
帯び始めている。それ以上前戯を楽しむ必要もなく、宏夢の脚を肩に抱えあげると尻穴に
自身をあてがい、一息に深くまで叩き込んだ。
「ひぃっ…ぁああっ、はぁ、あっはぁ…」
バイブとは違う熱さに、穿つ動きに粘膜を嬲られながら、宏夢は必死に腕を伸ばした。
無理な姿勢で譲の首に手首を回し、より深くまでその感触を味わおうと体を摺り寄せてくる。
突き上げられるたびに、かすれた声と精液の雫が零れ落ちる。宏夢が感じるたびに下腹部が
ひくひくと動き、粘膜が譲の昂りを包み込み締め付ける。譲はわざと安定しないリズムで
責めたてた。深く突かれることに慣れると浅く引き抜き、角度を変えて先端で前立腺付近を
擦りあげる。何度も繰り返され、悲鳴をあげる宏夢が腰を動かそうともがくのを押さえつけると
一気に最奥まで突き上げて体を抱き起こし、彼を自身の上に座らせた。

226 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:06:15 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人9/10
【メール欄】sage
【本文】

男根を咥える結合部だけで体重を支えられる体勢。もう力も入らない宏夢の体を、譲は
強引に引き寄せる。縛られたままの手首が背中を叩き、何かを訴えようとするがそれを相手にせず
しばし動きを止め、宏夢の体の温もりを腕の中に感じる。汗ばんだ肌が密着し、息遣いが
直接、胸に伝わってくる。
やがて、宏夢が口を開いた。上の空のように、呂律の回らない言葉で語りかける。
「ゆず…る…譲が…イかせ…て」
もう我慢も限界だった。譲はそのまま宏夢を持ち上げ、落し、捏ねるように腰を突き上げる。
人形のようにがくがくと揺さぶられ、宏夢は密着した粘膜が溶ける様な熱を感じながら
抑えようともせず嬌声を上げ続けた。
やがて譲が果て、宏夢の体内に精を放った時。宏夢もまた、体の奥底から湧き上がる快感に体を貫かれ、半ば意識を失いながら譲にしがみついていた。
射精のないオーガズム―これもまた、譲だけが彼に教えたものだった。

227 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:07:13 ID:n4kChWeU0
【名前欄】不誠実な恋人10/10
【メール欄】sage
【本文】

「床、フローリングでよかったねー」
全くの他人事のように宏夢は呟いた。動くのも面倒臭いのか、裸のまま床に寝そべっている。
「フローリングも濡れたら傷むだろ」
「カーペットとかより全然マシじゃん」
呆れて言葉もなく、譲は背を向けた。あんまり甘やかしたくはないが、どのみち掃除は
しないといけない。宏夢ははなから動く気などなさそうだ。
譲の内心の腹立たしさを見抜いたようなタイミングで、宏夢が笑いかけた。
「いいじゃん、また当分、譲専用の宏夢になるんだから」
「…は?」
振り返ると、宏夢は付けたままのプリンスアルバートを指差している。強く引っ張りすぎた
せいかホールから血が滲んでいる。
「こいつが安定するまではね」
ピアスを爪で軽く弾くと、そのままごろりと寝返りをうつ。たらりと溢れ出した精液が
床に新しい染みを作る。
結局、声も漏れてただろうし―。譲は安い賃貸の部屋を見回し、頭を抱えた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


228 :風と木の名無しさん:2012/09/22(土) 20:09:05 ID:n4kChWeU0
以上です。長文ですみませんがよろしくお願いします。

229 :風と木の名無しさん:2012/09/24(月) 00:42:34 ID:nJg5RofQ0
>>228
投下完了です。

本スレで支援して頂いた方、ありがとうございました。

230 :風と木の名無しさん:2012/09/24(月) 07:48:10 ID:k3fVG8PA0
218です。
代行いただいた方、支援していただいた方ありがとうございます。

231 :風と木の名無しさん:2012/09/27(木) 11:03:08 ID:t99gyYOI0
【名前欄】4-8/8 その名は九月
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/088.txt

連続投稿にひっかかったうえ、こちらに投下代行をお願いしたつもりが
書き込みできていませんでしたorz
投下してくださっている方がいるようですが、改めて書き込みします。
お願いいたします。

232 :風と木の名無しさん:2012/09/27(木) 15:55:12 ID:unul6J5U0
231です
Or60cnPt0さんありがとうございました!

233 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 00:56:11 ID:JQ+niJ460
規制が解除されない為、どなたか代行願います。

【名前欄】託卵
【メール欄】sage
【本文】

オリジナル触手もの。一応、癒しの御手の続編ですが単発でも読めるように書いたつもり…です。
タイトルどおり卵ネタあり、ややグロ気味注意。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

神は繁殖を望んでおられる―司教からそう告げられたのは、ウィルがこの教団に流れ着いてから
一年近くはたった頃だった。
ここ最近は戦いも小康状態となり、神の治療を必要とする者は少なくなっている。今この時期に
ウィルの力を借り、己を繁殖させ、さらに力が必要となった時に備えることが必要なのだと。
「これはウィリウス殿におかれましても幸いな事。それだけ、御眼鏡に適われたということです」
いつになく嬉しそうに語る司教に促されるまま、ウィルは大聖堂へと脚を運んだ。もとより彼は
教団側の申し出を断るつもりなどない。ここに身を寄せている以上、教団と、彼らが神と崇める
触手に対する尽力を惜しむつもりなどはなかった。抵抗さえしなければ、触手は決してウィルを
傷つけるようなことはしない。ただ奈落の底で彼の体を弄び、精を絞りつくして己の養分とし
再び彼を地上に帰す。そんな奇妙な形であれ、自分の存在が最終的には人の傷を治す力となる―
そう思えばこそ、彼はこの地に残る事に決めていたのだ。
ただ、繁殖というのは初めて聞かされた言葉だった。事情はよく飲み込めないまま、大聖堂の最奥の
奈落へと続く小部屋へ向う。最近では常にそうするように、衣服を脱いで司教に手渡す。背後で扉が
閉められるのを感じる。
程なくして、神が姿を現した。いつもと同じく、二本の長い触手を伸ばしてウィルの体を絡め取る。
そのまま器用に奈落へ引き込み、地下に開く花のように白く光る触手群の本体へと彼を引き寄せる。
彼の体に向って待って、一斉に無数の触手が伸び上がる。今までの夜伽となんら変わることのない流れ
であった。

234 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 00:57:42 ID:JQ+niJ460
先のは1/7です。不手際ですみませんorz

【名前欄】託卵2/7
【メール欄】sage
【本文】

触手の群れはたちまちウィルを捕らえ、その肌に滑る粘液を擦りつけ始める。手足に、胴から鼠径部へと
心得たようにウィルの敏感な部分へと巻きつき、するすると這い回る。愛撫に応じ、ウィルはすぐに
体が火照り始めるのを感じた。何度となく繰り返された行為だった。いまさら恥じることもない。
そのまま触手に身を委ね、感じるままに吐息を漏らす。やがてその触手たちが代わる代わる彼の中に
侵入し、官能を昂ぶらせ、焦らせた末に最後の一滴まで精を吐き出させてやっとウィルの役目は終わる。
今回もそのつもりで覚悟をして彼は待った。
触手は体を這い回りながら、ゆっくりと彼の姿勢を変えてゆく。両腕を後手にまとめて無防備になった
胸に吸い付き、乳首を転がすようになぞる。膝を少し持ち上げながら脚を開かせる。その間に割って入った
触手が、迷うことなくウィルの後孔を探り当て、先端を滑り込ませて柔らかくこねた後、じりじりと
伸縮を繰り返し、奥まで入り込んでくる。
「はぁ、ん…あぁあ、はぁ、あ…ぁあ…」
何度犯されても慣れることのない、しかし、確実に体に馴染んだ感触にウィルは声を上げた。
体内の粘膜を擦られる甘い疼きに、彼自身が徐々に固さを帯び始める。時折、つんと突き上げられる
ように快楽に直接触れる部分に触手が当たり、その度に腰がひくつく。夜伽を重ねるうちに教え込まれた
快感。そのまま触手は彼の中で蠢き、中を押し広げようとするように腸壁を擦る。その動きに煽られ
息を弾ませながら顔をあげた瞬間、見たことのない光景がウィルの目に飛び込んできた。
後孔を穿つ触手に、新たに二本の触手が絡みつきながらウィルに向って伸びてくる。荒い縄目のように
互いに捻れあいながら、勢いよくウィルの孔を目指して伸びてくる。その太さに彼は息を飲んだ。
咄嗟に逃げようと引いた腰を、支える触手が強引に引き戻し、半ば自分から受け入れる形で新たな
二本の触手が双丘を割って後孔に潜り込む。
圧倒的な圧迫感が、痛みとともにウィルを切り裂いた。

235 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:00:04 ID:JQ+niJ460
【名前欄】託卵3/7
【メール欄】sage
【本文】

「ひぃああああああああ!ああっああぁぁううああぁぁっ!」
三本の触手は絡まりあったまま伸縮し、孔を限界まで引き伸ばしながら激しく抜き差しを繰り返す。
内臓を滅茶苦茶にかき回される苦しさにウィルは絶叫した。押しこまれるたびにじゅぶり、と音を立て
生暖かな粘液が搾り出され、尾骨を伝い落ちる。腕はいつの間にか後手から解かれ、孔を犯す触手に
向かい引き込むような形で伸ばされている。本人の意思とは裏腹に、体は触手に絡めとられ、後孔の
伸縮と息を合わせる形で小刻みに腰を突き上げ、さらに奥まで迎え入れようと体を開く。宙吊りのまま
身動きも取れないウィルは、なんとかその圧迫感を紛らわせようと唯一動く首を振り、浅い息を繰り返した。
触手はウィルを犯しながら、彼を自分の中央へとさらに引きずり込む。一本ずつ、別の触手がウィルの
体に纏わりつき、肌の隙間を舐めるように踊る。激しすぎる陵辱にウィルの意識が遠のきかけた時
後孔の触手は動きを変えた。彼の中で寛ぐように解れ、一本が孔の際ギリギリまで浅く引き抜く。
圧迫感が和らいだ瞬間、別の一本が同じように引き抜かれ、同時に先の触手が最奥まで突き込まれる。
三本がそれぞれ自在に動き、腸壁を押し上げながら同時に引きずりだし、最奥を刺激しながら孔の
浅瀬を突付きまわる。休むことなく交互に抜き差しを繰り返しながら、やがて触手はウィルの一番
敏感な部分を探り当て、そこを重点的に突き上げ始めた。
「っ…ふぁっ…ああぁ!あっあぁ…はぁっああぁ…っ!」
感じたことのない異様な感覚から、本能を直接揺さぶる強烈な快感へと刺激が一変する。続けざまに
責められ、ウィルの男根は一度も触れられないまま硬く反り返り透明な先走りの体液が腹に滴り始めた。
後孔は粘膜が蕩けたように心地よく、刺激はそのまま男根の先まで弄るように広がり、彼を否応なしの
絶頂感へと押し上げてゆく。
と、その時、急に腰ががくんと持ち上げられた。衝撃で一際強く粘膜を擦られ、ウィルは一気に精液を
吐き出す。途切れ途切れに喘ぐ彼の口元に、白濁した体液が降りかかる。何が起こったのかも
わからない内に、彼の精液は触手に集められ、口の中に流し込まれた。

236 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:03:28 ID:JQ+niJ460
【名前欄】託卵4/7
【メール欄】sage
【本文】

急に開放された腸内はどこか頼りなく、埋める物を求めてひくひくと痙攣する。繰り返し射精を強要
させられたウィルは文字通り、精も根も尽き果ててその場にうずくまる。その体が再び抱え起こされた。
今度は宙には浮かせず、膝立ちのまま突起物の上まで体を運ぶ。締まりきらない後孔が突起物の先端に
触れたとき、体から一度、全ての触手が離れ、ウィルはその上に強制的に座らされた。

「ひぃうっ!…」
自重で半分ほどまで、それは一気にウィルを串刺しにする。触手と違い、滑らかさも柔らかさもない
それは一切収縮せず、熱い表面でウィルの腸壁を押し広げる。じりじりと体が沈む。それにつれ、その
熱さが奥へと進むのが感じられる。突起物は充分に緩められた孔にもきつく、ウィル自身のぬめりを
借りてなんとか少しずつ、体が沈んでゆく。
ウィルの太股にそれぞれ触手が巻きついた。それが体を下に引きおろそうとする。肩にも、腰にも
巻きつき彼を下へ下へと押しやる。やがて、双丘の肉が下に触れた。ウィルは触手群の中心に、王座の
ような一本の花芯に貫かれ座らされたのだ。
咥え込まされた突起物は脈打ち、熱を発しウィルを内側から責める。生々しい、生物の感触。前後に
倒れそうになるウィルの体は触手に支えられ、朦朧としながら彼は突起物の上に座り込んでいる。
ふいに、脈動が強くなった。心臓の鼓動のように規則正しく、大きく脈打つ。その度に粘膜が擦られ
新たな刺激をウィルに与える。さらにそれは震え始めた。微かな振動は徐々に大きくなり、ウィルを
揺さぶる。力なく開いていた唇からまた、途切れながら掠れた声があがる。
いきなり、孔に強い衝撃が走った。三本の触手より、突起物より大きい何かが孔を通り抜けようとしている。
孔に鋭い痛みが走る、しかしその何かは容赦なく突起物を通り、ウィルの体内にねじ込まれる。
「ひぃぎ…」
経験した事のない痛みに全身が引き攣る。それはじりじりとせり上がり、突起物から吐き出され
ウィルの下腹部を内側から殴りつけるように体内へと吐き出された。それが入る隙間を作るためか
ウィルの体が少し持ち上げられる。目をやると、内腿に血が流れているのが見える。

237 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:13:29 ID:JQ+niJ460
すみません、>>236は取り消しさせてください。
あと、ナンバリングを○/8に変更させてください。

【名前欄】託卵4/7
【メール欄】sage
【本文】

「…んん…んんん…」
舌を押さえ込まれ、吐き出す事も飲み込む事も出来ずにウィルは自分が放った体液を味わされる。
孔虐は続いていた。しかし声まで抑えられ、ウィルには快感を逃がす手立てがない。息をすることも
ままならないままさらに引き込まれ、ウィルは初めて見る、触手の花芯とも言うべき物の側に下ろされた。

大きさは子供の前腕位だろうか。それは触手とは違い、揺らぎもせずにすっくと立っている。むき出しの
筋肉のように赤黒く、燐光も放っていない。その先端に、ウィルの頬が擦り付けられる。乾いていて
ざらりとした肌触り。体温よりもわずかに熱く、弱く脈打っている。その突起物の上で突然、口内の
触手が引き抜かれた。同時に精液をかき出され、突起物に塗りつけられる。鼻の奥に広がる雄の臭いに
むせながら、自由になった口で大きく息を吸い込み、再びウィルは声を上げる。
「あぁんん…はぁあっあっ!…ぁああ…あっあぁ…!」
三本の触手は飽きることなく孔を貪り、ウィルをつつけざまに絶頂へと導く。わななきながら放たれた
精液は全て突起物に集められ、それ自身が精を放つ男根のような姿をなしてゆく。数本の触手が
持ち上がりウィルの顔をその突起物に押し当てた。頬を押し付け、顎を持ち上げると無理矢理口を
こじあけ彼に突起物を含まそうとする。
(舐めろ、ということか?)
そっと突起物に舌を這わす。押し付けられる力が緩んだ。やはりそのつもりのようだ。いつのまにか
自由になった両手を下に付き、唇で軽く突起物を咥え、舌を添えてゆっくりと根元へと引きおろす。
肘と膝で不器用に這いながら、突起物の全面が精液で覆われるように舌で舐め広げる。その間も後孔は
触手が蹂躙し、腸壁をつつきながら押し広げられ、粘液がたてるぐちゃぐちゃという音が途切れる
ことなく地下室に響く。

238 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:14:47 ID:JQ+niJ460
【名前欄】託卵5/8
【メール欄】sage
【本文】

ウィルはもはや、声を張り上げる力もなかった。唇の隙間からだらしない嬌声を漏らしながら、触手が
満足するまでただひたすら突起物を舐め続ける。
やっと、孔から触手が抜かれた。一度にずるりと抜け出る感触に息を詰まらせ、ウィルはその場に崩れ落ちた。
急に開放された腸内はどこか頼りなく、埋める物を求めてひくひくと痙攣する。繰り返し射精を強要
させられたウィルは文字通り、精も根も尽き果ててその場にうずくまる。その体が再び抱え起こされた。
今度は宙には浮かせず、膝立ちのまま突起物の上まで体を運ぶ。締まりきらない後孔が突起物の先端に
触れたとき、体から一度、全ての触手が離れ、ウィルはその上に強制的に座らされた。

「ひぃうっ!…」
自重で半分ほどまで、それは一気にウィルを串刺しにする。触手と違い、滑らかさも柔らかさもない
それは一切収縮せず、熱い表面でウィルの腸壁を押し広げる。じりじりと体が沈む。それにつれ、その
熱さが奥へと進むのが感じられる。突起物は充分に緩められた孔にもきつく、ウィル自身のぬめりを
借りてなんとか少しずつ、体が沈んでゆく。
ウィルの太股にそれぞれ触手が巻きついた。それが体を下に引きおろそうとする。肩にも、腰にも
巻きつき彼を下へ下へと押しやる。やがて、双丘の肉が下に触れた。ウィルは触手群の中心に、王座の
ような一本の花芯に貫かれ座らされたのだ。
咥え込まされた突起物は脈打ち、熱を発しウィルを内側から責める。生々しい、生物の感触。前後に
倒れそうになるウィルの体は触手に支えられ、朦朧としながら彼は突起物の上に座り込んでいる。
ふいに、脈動が強くなった。心臓の鼓動のように規則正しく、大きく脈打つ。その度に粘膜が擦られ
新たな刺激をウィルに与える。さらにそれは震え始めた。微かな振動は徐々に大きくなり、ウィルを
揺さぶる。力なく開いていた唇からまた、途切れながら掠れた声があがる。
いきなり、孔に強い衝撃が走った。三本の触手より、突起物より大きい何かが孔を通り抜けようとしている。

239 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:15:34 ID:JQ+niJ460
【名前欄】託卵6/8
【メール欄】sage
【本文】

孔に鋭い痛みが走る、しかしその何かは容赦なく突起物を通り、ウィルの体内にねじ込まれる。
「ひぃぎ…」
経験した事のない痛みに全身が引き攣る。それはじりじりとせり上がり、突起物から吐き出され
ウィルの下腹部を内側から殴りつけるように体内へと吐き出された。それが入る隙間を作るためか
ウィルの体が少し持ち上げられる。目をやると、内腿に血が流れているのが見える。)5
さらにその下、少しだけ見える突起物の根元がもう一度、大きく膨らんだ。ふくらみはゆっくりと
しかし確実に上へと押し上げられる。孔に新たな痛みが走り、腸内が一杯に膨れ上がった熱い突起物
に埋め尽くされる。
気の狂いそうな痛みと快感の末、二個目のそれが体内に放出された。下腹部が重く、吐き気が襲う。
さらに引きずりあげられ、三個目のそれが突起物を通って上がってくるのが見えた。内腿を伝う血の筋が太さを増している。
「…もう…ふうぅ、あぁ…許して…」
耐え切れずにウィルは呻いた。しかし、それを聞くものは誰もいない。三個目もゆっくりとせり上がり
散々にウィルの性感帯を押し苛んだ後、体内に放出された。

三個目が押し出された後、ウィルはやっと突起物から体を抜かれた。不安定に吊り上げられ、ゆらゆらと揺れるつま先から血が滴り落ちている。傷が深いのだろうか―疲れ切ったウィルには想像も付かない。
一本の触手が後孔に伸び上がってきた。また入ってくるのか?ウィルは宙吊のまま恐怖に襲われる。
しかしそれはしばらく後孔をなぞり、一度浅瀬まで差し込まれただけでするりと抜けていった。
痛みから解放され、放心したまま、彼は地上へと運ばれていった。

240 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:16:14 ID:JQ+niJ460
【名前欄】託卵6/8
【メール欄】sage
【本文】

小部屋の外、大聖堂の中には湯をはった盥がおかれ、信徒たちが夜伽から帰ったウィルの体を丁寧に
洗い清めてくれる。
いつもは嬉しい心使いも、今日のウィルには気の重いものだった。明らかに触手の粘液とは違う
白濁した液体が自分の顔にも、髪にもこびり付いているのがわかる。それを見られるのがどうしようも
なく恥ずかしかった。
しかも、今回はそれだけでは終わらなかった。連絡を受けたらしい司教と医師が駆けつけ、ウィルに
予想外の言葉を投げかけたのだ。
「失礼ですが、体内を拝見させていただきたい」
そう言われ、ウィルは促されるままに四つん這いになって尻を医師に見せる。きっちりと法衣を纏った
信徒達に囲まれた中、一人素裸のまま医師に後孔を開かれる。間近で見られているのか、息が会陰に
かかる。声を上げないよう、体が震えないように唇を噛み、ウィルは恥辱に耐える。
「さっき、血が流れていましたが…」
「ああ、もう傷はありません。神が治されたのでしょう」
こともなげに医師は言う。永遠にも感じられる間、ウィルの孔を広げじっくり観察した後、医師は
厳かに司教に告げた。
「無事、抱卵されています。三個確認できました」
低いどよめきが信者たちからあがった。だが、ウィルにはまるで何がどうなっているのか判らない。
とりあえず身を起こそうとしたとき、下腹部でごろりと硬いものが動くのが感じられた。
その重みに、突起物から送り込まれた硬い物体の存在を思い出す。
ほうらん―抱卵?まさか、自分はあの触手に卵をうみつけられたのか?あの触手が体内に残っている…?

241 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:24:45 ID:JQ+niJ460
>>240は7/8の間違いです。訂正お願いします。

【名前欄】託卵8/8
【メール欄】sage
【本文】

呆然とするウィルの前に、司教以下信徒達が一斉に跪いた。司教は喜びに顔を高揚させ、祝辞を述べる。
「ウィリアス様。神はあなたを自らの依代として選ばれ、そのお体を借りて新しい生をこの世に送り
だそうとされている。神にお力添えを出来るのは今はウィリウス様ただお一人のみ。何卒、その御身を
神の為に捧げられ、末永く我らが教団の至宝として…」
だがウィルは録に司教の祝辞など聞いてなかった。敬称が変わった事にさえ気付かない。
自分が神の子を生む?今体内に卵が宿っている…?
頭がくらくらする。恭しくかしずく信徒たちに見守られながら、一年前には想像だにしなかった事態に
ウィルは言葉もなく司教と、医師の顔を代わる代わる見つめていた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

242 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 01:26:49 ID:JQ+niJ460
以上です。
今回もまたぐだぐだしてしまい、申し訳ございません
il||li _| ̄|○ il||li
どなたか時間のある時にでも、代行していただけるとありがたいです。

243 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 18:12:45 ID:S+oSUOpg0
>>233-242
完了です

244 :風と木の名無しさん:2012/09/29(土) 19:56:26 ID:JQ+niJ460
>>243
ありがとうございます、助かりました。

245 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 03:58:00 ID:RY6X8VBw0
すみませんが、規制が不安なためこちらに投稿させてください。

【名前欄】幼生の公案1/11
【メール欄】sage
【本文】

オリジナル触手もの。幼生触手の育児話ですが8割方人間絡みです。長くなったので2分割します。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

抱卵から七日目。卵は順調に孵化し、ウィルの体内では三体の幼生がすくすくと成長していた。
もっとも、ウィルにとっては順調と言いがたいものではあったが。
一体目が孵化した際、医師によって丁重に殻が取り出された。ウィルが浅く椅子に座り、上体を
倒して背もたれに預ける。信徒らが両脚を広げて抱え上げ、その前に医師が陣取る。ランタンの
明かりを頼りに長い箸を差し入れ、割れた殻を一つずつ掴み出したのだ。
箸には、ウィルの腸壁を―あるいは幼生を傷つけないように、丁寧に布が巻かれている。その
箸先が粘膜に触れるたび、ウィルは思わず声を上げてしまう。
「ぁあん…ひぃ…っ」
歳若い信徒の中には目のやり場に困り、ひたすら壁を見つめている者もいる。が、医師も、立会いの
司教も到って淡々と作業を進めている。箸が滑り、腸壁を強く擦る。ウィルは思わず腰を浮かせた。
「申し訳ございません。何分慣れない施術なもので…」
医師は心底恐縮した表情で謝罪すると、しっかりと殻を掴もうとさらに深く箸を入れた。
「ひゃぁっ!…いやぁっあの、もう少し他の…はぁ…方法はないのでしょうか…自然に排出される
のを待つ、とか…んんっ…」
「それでは体内を傷つけてしまう恐れがあります。少しだけ、ご辛抱くださいませ」
本心から気遣っているのであろう司教の言葉も、今のウィルには恨めしく感じられてしまう。
やがて破片の一つがゆっくりと引き出されてきた。医師は箸で器用に孔を広げて固定すると
あらかじめ濡らした指を差し入れ、破片を摘んで括約筋を傷つけないようそっと抜き取る。
「…ぁあぁぁ…はぁ…」
大きな破片が摘出された。司教はそれを受け取り、感慨深げに見つめている。

246 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 03:59:00 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案2/11
【メール欄】sage
【本文】

「後は小さなものばかりですよ」
励ますように医師は声をかけるが、ウィルはすでにそれを聞いていない。再び箸で腸内を探られ
あまりのいたたまれなさに信徒と同じく壁を見つめながら、彼は願わずにはいられなかった。
(お願いだから後の二つは同時に孵化してくれ…)
結局、願いは叶わなかった。卵は一日置きに孵化し、動く幼生の為に摘出の施術はその度に
困難になってしまったのだった。

幼生は日々活発に動き回るようになっている。母性本能とは縁のないウィルにも、それ自体は
嬉しいことだった。しかし、今度は別の問題に悩まされるようになってきた。
とにかく動き回るのだ。小さいながらも力は強いのか、少し動くたびに細くしなやかな触手が
手加減なしに腸壁を突付きまわす。四六時中煽られ、姿勢を変えても体内からの刺激から逃げる
方法もなく、涙のように透明の雫を滴らせる男根を必死に夜着で隠しながらベッドに臥せって
袖を噛み締め、ただ快楽に耐えるしかなかった。見かねた付き添いの信徒が一度、遠慮がちにいっそ
自分で抜いてしまってはどうかと提案してきたが、彼は断った。神が彼に卵を託したという事は
つまり、彼が幼生に精液を与えることを期待しているのだろう。それを無駄に放つのは気が引ける―
帰依した訳でもないウィルの、妙に律儀なその言い分に信徒は呆気に取られつつ、司教に相談すると
言い残しその場を離れた。

247 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 03:59:58 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案3/11
【メール欄】sage
【本文】

「滋養を求められているのですね。十日もすればご自身で摂取できるようになりますので、それまで
ご辛抱ください」
司教の返事は合いも変わらず素っ気無く、無慈悲だ。よほど大切に思っているのだろうか、卵の破片は
金で繋ぎ合わされ、元の形に丁寧に復元されている。それをウィルの寝室の窓際にそっと並べた。
「御幼生が一人立ちなされれば、これは聖堂に安置いたしましょう。それまではここに。ウィリウス様が
神の御子を宿された証でございますよ」
ウィル自身はできれば見たくないそれを嫌でも目に入る場所に並べられ、彼は頭を抱える。そういう
問題じゃない、と言おうとした時、ふと司教が思い出したように言葉を続けた。
「かつて神の贄を勤められた者の精であれば、御幼生も満足されるでしょう。しかしそれは…」
そのまま言葉を濁す。
つまりは、このまま我慢するか。それとも見知らぬ男に、体内に精液を出されるか。どちらかを選べと
言う事なのだ。さしもの司教も強要するのはためらわれるらしく、珍しく口を閉ざしてしまった。
ウィル自身も選べない。このまま十日も生殺しの愛撫に耐え続けられるのか?しかし―
幼生が大きく動いた。ちょうど敏感な辺りでもぞりと身をくねらす。下腹部がわななき、情けない
喘ぎ声があふれる。
「…はぁん、んあぁああぁ…… どなたか、お願いします…」
全ては神の為、乗りかかった船、毒を食らわば皿まで。半ば捨て鉢気味にウィルは頭を下げた。
とにかく、この無邪気な孔虐者を静めたい。
すぐにご用意しましょう、そう言って部屋を出る司教を見送りもせず、ウィルは夜着の前を寄せ合わせ
ベッドに伏せた。また、幼生がごろんと動いた。

248 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 04:00:52 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案4/11
【メール欄】sage
【本文

部屋に訪れた男は、意外にも信徒の一人であった。三十歳半ば位だろうか、教団内では長身で目立ち
夜伽後のウィルを世話してくれることも多いのでよく覚えている。たしかアーウィンと呼ばれていた
はずだ。ウィルは多少の安心感を覚えた。全く見知らぬ男よりは、数回でも会話したことのある
内部の人間の方がいくらか気まずさも和らぐ。
アーウィンは部屋に入るなり、一通りの口上を述べるとフードの付いた法衣を脱いだ。薄い口元が
一見冷酷そうに見えるが、表情は柔らかい。失礼します、と断るとためらいもせずウィルのベッドに
上がりこみ、彼の夜着に手を伸ばした。その思い切りの良さに、ウィルの方が思わず後退る。
「あの…、男同士でも、大丈夫なんでしょうか?」
「ええ、司教様のご指示の元でのことですから」
かみ合わない会話にウィルが面食らっていると、気付いたアーウィンは思わず吹き出た笑いをかみ殺し
言葉を続けた。
「まあ、なんとかなるでしょう。お気を楽になさってください」
つられてウィルが笑う。少し気分が解れた。アーウィンに襟を開かれ、夜着を脱ぐ。反り返り、先走りの
雫に濡れて艶めく男根や腹の辺りまで一度に露になり、ウィルは思わずそれを隠そうと体を横に向けた。
その態度に気を悪くした様子もなく、アーウィンは立ち上がって窓のカーテンを閉め切る。ついで
自分も法衣の下の肌衣を脱いで裸になり、それをカーテンの上から引っ掛けて外からの日差しを遮り
できるだけ部屋を暗くすると、ウィルに寄り添った。
「これなら地下室とそう変わりはないでしょう。さあ、こちらを向いてください」
まるで恋人のように、耳に触れるギリギリで語りかける。ウィルが恐る恐る体を向けると、安心させる
ように微笑みながら素早く片手をウィル自身に伸ばした。抵抗させる暇も与えずに先端を指で擦り
ぬめりを付けて裏筋を一撫でした後、亀頭からくすぐるように揉みながら手を下ろすといきなり激しく
全体を擦りあげる。

249 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 04:02:05 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案4/11
【メール欄】sage
【本文】

「ぁあっあ、あぁ、はぁああ…っ!」
長く昂ぶらせたまま放置されていたウィルは、あっけなく気をやった。腹に落ちる精液を呆然と眺めて
いると、今度は、アーウィンはウィルの男根に唇を添えて舐め始めた。
「いやっ、それは…ぁはあ…しなくて…いい、から…ひぁっ!」
手で押しのけようとするウィルを相手にせず、根元に手を添えると一息に大きく咥え込む。恋人にも
された事のない行為に驚きながらも、ウィル自身はすぐに硬さを取り戻してきた。その反応を確かめる
ように横笛に咥えなおすと、唇で軽く挟みながら先端までべろりと舐め上げる。
ふいに、二人の目が合った。アーウィンはどこか夢見るような目でいながら、ウィルを冷たく睨んでいる。
ウィルは急に、彼が恐ろしくなった。
気後れするウィルを見つめながら、アーウィンは指と口で巧みに愛撫を続ける。直接触れられる刺激に
逆らえず、気持ちを置き去りにしてウィルは次第に上り詰めてゆく。下腹部がひくつき、体内の幼生が
這う粘膜の疼きが一層強く感じられる。小さく呻いた瞬間、滑る指で激しくしごかれ、ウィルは再び
自分の上に精液をぶちまけた。

「はぁ…あぁ…… なんで、そんなことまで…」
続けざまに達せられた開放感にわなきながらウィルは呟いた。幼生に精をやるのが目的のはずなのに
これでは自分一人が痴態を晒しているようなものだ。
しかしアーウィンは気にした様子もなかった。ウィルの肌に滴る精液を指に充分に塗すと、無造作に
二本の指を後孔に差し込む。
「うあぁ…ひっはぁっぁああ…ぁあん…」
指は浅く差し込まれただけだった。しかし、その指を幼生が取り巻き、群れになって孔の浅瀬で力一杯
触手を動かし餌を貪っている。孔から背骨にかけてしびれるような快感が走った。

250 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 04:04:22 ID:RY6X8VBw0
先程のは5/11に訂正お願いします。

【名前欄】幼生の公案6/11
【メール欄】sage
【本文】

「…なんで、こんなことをするのですか?」
快感の波が去り、やっと息が整った頃。ウィルは同じ質問を繰り返した。アーウィンはむしろ
退屈そうにウィルの精液を指に絡め、孔に差し込むことを繰り返している。時折、指を奥まで
差し込むと一緒に幼生もずり上がり、ウィルの敏感な部分を叩く。そのよがり声を無感情に聞き流し
ながら彼は答えた。
「こうすれば、ご自分でも滋養を与えることができるでしょう」
確かに。自慰で射精し、自分の指で孔内に塗りつける。考えるだけでも惨めだが、毎回誰かに抱かれる
よりはマシかもしれない。ふとアーウィンが微笑んだ。どこか棘のある笑い。
「何なら、付き添いの者に手伝ってもらってもいい」
今は席を外している、若い信徒の生真面目そうな顔を思い出し、ウィルは慌ててかぶりを振る。
その反応を冷ややかに楽しみながら、アーウィンはウィルの精液をすっかり後孔に塗りこめてしまった。
「…ありがとう、後は自分でなんとか…」

「ウィリウス様。これは私と神との、数年ぶりの逢瀬なのですよ」
アーウィンの態度が一変した。半ば身を起こしかけたウィルをベッドに押したおし、真直ぐに瞳を
見つめてくる。その顔から微笑みは消えていた。思いつめた人間の、どこか狂おしげな影が表情に
浮かんでいる。
ふいに、ウィルは理解した。彼は信者なのだ。自分のような部外者ではない。触手を神として崇め
文字通り、身も心をも捧げて生きてきた男。かつては贄として神の側に降り、その愛撫を受けいれた者。)

[][] PAUSE ピッ ◇⊂(・∀・;)チョット チュウダーン!
続きは明日投稿します。

251 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 04:15:42 ID:RY6X8VBw0
以上です。どだなか代行できる方、よろしくお願いします。

252 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 12:42:04 ID:+jEc7jO20
棚スレの>>2の(4)を読んで下さい

253 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 12:45:25 ID:+jEc7jO20
あ、ごめん、読み間違えた
>>252は無しで
とりあえずそのまま代行いってくる

こういう場合は1/6〜6/6の方がいいと思うんだけどなぁ
一度に10レス以上投下じゃない、という意味で

254 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 13:04:39 ID:BtpyMLcY0
>>250done.

コピペミスしてしまった
変な指摘した上間違えてごめん

255 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 20:33:53 ID:RY6X8VBw0
代行の方、ありがとうございます。
>>253指摘ありがとう、次からは気をつけます。
後半お願いします。

【名前欄】幼生の公案7/11
【メール欄】sage
【本文】


ウィルの動揺に気付いたのだろうか。アーウィンはわずかに表情を和らげる。しかし今はその
穏やかさも、ウィルを安心させることはできない。
「別に無茶なまねはさせません。…これは、神に愛された体だ」
大きな手がゆっくりと頬を撫でる。そのまま胸を伝い、両手でウィルの男根を包み込むと愛しそうに
キスをする。一つのことがウィルの脳裡に浮かんだ。
「あなたも、その…排卵管を見たのですか」
「ええ」
「座らされました…?」
答えずに手を離し、一本の指を孔に差し入れる。餌があると思ったのだろう、幼生が一斉に集まった。
指は動かされない、が幼生たちは触手を振り回し、粘膜を撫で回す。彼は触手の感触を楽しんでいた。
「抱卵は信仰とも徳とも関係はない、ただ体が適しているかどうかだけ。司教様からは何度となく
そう慰められました」
独り言のように呟く。という事は、卵は生まれなかったのだ―もどかしい刺激に身もだえしそうに
なるのを我慢し、ウィルは言葉の意味を考える。
指が抜かれた。幼生たちはもぞもぞと体内に散らばってゆく。弱く、確実に触れられる刺激にウィルが
喘いだ。それがアーウィンに火をつけたのだろうか。
抜かれた指がすっと会陰を撫上げた。羽のように軽い愛撫。その指にいきなり力が入り、敏感な部分を
強く捻りあげる。
「ぎぃあぁっ!」
「それで選ばれたのがこの体だ」
ウィルはとっさにアーウィンを蹴りつけた。しかし孔の内外から責められた体には力が入らず、簡単に
脚を捕らえられてしまう。その脚を肩に担ぎ上げると、露になった孔にアーウィンは半ば立ち上がった
己自身を深云と突き立てた。

256 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 20:34:59 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案8/11
【メール欄】sage
【本文】

「くぅ…ううんっはぁああ…ぁあああっひぃっやぁ…っ!」
アーウィンは体を動かそうとしない。だが幼生たちは容赦なく腸壁を擦り、アーウィンの男根を
取り巻こうと動き回る。弱弱しかった刺激は一気に強烈になり、何百もの細い触手で粘膜を捏ね回し
ウィルとアーウィンの間に潜り込もうと身をくねらす。その動きに刺激を受け、アーウィン自身も
また大きさ、硬さを増してゆく。太い男根に孔を広げられ、その隙間を蠢く触手に埋め尽くされる
重く、蕩けるような快楽がウィルを追い込んでいく。
「あぁああっ!いやぁ…ぁあ!はぁああぁぁ…も、う…やめっ…!」
「ウィリウス様、どうなされましたか?」
突然、扉の外から声をかけられた。付き添いがいたのだ。ウィルの尋常でない悲鳴を聞きつけて
身を案じたのだろう。だが何よりもまず、全て聞かれていたという事にウィルは狼狽した。
「呼び入れますか?」
アーウィンの声も微かに震えている。しかしそれは驚きではない。今、再び神と交わっているという
高揚感に声が上ずり、挑発的な目でウィルを見つめている。
「私は別に構いませんよ。やましいことは何もしていない」
落ち着いてウィルを見下ろす。ウィルは絶句して自分の姿を見た。
片足を担ぎ上げられ、大きく陰部をさらけ出した姿勢でアーウィンの男根を咥え込んでいる。幼生の
粘液なのか、自分の精液なのか。結合部は濡れて糸を引き、シーツに小さな染みを作っている。
さらには自分自身も。粘膜に与えられる絶え間ない刺激に硬さを取り戻し、透明な体液が流れている。
見られたくない、こんな姿は。思った瞬間、アーウィンが強く腰を揺さぶった。
「やっ!いやああぁあ…ぁあぁぁ…」
「大丈夫ですか!?」
扉がわずかに開いた。

257 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 20:36:05 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案9/11
【メール欄】sage
【本文】

「来るな!なんでもないっ!」
ウィルは咄嗟に叫んだ。いや、叫んだつもりだが声は涙に詰り、不安定に揺れている。それでも
制止するだけの強さがあったのか、一瞬ためらわれた後、扉は閉められた。
今にも崩れ落ちそうにしゃくりあげるウィルを見て、アーウィンは冷たく微笑んでいる。
だが泣き出す代わりに、ウィルは行動に出た。渾身の力でアーウィンの腕を振り払い、脚を下ろす。
そのままうつ伏せになり、ベッドから這い出そうとしたのだ。動くたびに幼生が動き回り、熟しきった
快楽に新しい刺激が生まれる。唇を噛んで嬌声を殺し必死にもがいたが、簡単に腰を捕まれ引きずり
戻されてしまった。
「無駄ですよ」
うつ伏せに押し倒し、ゆっくりと自身を根元まで押し込む。すぐに幼生たちが男根に絡みついた。
少しでも餌を得ようと細い触手を伸ばし、尿道まで入り込んでくる。鋭い痛みに貫かれ、冷たい汗を
かきながらもアーウィンは身を引こうとはしない。これが最後になるだろう、そう覚悟を決めて触手の
感触を存分に味わう。
ウィルの嬌声が奇妙にくぐもっているのに気付いた。見ると、自分の手の甲を噛み締めている。一瞬
考え、あえてそのままにさせるとアーウィンは勢いよく腰を打ちつけ始めた。
「んんーーーっ!くぅっふぅううっ!んふぅぅううーーーっ!」
跳ね上がるウィルの体を押さえつけ、欲望のままに触手の中に己をつき立てる。今のアーウィンには
ウィルのことなど頭にはなかった。見えているのはただ、地下で燐光を放つ神の姿だけ。交わった者
だけが覚えている、暖かな粘液と触手の力強さだけだ。
昂ぶる気持ちを抑え、一旦、動きを止める。ウィルの背中に体を重ねると、彼の小刻みに震える
下腹部をそっと撫でながら耳元で呟いた。
「…ここに、その神がおられる」
陶酔した、恋人のような甘い囁き。ウィルは何も答えることができなかった。

258 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 20:37:18 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案10/11
【メール欄】sage
【本文】

ウィルはただじっと、片手の甲を噛み締めていた。突き上げられるたびにウィル自身がシーツに
擦り付けられ、快感が衝撃のように下腹部に響く。男根に責められ、触手に嬲られて彼は体の芯から
沸き起こる快楽に包まれていた。せめてここが地下室なら、嬌態を見られることのない閉ざされた
空間なら―息苦しさに途切れそうになる意識の中に、あの触手の姿がぼんやりと浮かぶ。
体の奥で何かが弾けた。快感そのものが形となってウィルの全身を貫く。自然と弓形に反ろうとする
背中を無理矢理に押さえつけられ、出口を狭められた精液は勢いをなくし、とろとろとシーツに
塗りつけられる。長引く射精の間、繰り返す波のような絶頂感に襲われ、ウィルは次第に自我を
失いはじめていた。自分でもそれと気付かないまま、アーウィンの動きにあわせて腰を揺らす。
達したばかりの敏感な亀頭をシーツに擦りつけ、より深くまで突き入れられようと脚を大きく開く。
押さえきれない嬌声が、咽び泣くように響いた。蕩けるような快楽が粘膜から溢れだし、肌を覆い爪先まで染み渡る。もう出るものもないほどに精を吐き出し、それでも訪れる絶頂感に翻弄され、ウィルは
無我夢中で空いた片手を振り回し触れたものにしがみついた。その温もりに触手を思い出しながら
深い陶酔感に飲み込まれてゆく。
アーウィンの動きが性急になった。幼生は場所を譲るように奥へと移動する。熟れた粘膜を直接
男根に擦られる感触は、触手とも排卵管とも違う、感じた事のない刺激をウィルの心に刻む。
一層深く突き上げられ、熱い体液が迸るのが体の奥に感じられた。やがてゆっくりと、アーウィンが
引きずり出される。餌を得た喜びに幼生たちが身をくねらせ始めた。
終わったんだ、彼と神との長い逢瀬は。弛緩した体をベッドに投げ出し、ウィルはアーウィンが
離れるのを待った。
しかし彼は動こうとしない。体を重ねたまま、ウィルと同じように息を乱し、片手でウィルの口から
手を外させようとしている。されるがままに顔をあげた途端、ウィルは自分が握り締めている物が
何なのかに気付いた。それは、自重を支える為に付かれた、アーウィンの腕だった。

259 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 20:38:14 ID:RY6X8VBw0
【名前欄】幼生の公案11/11
【メール欄】sage
【本文】

「その傷は、私がつけたと報告しておいてください。そうすれば、私はあなたのお世話から外される」
ウィルの手に包帯を巻き終えたアーウィンが、顔を背けながら言い放った。カーテン越しに差し込む
日の光は弱くなり、窓際の卵を影のように浮かび上がらせている。アーウィンはその卵に手を伸ばし
さわろうとして―触れずに手を下ろした。
ウィルは迷った。確かに、今までと同じ気持ちで彼の世話を受けるのは難しくなるだろう。
しかし自分の感情だけで教団を動かすようなまねはしたくはなかった。自分はやはり部外者であり
どれだけ触手を受け入れたつもりでも、本当に信仰している者とは覚悟の程が違う。
アーウィンの存在に、その事実を痛感させられる。
「…私は人のせいにしたくはありません」
精一杯考えた挙句、それだけしか言葉にはならない。
二人は卵を見つめている。同じ物を見ていても、考えている事は違うのだろう。それ以上のことを
想像するのは彼の心に土足で上がりこむように思え、ためらわれる。
やがて、アーウィンが振り返った。先程までの影は消え、いつもの世話係の表情を取り戻している。
「口元に血が滲んでいますね。拭いておいたほうがいいでしょう」
清潔な布を探し出すと、そっと口元に押し当てる。一瞬、ウィルは緊張したが、それ以上なにをする
でもなくアーウィンは離れ、一礼して部屋を出ようとする。
ウィルは咄嗟に呼び止めた。
「あの…これからも、よろしくお願いします。…色々と」
可笑しそうに微笑むと、彼はそのまま部屋を出ていった。
これで良かったんだろうか?自分には重過ぎる課題を残されたような気がする。
今は満たされて落ち着いている、小さな幼生たちが引き起こした大きな葛藤に心を乱されつつ
ウィルはそっと下腹部を撫でた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

260 :風と木の名無しさん:2012/10/05(金) 20:39:45 ID:RY6X8VBw0
以上です。どなたかよろしくお願いします。
いっつも長文ばっかりで申し訳ないですorz

261 :風と木の名無しさん:2012/10/06(土) 21:53:06 ID:96gU/Xvg0
>>260
投下完了

262 :風と木の名無しさん:2012/10/06(土) 22:34:06 ID:J6C3wzTQ0
>>261
ありがとうございます。

263 :風と木の名無しさん:2012/10/09(火) 01:25:15 ID:FP9P7/Ss0
何度やってもエラーになってしまいます。どなたか代行お願いします。
【名前欄】9月12日1/3
【メール欄】sage
【本文】
生。引退する人と引退した人
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「お疲れ」
地下の駐車場に姿を現した彼に声をかける。
「来とったんか」
驚いたように自分を見る彼の顔にも声にも、濃い疲労の色が滲んでいる。
今日は本当に大変な日だったから。
「今日はずっと一緒にいるつもりだったから」
そう言うと、彼の強張った表情がふっと緩んでいった。
「記者会見やるから来てくれんか」
今朝、彼が電話でそう言った。会見の内容は分かっていた。
しかし、レポーターでも記者でもない自分がそこにいるのは少し気が引けた。けれど――。
「お前に見といて欲しいんや」
縋り付くような声音に、覚悟が決まった。
「試合、残念だったな」
「ほんまにの。せっかく俺が引退してやるゆうたのにな」
彼が大きな決断をした大切な日の大切な試合に、チームは勝つことが出来なかった。
「あいつらも―」
そう言って、彼はため息を吐く。
「試合終わって泣いて謝るくらいやったら、ヒットの1本も打てゆうんや」

264 :風と木の名無しさん:2012/10/09(火) 01:27:40 ID:FP9P7/Ss0
【名前欄】9月12日2/3
【メール欄】sage
【本文】
不動の4番で、精神的支柱でもあった彼の衰えと共にチームは弱体化の道を辿り始めた。
彼さえいなくなれば――。
次第に大きくなる周囲の声に、耐え続け、抗い続け、それでもチームの将来の為に今日、
ユニホームを脱ぐことを宣言した。
「こんなんやったら、俺…、やめれんやないか…」
俯き、震える声で彼が呟く。彼に近づき、背中に腕を回して引き寄せる。
「…よく、頑張ったな」
肩に顔を埋めるようにした彼の口から、嗚咽が溢れ出した。
「お前がおってくれたから…」
嗚咽の間に彼が言う。
「あそこに座っても、…俺、まだ辞めるて…、言いとうなかった」
「…うん」
「けど、お前の顔見たら、お前が見といてくれたら言えるて……」
「…うん、よく…、言えたな」
「…みっともないやろ」
「そんなことない。かっこいいよ、お前は」
本心からの言葉だった。潔い辞め方なんて、本当はしたくない。野球が好きで、プロになって、
必死で努力して掴みとってきたものを、簡単に手放したくない。
人に惨めだと言われようと、しがみ付いたって構わないではないか。

265 :風と木の名無しさん:2012/10/09(火) 01:29:22 ID:FP9P7/Ss0
【名前欄】9月12日3/3
【メール欄】sage
【本文】
「…矢里予は優しいなあ」
矢里予から体を離し、涙に濡れた顔を拭いながら、いつものふざけたような調子で彼がいう。
「ほんまええ男や」
そう言ってしみじみと自分を見つめる彼に、いつも思っていたことを言ってみる。
「そういうこと、俺の前だけで言ってくれないか」
「そういうことて?」
「いろんな所で言ってるだろ?女だったら俺と結婚したいとか。ああいうの」
「なんで?」
「冗談で言ってるみたいだろ」
「俺は本気で言よるで」
「それは、分かってるけど」
「分かっとるならええやん」
諦めて矢里予は苦笑する。彼を言い負かすことが出来るわけがないのは分かっていたけれど。
面白そうに笑っていた鉢の表情がすっと引き締められる。
「最後まで見といてくれるか」
「ああ、見届けるよ。最後まで」
残された時間を、彼は全力で、でも楽しみながらプレイする。
そして、自分はその姿を見つめ続ける。最後のイニングが終了するその瞬間まで。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

266 :風と木の名無しさん:2012/10/09(火) 14:01:46 ID:Tci3ukzw0
>>265
おわた

267 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 04:09:17 ID:GFzIzg2c0
1年ぶりに投下しようとしたんですが規制ルールが変わったのか何度やってもエラーになってしまいます。どなたか代行していただけると嬉しいです。
【名前欄】Lunch Time 1/6
【メール欄】sage
【本文】
オリジナル、主任と部下。萌え分少なめ、中途半端な終わり方。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

今日も主任は自分のデスクの椅子の背もたれに
身体を預けるようにして寝息を立てながら眠っていた。
伏せられた瞼に並ぶ睫は意外と長く、業務中に寄せられる眉間の皺は薄くなってる。
椅子に座っての仮眠は若干呼吸がしづらいのか薄く唇が開いていて、
その隙間から覗く歯列の白さが脳裏に焼きつくほど艶めかしい。
いつだったか
「これでも週末にはジムに通ってるのだよ。
 それでも日頃の運動不足は解消できないのか、
 なかなか身体が締まってこないな」
と苦笑しながら話してくれた首から下には、
そんな言葉が嘘だと思えるほどスーツがよく似合う体躯が備わっている。
主任の表情に対しては厳しい顔つきで部下に指示を送っているか、
宴席で豪快に笑ってるかの印象しか持っていなかったが、
こうして寝ているときの主任の顔は年齢の割にはかなり若く見え、
どうかしたら少年が寝ているみたいに可愛らしかった。
そんな主任の寝顔を垣間見てると俺はやましい感情に揺さぶられ、
口付けの一つでもしてやろうかとそっと近づいてみるが、
毎回何かしらの邪魔が入って俺の計画が台無しになる。

268 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 04:12:37 ID:GFzIzg2c0
【名前欄】Lunch Time 2/6
【メール欄】sage
【本文】
主任が昼休みの僅かな時間を使って仮眠を取っていることを
最初に知ったのはどれくらい前のことだったろう。
確か…何かの折に急な出費が重なって
給料日後5日目にして金欠になったことがきっかけだったはずだ。
ここで働く職員のほとんどは外にランチを食べに行くか
併設の職員食堂を利用するが、少数ながら弁当持参の者もいる。
俺の所属する部署では俺も含めて主任以外の全員が
昼休みになると自分の席を離れるためそれまで気づかなかったが、
金欠になって翌月の給料日までの間だけと弁当持参を決めたときに
主任の昼寝に初めて気が付いた。
離れたところにあるロッカールームから弁当を出してきて席に戻ると
「おや、珍しいな。いつも昼休みにはここは私以外誰もいなくなるのに」
と先に自分の弁当を食べていた主任に声を掛けられた。
適当に相槌を打ってから目の前のモニター画面をマウスで操作しながら
自分の食事を終わらせ、席を立って空の弁当箱を
ロッカールームに戻しに行こうとしたときに何気なく主任の方を見たら、
それまでと違って椅子の向きが変わっていたので
「あれ?」と思って覗き込んだのだ。

269 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 04:15:11 ID:GFzIzg2c0
【名前欄】Lunch Time 3/6
【メール欄】sage
【本文】
俺が所属する部署はフロア中央に設けられた
ガラス張りの会議室を挟んで狭い角地にあり、
また他も含めて各部署がパーティションで区切られていることから
ここだけ外部から隔絶された離れ小島のように見えるようで、
他の部署の連中からは作業中の様子がほとんど分からないと言われてる。
しかも主任は会議室に背を向けるように、
自分の机と椅子の背もたれを垂直に並べるように寝ているため、
少し離れたところその様子をから見れば、
主任が窓を見ながら何か思案に耽っているようにしか見えない。
だから主任を起こす振りをして静かに近づき何かしたとしても
一見には何をしているのかは分からないはず。
そう思って俺はチャンスが訪れないかと思いながら
次の給料日で懐が潤ってからも弁当持参を続けることにしたが、
しかし昼食を終えた同僚たちが毎日定刻に戻ってくるとは限らず
「今日はいつも行くお店がすごく混んでたからコンビニで買ってきちゃった」
と女子社員が早々に戻ってくるときもあれば
いつかの俺のように珍しく弁当持参の者がいることもある。
そんな喧騒が部署に戻ってくると決まって主任は目を覚ましてしまうのだ。
一度だけあと少しで主任の頬に触れられそうというところまでは
手を近づけることができたが、
やはりそのときも同僚の1人が戻ってきたタイミングで主任が目を覚まし、
思わずその場の勢いで頬をペチンと叩いて
「虫が止まってましたよ」と誤魔化してしまったのだ。
せっかくのチャンスを握りつぶされてしまい
俺は拳を握って手の平に爪を立てることでなんとかこらえたが、
心の中では同僚の襟元を引っつかんで罵倒するくらい悔しかった。
そのときのそれ以上のチャンスが訪れることもなく、
主任に対して「上司と部下」という関係以上の発展を
望めそうにないことに俺はだんだんと自分の想いも含めて
諦めかけていたが、ある日事態は急転した。

270 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 04:17:29 ID:GFzIzg2c0
【名前欄】Lunch Time 4/6
【メール欄】sage
【本文】
ある取引先で金曜日の夕方にトラブルが発生したため
その取引を担当していた俺と主任がその対処に追われ、
急遽翌日の土曜日に休日出勤することになった。
休日に出勤してきたのは俺と上司の2人だけで、
他の部署を含めてフロアには誰もいない。
俺と違って金銭的な余裕があるんだろうから
こんなときぐらい主任は外で昼食を取ればいいのにと思ったが、
主任も俺もついいつものクセで弁当持参で出勤してきてしまった。
食事中はそれぞれパソコンのモニターを眺めながら
午後から行う作業の事前確認をしているため
ほとんど会話を交わすことはないし、
主任はいつものように昼休み終了の合図のチャイムが鳴るまで
椅子に座ったまま仮眠を始めてしまう。
だが今日は休日出勤、俺と主任の邪魔をする奴はいない。
よし今日こそは…と思って空の弁当箱をロッカールームに置きに行った後、
そっと主任が座っている椅子へと近づいた。


271 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 04:19:44 ID:GFzIzg2c0
【名前欄】Lunch Time 5/6
【メール欄】sage
【本文】
可愛らしい寝顔を浮かべ、薄く唇を開いて微かな寝息を立てる主任。
火事の半鐘のように早まる胸の鼓動に焦りながら
主任が目を覚まさないようにごく軽い力で両肩をつかみ、
上半身を折り曲げるようにして自分の唇を、
主任の同じものに一度だけ触れさせた。
「……ゃっ…と……」
「……え?」
直後主任の唇が動き、小さな呟きが聞こえた。
ほんの僅かに唇の表面を合わせただけだから
起きないだろうと思っていたのに、主任の瞼はゆっくりと開き始める。
「……やっと勇気を出してくれたね」
主任はそう言って、
今まで見たことが無い口角にだけ笑みを浮かべた表情をした後で
俺の顎と背中に手を掛けた。
「こうして私が寝ていると君は私の顔を覗き込んでは
 毎回ため息をついているから、
 その息遣いで意識が覚めてしまうのだよ。
 それに…ときどきため息の後に切なそうな声で
 私の名前を呼んでいただろう? 嫌でも君の気持ちに気づくさ」
そのまま軽く触れる以上のキスを唇どころか頬や首筋にも施されて、
主任の膝の上に横座りする形で膝が崩れた。

272 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 04:22:55 ID:GFzIzg2c0
【名前欄】Lunch Time 6/6
【メール欄】sage
【本文】
俺のため息で意識が覚めていたということは、
そこから後はずっと寝た振りをしてたのか?
「やっと勇気を出してくれたね」…って、
もしかして俺が何かするのをずっと待っていた?
主任からのキスを受けながらこれまでのことを振り返って考えるが、
顎に掛かっていた手が背中に回り、
背中を撫で回されていたもう片方の手でワイシャツの胸ポケットの辺りを弄られ始めて、
それ以上のことを考える余裕がなくなってきた。
「……あ…ぁっ!」
思わず声を上げてしまった途端、まとわり付くように絡んでいた主任の両手が
俺の身体から離れて軽く押すように両肩をつかむ。
「作業、どれくらい終わった?」
唐突にそう聞かれて慌てて腕時計を確認し
「…え? …あ、はい。あと2時間あれば完了するかと」と答える。
「1時間30分。それで終わらせることができたら
 作業が終わった後でこの続きを、
 特別なご褒美つきでしてあげよう。頑張れる?」
そう言われたら黙っちゃいられない、
膝上を借りるようにして座っていた俺は
「頑張ります」と立ち上がって主任から離れようとした。
…が、立てなかった。
「……さすがに若いね。辛そうだからあと少しだけ続けようか」
察しの早い主任は俺の身体の変化に気づくと
ベルトに手を掛けてスラックスの前開きを解き始めた。

特別なご褒美って何だろう?
というか、主任の気持ちは俺と同じなのか?
でもそうすると主任の左手薬指に光る指輪が
意味を成さなくならないだろうか、大丈夫なのかな。
いろんな考えが頭を一瞬駆け巡ったが、
股間の屹立に与えられた甘い刺激に耐え切れず、
俺は思考回路を一時シャットダウンして主任の身体にしがみついた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

273 :風と木の名無しさん:2012/10/12(金) 12:03:42 ID:qj7gTZNw0
>>267
done.

274 :267:2012/10/12(金) 12:23:28 ID:GFzIzg2c0
>>273 本スレにも書き込みましたが
こんなに早く投下していただけるとは思いませんでした。
代行ありがとうございました。


(…短文は本スレに書き込めるのにどうしてネタは書き込めないんだろう(謎))

275 :265:2012/10/13(土) 23:00:18 ID:1h99nFYs0
>>266
遅くなってすみません。
代行ありがとうございました。

276 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:29:21 ID:ZoFSIQqk0
どうしても連投で引っかかってしまいますorz
どなたか代行お願いします。

【名前欄】 誕生1/8
【メール欄】sage
【本文】

オリジナル触手もの。やっと生まれます。痛み、微スカ注意
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

幼生の独り立ちが近づき、ウィルは一人、触手の海を漂っていた。
成長した幼生は時折触手を伸ばし、ウィルから直接精液を得るようになっていた。
幼生とはいえ、乱りに姿を見てはならない―その司教の言葉を盾に、付き添いの信徒を
なんとか部屋の外に追い出し、ベッドに篭って声を殺し幼生の愛撫に応える。不慣れな
触手に、時に自分が手を貸してやりながら精を受け取らせる。そんな日が十日も続いた頃
ようやく期が熟したと判断され、この地下室にやってきたのだ。
卵の殻の時のようないたたまれなさだけは味わいたくなかったウィルは、この場所で
産めるということに心底ほっとしていた。
しかし、親である触手群はウィルを抱き上げ、脚を開かせただけでそれ以上動こうとしない。
あくまで幼生が自分の力で出てくるのを待つ気なのだろう。時折、外から後孔を軽くくじられ
内側では幼生が外に出ようと力を込めて腸壁を突付きまわす。その刺激にウィル自身が昂ぶり
だすと触手の動きが止まる。生温いくすぐりに焦らされ、昂ぶったまま放つこともできずに
そのままの姿で、かれこれ半日以上、彼は触手に抱かれていた。

277 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:30:04 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生2/8
【メール欄】sage
【本文】

ふいに、物音がした。わずかに動く頭を巡らすと、地上から縄梯子が下ろされている。そこを
降りてくるアーウィンの姿が見えた。肩に小さな籠を担いでいる。ウィルを探し出すと歩み寄り
声をかけてきた。
「ウィリウス様、降りられそうですか?」
「…わからない」
実際、指先まで触手に絡め取られ、ウィルの力では録に身じろぎもできない。喘ぎながら呟くと
するすると触手が動き出し、姿勢を保ったままウィルは床近くまで降ろされた。
「長引いているご様子なので、食事をお持ちしました。私ならお姿を拝見しても良いだろうと
司教様のご判断で。食べられそうですか?」
「手も動かせないんだ」
痴態を晒しているというのは痛感しているが、体を動かせない以上、隠し様もない。アーウィンも
動じた様子もなさそうに頷くと、籠から出したパンを小さくちぎって直接ウィルの口に放り込んだ。
初めて幼生への協力を頼んで以降、ウィルはできるだけ彼に頼らずに幼生に精を与えるように
してきた。特別避けたわけではなかったが、やはり男に抱かれるというのは抵抗がある。
アーウィンもまた、あの日の激しさなど無かったかのように淡々とウィルの世話を勤めていた。
なのに結局、この恥ずかしい姿を見られる事になってしまった。
ウィルは複雑な思いを噛み締めながら、与えられるパンを黙々と食べていた。
パンと果物、水だけの簡素な食事が終わる。アーウィンが立ち去ろうとした時、一本の触手が
伸びてきて彼を引き止めた。

278 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:30:45 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生3/8
【メール欄】sage
【本文】

子供にそうするように髪をくしゃくしゃと撫でつけ、そのままうなじに絡んで彼を振り返らせる。
予想外の事だったのだろう、アーウィンも驚いた顔で立ちすくんだ。しかし表情はすぐに懐かしむ
ように和らぎ、触手を手に取るとそっと口付ける。数年ぶりの逢瀬、そう言っていた彼の言葉が
思い出された。
隣であられもない姿で喘ぐウィルなど眼中にないといった態度で、彼は愛おしそうに神の姿を
目に焼き付けている。自分がここまで強く、触手を慕うことがあるんだろうか―
取りとめもなくウィルが考えていると、ついに幼生が動き始めた。
「くぅ…ぁああ…見、ない…で…」
孔が内側から押され、ゆっくりと広げられる。粘膜が外気に触れるほどに開かれ、拳ほどに
成長した幼生が一度に転がり出ようともがく。ひくひくと開く後孔を隠そうと身をよじると
かえって触手に押し戻され、いきむのも苦しいほどに膝を開かれてしまった。生まれでようと
もがく幼生の動きが、ウィルの体内に敏感に伝わる。細い触手を突っ張り、孔を押し広げて
隙間から滑り出ようと体をくねらせている。一体がもがく度、他の二体も連動するように動く。
くねる度に強く粘膜を擦られ、たちまち昂ぶった男根を強く締め付けられ、喘ぐことで快楽を
逃がすしかないウィルの嬌態をアーウィンは畏怖するように見つめていた。
細い触手が二本、孔から伸びだしてきた。太い触手が場所を譲るように退いた内腿にぴたりと
張り付き、そこに力を込めて自身を引っ張り出そうとする。皮膚を引っ張られる、ぴりぴりと
した痛みさえ心地よく感じられる。さらに数本の触手が孔に張り付き、捲りあげるように
内側から押し開かれた。
「はあぁっ、ひぃっあああぁぁーーーっ!!ああぁぅああーーーっ!」」
突き通される痛みと、感じた事のない排泄感に襲われ、ウィルは狂ったように声を張り上げる。
飲み下せない唾液が頬を伝い、涙があふれる。悶絶するウィルの中で幼生は力を振り絞り
孔が裂けそうなほど押し広げると、一気にその体を外界に引きずり出した。

279 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:31:37 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生4/8
【メール欄】sage
【本文】

「っーーー!!!ぅう…はぁ…ひぃあっ!」
幼生に続き、どろりとした暖かな塊が排出される。アーウィンが拾い上げ、丁重に見分すると
粘液に包まれた白い紐の塊のようなそれを、涙を流すウィルの目の前に差し出した。
「抜け殻のようですね。御幼生がウィリウス様の体内で成長された証です」
自分の体を住処に、触手が育った―日々感じてはいたものの、実際に目の前に見せられると
畏れとも愛情ともつかない感情がこみ上げる。ウィルは下肢を見た。初めて外気に触れる
幼い触手が、その世界の広さを確かめるように力強く腕を振り回している。
しかし感慨に耽る暇もなく、二体目が外に出ようともがき始めた。再び孔が内側から開かれ
ウィルが途切れ途切れな悲鳴をあげる。うなじを押さえる触手に促され、アーウィンが
幼生の元へ歩み寄った。幼生はじりじりとウィルの下腹部に移動し、一部の触手がまだ現れない
次のものと絡まって、引っ張り出そうと伸縮している。その様子を観察させると、触手は
アーウィンの頬を一撫でして離れていった。
「独り立ちは順調に進んでいると、司教様に報告しましょう。あまり長引くようなら、また
お食事をお持ちします」
答えようとしても、口を開くと甲高い悲鳴しか出てこない。ウィルが何とか頷くと、アーウィンは
大切に抜け殻を籠にしまい、名残惜しそうに振り返りながら梯子を上って地上へと帰っていった。

280 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:32:20 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生5/8
【メール欄】sage
【本文】

想像を超えた痛みの果てに、ついに三体目の幼生が姿を現した。先の二体に引き出され、こぞって
ウィル自身に群がっている。男根の触手は解かれたがあまりの苦痛に昂ぶりは萎え、幼生がいくら
刺激しても硬さは戻らない。孔は裂かれたように熱く、うっすらと開いたまま抜け殻のかけらを
垂れ流していた。餌を摂ろうと苛立ちだした幼生はぎりぎりと男根を締め上げ、細い触手を
鈴口へ割り込ませる。朦朧として触手に抱かれていたウィルを、正気に引き戻すには充分な疼痛が
走った。
「…ぎぃっ…ひぃぃ…っ」
萎えて進みにくくなった尿道を無理にくじり、粘液の助けを借りて細い触手が奥へと進む。
逃げようもなく、獣のように呻くウィルを無視して触手は長さの限り男根を犯した。液体以外
通った事のない粘膜の中で収縮し、破裂するような痛みに襲われてウィルは再び意識を手放し
そうになる。それを見計らったように太い触手が後孔へ侵入を始める。普段の動きとは違い
傷ついた体内を労わるように隅々まで粘液を擦り込んでくる。ゆっくりと抜き差しされる度
残っていた抜け殻がとろとろと掻き出される。体内を粘液で洗われ、孔を念入りについばまれて
ウィルの後孔から少しずつ痛みが薄れていった。狂おしい痛みのなかに、なじんだ甘い感触が
混ざり始める。やがて触手は動きを変え、体内の敏感な部分をしつこく擦り始めた。同時に
尿道の触手が先端を動かし、同じ辺りを外側から突付きだす。神経を直接嬲られる快楽に理性を
狂わされ、泣きじゃくりながらも体は忠実に反応し、男根が頭をもたげ始める。すかさず別の
触手が絡みつきさらに追い上げようと柔らかく揉み込む。晒された陰部を余すところなく刺激され
昂ぶり詰めてゆく自身の中で触手の存在が一層熱く感じられる。射精する直前の感触が腰の奥で
何度も弾け、ウィルは開放を求めて無我夢中で腰を捩った。涎と共に嬌声が溢れ出し、粘液の重く
湿った音と絡み合い地下室に響く。耐えるにはあまりに長すぎる時間の後、尿道の触手が一気に
引き抜かれた。焼けるような感覚と同時に体液が迸る。ようやく放たれた精液が勢いよく噴出し
ウィルの体の上に白濁した雫になって降り注いだ。

281 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:32:59 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生6/8
【メール欄】sage
【本文】

(やっと終わった)
幼生たちが先を争って精液に群がる姿に安心し、体の力が抜ける。しかし期待に反して孔の陵辱は
激しさを増し、さらに一本、口にもと触手をねじ込まれ、ウィルはわずかな動きまで抑えられて
しまう。耳朶にも乳首にも触手が絡みつき、肌の上を縦横に触手が這い回る。疲れた体に休む
間を与えず、幼生は代わる代わる尿道に細い触手を突き立ててきた。
人形のように振り回され、何度も気を失い、目覚めるたびに全身の穴という穴を犯されている。
いつの間にか痛みは判らなくなっていた。後孔も尿道も同じように触手を抜き差しされ、深く
抉る動きに粘膜が揺さぶられて、甘い疼きを伴う痙攣が続けざまに全身に走る。ウィルは口内の
触手に歯を立てないよう、精一杯口を開き続けた。さらに太い触手が加わり、二本が交互に喉奥まで
突き上げてくる。もはや射精ともいえない透明な液体がとろりと吐き出されるだけになっても
幼生は餌の摂り方を覚えようと鈴口を弄り、太い触手に混ざって後孔を蹂躙し続ける。何時間
たったのかもわらないまま、麻痺した体に感じる溶けるような粘膜の快感だけがウィルの感覚の
全てになっていった。

何度目か目を覚ました時。口の触手がするりと抜かれ、そのまま首が仰け反らないよう支えられた。
ぼやける視界の中に、幼生が現れる。首を伝い、顔に這い上がってくる。涙と涎で汚れた顔を
優しく触手で撫でると、頭を支えるものを伝って大きな触手群の中へと消えてゆく。
さらに一体、最後の一体と同じように顔を撫で、最後まで細い触手を頬に張り付かせながら群れの
中へ姿を消した。
これが本当の独り立ちだった。ウィルの役目が終わったのだ。

282 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:33:39 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生7/8
【メール欄】sage
【本文】

触手群は子供たちの仮の住処を楽な姿勢に抱きなおし、地上へと運んでゆく。最後の一本が
後孔から抜かれる瞬間、ウィルは言いようのない虚脱感を感じていた。幼生はもう群れの中に
混じって見分けがつかなくなっている。残滓もすべて掻き出され、久しぶりに完全に自分だけの
物になった体が妙に空っぽに思われる。ふと床を見ると、おそらくアーウィンが運んだのだろう
食事が置かれている。とにかく長い時間、自分がここにいたという事だけはわかった。
彼を小部屋の床に寝かし、全ての触手が仄暗い奈落の底へ帰っていった。

最近ではウィルが自分で小部屋の扉を開ける慣わしだったが、この日はどうしても膝が震えて
歩けなかった。仕方なく這って進むと、自分が粘液を纏っているようなぬらぬらとした跡が床に
残る。これでは自分が触手になったみたいだ―そんなことを考える余裕のある自分に呆れながら
扉を叩き、そのまま倒れ込んでしまった。
憔悴しきったウィルを見て、信徒たちもよほど慌てたのだろう。体を洗うのもそこそこに毛布に
包まれ、力強く抱きかかえられる。そのまま眠りたい気持ちを抑え、司教の法衣の裾を掴んで
注意を引くとやっとの思いで呟いた。
「…幼生は三体とも、無事に神の元に発たれました…」

283 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:34:29 ID:ZoFSIQqk0
【名前欄】 誕生8/8
【メール欄】sage
【本文】

自分があの触手を『神』と呼んだのは、初めてじゃないだろうか。いくら考えようとしても
頭にかかる霞は濃くなるばかりでまるでまとまらない。信徒らに抱きかかえられて部屋に戻る途中
初めて自分がこの廊下を歩かされた日をふいに思い出した。あの夜を逆回しで見ている気分になる。
部屋に戻り、ベッドに座らされたウィルの前に司教が跪いた。
「ウィリウス様。神は適するとみなされた依代に、続けて卵を託すことが多いと過去の記録に
ございます。今後も神の求めに応じ、依代の任を受けてはいただけませんでしょうか」
もとより断るつもりなどなかった。そのために、今まで自分の意思で教団に残っていたのだから。
「私でできることなら何でも…」
ゆっくりと閉じられる瞼の裏に、群れに消えてゆく幼生の姿が浮かぶ。その前の激しい蹂躙のことは…
思い出さないでおこう。顔にかかる濡れた髪が細い触手の感触を彷彿させる。もう一度、その
小さな神の姿を思い起こしながら、ウィルは深い眠りに落ちていった。
(完)

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

予想外に長くなってしましましたが読んでくださった方、代行いただいた方
ありがとうございました。


284 :風と木の名無しさん:2012/10/15(月) 20:34:59 ID:ZoFSIQqk0
以上です。
よろしくお願いします。

285 :風と木の名無しさん:2012/10/16(火) 11:34:57 ID:CqW+W8tY0
>>284
done.

286 :風と木の名無しさん:2012/10/16(火) 20:05:04 ID:BL2lSYQ20
代行、支援いただいた方ありがとうございました。

287 :風と木の名無しさん:2012/10/17(水) 01:23:41 ID:aPC+cymI0
連続投稿でひっかかてしまいました。お手数ですがラスト投下して頂ければ幸いです。

【名前欄】夜、深し 4/4
【メール欄】sage
【本文】

本当にこれだけで充分なのだと、翔太は分かってくれていただろうか。
全く不埒な気持ちがない訳でもないし、惚れた相手が腕の中にいる状態にこれっぽっちも
疼くものがない訳はない。それでも穏やかでいられるのは、気持ちを満たして貰っているからだ。
寄り添って眠る距離を許されている事も、心を受け止めて貰える事も。
どうして翔太がそうしてくれるのか。それは二人の間に、長い間ずっと恋があるからだ。
年齢は違っても、入門順が物を言うこの世界では同期。落語に対する愛情も、高座に向かう姿勢も、
尊敬し刺激し合える稀有な相手。どこでどう上滑りして恋になったのかは説明出来ないけれど、
同じ気持ちを翔太も抱いてくれていた。だから二人こうやって一緒にいる。
ふと気が付けば、この所とんとなかった穏やかな眠りが士の輔を包み込もうとしていた。
本音を言えばこのまま一人、一番近い所に翔太を感じながら暗闇をそっと覗き込んでいても
構わなかった。けれど有言実行なのだろう。翔太の体温と寝息が導いてくれる。
惜しむ気持ちは裏切りだろうか。自分を存分に甘やかしてくれる恋人への。
もう回転が鈍くなった思考で考えかけて、やめる。眠りに落ちるその淵で考えるならば、
翔太自身の方がいい。夢は脳が記憶を整理するから見るのだと聞いた事がある。
士の輔は夢を覚えていない眠り方をするけれど、常にない穏やかな眠りの中でなら
見られるかも知れない。出来る事なら、いとしい腕の中の相手を。
すぅっと波が引くみたいに、士の輔の意識が眠りに吸い込まれる。
明けの烏が鳴くまでの薄い闇が包む部屋の中には二人分の静かな寝息。
夢の入り口で翔太が待ってくれているかは、士の輔だけが知っていた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
4が連投規制にかかってしまい、ご迷惑をおかけしました。
投下代行してくださった方、ありがとうございます。

288 :風と木の名無しさん:2012/10/17(水) 01:34:40 ID:AUTBMBMc0
>>287
完了です

289 :風と木の名無しさん:2012/10/17(水) 08:36:49 ID:PU7f90eY0
投下代行ありがとうございました。
規制で焦っていたのでこんなに早く対応して頂けてほっとしました。感謝です。

290 :風と木の名無しさん:2012/10/29(月) 20:30:54 ID:eMIknSuw0
規制で引っかかってしまったので、ラストのみ代行をお願いしたいです。

【名前欄】Falling chandelier 4/4
【メール欄】sage
【本文】

だらだらと着替えている俺らをよそに、富士他さんは手早く着替えを済ませた。
「先行っとるわ。」
そう告げると、さっさとどこかへ行ってしまった。何やら急いでいるようだ。

□ッ力ーの前にしゃがみ、脱いだ服を畳んでいると、後ろから苑さんが近付いてくるのが分かった。
俺は気付かないふりをする。
何を言われるのだろうかと考えていると、不意に頭に手を載せられた。
びっくりして後ろを振り向くと、苑さんが屈んで俺のことを見下ろしていた。
「俺だって、似合ってると思うよ。」
ちぐはぐなことをぶっきらぼうに言いながら、苑さんが大きな手で乱暴に俺の頭をぐしゃぐしゃと撫でた。
さっき富士他さんがやったような優しさは微塵も感じられなかったけど、
どこか恥ずかしそうにしている苑さんがなんだか面白くて、俺はつい笑ってしまった。
「何笑ってんだよ。」
「…いや、別に。」
この人も、本当は優しいのかもしれない。
そんなことを考えた途端に頭を叩かれたから、ああやっぱり苑さんは苑さんだったと、
先程考えたことをすぐに撤回した。
苑さんはそれきり何も言わず、□ッ力ール―ムを出て行った。
一人になった部屋の中で、□ッ力ーに取り付けられた鏡を眺める。
鏡には、さっぱりとした自分の顔が映っている。やっぱり切って良かったなと、こっそり思った。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
規制に引っかかり、投下に時間がかかってしまいすみません。
代行の方、ありがとうございました。

291 :風と木の名無しさん:2012/10/29(月) 21:03:33 ID:XLGcWr5M0
完了したよー

292 :風と木の名無しさん:2012/10/29(月) 21:24:18 ID:eMIknSuw0
代行ありがとうございます。
焦っていたので、本当に助かりました。

293 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 01:14:40 ID:OI7qWnpo0
連投規制に引っかかってしまいました、不慣れで申し訳ありません…投下代行お願い致します…。

【名前欄】夢の終わりは桃源郷 2
【メール欄】sage
【本文】
こんな何でも無いような言葉を交わしたのはもう30年も前だったっけ。場所や状況はよく覚えてはいないが、だいぶ酔いは回っていた。だけれど、あいつのその言葉は、妙に脳裏に焼き付いて離れない。

〜 〜 〜
「…さん、起きて下さい…」

遠い記憶に微睡んでいたら、上の方から声が降ってきた。無論あいつじゃない。
目を開けて、見えたのは白亜の天井、病院だ。当たり前か、ずっと居るんだから。


294 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 01:18:17 ID:OI7qWnpo0
【名前欄】夢の終わりは桃源郷 2後半
【メール欄】sage
【本文】
俺、もう声は、出ない。早く死にたかったのに。
ずっと死にたく死にたくて、でもそれは叶わなくて、気が付いたらみんな居なくなっていた。あ、マムシは居るか。
周りの奴らだって、真っ先に死ぬのは俺だと誰もが思っていたろうに…うまくいかないもんだナ。
「憎まれっ子世にはばかる」のは本当だ。おい、誰が憎まれっ子だ。

295 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 01:21:28 ID:OI7qWnpo0
【名前欄】夢の終わりは桃源郷 3
【メール欄】sage
【本文】
なら…いや何が「なら」なんだ。
あいつは、ちょっとばかし早過ぎた。誰からも、噺の神にまでも愛された、憎たらしい程可愛いあいつは。憎たらしいんだか可愛いんだか分かんねえ。

色々泣かせた事もあったっけ。
変な勘繰りするなよ?ま、その勘繰りは、存外当たってるかもしれないけどネ。

果たして俺はあいつと同じ所に行けるんだろうか。まあ無理だな。一人で「地獄巡り」でもやってようかしら。

296 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 01:23:56 ID:OI7qWnpo0
【名前欄】夢の終わりは桃源郷 4
【メール欄】sage
【本文】
どっちにせよ、ここにあいつは居ない。もう居ない。あっという間に時代は回り、文明は未だにバカみたいに発達し続けている。淡くて甘い、純粋で不透明な想いに焦がされたあの頃は終わったのだ。


だけれど消える事は決して無い。
俺が覚えてるから。



おい、聞いてるか?よく聞いとけ、俺はな、お前が……いや、だからお前を……やっぱイイや。そっち行ったら直接言ってやる。閻魔蹴り倒してそっちの方行くから、待っとけ。



□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ! 
長時間占拠してしまい申し訳ありませんでした。勉強し直してきます……。

297 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 01:33:33 ID:inmh9Jco0
投下完了しました。

298 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 18:19:38 ID:OI7qWnpo0
代行ありがとうございました!!本当にありがたいです…。

299 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 22:00:17 ID:x4SnTiNA0
さるさんに引っかかってしまいました…
申し訳ありませんが代行お願いいたします。
【名前欄】きらきら終わる 3/6
【メール欄】sage
【本文】
翌日、登坂は仕事を休んでrと共に也腹のもとへ向かった。
そう簡単にコンピューターの記憶が消えるとは思えない。きっと、何らかの手段で復元できるに違いない、と祈るような思いで。
研究所の雑然さは前に訪れた時に輪をかけてひどくなっている。
半身だけのロボットや、折れた基盤がそこらじゅうに転がっていて、歩くたびにどこからかほこりが立つ。
数年ぶりに会った也腹は、昔とあまりかわりなく見えた。多少は腰が曲がり、頭髪も寂しくなりつつあるが、rの修理に支障があるようには見えない。
登坂は少し安心して、也腹に事情を話した。だーいじょうぶ、きっとなんとかなる、と自分に言い聞かせながら。
「まぁ、見てみんとなんとも言えぬが…」
也腹は一通り事情を聞いてから、rに様々な機器を取りつけた。コンピューターの画面には登坂にはわからない数列がならぶ。也腹の顔が険しくなった。
「記憶回路の電池が切れつつあるんだな」
「電池切れ?」
あまりにも単純な理由に、登坂は拍子抜けした。あんなに恐怖したことが、時計が止まるのと同じ原因だったとは!
「なーんだ、じゃあ、電池さえ入れれば元通り!ですね」
「いや、そうはならん」
登坂の安心した顔が凍る。
「確かに電池を変えれば、R28号の物忘れはなくなる。だが、電池を変える際にR28号は完全に初期化され、それ以前の記憶も人格も失うだろう」
rは眠っているように瞳を閉じており、也腹の声が聞こえているかはわからない。
登坂は自分の脚が震えていることに気づいた。暫し、彼は口をきくことができなかった。

300 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 22:01:12 ID:x4SnTiNA0
【名前欄】きらきら終わる 4/6
【メール欄】sage
【本文】
「記憶を復元して、USBメモリみたいなのに入れておくことはできないのか?」
「無理だ。R28号の記憶あまりにも複雑で、他に移したら壊れてしまう。それに、こいつの記憶は復元できん。」
「せめて人格だけでも…」
「R28号の人格は、記憶によって作られているのだ。だから初期化したらもう、別のアンドロイドになると考えてほしい」
也腹との絶望的なやり取りを繰り返すうちに、登坂の顔からは血の気が引いていった。これは、もうどうにもならぬことなのだ。
「…どちらにせよ、電池が完全に切れたなら記憶も人格もなくなる。せめてそうなるまではこのまま様子を見る方がいいだろう」
うつむいて唇を噛み締める登坂に也腹はそう声をかける。凝固したような息苦しい時間が流れた。
しばらくして也腹はrの方を見、
「全く、こいつも幸せなアンドロイドだ」
と呟いて頭をかいた。

301 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 22:02:07 ID:x4SnTiNA0
【名前欄】きらきら終わる 5/6
【メール欄】sage
【本文】
也腹のもとから帰宅する際も、rは眠っているようだった。
次に眼をさましたとき、もしかしたら自分も忘れられているかもしれない。そんな予感が登坂の胸を刺した。だから、
「やあ。とさかさん、もう朝ですか」
登坂の部屋で眼を覚ましたさrが声をかけたとき、登坂は心の底から安堵した。
「外を見ろ、まだ暗いだろ。夜だ」
rはゆっくりと窓の外を見ると、興味なさそうにまたその場に寝転んだ。
「さっき会っていた人は誰だったんでせう」
「也腹博士か?あれはお前のお父さんだ」
「お父さん?」
rは虚ろな眼を散らし、
「僕にもお父さんがいたとは、ありがたいことですね」
微かに笑った。
登坂はrの頭を優しくはたいて、
「今日はもう寝ちまえ。起きてると何かと不経済だ」
「あい」
rはすぐに眼を閉じた。これで少しでも電池が切れるのを遅くできれば…という登坂の悲しい悪あがきだった。

302 :風と木の名無しさん:2012/11/16(金) 22:03:37 ID:x4SnTiNA0
【名前欄】きらきら終わる 6/6
【メール欄】sage
【本文】
寝袋に入る習慣も忘れたのか、rは床の上で眠っている。
登坂は冷蔵庫からビールを出すと、一息に飲み干した。飲まないとどうにかなりそうだった。味はほとんど感じない。
光画部の部室で飲んでいた時は、どんなに怪しげな酒でもひどくうまかったのに。
冷え冷えとした夜だった。冷えは登坂の体の内側から湧き上がってきて、血液と共に体内を駈け廻っている。
北風がガラスを細かく震わせた。枯葉が幽かな音を立てて枝から振り落とされていく。
登坂は空の缶をぐしゃりと握ると、眠っているrを見た。合宿の時や、部室で何度も見たまぬけな寝顔だった。
なかなか起きないrを文字通り叩き起こし、駅まで走ったこと。
自転車で行かせた修学旅行、幽霊探し、春高での也腹との戦い…たくさんの思い出が登坂によみがえってきた。
あれから短くはない時が流れ、少しずつみな変わっていった。どこで何をしているかわからないものもいる。
そんな中、rだけは変わることなく、ずっと登坂のそばにいたのだ。
rと共にいさえすれば、すぐに10数年前の高校時代に帰ることが出来るように錯覚していたが、そのまやかしすら登坂から取り上げられつつある。
明日、rはいったい何を忘れてしまうのだろうか。
登坂はrの体を抱き締めた。限りなく無為に輝いていた青春の残梓を愛おしむかのように。
rは眼をさまさない。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・;)イジョウ、ジサクジエンデシタ!
長々と申し訳ありませんでした

303 :風と木の名無しさん:2012/11/17(土) 00:42:49 ID:LOAIKg/E0
なんとか自己解決しました。長時間占拠して大変申し訳ないことに存じます。

304 :風と木の名無しさん:2012/11/17(土) 16:46:28 ID:gY6XLTxc0

マジで3回しか投稿できないってキツイよねぇ

305 :風と木の名無しさん:2012/12/05(水) 00:10:02 ID:jY5Zvaek0
規制されているため投下代行をお願いします。投下されてる方が終わられてからで構いません。日付跨いでからでも大丈夫です。
少し長いので二日に分けようと思っています。お手数おかけします。

【名前欄】 Recostruction(前編) 1/5
【メール欄】sage
【本文】
洋画半生。「〇〇七空落ち」九受け。エロ注意。
本編のネタバレはありません。ただ九さんにエロいことがしたかった。
薬(媚薬)ネタ・輪姦注意。苦手な方はスルーお願いします。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

ようやく酔いが覚めてきた。と言っても酒を飲んだ訳じゃない。護身用のシリンダーに使う中身のテストをしたせいだ。
もし危険な状況に追い詰められたとしても、相手に反撃するなんて真似は僕には無理だ。だから揉み合った拍子にコイツを打ち込んで、
神経を軽く麻痺させて酩酊状態にして動きを封じ、その隙に逃げようと考えた。
その試作品を作ってはみたものの、他人で試すわけにもいかないので自分に打ってみた。効果は抜群であっという間に身動きが取れなくなり、
思考能力さえも奪えるという結果を得られたのは良かったが、成分が強すぎたのか半日近く僕自身が使い物にならなくなってしまった。
お陰で就業時間をすっかり過ぎてしまい、ようやく帰れるようになった頃には深夜12時を回っていた。
誰かにやらせれば良かったと愚痴るべきか、誰にも迷惑をかけずに済んで良かったと安堵するべきか。
そんなことを考えながらまだ覚束ない足取りでフラフラ歩いていると、いつの間にか馴染みのない場所にいることに気が付いた。
周辺を確認してここがロンドンで一二を争うほど治安が悪い地区で、それがギャング崩れのゴロツキ達が
根城にしているせいであるということを思い出せた頃には、既に3人の男性に囲まれ逃げ場を失っていた。

306 :風と木の名無しさん:2012/12/05(水) 00:15:35 ID:jY5Zvaek0
【名前欄】 Recostruction(前編) 2/5
【メール欄】sage
【本文】
「ようお嬢さん。こんな時間にこんなとこ一人で歩くなんて、ちょっと危機感足りないんじゃない?」
「そーそー。誰かに襲われでもしたら大変だよー」
「出すもん出せば見逃してやらないでもないぜ?ま、ただじゃ帰さねぇけどな」
そう言って耳障りな笑い声を撒き散らす。知ってるさ。君らが僕を襲うことも、いくら払っても無傷でなんて帰れないことも。
まさかこんなに早く危険が降りかかってくるなんて。一応帰ってからもう少し配合を変えてみようと思って
持ってきた予備のシリンダーが1本ある。 でも相手は3人だ。使ったところで結果はさほど変わりそうにない。
「っわぁ…!」
「さて、危ないモノ持ってないかチェックしようか」
「良いモノ持ってないかの間違いだろ?」
「ハハッ!言えてるな。……ん?何だ、これだけかよ」
突き飛ばされて尻餅をついた僕の上着やボトムのポケットの中を
まさぐっていた彼らが見つけ出せたのは、家の鍵と小銭入れと例のシリンダーだけだった。
「変だなー?この格好はもう少しお金持っててもおかしくないはずだけど」
「ん………必要な分しか…持ち歩かないから」
「にしたって少なすぎでしょ。っつか、その細長いの何?」
「インスリンの注射っぽいな…アンタ病気か?」
「いや、違う…そんなんじゃないよ…」
まだ残ってる薬の成分のせいでモタモタとしか話せない僕を見て、彼らは何か勘違いをしたようだった。
「……そうか。ソッチのクスリか」
「あ、なるほどね!クスリ買って打っちゃったから、もう手持ちがないってことか」
「へぇ〜…カワイイ顔して案外やるじゃねーの」
「は…?一体、何の話……?」


307 :風と木の名無しさん:2012/12/05(水) 00:17:42 ID:jY5Zvaek0
【名前欄】 Recostruction(前編) 3/5
【メール欄】sage
【本文】
「あーあーキマッちゃってんじゃん。これならちょっとくらい悪さしても何も覚えてないんじゃね?」
「そうだな。出すもん出せないなら身体で払ってもらうしかないな」
「だったらこれもう一本打ってもっとハイにしてやろうぜ!どうせヤるなら楽しくないと」
そう口にしながら一人が僕を羽交い締めに、もう一人が上着の袖を捲り上げる。そしてリーダー格の男が肘の内側にシリンダーを押し当てる。
悪いことに昼間の試し打ちで何度か失敗した跡がそこにあって、僕の薬物中毒疑惑を濃厚にしてしまったようだ。
マズイな。1発で行動も思考もできなくしてしまう強さの薬だ。しかもまだ抜けきってない。
そんな状態でもう一度摂取してしまったら一体どうなってしまうんだろう。
「違っ……嫌、だ、止せっ」
「大丈夫、死にゃしねえって…多分な」
歯を見せてギラリと笑ってみせたのと同時に彼がシリンダーの後部を押した。針が刺さる痛みと共に薬品が体内に流れ込んでいく。
「っっ!あっ、ぁ゛、あっ!」
速効性に優れるそれはすぐに変化をもたらす。僕はビクンビクンと身体を震わせて目を見開いた。彼らは異変に驚いていたようだが、痙攣が治まるまでじっと様子を窺っていた。
「オイ…コイツ大丈夫かな」
「心配すんな。二度打ちするとよくこうなるんだよ」
「これが落ち着いた後がスゲェんだよな」
好奇心に満ちた視線を感じる。彼らがどういうものを想定してるのかは知らないが、
僕も正直興味があったので成り行きに任せてみようと思う。


308 :風と木の名無しさん:2012/12/05(水) 00:20:29 ID:jY5Zvaek0
【名前欄】 Recostruction(前編) 4/5
【メール欄】sage
【本文】
「……っはぁ…ぁ、ふ…っ」
急激な体温の上昇と呼吸の乱れ。
「あ…はっ、ん、んぅ……」
興奮。アドレナリンの過剰分泌…というよりは性的な興奮か?
「うぁ、あっぁ、何、だ…これっ」
渇き、脈拍の増加、腰の辺りに疼きがあるな。勃起してるみたいだ。
「……何だよ。スゲェじゃんこれ」
「どんなクスリやってんだよアンタ…ちょっとエロすぎ」
「言ったろ?そんじゃ本人も乗り気みたいだし、可愛がってやろうぜ」
「や――ひっ!!」
次の瞬間にはあちこちを手でまさぐられていた。完全に火照った身体を撫でる指先の冷たさが痛いほどに感じられる。
首筋、胸、腹部、背中。至るところを這い回る何本もの手が与える感覚は
全て快感に繋がっているらしく、どこを触られても気持ち良さしか伝わってこない。
それだけなのに僕はもう射精してしまったらしく、彼らの驚く声と面白がる会話がぼんやりと耳に入ってくる。
でもどうでも良かった。今の僕は自分の身体の状態にしか興味がなかった。
絶頂を迎えたからか、全く身体に力が入らない。腕どころか指先すら動かせない。少し弛緩作用の成分が多すぎるかな。
「はぅ…っん、う…ぁ…」
「わ!ヨダレ凄いことになってるよ?拭いてあげよっか」
そう言うなり横から唇を塞がれる。頭をグイグイと動かす強引なキスですら僕の快楽を煽った。
触れ合う舌先のざらつきに背筋が震える。息継ぎも困難な重なりが脳を痺れさせた。
「んー…っ、む、ぅ………っはぁっ!」
「もうトロトロじゃん。ココは?どう?」
「いっ!や、やだ…止め、ろ!」

309 :風と木の名無しさん:2012/12/05(水) 00:22:30 ID:jY5Zvaek0
【名前欄】 Recostruction(前編) 5/5
【メール欄】sage
【本文】
羽交い締めにした男が僕の乳首をつねってきた。ビリッと電気が走るような刺激に堪らず声が跳ねる。
お?ココが良いのか」
「んぅ!っ、良…くないっ!良く…あぁっ!」
「嘘つけ。こんなに硬ーくしといてさぁ」
「っ…違っうぅ…っ、も…やだぁ…っ」
気付けば泣きじゃくっていたが、我ながら信じられない態度を取ってるな。
これもあれの中身の成せる業なんだろうか。自白剤としての効果も期待できるかもしれない。
「なぁ、もう前戯じゃやだってよ。お前のそのデカイのブチ込んでやれば?」
「いいけど、コイツん中入るかぁ?」
「何ならオレがまず拡張してやろっか」
「バーカ。させるか。テメェらの軟弱なブツでもイかせられるように俺が慣らしといてやるから待ってろ」
「んだよそれー!」
「あーもういいからさっさとやれよ!おれもう我慢の限界だっつーの」
そうだ。やるならさっさとやれ。早く次の変化が知りたい。
こんな状況でも冷静に分析してるなんて自分でもちょっとどうかしてると思う。確かにこういうことには淡白な方だとは良く言われるけど。
いや、もしかしたらこれも薬の作用なのかもしれない。そもそも男性に襲われてる時点で冷静なはずがないし。
強い薬品を二度摂取したせいで脳が一時的に混乱しているとも考えられそうだ。

[][] PAUSE ピッ ◇⊂(・∀・;)チョット チュウダーン!
続きは明日投下に来ます。他に投下される方がいらっしゃいましたらどうぞ。

以上です。よろしくお願いします。


310 :風と木の名無しさん:2012/12/06(木) 09:03:01 ID:PzhwnqLw0
>>305-307を投下代行していた者です。
本スレで支援も頂いたのですが、連続投稿が解けず、続きが書き込めません。
申し訳ありませんが、>>308-309の投下をどなたかお願いします。

311 :風と木の名無しさん:2012/12/06(木) 09:13:41 ID:AUBPVjjE0
>>308-309を投下しました。

312 :風と木の名無しさん:2012/12/06(木) 13:20:59 ID:PzhwnqLw0
310です。
>>311さん、ありがとうございました。
作者さんには、中途半端な事をしてしまって申し訳ありませんでした。

313 :風と木の名無しさん:2012/12/07(金) 00:23:46 ID:MT9eW7zo0
305です。>>310-311のお二方どうもありがとうございました。
お手を煩わせたようで申し訳ないのですが、後半分の代行をまたお願いします。

【名前欄】 Reconstruction(後編) 1/4
【メール欄】sage
【本文】

>>452です。続き投下させていただぎます。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「ふっっ…ん゛ぅ!?」
「っ、おぉ……入ったぜ」
息が詰まるほどの圧迫感に驚いて目を遣ると、リーダー格の男の太いモノが僕の後孔に
めり込んでいた。
「……え、ウソ…何、でっ?」
全く痛みを感じなかった。というか圧迫感以外の感覚がないようにも思える。
神経を麻痺させる効果のせいか?
「あれ、実は経験アリ?」
「っない…そんなの、あるわけない…!」
「でも全然痛がんねえじゃねーか。初めてのヤツは大体泣き喚くよな?」
「まぁそもそもが無理矢理だからな」
「それ抜きにしたっておかしいじゃん。絶対経験あるでしょ」
「それは今からわかるぜ。なぁ!」
「ぅあ゛っ!!」
突然彼が勢い良く腰を突き上げる。彼のモノが内側を擦って
潜り込んでいくのがわかって、今までにないほどの快感に襲われた。
「ひっ……ぁ゛、あ、やっ、な…っ!?」
「んん?良い反応するな…これは黒だな」
「嘘ついちゃダメじゃんキミ〜」
「う、そじゃ、ないっ!ぃ…やぁっ!あっ!」
「こんだけヨがっといて初めてはないわな」
「はぁっ、う!本当にっ…違、ぁっ…」
確かに自分でも異常な反応だと思う。普通に考えれば過剰摂取のせいだろうが、
案外僕自身がこういう欲求を抱えているんだとしたら?
きっかけが無ければ気付くことすらできないものだ。これは追求してみる
絶好の機会じゃないだろうか。環境は既に整っていることだし。
「…コイツ全然キツくないぞ。っ、むしろ吸い付いてきやがる…ハハッ」



314 :風と木の名無しさん:2012/12/07(金) 00:25:13 ID:MT9eW7zo0
【名前欄】 Reconstruction(後編) 2/4
【メール欄】sage
【本文】
「あ゛…っ、凄、い……収縮が、止まら…なっ、ぁ」
弛緩作用がここの筋肉にまで影響を及ぼしてるらしく抵抗もなく彼のモノを
飲み込んでいるが、時折思い出したようにキュッと締まるせいで快感が
増幅されているように感じる。異物感とそれを押し出そうとする生理的反応との
せめぎ合いに、言い様がないほど頭の奥が痺れる。はっきり言ってかなり気持ち良い。
こんな感覚は生まれて初めてに近いかも。だがどこかもどかしいような物足りないような、
振り切れない何かが僕の身体に纏わりついている。一体何だろう。
僕はしばらく彼に揺さぶられながら、何を求めているのか僕自身の反応を待った。
「……は…っ、ん…もっ、と……」
「…あ?何だ?」
「そ、れ……全部、入れて…」
僕の言葉に男達はかなり驚いたようだった。まさか強姦されている相手から
求められるなんて思ってもいないだろうし無理もない。
「え…アンタ今何て…?」
「っ、だから…ソレ、根元まで全っ部……押し込めって…言っ、た」
「………ちょっと、マジ?」
「お前自分が何言ってるかわかってんのか?レイプしてる男に『もっとやれ』だと?」
そんなことわかってる。でも仕方がないんだ。
「だって…足りない…っ!奥の方、が…疼いて、熱く、て……も、苦しいっ…!!」
全身が言うことを聞かない。思い通りにならない。頭と身体が引き離されて、
身体の方が暴走してる。薬の効果を実感しようと思ってたはずが、制御できない快楽に
振り回されて目的を見失った。
ただ気持ち良くなりたい。今の僕が求めているのはもうそれだけだ。
「お願ぃ、だ……っどうにかして…!!」


315 :風と木の名無しさん:2012/12/07(金) 00:26:25 ID:MT9eW7zo0
【名前欄】 Reconstruction(後編) 3/4
【メール欄】sage
【本文】
涙を浮かべて懇願する姿は惨めに映っただろうか。彼らが興醒めして僕をこのまま
放りやったらどうしよう。かなりの確率で二度と家に帰れなくなるかもしれないな。
でもその心配は杞憂に終わりそうだ。
「…そんなに欲しいのか?俺のコレが」
「んんぅ…!」
リーダー格の男が軽く腰を沈めて僕を焦らす。僕のモノは触ってもらえないせいで
今にも熱を弾けさせてしまいそうなほど硬く立ち上がっていた。
「っっ早くっ!出来ないなら、も、替わってよ…っ!!」
堪えきれずそう口走ったことが男の逆鱗に触れてしまったらしく、彼はいきなり
僕の腰を掴み力任せにグイッと引き寄せた。
「はあ゛ぅっ…!!!」
「オラ!これで満足か…よっ!!」
「―――っっ…!!ぁ゛、かっ……ぁはっ!!」
想像以上の強烈な快感になす術もなく悲鳴のような声で喘ぐ。
何も知覚できない。何も思い出せない。
僕の中を貫く圧倒的な質量と熱が全てを掻き消していく。
凄い…こんな世界があるなんて知らなかった。気持ち良すぎてどうにかなってしまいそうだ。
――この先はどうなるんだろう。どこまで行けるだろう。
もはやシリンダーの改良なんてどうでもよくなってきた。のめり込めるだけ
のめり込んでみたい。
「スゲ……トンじゃってるよね完全に」
「じゃあトンでるついでにおれらのも世話してもらおうかな」
そう言って後ろの男が僕を一度下ろすと、自分のボトムの前を広げていきり立った
屹立を取り出した。それを口元に差し出されると、僕は何の躊躇もなく銜え込む。
嫌悪感よりもこうすることによって何かが呼び覚まされるのではという
興味の方が勝り、言われるがまま何にでも応じた。



316 :風と木の名無しさん:2012/12/07(金) 00:27:37 ID:MT9eW7zo0
【名前欄】 Reconstruction(後編) 4/4
【メール欄】sage
【本文】
やがて口で一人を、手でもう一人を慰めている状態になっていたが、
そうやって不健全な行為に没頭すればするほど興奮する。
「っは―あ゛っ!ぅあっ!!ん…ぁあっ!も、ぉ……だめ、イっく、イく…出る、ぅ…っ!!」
「好きなだけイッちまえ…!もう出ないって言うまで犯してやるよ!」
「オレ達も出しまくってグッチャグチャにしてあげるね」
「ほら!口休めんなって…もう少しでイけそうなんだよ…っ」
「んむ゛!!っっ…ぅふ、ん゛っ、ん!―――っ!!!」
そうして僕はまた大きく背を反らせて白濁を飛ばした。
そこから先はもう何度絶頂に達したかも、誰に何度侵入されたかもわからない。
何もかもが真っ白になって全部溶かされる。それが再び元の形に戻る時、
そこに存在するのは全くの別物だ。
再構築。僕の中身が造り変わる。新しい秘密兵器を完成させた時のような
充足感にしばらくの間酔いしれた。
だけどこれで終わりなんてつまらない。もっと知りたい。もっと堪能したい。
僕自身がどこまで行けば満足するのかを調べてみたい。
――シリンダーの中身だ。あれを改良して今回のような…いや、今回以上の症状を
引き起こせるようにしてみよう。
でも一人では限界があるな…〇〇七に付き合ってもらおうかな。
彼と寝た女性は皆虜になるっていうし興味がある。
彼に薬を打ってみるのも面白いかもしれない。
一人現場に取り残されていた僕は、気の遠くなるような時間をかけて自宅へ戻る道を歩いた。
酷い目に遭ったというのに、不思議とどこか胸が弾むような気分だった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
代行者さま、支援者さま、どうもありがとうございました。

以上です。よろしくお願いします。



317 :風と木の名無しさん:2012/12/07(金) 01:16:03 ID:NniPcE2k0
>>313-316 投下して参りました。

318 :風と木の名無しさん:2012/12/07(金) 01:35:48 ID:MT9eW7zo0
>>317さん、お早い投下ありがとうございました!
お手数おかけしました。早いとこ規制解除されたいです。

319 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 22:14:29 ID:XI+ciUH60
規制のため投下代行をお願いします。

【名前欄】 最終戦の後で2 1/5
【メール欄】sage
【本文】
生&完全捏造注意! 里予王求 25×きれいな監督+6
だいぶ前に落とした話の続きだけど、これだけでも分かるはず
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

どうして、こんなことになっているのだろう。
自チームの選手の腕の中で、こうなるに至った経緯に思いを巡らせる。
今夜はシーズン最終試合、そして自分にとってはこのチームの監督としての最後の試合だった。
大した功績も結果も残せなかったが、それでも選手達は自分の最後の日を勝利で飾ってくれた。
3年間着たユニホームを脱ぐ。このチームのユニホームに別れを告げるのは2度目だった。
3度目はないだろう。そう思った時、辞任を発表した日から、考えないようにしていた未練と
後悔の思いが押し寄せてきた。
その時、彼がやって来た。自分が監督に就任してからずっと気にかけていた選手だった。
彼になら自分の思いを託すことが出来ると思った。そうすることで、彼にまた重荷を背負わせる
ことになると分かってはいたが、伝えずにはいられなかった。
そうしたら、いきなり抱き締められて、その上―――。
彼がこんなことをする理由は分からないが、この状態でいることがまずいことは分かる。
「…あの、もう、離して…」
自分を抱き締めたまま動こうとしない彼に声をかける。しかし、離すどころか、彼の腕の力は
さらに強まり体を締め付けてくる。逃れようともがくが、現役選手の腕はびくともしない。
「……っ…、粗居っ…」
息苦しさに彼を呼ぶ声に吐息が混じる。彼が息を呑む気配が伝わってきて、不審に思って
見上げようとした時、ドアがノックされた。

320 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 22:16:18 ID:XI+ciUH60
【名前欄】 最終戦の後で2 2/5
【メール欄】sage
【本文】
「すんませーん、こっちに粗居さん来てませんか――……っと」
返事も待たずにドアが開かれ、顔を覗かせたのは彼の兄貴分の選手だった。
彼の姿を見て、粗居の腕の力が緩む。その隙に、素早く彼の腕から抜け出し、距離を置く。
「……あれまあ」
鉢はそう言って目を見開いたが、さして驚いているようには見えない。
「なかなか帰ってこんと思うたら…」
断りもなく部屋に入って来た鉢は、彼を見ていつもの人の悪そうな笑みを浮かべる。
「いきなりそうくるとは、また思い切ったの」
からかう様な鉢の言葉だったが、そんな時にいつも彼が返す言葉も笑顔も、今は現れない。
「けどまあ、すこーし遅かったの」
「…え?」
遅いとは何がだろう。不思議に思って聞き返すと、鉢の悪そうな笑みがさらに深くなる。
「やっぱり知らんかったんですか。こいつ――」
「か、鉢さんっ」
慌てて制止しようとする粗居を無視して鉢が続ける。
「ずっと監督のこと好きやったんですよ」
いつもの彼の冗談かと思って粗居を見たが、気まずそうな表情をしたものの、否定する様子はない。
「俺を追いかけて入団してきたくせに、監督見た途端一目惚れしよってからに」
思いも寄らないことだった。粗居が自分のことを好きだった?
彼がそんな素振りを見せたことがあっただろうか。
「ちょっとすみません。すぐ戻りますんで」
そう断ると、鉢は何か言いたげにこちらを見ている粗居の腕を掴んで部屋を出て行った。

321 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 22:17:57 ID:XI+ciUH60
【名前欄】 最終戦の後で2 3/5
【メール欄】sage
【本文】
1人になって少し冷静さの戻った頭で、彼と出会ってからの3年間を懸命に思い返す。
彼との会話や接触は多くはなかった。いつも声をかけるのは自分で、彼から何か言ってきたことは――。
「ま、そういうことなんで」
「は?」
いつの間にか部屋に戻って来ていた鉢の声に、いきなり思考が中断され、間の抜けた声を出してしまう。
「後は俺がうまいことやりますんで、粗居さんのことよろしくお願いします」
「…お、おい、…よろしくって…」
一体2人で何を決めてきたのだろう。聞こうとする自分に、鉢が静かな口調で語り始めた。
「前のチームでも、今のチームでも、あいつは俺しか見てませんでした」
鉢の言葉通り、粗居が鉢を慕う様子は、微笑ましいを通り越して少々気味が悪いほどだった。
「けど、3年前に貴方が来て、いつからかあいつは貴方だけを見るようになりました」
そう言われても、やはりそれを感じさせるような彼の言動は思い出せない。
「あいつをこのチームに引っ張ったのは俺です。けど、俺はここでいろんな事があって、あいつが
来た時の俺は、昔の俺ではなくなっとりました。ここに来る為にあんな辛い思いをさせたのに…」
そこまで言って、鉢は目を伏せて唇を噛み締めた。同じチームを出て同じチームに入ったのに、
彼と粗居では何もかもが違っていた。いつも陽気に彼を弄り倒している鉢ではあったが、やはり責任は
感じていたのだろう。あるいは、それは彼なりの気遣いであったかもしれない。
「俺はあいつにずっと負い目がありました。だから、あいつの為に出来るだけのことはしてやりたい。
監督のことは、本人が動かん限りは何もせんつもりやったんですけど」
そう言って悪戯っぽく自分に笑いかけ、片目を瞑って見せる。
「あれをやられたら、放っとくわけにはいかんでしょ」
「だから、さっきからよろしくとか放っておくとか…」
「それから」
鉢は自分に何をさせるつもりなのだろう。尋ねようとした言葉は、またしても遮られる。

322 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 22:20:03 ID:XI+ciUH60
【名前欄】 最終戦の後で2 4/5
【メール欄】sage
【本文】
「ご迷惑おかけしました」
先程とは打って変わって、真摯な表情で自分に向かって深々と頭を下げる鉢に、返す言葉が見つからない。
この球団での彼の功績は大きすぎた。ここ数年の衰えは誰の目にも明らかなのに、彼にそれを指摘出来る
者はいなかった。自分もまた、拘るべき記録が途切れてもなお試合に出続ける彼を止めることは出来なかった。
同じプロ野球選手だった者として、現役であることに拘る気持ちは痛いほどわかる。
けれど、それが壊れた体以上に彼の心を傷つけている。自分の成績よりチームの勝利を優先してきた彼が、
今はチームの足枷となっていることに気付いていないはずはないのだから。
「自分の引き際は自分で決めますんで」
「……そうか」
それでも、自分を見据えてきっぱりと言い切る鉢にようやくそれだけを口にした。
「けど、それと粗居さんのことは分けて考えてやってください。虫のいい頼みやと思いますけど」
「……そうか…、…って、えっ?」
唐突に話題が変えられ、我に返った時には監督室を出て行く鉢の背中が見えた。
それと入れ替わりに、押し込まれるようにして粗居が入って来た。
また監督室に2人だけになったものの、彼とどう接すればいいか分からない。
僅かな時間のうちに、彼が全く知らない人間になってしまったようだった。
粗居はしばらく鉢の消えたドアを見つめていたが、やがて意を決したように自分に向き直って言った。
「俺、ずっとあなたが好きでした」
それはさっき鉢から聞いた、と言いそうになったが、かろうじて我慢した。
「…一目惚れではないんですけど」
粗居が遠慮がちに付け加えたが、もうどうでもいいことだった。

323 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 22:22:22 ID:XI+ciUH60
【名前欄】 最終戦の後で2 5/5
【メール欄】sage
【本文】
粗居に手を掴まれて、引きずられるように球場の裏口から外に出る。
待機していたらしいタクシーに乗り込むと、彼が運転手に市内の有名なホテルの名を告げる。
タクシーが静かに動き出してから、恐る恐る彼に尋ねる。
「…あ、粗居…、その、ホテルって…」
「…鉢さんが部屋取ってくれてるそうなので」
それまで何を言っても無言だった彼が、ようやく話してくれたことに安堵したのも束の間、
すっと血の気が引く感覚が襲ってくる。
「…へや……」
思わず呟いた時、粗居が監督室から繋いだままの手を握りしめてきた。その力の強さに顔を
顰めながら彼を見る。一見無表情に見えるが、不安と緊張で僅かに触れるだけで、すぐにも
崩れてしまいそうな――シーズン中に度々見せた表情だった。
思えば鉢の後の4番を埋めるために、彼には随分無理をさせてきた。彼にその力があると
信じてのことだったが、彼にとっては苦痛でしかなかったかもしれない。
それでも、必死に周囲の期待に応えようとした彼に、自分は何も与えてはやれなかった。
古巣の関係者やファンを裏切ってまで、熱望した勝利も優勝も。
「…粗居…、俺は――」
言い澱んだ自分を見て、彼が運転手に行先の変更を告げる。チームの宿泊先だった。
「…いや、そのまま行ってください」
手を握る彼の力がさらに強くなって、それを口にしたのが自分であることに気付く。
その痛みを感じながら、目を閉じ、深呼吸して思う。
今夜何があったとしても、もうすぐ自分とは全てが無関係になるのだ。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
兄貴が喋りすぎ…。投下代行者様、支援者様、どうもありがとうございました!

以上です。よろしくお願いいたします。

324 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:13:05 ID:cZi2JNxA0
申し訳ありませんが規制の為、投下代行をお願いします
ビデオ棚68 >>466です
3/10までは投稿できましたが一応全部載せます

325 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:19:47 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 1/10
【メール欄】sage

申し訳ありません、書き込み規制をくらってしまいまして大変ご迷惑おかけしました
1996年戦隊、激走戦隊カーレンジャーで(赤+青)×緑
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

今日もまたボーゾック一味は、いつものように激走戦隊カーレンジャー打倒そしてチーキュ(地球)征服を企てていた
あーでもないこーでもないと無い知恵を振り絞って彼らが考えた今回の作戦は
”人間どもを不純異性交遊させまくってチーキュを堕落させ、その隙に征服する”というもの
「出てこい!EE(イーイー)ムラムラ!!」
「イイィ―!!」
総長ガイナモの勇ましい呼びかけに一人の怪人が応じ、ガイナモ達の前に姿を現す
「おまえのムラムラビームで人間共を発情させチーキュを堕落させるんだ!」
「任せろ!俺のビームで全員性の虜にしてやるぜ!
 待っていろチーキュの人間共、そして激走戦隊カーレンジャー!」
「ねえちょっと待って?」
上昇する士気、なり響く怒号
それをくじいたのはボーゾック一番のセクシー美女・ゾンネットだった
「どうしたのゾンネットちゃん」
「そのムラムラビームってどのくらい凄いの?」
「……おいお前!こっちに来い!」
ゼルモダが宇宙ゴキブリを手招きし、EEムラムラにビームを撃てと命じる
頷くEEムラムラがその触覚から放った蛍光ピンクの光線の先にいたのは…宇宙ゴキブリではなくガイナモ
「お前どこ狙ってんだ?!」
クラッチが叫び、EEムラムラが額に手を当てアチャー!というポーズをとる
その間ガイナモは両手をダランと下げ首を落としている
そしておもむろに顔を上げるとゾンネットの美脚に頬ずりした
「愛しのゾンネットちゃ〜ん 踏んでくれぇ〜(はぁと)」
「きゃっ!」
思わずゾンネットは悲鳴を上げて擦り寄るガイナモを振りほどこうとする
ゾンネットにすっかりデレデレな我らが総長をゼルモダとクラッチ、その他の構成員が呆然と見守る

326 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:21:26 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 2/10
【メール欄】sage

「こ、これは…凄い、と言っていいんだろうか?」
「う〜〜ん……」
「つーかいつもと変わんねーよ!!!」パリーン
突っ込みついでにゾンネットが酒瓶でガイナモの額をかち割った
「行け!EEムラムラ!!今度こそ激走戦隊カーレンジャーに目に物見せてやれ!!」
「あ、芋長の芋羊羹忘れずにな」


一方、そんなボーゾック一味の謀略など知る由もないペガサスの社員たち
彼らもまたいつものように自動車の整備に、雑用にと業務に勤しんでいたのだが……
「ただいま〜」
陣内恭介がこれまたいつものように休憩もとよりサボリから戻ってきた
目に入ったのは、腕組みしてジッと実を睨む志乃原菜摘とあきれ顔の八神洋子、ばつが悪そうな顔で二人から視線を反らす上杉実
なんとなく妙な空気がその場に漂っているのを恭介は感じた
「なんかあったの?」
「さぁ…」
傍にいた土門直樹に尋ねるが直樹も小首をかしげる
「一体何があったんだ?」
「おう恭介か」
実が顔を上げる
「それがね給湯室でお湯を沸かそうとしたんだけど、コンロの火が付かなかったの」
話し始めたのは洋子だった
それによると、実がコンロにマッチの火を近づけると容易く付いたので、ガステーブルの着火部分が汚れていただけのようだ
問題はそのマッチ
マッチに書かれた”キャバレー輝子”の文字が運悪く菜摘と洋子に見つかってしまったのだ
「あぁそれでこの気まずい雰囲気」
恭介と直樹は両手を打って納得した
「…男ってサイテー」
乙女二人がどちらからともなく溜息を付く
とその時、会社の奥の秘密基地から慌ただしくダップが出てきた
「みんな〜ボーゾック発生だっぷ!」
「何だって?!」

327 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:22:58 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 3/10
【メール欄】sage

付けっぱなしになってるテレビにはボーゾックによる惨劇が緊急ニュースで取り上げられていた
その映像には老いも若きも関係なくくんずほぐれず絡み合う男女、男女、男女…
「な…なんだこれ?!」
『み、見てください!街はこのようにア、アベックで溢れかえり非常に大混乱に陥っております!!』
まだうら若き女性アナウンサーが顔を真っ赤にして必死にレポートしている
そこに明らかに人ではない、異型の怪人が現れる
女性アナウンサーは悲鳴を上げて逃げまどうも、すぐにその怪人に捕われてしまった
『お前もこいつらと一緒に不純異性交遊するんだ!』
『キャーッ!誰か助けてぇ!!!』
「あれはボーゾック!?」
助けなければ、分かってはいるが画面の向こうでは不可能だ
ダップと5人は固唾を飲んでテレビを見つめる
アナウンサーは力無くダランと両手を下げ俯いていたがすぐに顔を上げて通りがかりのおっさんに抱きついた
息を荒げながら二人でその場に座り込み、ブラウスのボタンを一つ一つ外しながらスカートの裾をたくし上げ……
直樹の背後に回った恭介が両手でその目を塞いだのと、画面に”しばらくお待ちください”のテロップが入ったのはほぼ同時だった
「な、何をするでございますか?!」
「お前には刺激が強すぎる」
突然視界が遮られてビックリする直樹
「クソッ!えぇ所やったのに!!」
「そういう問題じゃないでしょ」
残念そうに舌打ちする実と突っ込む洋子
「ダップもよ」
「見えないだっぷ〜」
恭介と同じくダップに目隠しをする菜摘
とにかく激走戦隊カーレンジャー、出動!!


「見つけたぞボーゾック!」
「なにぃ?!」
5人が駆けつけたのはさっきテレビで映し出されていた街のどまん中
EEムラムラはワンパー達に囲まれ高みの見物とばかりに痴態を繰り広げる人々を見下していた

328 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:25:02 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 4/10
【メール欄】sage
「貴様、街の人達に何をした?!」
「フッこのEEムラムラが猿顔の一般市民共を本物の、本能のままに生きる猿に戻してやっただけのこと
 行けぃワンパー!今度こそ激走戦隊カーレンジャーの最期だ!!」
「「「「チーッス!」」」」
EEムラムラの掛け声とともに一般戦闘員共がカーレンジャーに襲いかかり
その隙にEEムラムラは次の餌食を探すためその場を後にする
「待て!EEムラムラ!」
「イエローレーサー、ピンクレーサーここはお願いします」
「わかったわ」
レッドレーサーがEEムラムラを追いかけ、女性陣に丁寧にお辞儀をするブルー、それにグリーンがそのあとに続く
EEムラムラと3人の追いかけっこはしばらく続いたが、人気のない公園の辺りで3人はとうとうEEムラムラを追い詰めた
「観念するんやな!食らえバイブレード!」
グリーンレーサーが先陣を切ってEEムラムラに剣を振りかざす
「フン!こんなもんこうしてくれるっ」
EEムラムラはバイブレードを力任せにはじき返し、体勢を崩したグリーンレーサーを明後日の方向へ投げ飛ばした
「うおっ!」
「「グリーンレーサー!!」」
「お前ら仲間の心配している場合か?!食らえムラムラスモーック!!」
必殺技の名前と共にEEムラムラの口からショッキングピンクの煙が吐き出されレッドレーサー、ブルーレーサーに噴きかかる
ガイナモらに使った光線の方が効果が上だが、多人数を相手にする時は広範囲をカバーできるこの技が使い勝手がいい
「ゴホッゴホッ……!なんなんだこれ?!」
「ゲホッ…レッドレーサー大丈夫でございますか?!」
レッド、ブルーは得体のしれない煙を必死で払いのける
そこに吹っ飛ばされたグリーンがようやく合流した
「おう2人とも無事か?!」
「…………」
「…………」
しかし2人に反応はない
「どないしたんや…2人とも……?」
「わ…わからない……でもあの、妙な煙…を吸いこんで、から……」
肩で大きく息をするレッドの声が心なしか上ずっている
「か、身体が…熱く……胸が、苦しいっ……!」

329 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:26:39 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 5/10
【メール欄】sage
そう言ってブルーは両肩を抱きその場にうずくまってしまった
「お前この2人に何をした?!」
怒りといら立ちを込めた声で、さっきのレッドと同じ事をグリーンがもう一度繰り返す
EEムラムラは腹を抱えて高らかに笑い声を上げ、それに答えた
「さっきの人間共と同じ事さ。俺の攻撃を食らった奴は自分の意志とは関係なくムラムラしてしょうがなくなるんだよ
 発情期の動物と同じ、性欲の奴隷にな!!」
「なっなんやとぉ?!」
その言葉通り、2人の体はどうしようもない程熱を持ち、視界が揺れ、足元もおぼつかない
マスクの下の顔は赤く上気し、大して動いていないのに汗が止まらなかった
そして強化スーツの股間の部分は突き破らんばかりに膨れ上がり、その存在を嫌というほど強調していた
「はやく2人を介抱してやらないとかわいそうだぞ?グリーンレーサー」
「貴様ぁ!」
苦しむ2人を尻目にニヤニヤ笑うEEムラムラと怒り心頭のグリーン
「そんなに怒るなよ。女ならこのチーキュには唸るほどいるだろう。なんだったら2、3人攫ってきてやるから好きに使うがいい」
「ふざけるなっ…!俺達、激走戦隊…カーレンジャーはっ、あっ…、欲、望など…には、決して屈しなっ……」
息も絶え絶えにレッドが啖呵を切る
EEムラムラはそれを鼻で笑って猛スピードで逃げ出した
「あ…待て、ぇっ……!」
フラフラと足を前に出すがそれ以上は進めず、レッドも地に膝をついた
「どないしたらええんや…」
このままでは戦いにならない
更に、別行動をしているイエローとピンクと合流でもしたら今のレッドとブルーだと……
「ええい!」
グリーンはインカムでイエローに連絡を取った
レッドとブルーが敵の攻撃を受けて一時的に足止めされている事、敵の放つピンク色の煙を絶対に受けてはいけない事
最後に2人が回復するまで決して合流してはならない、と
『どうして?』
「どうしてもや!」
怪訝そうなイエローを押し黙らせグリーンは通信を切る
そして性欲に意識を支配されかけ悶絶する2人に言った
「俺が、お前らの相手してやる」
「なっ……?!」

330 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:29:12 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 6/10
【メール欄】sage
その思いがけない言葉に声を失うレッドとブルー
「しゃぁないやろ?その身体じゃ戦闘は無理や。イエローとピンクとの合流はもっと無理や。一応あいつらも女の子やしな
 幸いここには俺らしか居れへんみたいやし、一発出してスッキリさしたらええ」
「グリーンレーサー……」


いくらなんでも公園のど真ん中で事に及びたくはないので、グリーンは足元が危ない2人の手を引いて街路樹の影に連れ込んだ
「変身は解除しとけ。汚したらダップに大目玉食らわされるで」
「ああ…お前は?」
「このままでええ。ボーゾックの奴らが来よったら俺に任せとき」
「どうもすみません…で、ございます」
変身を解除してレッドレーサーは恭介に、ブルーレーサーは直樹に戻った
しかし2人の陰茎は変身時のまま、きつそうにズボンを押し上げている
「恭介さんからどうぞ。私は時間がたてば少しは落ち着くかもしれません」
「ああ、すまないな直樹」
カチャカチャとベルトを外して恭介が己の物を取り出す
血管むき出しでいきり立ち透明な先走りを垂らす陰茎を目の当たりにし、一瞬ためらうがグリーンは意を決してそれを口に含む
「俺にも感謝せぇや」
「あぁっ…んっ、すまっ…グリー…んっ……」
舌が、上顎の粘膜が、頬の内側が恭介の陰茎に絡みつく
グリーンは舌先で裏筋をなぞり玉袋にしゃぶりついた
ヌメヌメした生温かい感触がむず痒いようでとても気持ちいい
「お前、意外と上手いな…」
恭介がはぁ〜と溜息をつきグリーンのマスクの後頭部を撫でる
「枕営業でもしているのか」
「美人でボインの女社長とかやったら大歓迎やけどな」
軽口を叩きあいニヤリと笑う2人
しかし言葉とは裏腹にグリーンは己の体に異常を感じていた
マスクのお陰で2人に気付かれてはいないが恭介にフェラチオしながらグリーンレーサーもとい実も性的興奮に犯されていた
陰茎は張り詰めスーツの下に緩やかにテントを張り先走りの液で生地を濡らしている

331 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:30:40 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 7/10
【メール欄】sage
(どないしてしもうたんやろ、俺…)
霧散したと思われた怪人の煙がまだ残っていて自分にも影響を及ぼしていたのかもしれない
敵の攻撃に晒されて発情した仲間の物を咥えて、自分もまた性欲の虜になっている……
欲に屈してはいけない、と思いつつ恭介の物を咥えたまま実は己の股間に右手を伸ばし、ゆっくりと揉みしだいた
もどかしい緩やかな快感が実の体を襲う
「はぁっ…んんっ…」
恭介と実、どちらが発した声か2人にはもう分からない
(あぁ…2人ともあんなに淫らになって…)
淫蕩にふける2人を眺めながら直樹は己の昂りが時間と共に鎮まる所か余計酷くなり余裕がなくなるのを感じた
(私の物も早くっ……)
我慢できずにパンパンに張った陰茎を摩り上げる直樹
「くっ…出るっ!……あぁ!」
短い悲鳴と共に恭介の陰茎から精液がほとばしった
実はそれを口の中で受け止め嚥下する
飲みきれなかった分が口元や首筋に流れ、実のスーツを白く汚す
熱はすっかり鎮まったようで、恭介はまだ荒い息を吐きながら力無くその場にへたり込み放心していた
「なお、き…」
かすれた声で実が直樹を呼ぶ
直樹にはそれが「こっちに来い」ではなく「早く欲しい」と言っている様に聞こえた
実の陰茎はスーツ越しでも分かる程に勃起しテントの張りもさっきよりきつくなっている
「お願い、します」
普段頼みごとをする時と寸分変わらず礼儀正しくお辞儀をする直樹
実は恭介の時と同じように陰茎にしゃぶりつき、自分のそれを慰める
再び正義の戦士達の淫靡な交わりが始まった
「グリーン…つらくはありませんか?」
「んっ…大丈夫や…っ、はぁっ」
(もう止まらん、気持ち良ぅて頭どうかなりそうや…!)
今の自分の顔を直樹に見られない事に感謝しながら必死で快感を貪る
一方、直樹は早く自分の熱を解放したいと思いながらも同時にもっと実の痴態を見ていたいとも思っていた
自分より5歳以上年上の癖におっちょこちょいでお調子者で明るい事が取り柄の実
しかし今の彼は己の涎や恭介の精液で口元を汚し、直樹の股間に顔を埋めて、股間が染みになるほど己の淫液を垂れ流している
身悶えしてくねらせるバトルスーツがエロティックでさえあった

332 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:34:17 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 8/10
【メール欄】sage
「そん、なに……気持ちい…っで、ございます、か…」
自身も息も絶え絶えになりながら直樹は、実のスーツにくっきり浮かび上がった胸の突起を指で弄んだ
指先で弾いて、腹で転がして、2つ同時に摘んで――
「あぁ、ん…っ!な、なにす…っ、やぁ…!あ、あかん…てぇ……」
更に快楽を齎されてより一層、高い嬌声が上がる
さっきまで俺に任せろと胸を張っていた実はマスクの中でボロボロに泣き崩れていた
例え顔が見えなくてもマスク越しでも感じる彼の卑猥な感情と、ほんのわずか残った理性、いや、虚勢
グリーンレーサーのマスクではなく直接その顔にぶっかけたい
いっそ実の中に――
「うあぁぁぁぁぁっ!!!」
突然、直樹は目の前が真っ白になって脱力感に見舞われた
「もう…イッて、しまったのでございますね……」
射精の満足感と共に少し名残惜しい気もする直樹は腰が抜けたらしくその場にペタンと座り込んだ
「うえぇ…おごっ……!ごほっ、ごほっ…!」
一方で実は地面に這いつくばりいつまでも苦しそうに咳き込んでいた
直樹の射精と同時にイッてしまったらしく実の陰茎も萎え、スーツ内部に精液がべっとり纏わりついていた
「ちょっと実さん、恭介さんの時と態度が違いすぎませんか?」
「アホか!お前がのどちんこの奥まで突っ込んでくるからむせてしもうたやないか!」
あ〜死ぬかと思った、と実は直樹に毒づく
さっきあんなに乱れたとは思えない通常運転の実がそこにいた
「やっぱりあれは、EEムラムラの所為だけだったんでしょうか…」
一人つぶやく直樹に、ようやく正気に戻った恭介があっと叫び声を上げ慌てて立ち上がる
「そうだった!早くあいつを倒さないと、皆俺達みたいになってしまう!」
「あの野郎ようもこないな目ぇに合わせてくれたな!ギッタンギッタンのボッコボコにしてしてやるで!!」
「それより菜摘さんと洋子さんが無事かどうか…心配でございます」
色んな意味で身体はボロボロな3人、しかし正義の心は限界なんて気にしない
恭介と直樹はアクセルチェンジャーで再び変身する
勇ましく先頭を走るレッドレーサー、それに続こうとするグリーンレーサーをブルーレーサーが呼びとめた
「なんやブルーレーサー?」
「さっきのやつ誰にも見つからなくてよかったですね」

333 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:35:41 ID:cZi2JNxA0
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 9/10
【メール欄】sage
「あー……確かになぁ。激走戦隊カーレンジャーが不純異性いや不純同性交遊て」
あまり思い出したくないのだろう、グリーンの言葉の切れが悪い
「危なかったのはあなただけでございます。思い出して下さい。私とレッドレーサーは変身を解除していたのですよ」
「つまり、どういう事や?」
「傍から見たら、地球の平和を守る激走戦隊カーレンジャーのグリーンレーサーが
 チンチンおっ勃てて淫らに喘ぎながら一般市民相手にフェラチオしていた――としか思えないかと」
「なっ……!」
普段からは考えられないブルーの赤裸々な物言いに思わず硬直するグリーン
グリーンの狼狽ぶりが手に取るように分かりブルーはマスクの中でしてやったりな顔をした
「おい2人とも何をしてる!行くぞ!!」
遠くからレッドの怒鳴り声が聞こえる
「はい!でございます」
「ちょっ、待てや!」
ブルーは高らかに応答してレッドの元へ走り出し、グリーンも慌ててその後を追った


ちなみにその後の戦いは、やけに溌剌としたブルーレーサーと
いつものひょうきんさがなりを潜め覇気迫る勢いのグリーンレーサーの活躍によって快勝し
芋長の芋羊羹で巨大化したEEムラムラをRVロボで難なく蹴散らし事なきを得たのだった


334 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:40:47 ID:cZi2JNxA0
以上です
棚の方々、そして支援して下さった方本当に申し訳ありませんでした
ご迷惑をおかけしました
ツタヤで借りて再度見ているのですが、何かムラムラしてしまい書いちゃいました
作品が古い事を差し引いても需要があるのかさっぱりわかりません
恭介はカッコいい、直樹は可愛い、実はアホ可愛いと思います

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

335 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:43:44 ID:cZi2JNxA0
>>334
【名前欄】激走戦隊カーレンジャー 不純異性交遊警笛区間! 10/10
【メール欄】sage

入れ忘れておりました申し訳ありません
以上です。よろしくお願い致します

336 :風と木の名無しさん:2012/12/09(日) 23:59:14 ID:vTXp4Bhs0
すみません、私も規制に引っかかってしまいました。
7までは投稿しましたので、そこから先お願いしたいです。
代行を受けたにもかかわらず、全て投稿することが出来ず申し訳ありません。

337 :風と木の名無しさん:2012/12/10(月) 01:11:38 ID:T1/UPe5Q0
>>319-323
>>332-334
投下して来ました。連投規制に引っ掛かりつつだったので、遅くなりまして申し訳ありません。

338 :319:2012/12/10(月) 09:15:06 ID:LjIQPIaU0
>>337
遅いとかとんでもないです!
お手数おかけしてすみません。
どうもありがとうございました!

339 :>>335:2012/12/10(月) 23:21:43 ID:ZsnVOr0U0
>>336,337
遅れてしまいましたが投下有難うございます
お手数おかけしました

340 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:24:12 ID:5HGilXKw0
失礼します。投下代行をお願いします。

【名前欄】夢の続きは 1/7
【メール欄】sage 
【本文】
洋画半生「印背プション」E蒸す×朝。
64巻の335です。今更ですが続きを投下させて頂きます。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

俺は身じろぎもせずそこにいた。動けなかった。突き付けられた現実を認めたくなかった。
繋がっていた――つまり夢を共有していたのだ。他のどれでもない、あの夢を。
自分の浅はかな考えを呪う。投影の行動がいつもと違うことにもっと疑念を抱くべきだった。
E蒸スはあの夢を見た。見たばかりじゃない、そこにいたのだ。
彼に組み敷かれ、涙を流し、喘ぐ姿はさぞ滑稽に映っただろう。
俺は彼を自分の投影だと思い込んで何もかも打ち明けてしまった。
後悔と自己嫌悪と羞恥に叫び出したくなるのを必死に堪えていると、
再び機械の排気音が聞こえる。
鎮静剤が切れ、瞼を開けるE蒸スと目が合う寸前に俺は身体を横へ向けて顔を隠した。
「……おはよう、ダーリン」
勝ち誇った表情をしているのは見なくてもわかる。いけすかない相手の弱みを握ったのだから。
聞きたいことも言いたいこともあったが、ここで取り乱せば余計奴に付け入る隙を与えてしまう。
俺はただ膝の上に置いた拳をきつく握り締め、ようやく言葉を絞り出した。
「………いつからだ」
「キスする少し前かな」
それを聞いて確信する。俺は彼に弄ばれたのだ。隠していたものを見破り
それを突き付けて俺がオチるのを見て楽しんでいたに違いない。
「何であんな真似をした」
顔を上げないまま低い声でそう尋ねると、身体を起こしたE蒸スは
悪びれもせず淡々と語り始める。

341 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:25:01 ID:5HGilXKw0
【名前欄】夢の続きは 2/7
【メール欄】sage 
【本文】
「お前が機械に繋がってんのが見えたから、何やってんのか気になってな」
「…それで?」
「そしたらまぁ…あんなことになってて、せっかくだから
ちょっとお邪魔させてもらおうかなと」
予想通りの回答に呆れて笑いが零れる。何でこんな男に見られてしまったんだろう。
マジで最悪だ。
怒りを通り越して半ば自棄になった俺は、昂る感情に少し身体を震わせながら彼の方を見た。
「ハッ、だったらさぞ楽しかっただろ。泣き喚いて、縋り付いて、
恥ずかしげもなく腰振って悦んでる俺の無様な姿は」
「……だったら良かったんだけどな」
「…何?」
意外な言葉を返してきたE蒸スをよく見ると、想像していたような
優越感や満足感を読み取れるような表情をしてはいなかった。
悔しそうな、不満そうな…そんな顔で俺をじっと見つめている。
「お前が他の誰かに抱かれてるのなんて楽しめるわけないだろ」
「他のって……俺を抱いてたのはお前だろ!」
E蒸スの態度に戸惑った俺は思わず声を荒げてしまう。
「お前が俺の気持ちに付け込んで、偽造までして俺を嘲笑ってたんじゃないか!」
「それは違う」
「違わない!」
すっかり取り乱してしまった俺とは対照的に、E蒸スは落ち着いた表情で
ゆっくりと立ち上がる。
さっきまで横たわっていた長椅子から俺の方に歩み寄り、繋がれていたチューブを
片付けながら彼は言う。
「お前は古部のことしか考えてなかった」
「っ……当たり前だ」
「お前には古部しか見えてなかったんだよ…最初から。気付いてたか?
俺は途中から偽造を解いてたのに、お前はそれでも古部の名前を言い続けてた」
「なっ…!?」

342 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:25:56 ID:5HGilXKw0
【名前欄】夢の続きは 3/7
【メール欄】sage 
【本文】
信じられない事実に言葉を失った。
そんな変化に気付かないほど…いや、気付けないほどに、あの情事に溺れていたなんて。
……俺は一体どこまで情けない男なんだ。
「お前を抱いてたのは古部だ。そして俺は、古部に抱かれるお前を
ずっと見せられてたんだよ」
最高の特等席でな、と付け加えてスーツケースを閉じる。その音に何故か身体がびくついた。
「それでも俺が楽しんでたと思うか?」
「…………」
「お前が泣きじゃくって、叶わない望みをぶちまけて、もっと抱いてもっと壊してなんて
せがんでくるを見ても、俺は何も感じないって?」
E蒸スはそう畳みかけてくる。まるでこっちが責められているようで
居心地が悪くなり、少し目を逸らした。
「…お前が俺に何を感じるっていうんだ。いつも俺をからかって楽しんでるだけだろ」
「確かにそうかもな。でもな、俺はからかって楽しむためだけにわざわざ夢の中に入って
偽造してまで、しかも男を抱いたりはしないぞ」
「……何?」
意味深な口振りと共にE蒸スがスーツケースから顔を上げた。
その表情は寂しさすら感じさせる。
「からかうどころじゃねえよ…アイツに抱き締められた瞬間泣きそうな顔してるお前見たら」
「E蒸ス…?」
「何でアイツなんだって嫉妬しちまって、それどころじゃなかった…」
「…ちょっと待て、お前何を言ってる?」
意味が分からず混乱する俺の肩を、突然E蒸スが掴んで長椅子に押し倒す。
まだ過敏になったままの身体を押さえ付けられて思わず声が漏れた。
「あっ!」
容易く組み伏せられ、カッとなった俺はE蒸スを睨み付ける。

343 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:26:49 ID:5HGilXKw0
【名前欄】夢の続きは 4/7
【メール欄】sage 
【本文】
だが奴は真剣な眼差しで俺を見下ろしていた。夢の中の古部と同じように。
「こうやって、やっと手に入れたと思ったのに……お前は俺なんか見ちゃいなかった」
「…、E蒸ス…?」
「抱いてたのは俺なのに、お前は違う名前を呼んでた」
こんなバカみてえなことあるか?と、自嘲気味に笑う。
「……俺はお前しか見てないのに」
「!!」
思い詰めたようにE蒸スが口にしたセリフにあの夢がフラッシュバックする。
それは意に反して俺の鼓動を速まらせる。
「なぁ亜ー差ー……俺を見ろよ」
「っ……止めろE蒸ス」
「何でだ。ここじゃ俺は古部になれないからか?」
「そうじゃない…」
俺は詰問されるような視線に耐え切れず顔を背けようとするが、
E蒸スは追求を止めようとはしない。
「…俺が古部じゃないから?」
「違う!…思い出したくないんだ」
「あの夢を?あんなに望んでたのに?」
――俺の夢。俺の潜在意識。虚しいだけの自己満足。醜い感情の爆発。
「望んでない…!あんな……あんな夢…っ!」
「本当か?あんなに、どうしようもないほどに古部と一つになりたかったくせに」
「止めろ…!」
「あんなになるまで……古部のことを―――」
「もういい!!止めてくれ!!」
それ以上の言葉を聞きたくなくて俺は叫んだ。
泣き出しそうになるのを隠すように両手で顔を覆う。
「……あんな夢見なきゃよかった…っ!!」
夢で願望を叶えたところで何の意味もない。余計虚しくなるだけだ。
現実でも一緒にはいられるのだから、それで満足していれば良かったんだ。

344 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:27:51 ID:5HGilXKw0
【名前欄】夢の続きは 5/7
【メール欄】sage 
【本文】
いつから俺はあんな夢を見てしまうほど、彼に溺れてしまったのだろう。
初めはあの唯一無二の才能に惚れたはずだった。彼女を亡くし苦しんでいる姿を見て、
支えになれたらと確かに思った。でもそれだけだったはずだ。
こんなに古部のことしか考えられなくなるなんて思わなかった。
彼を愛してしまうなんて思ってもみなかった。
どこで道を違えてしまったのか、今となってはもうわからない。
忘れられるなら忘れたい。彼に狂ってしまう前に戻りたい。
「――だったら…あんな夢思い出せなくなるくらいのこと、してやろうか」
そんな俺の思考に割って入るようにE蒸スが口を開く。
「…は…?」
「あんな夢見なくて済むように、こっちでお前を抱いてやるよ」
「なっ…!?」
驚いたのと同時に顔を隠していた手を剥がされ、恐らく涙ぐんでいるであろう目を
じっと見つめられる。そこにはいつものにやけ顔も不遜な態度もない。
初めて見るようなE蒸スの様子に何故か胸の奥がざわめいた。
「嫌だ、止めてなんて懇願もできなくなるくらいめちゃくちゃにしてやる」
「っ……」
掴まれたままの手首を頭上に固定され、さっきよりぐっと顔が近付く。
そんな奴の行動にオスの匂いを感じ、まだ熱を燻らせていた俺の身体は正直に反応した。
「…そうすりゃちょっとはお前の中にいられるか?」
「え?」
「憎しみや恨みでもいい。アイツよりもお前の頭ん中を占拠できるなら、
俺は何度でも…どんなやり方ででもお前を抱くぞ」
そう言ったE蒸スの瞳は本気だった。それで気付いた。
コイツも俺と同じ、叶わぬ想いを抱えていたのだと。

345 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:28:39 ID:5HGilXKw0
【名前欄】夢の続きは 6/7
【メール欄】sage 
【本文】
E蒸スは俺に、俺は古部に。その想いが報われる時は永遠に来ない。
それでも、相手を求めずにはいられない。どうしようもないのだ。
今になってようやく先程のE蒸スの言い分が理解できた。
考えてみればなんて残酷な仕打ちだろう。
罪悪感と同情と共感が胸に積もり、俺は少し表情を歪める。
それに気付いたE蒸スは、俺の手を解放して慰めるように頭を撫でた。
――コイツはどれくらい悩んできたんだろう。俺みたいに、夢で自分を慰めたりしたんだろうか。
もしそうなら、自分がやっていたことが全く馬鹿げたことでもないのかもしれないと
少し安心できる。そしてそれをコイツと共有してもいいかもしれないとさえ思えた。
だが俺がこの脅迫めいた提案に乗ることはE蒸スにとって苦痛なんじゃないのか?
俺はE蒸スの気持ちに応えられない。それなのに身体だけ重ね合わせるなんて、
余計虚しくて仕方なくなるんじゃないだろうか……今の俺のように。
それでもいいと、コイツは言うのか。報われなくてもいいと。それなら――…
「……なら、やってみろよ」
「!」
「俺の中をお前で満たしてみろ」
俺はE蒸スのシャツの胸元を軽く握り締めてそう答えた。
もっと違う反応が返ってくると思っていたのか、奴は少し驚いているようだった。
「………いいのか?」
「あぁ…ただし優しくなんてするな。慈しむような台詞も吐くな。ただ俺を汚せ」
そう言うと、E蒸スの表情が険しくなる。
「お前――」
「俺には、それがふさわしい」
惨めな俺。愚かな願望。届かない想い。何もかも全部吹き飛ぶくらいに、俺を壊してほしい。

346 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 01:30:41 ID:5HGilXKw0
【名前欄】夢の続きは 7/7
【メール欄】sage 
【本文】
――何だ。結局自分が楽になりたいだけじゃないか。
自己満足のためにとうとう他人まで利用するのか、俺は。
「………忘れさせられるんだろ?」
俺は挑発的な表情を作ってE蒸スを見上げる。目尻から涙が零れたのには
気付いていないふりをした。そんな俺を見てE蒸スは苦しそうに目を閉じたが、
すぐにいつもの飄々とした顔に戻って頷く。
「……お前がそれを望むんならな」
「来いよ」
それ以上目を合わせていられなくなって、俺は自分から相手の首に腕を回した。
抱き締めた身体の感触や温度、香水の匂いも何もかも夢とは違う。
そう。これが現実だ。思い通りになんてならない。思ってた通りにもならない。
知覚するもの全てが俺に思い知らせる。お前の望むものなどここにはない、と。
――それでいい。そうでなければいけないんだ。
「…壊してくれ……今だけ…!」
E蒸スの肩に顔を埋めて縋った。甘えたことを言ってるのはわかってるつもりだ。
それでもアイツは俺をそっと抱き返し、「わかった」と小さく囁いた。

その日以来、俺はあの夢を見るのを止めた。だが本質は何も変わっていない。
夢から現実に場所を変えただけ。E蒸スを巻き込んだ分かえって性質が悪くなったかもしれない。
それでも俺は、あの惨めな自己満足から抜け出せない。例え何度E蒸スに抱かれても。
アイツも満たされない。俺も満たされない。一体何のための行為なのか。
いつかお互いが相手への想いに疲れるまで、この関係は続いていくのだろう。
良い夢か、悪夢か。今でもその答えはわからない。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

347 :風と木の名無しさん:2012/12/14(金) 22:14:32 ID:p4UFcVS20
こちらを利用するのははじめてになります。
レベルが足りないため依頼させていただきます、どうかよろしくお願いします。

【名前欄】「――Shaja?」 1/7 〜 7/7
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/090.txt

348 :風と木の名無しさん:2012/12/15(土) 18:42:01 ID:NAZP3l1E0
>>340-346
完了しました。

>>347
連投規制に引っかかってしまったのでどなたか別の方お願いします。


349 :340:2012/12/15(土) 18:53:29 ID:pjl0JsTw0
>>348さま
お手数おかけしました。ありがとうございました!

350 :風と木の名無しさん:2012/12/16(日) 18:15:56 ID:KTLBeaG60
>>347
いってきます

351 :風と木の名無しさん:2012/12/16(日) 18:25:31 ID:KTLBeaG60
>>347
done.

352 :347:2012/12/16(日) 18:39:36 ID:iGlV6nnA0
>>351
代行ありがとうございます。
お手数おかけしました。

353 :風と木の名無しさん:2012/12/19(水) 01:55:53 ID:JHBFr7Iw0
忍法帖レベルが足らないため、代行お願い致します。

【名前欄】Hamming sweet days 1/8〜8/8
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/091.txt

お手数おかけします。よろしくお願いします。

354 :風と木の名無しさん:2012/12/19(水) 16:51:00 ID:35f3hUa+0
>>353
行きます

355 :風と木の名無しさん:2012/12/19(水) 16:59:50 ID:35f3hUa+0
>>353
完了です

356 :風と木の名無しさん:2012/12/19(水) 17:35:21 ID:JHBFr7Iw0
>>355
とても助かりました。
本当にありがとうございました。

357 :風と木の名無しさん:2012/12/24(月) 16:17:23 ID:5LOtKuZs0
どなたか代行をお願い致します。
前スレの埋めに使っていただけたらと思ってますが、無理でしたら新スレの方でも大丈夫です。

【名前欄】Sixty-Three 1/5
【メール欄】sage 
【本文】
洋画半生「○○七空落ち」七×九。
もし情報を届けにきたのが九さんだったら…という妄想です。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「ルームサービスです」
「…頼んでないが」
「細かいこと言いますね。サービスなんだから素直に受ければいいのに」
「……それはすまない」
「入れてくれません?それとも頼んでないから帰れと?」
「あぁ、悪い。入ってくれ」
腰にタオルを巻いただけの男が巻き毛気味の痩せた男を迎え入れたのは、間顔にある
高級ホテルの一室。半分裸の男――○○七の元に現れた眼鏡の男――九は、自分が暮らす
世界とは縁遠い豪華絢爛な客室を隅々まで見渡した。
「……銃が撃てるとこんな暮らしが出来るんですね」
「羨ましいか?」
「いいえ。僕は自分の部屋以外じゃ眠れないので」
「大変だな。飛行機じゃどうしてた?長旅だったろ」
「飛行機で眠るなんてどうかしてる。いつ何が起こるかわからないのに」
九にしては珍しく(と言ってもわかりにくいが)感情的な物言いに気付いた七は思わず頬を緩ませる。
「あぁ…怖いのか」
「違います。出来るだけ地に足を着けていたいんです」
「諜報員の特殊装備担当って仕事は地に足着いてるのか?」
「『出来るだけ』って言ったでしょ」
九は視線も合わせず受け答えをする。かと思うと急に振り向いてじっと七の格好を観察し始めた。
「……もしかして何かしてる途中でした?」
「髭を剃ろうとしてた」
「続けてください。待ちますから」
「悪いな」
七は頷いて洗面所に戻った。折り畳み式の剃刀をゆっくりと肌に滑らせていると、鏡の端に
九の姿が見える。

358 :風と木の名無しさん:2012/12/24(月) 16:19:19 ID:5LOtKuZs0
【名前欄】Sixty-Three 2/5
【メール欄】sage 
【本文】
さっきと同じように立ったままの彼を眺めている内に、ふと疑問が浮かんできた。
「どうしてここにいるんだ?」
「情報を伝えるためです」
「現場担当でもない君がか?」
「いけませんか?」
「君はそういうのを嫌がるタイプだと思ってた」
「…貴方のお陰ですかね」
意味深な言い方をする九に七は眉を上げる。髭剃りを終えて出てきた彼は、
壁に身体を預けながら尋問を始めた。
「ぼくのお陰って?」
「『銃を撃つかどうかの判断はパジャマ姿じゃできない』――そう言いましたよね」
「あぁ」
「だからパジャマを着替えて外に出てみたんです。銃を撃つ人の世界が見てみたくて」
真っ直ぐに七を見つめながら答える九の纏う空気が、前に会った時とは違う気がした。
こういう場所に彼がいるという光景が珍しいからだろうか。
「君にはどう見える?」
「パジャマで紅茶を飲みながら眺めていられる世界の方がずっと良い」
彼らしい答えだ。
少し視線を逸らした九がどこか悔しげに見えて、七は笑みを抑えられなくなる。
「そうか…せっかく着替えたのに無駄だったな」
こんな態度では九の機嫌を損ねるかもしれないと思ったが、彼は気にしていない様子で
すっと歩み寄ってきた。
「……そうでもないですよ」
「ん?」
「貴方のそういう姿を見られただけでも、わざわざ出向いた価値はあった」
九の興味深そうな視線で七は自分の格好を思い出す。そう言えばまだきちんと服を着ていなかった。
「っと…すまない。着替えるよ」
「大丈夫ですよ。そのままで」
「でも…」
「貴方の身体に興味があるんです。そのためにここまで来たと言っても過言じゃない」

359 :風と木の名無しさん:2012/12/24(月) 16:20:29 ID:5LOtKuZs0
【名前欄】Sixty-Three 3/5
【メール欄】sage 
【本文】
気がつくともう目の前に九がいた。その表情から彼の真意を読み取るのは難しい。
「ぼくの身体に?」
「ええ。工厶が言ってました。貴方と寝た女性は皆貴方の虜になってしまうと。
どうしてなのか調べてみたいとずっと思ってた」
九は好奇心を覗かせながら七の身体に手を伸ばす。
彼の目的がはっきりしないせいかわずかに身構えてしまう。
「調べてみたいって?」
「貴方の何がそうさせるのかを知りたい。そして僕も同じようになるのか試してみたいんです」
胸に手を置き、心臓の鼓動を確かめるようにそっと力を込める。七より少し背が低い九が
見上げるようにして彼の目を覗き込んだ。眼鏡に遮られてはいるが、どこか妖艶な輝きを
湛えている。触れてくる掌が想像以上に熱いことに七の胸が少しずつざわつき始めた。
「それはつまり……僕と寝たいと?」
「そういうことになりますね」
「九……本気か?」
「冗談でこんなこと言いませんよ。大して面白くもないし」
確かに、と七は同意を込めて肩を竦めた。
煮え切らない態度に焦れたのか、九がわずかに語気を強める。
「わからないならはっきり言いましょうか?僕は貴方に凄く性的な魅力を感じてるんです。
自分でも驚くくらいに」
「そいつは嬉しいね」
「その貴方と、こんな現実離れした空間に二人きりですよ。いつまで冷静でいられるか」
「……確かに浮き足立ってるようだな。そんなこと考えるなんて」
そう溜息を吐いてみせたものの、七は自分が今彼を諭そうとしているのか
彼に気圧されているのか判別できずにいた。

360 :風と木の名無しさん:2012/12/24(月) 16:22:12 ID:5LOtKuZs0
【名前欄】Sixty-Three 4/5
【メール欄】sage 
【本文】
九がこんなに積極的な一面を持っていたということに内心驚いていたし、
それが自分に向けられるとも思っていなかった。
とにかく予想外な九の行動に彼は戸惑っていた。主導権を握られているようで少し面白くない。
「それは否定できませんね。でも貴方がやってることってこういうことでしょ?
任務中に出会った女性と、その場の雰囲気でベッドを共にする」
「だからって誰とでも寝る訳じゃない」
「……意外と頭固いんですね。まぁ予想はしてたけど」
今度は九が溜息と共に呟いて手を引く。明らかにがっかりされたことに思いの外プライドが
傷付き、七の中の負けず嫌いな部分が頭をもたげ始めた。
「言っておくが、ぼくは君のためを思って――」
「自信がないんですか?ひょっとして」
「……何?」
「こんなもんかって思われるのが怖い?」
薄く笑みを浮かべながら九は言う。こんな子供じみた挑発には乗るまいと平静を装う
七だったが、性分なのか一度火が着いてしまうとなかなか抑えが利かなくなってくる。
同時に、このやけに自信家な特殊装備担当の鼻っ柱を折ってやりたい衝動にも駆られてきた。
知識は七よりも豊富なようだが、経験ではこちらに分があることを身をもって
思い知らせてやりたい。彼に敵わないことを認めさせてやれたら気分が良さそうだ。
彼は同じように笑い返し、逆に九の腕を掴んで身を翻す。一瞬で相手を壁に縫い止めると、
ぐっと顔を寄せて囁いた。
「――あぁ怖いね。君を泣き喚かせて、止めておけばよかったと後悔させるんじゃないかって」

361 :風と木の名無しさん:2012/12/24(月) 16:23:45 ID:5LOtKuZs0
【名前欄】Sixty-Three 5/5
【メール欄】sage 
【本文】
突然立場が逆転して少し驚いたようだったが、それを待っていたと言いたげに九が目を細めて
微笑む。期待と興奮が滲んだその表情には今までに見たことのない色気が漂っていた。
「……そのくらいじゃないと困る。僕を貴方に夢中にさせてくれないと」
出来るんでしょう?と誘ってくる九を拒むべき理由を頭から押し退け、
その生意気な言葉を紡ぐ唇を塞いでやる。
彼はそれを当然のように受け止めるどころか、両手で七の頭を自分の方に引き寄せた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
この後はご想像におまかせしますw
代行者さまどうもありがとうございました。


以上です。よろしくお願いします。

362 :風と木の名無しさん:2012/12/25(火) 13:36:15 ID:pyZa2hew0
すいません、>>357-361行こうとしたんですが、難航してるんで、どなたかバトンタッチお願いします。

1/5だけ、前スレに投下しました。
2/5を新スレに誤爆してしまいました。
2/5から引き続き、前スレにお願いします。

却ってややこしいことをしてしまって申し訳ない。

363 :風と木の名無しさん:2012/12/25(火) 18:36:29 ID:Te+NrjPY0
>>362
投下しましたー

364 :362:2012/12/25(火) 19:38:08 ID:pyZa2hew0
>>363
ありがとうございました!

365 :357:2012/12/25(火) 19:51:42 ID:5+7wfM/M0
>>362-363

お世話になりました。ありがとうございました!

366 :風と木の名無しさん:2013/01/06(日) 12:06:10 ID:4z/kD0VU0
ものの見事に連投規制にかかったので、どなたか代行をお願いいたします・・。

【名前欄】ある食事風景 14/16
【メール欄】sage
【本文】
「だ、だめ、そんなもん挿れられたら、ぼく、しんじゃ……」
弱々しい抵抗の声を聞き入れることなく、交接器が一気に捻じ込まれる。
「ひぅぎイィッ!」
交接器は性急な動きでピストン運動を繰り返し、そのたび富手夫は小さな絶頂を何度も迎えることになった。
触腕たちも富手夫を悦ばそうと、勝手知ったるその身体を隅々まで蹂躙していく。
「あ、あ、あッ……もう、いッ……」
富手夫に一等大きな快楽の波が押し寄せたとき、クトゥルーもその中に己が体液を注ぎ込んだのだった。

367 :風と木の名無しさん:2013/01/06(日) 12:06:48 ID:4z/kD0VU0
【名前欄】ある食事風景 15/16
【メール欄】sage
【本文】
「……僕が怒ってるの、わかるよな? クトゥルー」
柔らかい藻のベッドに身を預けながら、富手夫が凍りつくような眼差しでクトゥルーを見遣った。
「僕は今までに二度、お前に犯り殺されてる。
 事故ってことにしてやってるけどな、生き返らせりゃいいってもんじゃないんだ。
 死ぬってのはあんまり気分のいいことじゃないんだからな」
クトゥルーは頭を垂れながら、数本の触腕で床に「の」の字を書いている。
反省はしているようだが、これが一度二度のことであれば富手夫もそう怒るまい。
「お前が同じことを繰り返すつもりなら、僕はもう我慢できない。出て行く」
富手夫はそう言うと、ふらふらとベッドから立ち上がった。
覚束ない足取りで歩きだそうとしたのを、クトゥルーが慌てた様子で触腕を伸ばして制止する。

368 :風と木の名無しさん:2013/01/06(日) 12:07:13 ID:4z/kD0VU0
【名前欄】ある食事風景 16/16
【メール欄】sage
【本文】
ただ触れていいのか判断がつかないのか、触腕は富手夫の周囲30センチメートルくらいのところを
所在無げにうねうねと彷徨っていた。
まるでいたずらした子犬のようだ。見かけは、かなり違っているものの。
そんな旧支配者の情けない姿を見て、いくらか溜飲が下がったようだ。
富手夫はわざとらしく溜息をひとつ吐くと、鋭い眼光でクトゥルーを睨みつけた。
「……アオミノウミウシ獲ってきたら、赦してやらないこともない」
ほとんど赦しに近い言葉を得て、クトゥルーはその円らな瞳を富手夫に向ける。
富手夫が少しだけ表情を和らげたのを認めると、触腕を富手夫に巻きつけ、大事そうに抱きかかえた。
そしてその身を抱いたまま玉座に横たわり、愛しげに眼を細めたのだった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

増エロよクトゥルフもの!

369 :風と木の名無しさん:2013/01/06(日) 12:12:04 ID:4z/kD0VU0
以上です。
大変お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

370 :風と木の名無しさん:2013/01/06(日) 12:33:06 ID:4z/kD0VU0
>>366-368
すみません。書き込めました。
スレ汚し失礼いたしました。

371 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:47:52 ID:vNRMoeV60
失礼します。規制のため投下代行をお願いします。

【名前欄】元分析官の災難(後編) 1/9
【メール欄】sage 
【本文】
半生注意。洋画「三ッツョン淫ポッツブル:幽霊プ口卜コル」部ラン卜受け。 
本番はないですが、イ一サソ×部ラン卜でお口とお触りあります。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

その時、どこからか携帯のアラームのような音が聞こえてきた。僕のは電源を切ってあるから、
多分彼のだろう。だが彼はその音を認識した途端に血相を変えてベッドから飛び降りた。
「っ…?」
突然の変化に戸惑いつつもどうにか様子を窺ってみる。彼は携帯端末を取り出して
何か操作していたけど、上手くいかなかったのか「くそっ!」と吐き捨てて部屋を
出て行ってしまった。
「…へ……?」
あっという間に一人残されてしまった僕は呆然と固まるしかなかった。
まるでついさっきまで夢を見てたみたいだ。とりあえず胸をはだけて下半身を
しっかり反応させてるのは一旦置いといて、ぼんやりと頭を回転させてみる。
――何があったんだろう…あの慌て様はただごとじゃなさそうだぞ。
まさか、バレた…!?
「ぅ、く…っ!!」
すぐにその考えが頭に浮かび、もう居ても立ってもいられなくなってくる。
何で僕はこんなところで寝転がってるんだ!彼を足止めするのが僕の役目のはずだろう?
早く後を追わないと!
でもそんな気持ちだけで急に動けるようになるはずもなく、ギリギリまで追い詰められた熱が
あっさりと引くわけもなく。弛緩しきった身体は全然言うことを聞かないし、
やっとの思いで寝返りを打ってみたらその刺激だけで下が爆発しそうになった。

372 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:49:18 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 2/9
【メール欄】sage 
【本文】
これでも一応エージェントだ。現場に自分の身元を割り出されるようなものを残すなんて
バカな真似だけはしないぞ。血液ならまだしも、精液なんて…ホント冗談抜きであり得ないって…!!
「っ――…っはぁ、ぅあ…!」
どうしよう……このままじゃ本当に身動きが取れない。
ひとまず下半身の問題をどうにかしないことには……でもこのベッドのシーツに出したら
後始末が大変だし、第一そんなことしてる時間がない。
「……んぐっ!…っ、ふっ…!」
とりあえず僕はうっかり出してしまわないように自分のモノの根元をキツく握り締めた。
思わず声を漏らしてしまい、ゆっくりと息を吐きながら震えた身体を落ち着かせる。
でもそれがマズかった。
「ぁっ…あ、駄目、だ……ヤバいっ…」
自分で直接触れたことで、限界だった身体が熱を解放しようと勝手に手を動かしてしまう。
止めたいのに止められない。さっきとはまた違う意味で身体が言うことを聞かなくて、
焦れば焦るほど追い詰められていく。
「はぁっ、はぁっ、うぅ…っ!!」
――もう出したい。楽になりたい。
――いや、駄目だ!絶対に何も残すんじゃない!
どうする?どうすればいい?っていうかどうにかなるのかコレ…?
(あぁもう…マジで誰か助けて…!!)
「…っ、っっ!ん――…」
腰の辺りにジンジンとした疼きが集まってきて、背筋を走る快感が遂に脳天に達しようとした時だった。
「部ラン卜!!」
「っっ!?」
思いがけない声と共に誰かが部屋に駆け込んでくる。その人物はあられもない僕の姿を見て
目を丸くしたけど、すぐに視線を逸らしてくれた。
「…大丈夫か?」
「……イ一、サソ…?」

373 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:50:33 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 3/9
【メール欄】sage 
【本文】
――何でここにイ一サソがいるんだ?侵入がバレたんじゃなかったのか?
それにミッションは?他の皆は?
混乱した頭の中には疑問ばかりが浮かんでくる。お陰で自分の格好を思い出すのに
時間がかかったけど、思い出したところで余計にパニックになるだけだった。
「……あ…これは…っその」
「心配するな。大体事情はわかる」
「…え?」
「薬を盛られたんだろう?僕も同じ目に遭いかけたことがあるんだ」
駆け寄ってきたイ一サソは僕を慰めるように笑いかけてくれた。でも今の僕にはそれさえも
興奮の糧になってしまって、まるで欲情してるような目で彼を見つめ返してしまう。
「…部ラン卜?」
「は…っ、イ一サ……僕、もぅ…!」
僕の様子にイ一サソが戸惑ってるのがわかった。いくらおかしくなってるとはいえ、
チームメイトに色目を使っている事実に死にたくなるくらいの自己嫌悪を覚える。
――こんなはずじゃなかった。こんな姿見られたくなかった。
あまりにも情けなさ過ぎる自分の現状に、とうとう溜まっていた涙が零れ落ちる。
それさえも耐え難くてぎゅっと目を瞑った。
「…う……っ見ないで、くれ………お願いだ…っ!」
最悪だ。それ以外の言葉が見つからないくらい最悪だ。
できることなら今すぐここから消えたい…
「……部ラン卜。君が辛いなら、今から起こることは忘れるんだ。僕も無かったことにする」
「………?」
「こんなことするのは初めてだけど、応急処置だからな。頼むから蹴飛ばすなよ」
急に妙なことを言い出した彼の行動を視界の端で追いかける。イ一サソは一旦身を離して
僕の足元に回ると、閉じている脚の間に手を滑り込ませた。

374 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:51:46 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 4/9
【メール欄】sage 
【本文】
「え、な…?」
「…っすまない!」
「――――っっ!!?」
一言謝って、イ一サソが僕のモノを口に含んだ。まさかそんなという驚きと
待ち侘びた刺激が一度に襲い掛かってきて息が止まってしまう。
どけられた手で思わずイ一サソの頭を掴むと、そこからどうしようもなくて
つい髪をぐしゃぐしゃにしてしまった。
「っは、ウソ、っだ…そんなっこと…っあ!」
「ん…っ!」
彼は容赦なく頭を動かして僕を絶頂へと導く。イ一サソへの罪悪感が凄くあったけど、
もうとっくに限界を超えてたこともあってだんだん快感以外のことが何もわからなくなっていく。
このままじゃイ一サソの口の中に――そう思った瞬間ゾクンと全身が震えた。
「だめ、ぁ、あ、あ―――っひ、うぅっ!!!」
「――っ!!」
遂に僕は身体中を巡っていた熱を思いっきり吐き出した。ずっと我慢してた分いつもより
強烈な開放感に脳を揺らされて、半分くらい意識が飛んでたと思う。
しばらくして頭を上げたイ一サソは少し顔を顰めていた。
「は………あ、わ、イ一サソ……まさか…飲んだ、のか?」
「っ…気にするな。それより、少しは楽になったか?」
確かに身体は楽になったけど頭の中は余計苦しかった。
信じられない。信じたくない。受け止められない。僕は彼になんてことを…!!
一体イ一サソにどれだけ迷惑をかければ気が済むんだ?
こんなんじゃ、僕は彼のチームにいる資格なんてない…!
「………本当に…すまない……」
もう顔も上げられなくて、俯いたままそれだけをやっと呟いた。もう死にたい。
もそもそと衣服を整える間僕も彼もずっと黙っていたけど、ふとイ一サソが口を開く。

375 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:53:04 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 5/9
【メール欄】sage 
【本文】
「…これは僕の責任でもある」
「……え?」
「君にターゲットの足止めをさせたのは僕だ。こうなることは予測できたはずなのに、
君を行かせた。僕のせいだ」
「そんな、君が謝ることじゃ…」
「君を失いたくないんだ。もう誰も失いたくない」
イ一サソは何かを思い出したように苦しそうな顔をしていた。
思えば、彼は何人も仲間を失っていたんだ。愛する人を奪われたことも、失くしかけたことも――
その中に僕も入ってるっていうことは正直嬉しかった。でも僕の中の罪悪感はそう簡単には
消えそうにない。僕はぎこちなく笑い返して首を振った。
「……僕にそんな価値はないと思うよ」
「それはこっちが決めることだ。さぁ、そろそろここを離れよう」
イ一サソは軽く微笑んでそう促す。僕は頷いて放りやられていたスーツの上着を掴み、
豪華な客室から足早に走り去った。

屋敷を出る道中で、ターゲットが飛び出していったのは会社のサーバーがハッキングを
受けたという偽の警報をベンヅーが送ったからということと任務は無事成功してヅェーソと
ベンヅ一は既に脱出していること、そしてなぜか連絡がつかない僕を心配して
イ一サソが救出に来たということを聞かされた。
用意されていた車に飛び乗ると、イ一サソが急発進させて敷地から飛び出す。
ターゲットの部下達が後を追ってくる気配もなさそうなことを確信すると、
緊張感から解放されてほっと溜息が漏れた。
「はぁ……もう大丈夫だよな…」
「あぁ。任務完了だ」
「二人とはどこかで落ち合うのか?」
「明日午前10時に空港で合流することになってる」

376 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:54:05 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 6/9
【メール欄】sage 
【本文】
「そうか…良かった……それじゃあ、僕をどこかその辺の…ホテルにでも下ろしてくれ」
「何でだ?このまま隠れ家まで戻ればいい」
「…それは…」
その先を言えない僕は居心地悪く身を縮こまらせる。
だって言えるわけないじゃないか!
実は飲まされた薬の効果が切れてなくて、さっきからまた身体が疼いてきてるなんて…!
安心して気が緩んだせいか、さっきより歯止めが利かないような…
「っ……疲れたから…横に、なりたくて…」
「…どうした?」
「ふっ…ぅ……何でも、ない…っよ…」
喋るだけで全身がゾクゾクする。身体が熱くて身動きが取れない。
頭もクラクラしてきて、気付いた時にはすっかり息が上がっていた。
「何でもない、からっ……早、く…下ろして…っ」
「部ラン卜?もしかしてさっきの薬か?」
「はぁっ…早くっ……もう、ヤバいっ…!」
僕は下半身をぎゅっと押さえつけてどうにか堪えようとした。また硬くなってるのが
わかって、それが余計に僕を煽ってしまう。
そんな僕の様子を心配しながらイ一サソは何かを探すように車を走らせる。
運悪くその辺には宿泊施設がほとんどなくて、仕方なく偶然目についた立体駐車場に入った。
夜遅いこともあって人気が少ないのは幸いだった。中でも人目につかなそうなエリアに
車を止めてイ一サソが運転席を出る。そして助手席のドアを開けると再び僕の身体に
手を伸ばした。
「っ、だめだ!」
僕は身を捩ってその手を避けた。またさっきみたいなことをイ一サソに
させるわけにはいかない。
「自分で…どうにか、するから…っ」
「いいから。そのままじゃ辛いだろ?」

377 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:55:17 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 7/9
【メール欄】sage 
【本文】
「だって…!君に、二度もっ…そんな真似させられない…っ!!」
「部ラン卜」
「っ…!」
急に顔を引き寄せられてがっちり視線がぶつかる。宥めるような柔らかい表情で
イ一サソが僕を見つめていた。
「僕がそうしたいんだ。君が気に病むことはない」
「え…」
「妻の件のせいで君を長く苦しませた。これはその罪滅ぼしだと思ってくれ」
その言葉の後に、イ一サソが僕の額に軽くキスをした。
(なっ…!!?)
ビックリして一瞬固まった隙にイ一サソの手が中に入ってくる。立ち上がっていたそれを
ゆっくりと撫でるように上下に扱かれて、僕はもうそれ以上の抵抗ができなかった。
「ぅあっ!は、ぁっ、んんぅ…!」
それでも最後の意地のつもりで両手で口を塞ぐ。そうでもしないとみっともなく
声を上げてイッてしまいそうで、恥ずかしくて堪らなかった。
「っ、ん!―――っっ!!」
…と思ったそばから呆気なくまた射精してしまう。でも今度は全然熱が引かなくて、
かえって身体中が敏感になってしまったような感じがした。
自分で声を抑えてることに陶酔する。イ一サソが僕を心配そうに見てることに背筋が震える。
こんな薄暗いところに二人きりでいるということにまで興奮してしまう。
ここまで快楽に溺れたことがない僕は、このまま元に戻れなくなるんじゃないかと
不意に怖くなった。
「……っはあっ!!っあ、あ、ぅっ…!!」
「大丈夫だ…落ち着け部ラン卜。ゆっくり息をするんだ」
「イ…サソ、っ、助けて…くれっ、もう……苦しい…っ!!」
「あぁ、助けてやる。僕を信じろ」
「ぅんっ…!んっ……ぁ!は、っあぁ、またっ…!!」

378 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:56:20 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 8/9
【メール欄】sage 
【本文】
せり上がるような快感に僕は悲鳴を上げて彼にしがみ付く。そんな僕をイ一サソは
優しく抱き止めてくれた。イ一サソの声や体温をすぐそばに感じていると、不安や恐怖が
和らいでいくような気がして安心できる。完全に薬の成分が抜けるまでは少し時間が
かかったけど、身体が落ち着く頃には何だか心のモヤモヤまですっかり晴れたような
気分だった。
「……酷いところを見せちゃったな…」
「仕方ないさ。あまり気にするな」
「そう言ってもらえると助かるよ……本当に君には迷惑かけてばかりだ」
今回の任務のために用意した隠れ家に戻る車中で僕は溜息をついた。
「部ラン卜…もうこの話は終わりにしないか?僕にも落ち度はあったんだし」
「そうは言われても、あんなことしてもらったらやっぱり意識するよ」
「あれは応急処置だ。傷の手当てをしてもらったのと同じさ」
そう思えば気が楽になるだろ?とイ一サソが笑いかける。つられて僕も思わず笑ってしまった。
――やっぱりイ一サソには敵わない。僕はまだまだ修行が足りないな。
「…それじゃあ、君が同じ目に遭った時は僕が手当てをするよ」
「それは頼もしいな」
「……なぁイ一サソ」
「何だ?」
「僕は、君のチームにいていいんだよな…?」
どうしても聞いておきたかった。
例の件の真相を聞かされた時、僕は心の底からほっとした。それこそへたり込んでしまうほどに。
でも彼への負い目はしばらく僕の中から消えなくて、まだどこか信頼されてないし、
僕もできてないんじゃないかという疑念があった。

379 :風と木の名無しさん:2013/01/12(土) 22:57:30 ID:vNRMoeV60
【名前欄】元分析官の災難(後編) 9/9
【メール欄】sage 
【本文】
「君はもう大事なチームの一員だ。これからも一緒にいてほしいと思ってるよ」
そう答えてくれた彼の言葉と眼差しは、そんな思いを全部かき消してくれるように眩しかった。
「…ありがとう」
嬉しすぎて泣けてきそうだ。これでまた一歩踏み出せたような気がする。
今回のミッションは本当に災難続きだった。まさかあんな冗談が現実になるなんて
思ってもなかったけど、お陰でイ一サソとの関係が良い方に転がったみたいだし、
結果オーライってことにしてもいいかな。
「あー…さっきのことベンヅ一が知ったら絶対からかうよな」
「それなんだが、実は通信を切ってなくて…」
「え!?」
「ハハッ。冗談だよ」
「……やめてくれよ…心臓に悪い…」
本気で胸を撫で下ろす僕を見てイ一サソが面白がっているのがわかる。
こうして他愛ないやりとりができることに喜びを感じている自分が何だかおかしかった。
でもしばらくは、迂闊に冗談を言わないように気をつけよう…

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
時間かかった割にはパッとしなかったかもしれませんが、楽しんでいただけると嬉しいです。
感想くださった方、支援者さま、代行者さま、どうもありがとうございました!


以上です。長いですがよろしくお願いします。

380 :風と木の名無しさん:2013/01/15(火) 09:03:04 ID:u/4NnOAE0
>>371
3まで投稿したのですが、連投規制に引っ掛かってしまいました。
どなたか4からお願いいたします。
ややこしくしてしまって申し訳ありません。

381 :風と木の名無しさん:2013/01/15(火) 09:25:02 ID:+YxG/3jA0
>>380
続きいきましたが、やはり3回で規制…orz
どなたか、7からお願いします。

382 :風と木の名無しさん:2013/01/15(火) 09:36:26 ID:u/4NnOAE0
>>381
ありがとうございます。
先程また続きいきましたが、8まで投下してまた引っ掛かってしまいました。
どなたか9の投稿をよろしくお願いいたします。

383 :風と木の名無しさん:2013/01/15(火) 12:02:40 ID:+YxG/3jA0
>>382
投下完了です。

384 :379:2013/01/15(火) 12:50:18 ID:z8AHWNJE0
>>380-383
大変お手数をお掛けしたようで申し訳ありません。
どうもありがとうございました!

385 :風と木の名無しさん:2013/01/31(木) 21:29:43 ID:tScIbeuo0
【名前欄】キシの性 1/8-8/8
【メール欄】sage
【本文】 http://morara.kazeki.net/upload/img/095.txt

どなたか代行をお願い出来ますでしょうか。
お手数おかけしますが宜しくお願いします。

386 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 06:12:29 ID:x1US5q3w0
「nameless」投稿中だったものです。
385の方の合間にと思っていたのですが、見事に規制に引っ掛かってしまいました。
ややこしくしてしまって済みません。
申し訳ありませんがどなたか代行をお願いいたします。
予定通りの前半6/12まで投稿します。

【名前欄】nameless 3/12
【メール欄】sage
【本文】
長く息をつく気配がした。
うつむいたまま、「あんたは本当に毒蛇みたいだ」ぼんやりとした声で彼が言った。
やはり酔っているのか、勢いなのか、自棄なのか?
ゆっくりと彼は顔を上げた。とろんとした目が見上げている。
「毒が回る」
ゆらりと彼の身体が前に崩れ、思わず抱きかかえていた。
[っ……」俺はぐい、と身体を押し返す。
「……悪い」彼は緩慢な動作で座り直そうとしている。
だが、俺の中に残された熱は消えそうになかった。
手に残った彼の体の感触が、キスの熱が。

こんなたわいないことで火がついてしまうものなのか?
俺は自分の行動を怪しんだ。まるで別人のように体は行動を続けていく。
俺も確かに酒が入ってはいた。かといって酔っているというほどではなかったはずだ。
量も、体調も。
だが、確かに理性を狂わせる何かが……
激しく唇を合わせながら、俺は彼の腕を掴んで引きずっていき、体をベッドへ押し付けていた。
貪るように舌を絡めると、柔らかな舌の感触が心地いい。
歯列をなぞり、舌先で口内を辿り、反応のあった部分を執拗に追い詰めていく。
息は激しくなる。
時折、切ないような彼の吐息が漏れるのを聞きながら、俺は引き返せない自分に少しの焦りを覚えている。
頭の上で押さえた彼の右腕は、抵抗の感触を残しながらもそれ以上の力は見せないように思えた。
そのまま強引に彼のシャツをたくし上げる。
「――!」
胸をあらわにする動きを止めようとしたのか、彼は自由の利く片腕で俺の肩を掴むが、やはり力は弱い。
毒だと言われた。
押し倒されたまま深いキスを受け、満足な抵抗もできない彼は、今も毒に侵されているというのだろうか。
では、俺は?何故止まろうとしないんだろう。
両の腕の抵抗を抑えながらシャツを頭上にまでずらし、拘束するように引っかけた。
一つにまとまった腕に用心しながら、あらわになった胸を、腹筋の起伏を撫でまわしていく。

387 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 06:19:31 ID:x1US5q3w0
【名前欄】nameless 4/12
【メール欄】sage
【本文】
かすかに漂う粉っぽい甘い香りは日焼け止めのものだろうか。
今までになく間近の視界では、白い肌にかすかなそばかすや傷跡、打撲の跡が目につく。
それでも見なれた肌はやはり驚くほどに白く、筋肉の十分ついた胸板はそれでいて柔らかい。
喉の奥からくぐもった低い呻きが伝わり、俺は唇をようやく離した。
「……ふ、ぁ……っ」籠る快感の響き。
酔いのせいでもあろうが、ただこれだけでも、耐えきれずに甘い声を漏らすほど敏感な体を今まで持て余していたのか。
愛されて抱かれたいと、果たされない想いを抱えて?
止まるどころか、存分に可愛がってやりたいという思いが浮かんだ。
抜けるように白い肌同様に色素の薄いピンク色の乳首を指先で軽くいじってやる。
身体がびくりと震え、ぎゅ、と目を閉じ唇を噛んで耐えているのがわかる。
指を止めずにもう片方をゆっくりと吸うと、たわいなく鳴き声が上がる。
「……あぁ……」
良い声だった。
もっと鳴かせたくなった。
尖らせた舌で、つんと固くなった突起の先端を何度も弾くようになぞっていくと、彼は身を強張らせて息を弾ませた。
声を抑えようとしている。もっと追いつめたい。
もう一方を指で弾き、時折つまんで捏ねるように刺激を与える。
合わせるように、唇で挟み込んでねっとりと舌で包むようにしゃぶる。
「はぁあ……っ」
耐えきれずに上がった声を恥じるように眉間に皺を寄せて頭を振る彼の姿。
セットの崩れた赤い髪が乱れる。
構わずに愛撫をつづけた。
どんなに声を抑えても、激しくなった呼吸に快感の陰は消えない。
哀れな生贄をいたぶる様な気持ちが止められない。
俺はエスカレートしていく行動を自覚しながらも、彼の下肢へ手を伸ばす。
ウェアのウエストを引き下げようとするとさすがに抵抗が強くなる。腕を抑える力を強めて布の上から彼の熱を探った。
既に高まっていることは分かっていた。
上からさするようにすれば、びくんと体が跳ねて明らかな反応が返る。
「……っ……」
上がりそうになる声を耐えるのに比して抵抗は緩み、俺は素早く衣服を引き下げ、緩く震えるものを探って手の中に包んだ。
熱い。

388 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 06:25:56 ID:x1US5q3w0
【名前欄】nameless 5/12
【メール欄】sage
【本文】
「な……!」
さすがに驚きの声が上がったが、それは、みるみるうちに俺の手の中で熱と質量を増していった。
ほの白く、血の色を透かして薄赤い、明らかな快感の表れ。
彼は自らの腕に口元を押し付けて耐えているようだった。
確実に固くなっていくそれを、俺は手で柔らかくさすっていく。
抑えられた口元からの激しい息遣いの中に小さいうめき声が混じり、彼は体を震わせる。
面白くなくて俺は彼の腕の拘束を解いた。
直ぐに声を抑えようとするのを許さず両腕をベッドへ押し付けると、振り払う気配も見せず彼はただシーツに指を食いこませた。
「は…ぁ…あ…」
漏れた吐息は確かな快感の響きだった。

跡の残りやすい体だ。
白すぎる肌は誰よりもはっきりと肉体のダメージを露呈する。
誰もが傷つき打撲を負っているとわかり切っていても、彼だけが特に目を引くのはそのせいだ。
胸元へ吸い付いた跡が、思っていたよりも鮮やかな色に変わっていくのを見て俺は少しためらった。
明らかにキスマークとわかるものを残すわけにはいかない。
今、彼の白い裸身は行為の熱によって上気し、色を変えつつあった。
息を荒げ血を滾らせる試合で見られる姿とは似たようでいてまた違う。
頬は紅潮して表情は艶を帯びて。
俺の行為で変わっていく姿に……魅せられるような思いだった。
できるものなら、全身へ激しくキスして、噛みついて、感覚の上にもその体の上にもおびただしい俺の跡をつけてしまいたくなった。
何故か、そう思っていた。
だが。
思えばずっと、彼の目は閉じられていた。
気に入らなかった。
おかしいと、うっすらと気付いてはいた。
あれほどまでに荒れていた彼が、強く抗うことなく、愛撫に応えていった理由。
おそらくは、俺の愛撫に想う男を重ねて……


389 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 06:31:52 ID:x1US5q3w0
【名前欄】nameless 6/12
【メール欄】sage
【本文】
激しい息遣いも、どんどん甘くなっていく声も、震える体も、その閉じた目の中では違う男のためのものなのか。
気にするつもりはなかった。
叶わない相手に恋をして抱かれたいと思っている、それが彼だ。その相手はもちろん、俺じゃない。
最初からわかり切っていることじゃないかと理性が言う。
何もかもわかったうえで、それでいて行為を止められない自分ではないか?
だが、気に入らなかった。
すでに薄ピンク色に染まった白い体はどこまでも正直で、その色は俺が着けた色なのに。
誰を想っていようと、その色は俺のものだ。

「お前の体は正直だな」
身を離し、考えるよりも先に声が出ていた。
下で彼の体がびくりと震えた。
とろけていた表情が眉を寄せ、辛そうな姿を作る。
やはり……俺の存在をその意識の下から閉め出していたのか?
もっと聞かせてやる。思い描きたい男の声ではないものを。
「全身赤くなって、気持ちいいんだな?そこらじゅう触られて、感じて、お前はずいぶん敏感だ」
「っ……」息を詰め、より苦しげに目を閉じている。
俺は厚い胸板に手を滑らせる。
「随分もったいない。こんないい体に触れないまま、知らずにいるのは」
「やめろ……」身じろぎして、胸に置いた俺の手を弱弱しくつかむ。
まだ目は閉じたままだ。
夢を壊された今、俺は望まない行為を押し付ける邪魔者というわけか?
それとも、ただ黙って代替物になれと?
だめだ。解放してやれない。


[][] PAUSE ピッ ◇⊂(・∀・;)チョット チュウダーン!

明日深夜にでも再トライします。
かなり連投規制がシビアのようなので再度代行スレのお世話になるかもしれません。
お世話をおかけします、ありがとうございました。

390 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 14:20:38 ID:hxfYgYqE0
>>386
こっちの作品から投下代行しますよー
自分も3レスで引っかかるので、続きはどなたかお願いします!


391 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 14:30:20 ID:pNL5FIiY0
代行かぶっちゃった!申し訳ない
続き投下できるかやってみるよ

392 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 14:34:38 ID:pNL5FIiY0
>>386 >>390
6/12投下代行しました。3/12がダブる事態になってしまって申し訳ないです

393 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 14:45:08 ID:hxfYgYqE0
>>392
乙です!
382もぼちぼち代行するので、リロードしつつ他の方もよろしくお願いします。

394 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 15:41:57 ID:zvWF2tmI0
>>382 >>393
4/4代行しました。

395 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 15:56:07 ID:hxfYgYqE0
>>394
乙です!
3レス以降に無理すると、BL載っちゃうのね。皆様も気を付けてねー

396 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 17:42:37 ID:8KZNyeV+0
【名前欄】睦月のたのしみ前編 1-7/7
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/096.txthttp://morara.kazeki.net/upload/img/096.txt

規制厳しいですね…代行お願いいたします

397 :風と木の名無しさん:2013/02/03(日) 17:49:03 ID:chCPDqwY0
なぜかURLを二度コピーしてしまいました
正しくはhttp://morara.kazeki.net/upload/img/096.txtです
不手際ですみません

398 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 02:52:58 ID:ibGgj6ds0
アクセス規制のため、半分で投稿不可能になるというなんともアホなことに…
お手数ですが、投下代行お願いいたします。
【名前欄】はごろも3/4
【メール欄】sage
【本文】

こんな時に限って神は怒濤のようにいたずらを仕掛けてくる。
同チームでツートップ。必殺技以外のシュートは得点が無効というルールを引っさげ、ミニゲームは幕を開けた。

点を取ったらその時点でゲームセット。極めてシンプルなルールのもとでは、展開はしばしば熾烈を極める。
特に、常に目を引く活躍を見せる者には人海戦術といえばいいのか、マークがきつい。
なかなかゴールへの道筋が書けない。意思疎通がストレスなくできるフォワードがいれば、と現実逃避が頭をよぎった頃。

「白竜!こっちだ」

停滞を剣が切り裂いたかのようだった。頭はからだよりも鈍かった。
戸惑いながらの蹴りをあらわすかのように勢いを持たずに浮いたボールはそれでも目的地へと着いた。
「おまえも上がれ!」
あまりにも予想しなかった展開に、周囲も頭が置いてけぼりを喰らったようであった。
いつも反目していた「あのふたり」が。
共鳴している。同じ次元で、同じ世界を共有していた。
今、この瞬間同じものを見、同じものを考えている。この瞬間、だけ。
翼が生えるとはこんな気分なのだろうか。自由に空を飛ぶとはこんな心地だろうか。
地を蹴ったのは同時だった。
白・黒。ふたつの渦が回転し、激しく周囲を巻き込んでゆく。
空に残っていた雲すら吹き飛ばせるのではと思った。

ゴールネットが揺れた瞬間、自分が地に戻った事を知った。
一瞬襲う絶望。そしてそれを踏襲する歓喜。
普段は競争相手としてしか互いを見ていなかったチームメイトが駆け寄ってくる。
一番、反応を見たい相手を探した。


399 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 02:54:00 ID:ibGgj6ds0
アクセス規制のため、半分で投稿不可能になるというなんともアホなことに…
お手数ですが、投下代行お願いいたします。
【名前欄】はごろも3/4
【メール欄】sage
【本文】

こんな時に限って神は怒濤のようにいたずらを仕掛けてくる。
同チームでツートップ。必殺技以外のシュートは得点が無効というルールを引っさげ、ミニゲームは幕を開けた。

点を取ったらその時点でゲームセット。極めてシンプルなルールのもとでは、展開はしばしば熾烈を極める。
特に、常に目を引く活躍を見せる者には人海戦術といえばいいのか、マークがきつい。
なかなかゴールへの道筋が書けない。意思疎通がストレスなくできるフォワードがいれば、と現実逃避が頭をよぎった頃。

「白竜!こっちだ」

停滞を剣が切り裂いたかのようだった。頭はからだよりも鈍かった。
戸惑いながらの蹴りをあらわすかのように勢いを持たずに浮いたボールはそれでも目的地へと着いた。
「おまえも上がれ!」
あまりにも予想しなかった展開に、周囲も頭が置いてけぼりを喰らったようであった。
いつも反目していた「あのふたり」が。
共鳴している。同じ次元で、同じ世界を共有していた。
今、この瞬間同じものを見、同じものを考えている。この瞬間、だけ。
翼が生えるとはこんな気分なのだろうか。自由に空を飛ぶとはこんな心地だろうか。
地を蹴ったのは同時だった。
白・黒。ふたつの渦が回転し、激しく周囲を巻き込んでゆく。
空に残っていた雲すら吹き飛ばせるのではと思った。

ゴールネットが揺れた瞬間、自分が地に戻った事を知った。
一瞬襲う絶望。そしてそれを踏襲する歓喜。
普段は競争相手としてしか互いを見ていなかったチームメイトが駆け寄ってくる。
一番、反応を見たい相手を探した。


400 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 02:55:46 ID:ibGgj6ds0
申し訳ありません、不手際で二重投稿してしまいました。
お目汚し失礼いたします。

401 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 02:57:52 ID:ibGgj6ds0
【名前欄】はごろも4/4
【メール欄】sage
【本文】

どうやら真顔に戻るところを、一瞬だけ早くとらえたらしい。
あんなにやわらかい表情を初めて見た。あどけなさとは、嶮の鎧に隠されていた。
こちらの動揺に気がついたのか、あいつはすぐに挑むような、
だが仇ではなく好敵手を見る目で強い視線を投げかける。
『また、この瞬間を』
もういちど、共有できたらいい―。
それが伝わったかどうかはわからないが、心が融和したあの一瞬を、忘れることはない。そう思っても許される気がした。

互いに立場というものがあるのだ。視線を逸らす。
雨上がりの青を刷いた空には、風に吹かれる衣のように虹がうっすらと掛かっていた。

夜。気分の高ぶりが収まらないまま、逸るからだを布団に押し込めて。
明日はなんて声をかけようか。どんなプレイをしようか。
昼間に浮かんだ言の葉が闇を舞う。


その夜、剣城はゴッドエデンを出奔した―。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

402 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 03:46:04 ID:hUa/Hfl+0
386です。
代行してくださった方々ありがとうございました!
本当にうれしかったです。
予想外に今日はパソコンを長く使えなくなってしまったので続きはまた日を改めようと思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ないです。

403 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 09:04:29 ID:RKewccEo0
>>391-401
投下完了です

404 :風と木の名無しさん:2013/02/04(月) 20:41:53 ID:qkBZR+nM0
>>397 まだ代行されてませんね
とはいえ7分割だと一人じゃ無理なので、22時ごろまでに
協力してくれる方が現れれば代行します

405 :385:2013/02/04(月) 21:07:15 ID:cDHtG0Jc0
代行ありがとうございます!
本当に助かりました。

406 :398:2013/02/05(火) 02:13:36 ID:2sx4Vj2g0
代行ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

407 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 03:25:21 ID:Gdhea32s0
かなり厳しいようなのでまたこちらでお世話になります。
長ったらしくて済みません。
大変お世話をおかけいたしますが、代行宜しくお願いいたします。

【名前欄】nameless 7/12
【メール欄】sage
【本文】
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ツヅキ オオクリシマース!
俺は最も敏感な部分へもう一度触れる。
「んっ」油断していたのか一瞬高く声が上がった。
上気した色に染まった肌はそれでも白く、汗で艶を帯びて発光するようだ。
「ダメ、だ、なんで…」苦しげな息遣いから、精一杯に出す途切れ途切れの言葉が聞こえる。
「何だ?」
ゆっくりと彼の熱を高めていく。
彼は一瞬呼吸を引いて大きく震えた。
「これはダメじゃないよな。いい反応だ」
勢いを失い始めていたものがまた強く脈打ち始める。面白いほどだ。
ああ……ダメだ。
彼が快感に逆らえなくなり始めていることは明らかだ。
それと一緒にわかったことがある。
さっきまでは、彼が逆上し拒絶してこの場を去ってしまっても、嘲笑って済ませる余裕があると心のどこかで思っていた気がする。
だが、俺が、ダメだ。
もう止まれない。
欲しい。
「俺は……お前を抱く」無意識に出た言葉は、さっきまでとまるで違ったあけすけなものだった。
俺と彼、どっちがより驚いただろう。
だがもう戸惑う間もなかった。俺は素早く彼を抱きすくめて飢えたように唇を奪った。
今までのように彼の反応を楽しむ余裕もなく、一方的に舌をねじ込んで、貪る。
抵抗させたくない。溺れさせたい。
このまま続けられるならもう、身代わりでも構わない。
短い間なのにすっかり変わってしまった自分の思考に苦笑いが出る。どうしたんだ俺は。
汗ばんだ体は仕事の上で何度も見ているのに、やはりまるで違う。
これほどまでに扇情的だと感じたことはなかった。
乱れて額に張り付いた赤毛も、死骸のようだとさえ思っていた白すぎる肌の色も、残像を残すかのようにやけに意識を奪う。
唇を離すころには、再び彼の身体は激しい口づけと柔らかな愛撫に溶けていた。
「抱くぞ」
俺は彼の濡れた口ひげを指でなぞりながら、そのどこか恍惚とした表情へ静かに囁いた。


408 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 03:38:56 ID:Gdhea32s0
【名前欄】nameless 8/12
【メール欄】sage
【本文】

快楽に負けたのか、脳裏で好きな男との幻想を見続けようとしているのか。
激しいキスの後の彼は至って従順だった。
その見事な太腿を広げて俺がその間に割り込んでも、彼は目を閉じ弾む息を漏らしながらされるがままになっていた。
俺はオイルを指に垂らした。
今までに経験がないわけじゃないが、こんな成り行きは初めてだった。
どこまでも白い肌の奥へ俺は濡れた指を進め、彼の入口を探る。
触れるとさすがに体中が動揺する気配があったが、構わずに指先を押し入れた。
「……!」息を詰める声が響いた。
反射的に逃げる腰を強引に引き寄せ、俺はオイルの滑りを借りてゆっくりと指を進めて行った。
予想通りに相当狭く、きつい感触で内壁が俺の指を圧迫する。
あくまでも慎重に中を探るようにすると、徐々に震える肉が緩む様子を伝えてきた、
内部はぎこちなくきついままながら、思った以上にすんなり二本目の指を受け入れ、びくびくと身体が震えはじめた。
明らかに男との経験はない、少なくとも内部を貫かれたことはないだろうと感じられる反応と状態なのに、不思議になじんでいく様子だ。
これはやはり、おそらくは、誰かを想いながら、自ら……
「自分でヤるのはイイのか?」
俺は自分の発した冷たい声を聞いた。
「ちが……!」
反射的な驚きの声が、事実を俺に感じさせた。
一度は引っ込めた嗜虐心が再燃するように、俺は続けた。
「違わないな。それとも……今まで何人と?」
立ち上がって先端を濡らし始めたものを指で弾いてやる。
彼は慌てた様に緩く首を左右に振り、切れ切れに言葉を作った。
「いな、い、あんたが、変なんだ……」
眉を寄せて困惑した表情が、耳まで赤くなって羞恥心を示す。
変か。そうだな、今の俺はおかしい。
苦笑いせずにはいられなかった。苛立ちに似た感情は去っていた。
「お前も変だ、正直な奴」

409 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 03:46:15 ID:Gdhea32s0
【名前欄】nameless 9/12
【メール欄】sage
【本文】
時間をかけて3本の指でゆっくりと押し広げるように反応を見る。
時折胸や腰や背に愛撫を与えると、彼のものは自らの腹に付きそうなほどにまで高まっていった。
指を引き抜くと彼の体はひくりと跳ねた。やはり良い反応だ。
肉付きのよい腿を抱えて狙いを定める。
俺のものを押し付けるとふたりの身体へ震えが走った。
体温が伝わる。
俺は痛いほど立ち上がった己のものへオイルを塗りつけ、大きく一息つくと、ゆっくりと侵入を開始していった。
「く…、いっ…あぁ…!!」
明らかに上がる苦痛の響き。彼は眉を寄せて顔をくしゃくしゃにしかめている。
やはりこうして受け入れるのは初めてなんだろう。
「欲しかったんだろう?悪いな、期待してた奴じゃなくて」
俺は聞こえないように低くつぶやいた。低くうめく彼はおそらくそれどころじゃないだろうが。
ただ、さっきまでの彼の反応から、馴染んでいく期待はできていた。
実際、全身へ優しく愛撫をつづけながらゆっくりと腰を進めて行くうちに、内部はどこまでもきついながら着実に侵入を許し、緩く震えつつあった。
想う男を受け入れることを望んでいた身体。
気に入らないが、俺には好都合だったのだろう。
日ごろ相手を痛めつけるのは好物だが、こんな行為となると話は違う。
苦痛に悶える荒くれ者の抵抗を宥めるのは想像するのも面倒だ。
気に入らないが、誰かに慣らされた体を分けてもらうよりは気分はいい。
どんなに恋しい男を想って自らその体に愛撫を与えてきていても、今それを味わうのは俺だ。
感じるところを探ろうと体勢を変える。
ぎり、と力を入れて二の腕を掴み体を支えると軽い悲鳴が上がった。
強すぎたか。跡が残るかもしれない。
おそらく、日ごろのケガにまぎれるくらいの跡でしかないだろうが…

410 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 04:04:20 ID:Gdhea32s0
【名前欄】nameless 10/12
【メール欄】sage
【本文】
いつしか彼の中は俺のリズムを受け入れるまでになっていた。
それでもまだきつい内部はぎこちなく、違和感は消えないように見える。
反して俺のほうは、内壁に責め立てられて限界まで膨れ上がっているのがわかる。
俺は彼のものを探った。苦痛のためか少し勢いを無くしている。
突くスピードに合わせて掴んだものをリズミカルに扱くと、切れ切れだった息遣いに甘い声が上がった。
「…っ、ぁ…、あぁ…」苦しげな表情に変化がうかがえる。
「もう…良くなってきたな」
彼の腰は反応して緩やかに蠢きそうになっている。
今も、名前のつかない感情が胸で暴れている。
できるものなら、全身へ激しくキスして、噛みついて、感覚の上にもその体の上にもおびただしい俺の跡をつけてしまいたい。
そうすることはできなくても……
お前が初めてその身に受け入れているのは、俺だ。
残れ。

激しく息をついて、きつく閉じた目は涙をにじませ、快楽に身を任せたその姿はもう正気を失ったように見える。
漏れる嬌声に劣情はどこまでも掻き立てられて、俺は限界が近づいてきているのを感じた。
「も、出、ぁ…、ぁ…もう、…あぁぅ…っ!」
苦痛と快楽とがない交ぜになった彼の声が聞こえる。
全身を上気させ激しく息を乱した彼も、限界が近いのは見るからに明らかだった。
びくびくと震える肉の感触が俺を追い詰めていく。
本当に…驚くほど素直で正直な身体だ。少しも快楽を隠せない。
さっき、彼は俺の言葉に答えた。
酔いに任せてのことだとしても、俺に抱かれていることは認識している。
今も彼は想い人の幻影を思い浮かべているのだろうか。
それとも、欲望のはけ口のように、俺に身を任せたのか……


411 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 04:15:56 ID:Gdhea32s0
【名前欄】nameless 11/12
【メール欄】sage
【本文】
「俺を見ろ。イくところ、見せろよ……」
何か馬鹿なことを口走っていると我ながら思っていた。
絶頂の近い恍惚とした彼に、もう自分を見ることなど期待はしていない。
ただ彼のイくところを見たいだけだ。
だが快楽に白くなっていく意識の内で、俺はまた自分の声を聞いた。
「聞いていろ、お前を抱いてるのは、俺だ」
言葉が、我ながら空しかった。
こんなにも、俺は……
ゆっくりと深く強く、俺はぎりぎりまで抜いた自身を彼の中へと埋め込んでいった。
身体を支えて、感じるところをえぐるように。
同時に、太く限界まで反り返ったものを裏筋から先端へと激しく扱いてやる。
その効果はやはり明らかだった。
「あぁ、あっ、ぁあ――…!!」
温かい感触が脈打ちながら俺の手を濡らし、二人の腹へ飛沫を散らしていった。
紅潮した頬が、ピンク色に染まった白い肌が、汗に濡れて額に張り付いたその赤い髪が、
眉間に皺を寄せて、苦しさの中にも艶を帯びたその表情が、
何より快感の響きを確かに持ったその悲鳴が。
全てが俺の中に焼き付くようで……
一瞬、彼のくすんだ青い瞳が意識をよぎった。
「くぁ……っ!」
まるで爆発するような衝動の中で、俺は彼の中に欲望を解放した。
それはひどく長く感じられた。




412 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 04:28:02 ID:Gdhea32s0
【名前欄】nameless 12/12
【メール欄】sage
【本文】

力が抜けた体は重い。
ただでさえ俺より重い体は眠り込んで脱力している。
俺は彼を起こすのを断念して、傍らに横たわった。
行為の熱が去った彼の体はあいも変わらず死骸のようで現実味のない色だ。
その、白すぎる肌。
試合でできただろう二の腕の擦り傷の横にはっきりと残った新しいキズは、俺の爪が残した跡だと分かった。
彼は気づくだろうか?
おそらく気にも留めないだろう。
けれど、今日のことを忘れたとは言わせない。決して。
今も名前のない感情が溢れている。
この執着はなんだろう。
恋と言うには戯れが過ぎる、欲望と言うには感傷が過ぎる、独占欲にしては唐突で?
俺には分からない。
これはどういう事なんだろう?
無意識に彼の肌をなぞっていることに気づいて、俺は指を止めた。
わき腹に、爪先で何度もなぞった跡がうすくついていた。
俺は茫然とそれをしばらく眺めていた。

俺の名の一文字を示す跡が彼の肌から消えても、胸に渦巻く感情の波は消えなかった。
その名前はまだ、見つからない。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

本当に長々とすみませんでした。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。ありがとうございました!

413 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 06:13:49 ID:fbJw9osQO
代行の流れを見ればわかるように
現在かなり忍法帖レベルが高くても3レス程度で規制されたりします
6分割7分割な作品は二人がかりじゃないと厳しい
チラシのほうで保管庫管理人さんから提案が出ているので検討なさっては

414 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 17:54:17 ID:noZwh7020
というか、昔みたいに分けて3レスずつ連載の形にすれば、
代行無くても自分で投下できる

>>412さんの作品を例にすると、
一度に一気に書き上げた12レスを投下しようとするんじゃなくて、
(本スレのテンプレを守れば、そもそも分母が12レスはおかしいんだけど)
nameless1 1/1〜1/3
nameless2 1/1〜1/3…
ってやって一日3レスずつ投下すれば、4日で自分で全部投下できる

今、忍者レベル40でも3レスしか投稿できないんだから、
最初から3レス以内で収まる作品を書くか、連載にするか、
棚管理人さんのいう方法をとるか、書き手も少し考えた方がいい

415 :風と木の名無しさん:2013/02/05(火) 20:29:29 ID:Gdhea32s0
nameless投下させていただいたものです。
スレのルールに従ったつもりでいたのですが、現状をよく把握していなくてご迷惑をおかけして済みません。
最初の投下後規制で全く投稿できなくなってしまって焦ってしまいました。
既にこちらに投稿してしまいましたので、後程「http://bbs.kazeki.net/test/read.cgi/morara/1308194519/407-412n」のようなURLの形で誘導させていただければ良いでしょうか。
ご意見ご代行いただきましてありがとうございました。

416 :396:2013/02/05(火) 23:07:18 ID:1Pl4rdeA0
396にて代行を依頼した者です
3レスが限界とのことで、明日にでも管理人さんの提案された方法で自力でアップしてみようと思います
現状が把握できておらずすみませんでした
>>404さん呼びかけをしてくださってありがとうございました

417 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:46:00 ID:Pn9oNyV20
失礼します。レベルが足りないため保管庫に直接UPしようと思いましたが、それも無理でしたので代行をお願いします。
7分割になってしまったので、代行者さまの負担が少ない方法で構いません。

【名前欄】Sixty-Four 1/7
【メール欄】sage 
【本文】
洋画半生。「○○七空落ち」七×九。
68巻の「Sixty-Three」の続きでエロあり。
ちょっとだけお道具も。結構九さんが積極的です。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

あまり肉付きがいいとは言えない九の唇を吸うようにして重ね合わせた。
舐めたり甘噛みしたりして刺激を与えると、そこは真っ赤に熟れて艶を帯びる。
先に舌を絡ませたのは九の方だった。七は誘われるまま更に奥へと潜り込ませ、少し乱暴に
口内を弄る。すると思っていたよりも早く九が呼吸を乱れさせ始めた。
「……威勢の割には余裕が無さそうだな」
「っ…僕は別に、我慢比べしようとは思ってませんから……快楽は享受しますよ」
「そうか。じゃあ遠慮はいらないな」
七はニヤリと笑って九を引き寄せると、服越しに全身を撫で回す。やはり頭脳担当なだけあって
全くと言っていいほど筋肉がついていない。馴染み深い膨らみや柔らかさを感じられない
ゴツゴツとした手触りが、この行為の異例さを際立たせた。
それでも止める気などない七は徐々に手を下へと運んでいき、腰周りでシャツを引っ張り出す。
そのまま唯一脂肪が付いていそうな尻の肉を掴むように揉み出すと、指先に何か硬いものが触れた。
「んっ…!」
その瞬間に九が身体を揺らす。七がそれが何か探るようにグリグリと指でなぞると、
明らかに九の声が上擦った。
「ぁ、あ…っ、は……」
やや掠れたような声が耳を擽り、彼に悟られないように生唾を飲む。もう少し聞きたくなって
指を動かし続けるうちにその正体に気付いた七は、驚きと共に九の顔を覗き込んだ。

418 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:47:32 ID:Pn9oNyV20
【名前欄】Sixty-Four 2/7
【メール欄】sage 
【本文】
「……コレはいつから入ってるんだ?」
「ん…プラグですか?ここに来る前に、自分の部屋で挿れてきました」
平然と答えた九にまた驚かされる。
ということは、さっきのやりとりの間もずっと入ったままだったのだろうか。
「よく平気な顔でいられるな」
「平気な訳ないでしょ……」
そう言いながら九が腕を回して抱き着いてきた。そして耳元に顔を寄せ、そっと囁きかける。
「バレるかバレないか…考えるだけで何度かイキそうでした」
吹きかけられる吐息の熱さに思わず腰の辺りが疼いた。
彼の口からこういう台詞が聞けるなんて新鮮だ。そして酷く扇情的だ。
今日の彼がどこまで乱れるのか見てみたくなった七は九の身体を抱き返し、
ひょいと抱え上げる。
「わっ」
咄嗟にしがみついた彼を落とさないように歩き、七が背中からベッドに身を預けた。
まるで九が七を押し倒したような格好になる。
「……良い眺めだ」
「こっちもだ。ところで」
「ん?」
「もしぼくが誘いに乗らなかったらどうしてた?」
彼の上着を脱がせながら尋ねる。ネクタイを引き抜いて放りやり、ワイシャツのボタンを
外してやると、既に薄く染まっている肌が露わになる。
そこにあったのは平らな胸板だけだったが、それでも七の興奮を煽るのには十分だった。
「そうだな……すごすごと部屋に帰って、一人で自分を慰めたでしょうね」
「どんな風に?」
「え?」
「ここでして見せてくれないか」
さすがにこの要求には九の表情が一変して真っ赤になる。
「っ…今、ですか…?」
「あぁ。君がイくところを見てみたい」

419 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:52:37 ID:Pn9oNyV20
【名前欄】Sixty-Four 3/7
【メール欄】sage 
【本文】
「………悪趣味ですね」
「そんなモノ挿れてくる君もな」
「う…」
恥ずかしさから目が泳ぎ始めた九が何だか可愛く見えてくる。促すように胸元を
撫でてやると一瞬息を飲んだが、やがておずおずと後ろに手を回した。
「んっ……ふぅ」
布越しにプラグの後部を指で擦る。潜り込んだ本体部分が内壁を押し拡げる感覚に
九は声を震わせた。
「…ぅぁ、あ……っ、ん…」
その間も七の掌は九の肌を慈しむようにするすると滑る。
脇腹を撫でられると僅かに九が反応して身体を揺らした。
「っ!は、ぁ…っ」
「ここ好きか?」
「ん……なん、か…ゾクゾク、します…」
「性感帯なんだろうな」
「もっと、触って…くださ…い」
「わかった」
七は肘を付いて上体を起こし、片腕で彼を抱えるようにして脇腹から背中へと手を往復させる。
指先や手の腹で強さを変えながら愛撫すると、体重を支えている九の腕が
ぶるぶると震え出した。
「っはぁ、っ、んん…っ」
九は我慢出来なくなったのか、下着の中に手を入れてプラグを出し入れし始めた。
すっかり呼吸も乱れ、額には汗が滲んでいる。
七も手伝うように彼の首筋にキスをし、舌を這わせる。
火照った身体の熱が絶頂に近いことを感じさせた。
「ふっ、ぅ、うっ……ぅあ…!」
「…そろそろか…?」
「そんっな、の…聞かな、っで…くだっ……あ、あっ!!」
不意に九が全身を硬くした。きつく目を閉じ、息も出来ないほどの快感に感覚を支配される。
そのまま射精せずに達した彼は脱力して七の胸に崩れ落ちた。

420 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:53:51 ID:Pn9oNyV20
【名前欄】Sixty-Four 4/7
【メール欄】sage 
【本文】
「おっと」
「っ……ぁ…っ、ふ………ん…」
涙ぐんだ視線を彷徨わせながら小さく声を漏らす九の髪を指で梳いてやると、
心地良いのか頭を擦り寄せてくる。猫のような仕草に頬を緩ませた七は、
これから先邪魔になるだろう九の眼鏡をそっと取り上げた。
「…あ…メガネ……見えない」
「すぐ近くにいるんだから平気だ」
そう答えてまた唇を重ねる。まだ余韻が抜けない九は緩慢な動きで七の舌を追った。
キスをしながら脚の上に九を座らせ、下着ごとボトムをずらして目的の場所を曝け出させる。
僅かに顔を覗かせているプラグを指で探り当て、ゆっくりと引き抜くと
九が背を反らせて喘いだ。
「んぁ……は、ぁ…っ」
抜かれていく感覚も九にとっては快楽だ。馴染んだ異物感が去っていくことに
物足りなさを覚えていると、七がそれをまた根元まで押し込んだ。
「えっ――ぁうっ!!」
「どの辺が良い?手前か?」
「…やっ、だ、中…拡げない、でっ…!」
七はプラグで内部を掻き回す。入口よりも奥を開かれる感覚に痺れるような快感が走った。
「んっ、ん……!ぅっ…」
しつこいくらいに弄られ続け、九は七にしがみついていなければベッドに
沈んでしまいそうなほどに蕩けていた。
やがてプラグは放りやられ、代わりに中を確かめるように指を埋め込まれる。
解した甲斐もあり十分柔らかくなっていて、七はこれなら問題なさそうだと判断した。
「九」
「……何、ですか?」
「本物を受け入れたことは?」
聞きながら既に七は屹立の先端を九の後孔に宛てがっていた。
それを敏感に感じ取った九の呼吸が速まる。

421 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:55:45 ID:Pn9oNyV20
【名前欄】Sixty-Four 5/7
【メール欄】sage 
【本文】
「…貴方が初めて、です…」
「それならあまり乱暴にならないようにしよう」
「っ、そうしてもらえると…助かる…っ」
疲れたように吐き出し、九は全てを委ねるように七に身体を預けた。
余裕がなさそうな彼の息遣いにどこか愛おしさを覚える。
七は安心させるように軽く頬を擦り寄せてから、九の腰を掴んで
ゆっくりと屹立を飲み込ませていった。
「はっ、ぁ、あ―――っっ!!」
「……っ!」
「………っ、ん゙っ、ぁ……!!」
九は信じられない強さで七の背に爪を食い込ませる。ビクビクと身体を震わせ、
必死に息をしようとする九の背中を優しくさすって落ち着かせようとした。
「…大丈夫か?」
「ふっ、っ……凄、い…ですね…っ」
「ん?」
「僕の中、に…貴方がいる…」
まだ顔は上げられないようだが、雰囲気で笑っているのがわかる。
どうせならちゃんと見てやりたくて、少し身を引いて顔を覗き込んだ。
「そうだな。他ではどうあれ、今だけは…ぼくは君のものだ」
七は額に張り付いた九の前髪をかき分けながら言った。
上気した頬に涙の跡はあったものの、彼の言葉に九は満足そうに微笑んだ。
「……そうやって、女性を夢中にさせて…るんです、ね…」
「悪い手だと?」
「っ…僕は……嫌いじゃないです」
「じゃあ次はそういう手で攻めよう」
「次があれば……ね」
言い終わらないうちに九が両手で七の頬を包んで引き寄せる。七はされるがままに
彼からの口付けを受け止め、その柔らかくも焼けるように熱い感触を楽しんだ。

422 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:56:49 ID:Pn9oNyV20
【名前欄】Sixty-Four 6/7
【メール欄】sage 
【本文】
それから二人は時間をかけてお互いの絶頂を追いかけた。
七は出来るだけ緩やかに、だが確実に快感を与えられるように九を揺さぶった。
九は初めての男性とのセックスを可能な限り分析したかったが
七の攻めに翻弄され上手くいかなかった。
気が付けばベッドに押さえ付けられ、奥深くを何度も叩かれ、
声も出せなくなるほどの快楽を注ぎ込まれてどうしようもなくなってしまった。
結局九は限界を迎えた後軽く意識を失ってしまい、次に目が覚めた時には
七の身支度がすっかり終わっていた。
「……どのくらい寝てました?」
「20分くらいかな」
「わざわざベッドに寝かせてくれたんですか」
「そのまま放っておくわけにもいかないし」
「ありがとうございます」
ゆっくりと身体を起こし、改めて七の格好を眺める。
これから高級カジノに向かうそうだが、その豪勢な内装や非日常的な喧騒にも
負けないだろうと思えるほどの彼の存在感にしばらく目を奪われた。
「それで?」
「……え?」
「ぼくを試した感想は?」
我に返った九に七がいたずらっぽく尋ねた。
「…最高でしたよ。あのテクニックなら誰だって貴方にハマるでしょうね」
「君からそういうセリフを聞くのはなかなか慣れないな」
「もし僕が貴方にハマって、貴方でなきゃ満足出来なくなったらどうします?」
苦笑した七に今度は九が挑発的に聞き返す。
「おいおい…これは君から言い出したことだろ?責任を取れなんて言われても困るぞ」
「そんなこと言いませんよ。もしそうなったら僕が貴方を襲って強引に事に及べばいい」

423 :風と木の名無しさん:2013/02/09(土) 23:59:20 ID:Pn9oNyV20
【名前欄】Sixty-Four 7/7
【メール欄】sage 
【本文】
「……君に出来るのか?」
「僕は特殊装備開発班のリーダーですよ。自分より強い相手を捩じ伏せる道具くらい、
いくらでも作れる」
ですからその時は覚悟してくださいね、と九は蠱惑的な笑みを浮かべて優しく脅迫する。
「あぁ。受けて立とう」
その時を心のどこかで期待している自分を感じながら、七も口角を上げてみせた。

九を部屋に残し、七は目的のカジノへと向かう渡し船に乗っていた。
スーツの下には彼から受け取った指紋認証式のハンドガンと発信器を忍ばせている。
きっとこれらの装備は確実に自分を助けてくれるはずだ。
そう信じて彼は欲望と大金と陰謀に満ちた混沌の中へ足を踏み入れた。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
続きが読みたいと言っていただけて嬉しかったです。どうもありがとうございました!

以上です。お手数ですがよろしくお願いします。

424 :風と木の名無しさん:2013/02/10(日) 17:23:48 ID:PwFiMW7w0
>>417
投下してきましたー

425 :417:2013/02/10(日) 17:31:00 ID:QjGtDIOM0
なんというタイミング
>>424さまどうもお世話になりました。ありがとうございました!

426 :417:2013/02/10(日) 19:40:01 ID:6WcLo5Jw0
なんというタイミング
>>424さまどうもお世話になりました。ありがとうございました!

427 :風と木の名無しさん:2013/02/11(月) 18:20:36 ID:ApscKgXM0
178から投下していたものですが、規制で書き込めなくなりました。
お世話をおかけしますがどなたか代行をよろしくお願いいたします。

【名前欄】3/4(一レス増えましたすみません)
【メール欄】sage
【本文】

将之助にしてみれば角間の今の言葉は殺し文句以外の何物でもなかった。
角間が自分の所に来る時は、奥方の残滓などどこにもない角間なのだ。
角間が自分の部屋に来た日は、角間の相手をするのは自分だけなのだという
自分と角間だけしか知らない秘密が出来たことが、将之助は嬉しかった。
それに将之助は角間に謝ってなど欲しくはなかった。
角間が思っている以上に、将之助は幸せを感じていた。
好きな人の側で好きなことがやれる今の状況以上のことなど望みようがないと思っていた。
それに将之助は山元家の人間皆が好きだった。
嫁に来た裏でさえも。
だから、詫びなどいらなかったのだ。



428 :風と木の名無しさん:2013/02/11(月) 18:22:57 ID:ApscKgXM0
【名前欄】4/4
【メール欄】sage
【本文】

「…将さん、いつも不思議に思うのだけんじょ」
しばらく唇を重ねた後、角間は将之助を抱きしめたまま呟いた。
「なんです?」
「将さんが女だったらよかったとは、思ったことねぇんだ」
将之助はクスリと笑った。
「わたしもです。そもそも女だったら角間さんと会うこともなかったでしょうね。出石の田舎で親の決めた誰かと結婚してそれで終わり」
「そだな」
「それに、わたしは家で角間さんの帰りを待っているより一緒に仕事をする方が良いな。もし来世で選べても、きっとそっちを選びます」
「…そ、そだな、俺もそっちが良い」
角間は実は家で待っている将之助もいいなと思ったが、将之助の意見に賛同しておいた。
「ま、一番いいのは一緒に仕事が出来る女、なんでしょうけど」
「…それはなんか弥恵みてぇだな」
「確かにそうですね」
今度は将之助はクスクスと小さな声を立てて笑った。
将之助は弥恵の事を考えると心が軽くなる気がしていた。
勝気ではねっかえりだけど、綺麗な真っ直ぐな目をした少女は、やはりどこか角間に似ていて…好ましい。
「さ、そろそろ帰ってください。寝る時間なくなりますよ」
暁の八つの鐘の音が聞こえていた。
「ん。そだな」
名残を惜しむようにその日の最後に交わした口づけは、まるで初めてそうした時のように将之助の心に甘い余韻を残した。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
規制が厳しい;
書き忘れましたが兄の新婚当時の話でした。

以上です。お手数をおかけ致します。

429 :風と木の名無しさん:2013/02/11(月) 19:43:46 ID:n95Ax8tY0
>>427
代行完了しました

430 :427:2013/02/11(月) 22:21:17 ID:ApscKgXM0
>>429様代行ありがとうございました!
お世話になりました!

431 :風と木の名無しさん:2013/02/28(木) 05:24:28 ID:mQxi1Tww0
227からトレスポで投稿していた者ですが、連投規制に引っかかってしまったので、
お手数ですがこちらで投下代行をしていただけたら、と思います。

【Choose your friends [3/9]】
「汝、ヘ口インの悦楽の極みを味わいたくば、断薬中の者の傍らにて打つべし」
聖書を読み上げる牧師よろしく大げさな口ぶりでフザケたことを言うと、奴は針を自分の腕に突き立てた。
そして、自分で自分を焦らすかのようにゆっくりとピストンを押す。
「んっ、ぁー……やべえ、これ、本気で上物じゃねえか……」
言いながら、そのまま後ろにどさりと倒れ込む。見慣れた光景。
恍惚とした表情で、顔面の筋肉は弛緩しきり、半開きの瞳の上では長い睫毛がざわざわと揺れる。
一部の隙もなくキメたはずのスーツ姿はすっかり乱れ、シャツの裾がズボンから飛び出し、クスリで痩せた腹が覗く。
あられもない、とはこのことだ。
「女の子もいいけど、こっちも最高だな。……まったく、やめようとする奴の気が知れねえ」
切なげな吐息混じりに漏れ出る声は、そのヘ口が本当に上物だということを物語っていた。


【Choose your friends [4/9]】
……。
…………。
…………………………………。
思案すること約二分。
「……修道院長のところに行ってくる」
これが最後、本当に最後の一発だ。
そう堅く心に誓って、俺は安フラットを後にしようとする。だが。
「待て、おい、待てよ」
振り向くと、奴が上半身だけ起こして何かの包みをひらひらさせている。
「大親友のサイモソ・ウィリアムソソ様が、どうしてお前の分を用意してないと思うんだ?」
──かくしてマ一ク・レソトソの脱ヤク宣言は、1日ともたずに撤回されることとなる。

432 :風と木の名無しさん:2013/02/28(木) 05:25:11 ID:mQxi1Tww0
227からトレスポで投稿していた者ですが、連投規制に引っかかってしまったので、
お手数ですがこちらで投下代行をしていただけたら、と思います。

【Choose your friends [3/9]】
「汝、ヘ口インの悦楽の極みを味わいたくば、断薬中の者の傍らにて打つべし」
聖書を読み上げる牧師よろしく大げさな口ぶりでフザケたことを言うと、奴は針を自分の腕に突き立てた。
そして、自分で自分を焦らすかのようにゆっくりとピストンを押す。
「んっ、ぁー……やべえ、これ、本気で上物じゃねえか……」
言いながら、そのまま後ろにどさりと倒れ込む。見慣れた光景。
恍惚とした表情で、顔面の筋肉は弛緩しきり、半開きの瞳の上では長い睫毛がざわざわと揺れる。
一部の隙もなくキメたはずのスーツ姿はすっかり乱れ、シャツの裾がズボンから飛び出し、クスリで痩せた腹が覗く。
あられもない、とはこのことだ。
「女の子もいいけど、こっちも最高だな。……まったく、やめようとする奴の気が知れねえ」
切なげな吐息混じりに漏れ出る声は、そのヘ口が本当に上物だということを物語っていた。


【Choose your friends [4/9]】
……。
…………。
…………………………………。
思案すること約二分。
「……修道院長のところに行ってくる」
これが最後、本当に最後の一発だ。
そう堅く心に誓って、俺は安フラットを後にしようとする。だが。
「待て、おい、待てよ」
振り向くと、奴が上半身だけ起こして何かの包みをひらひらさせている。
「大親友のサイモソ・ウィリアムソソ様が、どうしてお前の分を用意してないと思うんだ?」
──かくしてマ一ク・レソトソの脱ヤク宣言は、1日ともたずに撤回されることとなる。

433 :風と木の名無しさん:2013/02/28(木) 05:28:42 ID:mQxi1Tww0
二重投稿すみません、ひとつ上のレスは無視してください。

【Choose your friends [5/9]】
ほどなくして俺たちは小汚い安フラットの床に仲良く体を並べ、仲良く左腕の静脈に注射針を刺していた。
隣りでツック・ボーイがモゴモゴと何かを言っているが、キマり過ぎていて呂律が回っていない。
だが言っている内容はわかる。それはこうだ。
──Welcome back to our shite club, Renton.
その軽口にfから始まる卑語で返すと、俺は目を閉じてめくるめく快感を受け入れる準備をした。

英国の日没は早い。さっきまで高かった日はもう傾きかけている。
角度が変わり、黄金色の夕陽が汚れた窓越しになだれ込むと、瞬く間に部屋中を同じ色に染め上げた。
いや、それは単にトリップで誇張された光景なのかもしれないが。


【Choose your friends [6/9]】
そんな夢うつつのなかで、ふと俺は遠い昔の日々を思い出す。
あいつも俺もまだ餓鬼で、日が暮れるまでサッカーをしたあとは、こんな風に寄り添って草むらに身を横たえたものだ。
もっともあの頃は奴も俺もヘ口インのヘの字も知らなかったし、場所だってこんなゴミだらけのフラットでなく、何より頭上に広がるのはどこまでも広く澄み切った空だった。

  ……なぁ。
    ……ん?
  ……ちょっと昔のことを思い出してた。
    ……実を言うと、おれもだ。

隣りで、ふっと笑みを漏らす気配がする。
いつもの人を小馬鹿にしたような嫌味なものでなく、奴がなかなか人に見せない、本心からの笑顔。
だがそんな甘やかな郷愁も長くは続かず、上等のヤクだけが見せてくれる鮮やかな幻覚に呑み込まれていった。

434 :風と木の名無しさん:2013/02/28(木) 05:30:44 ID:mQxi1Tww0
【Choose your friends [7/9]】
トリップから醒めると、すっかり日が暮れて暗くなっていた。
ツック・ボーイは汚れたジャケットを丁寧に手で払い、シャツをズボンに突っ込むと、ネクタイを締め直しにかかる。
これからまた女の子でも引っ掛けに行くのだろう。
俺はデニムのポケットに手を突っ込み、しわくちゃに丸まった紙幣を何枚か探り出す。
「いくらだ?」
細身のソリッドタイを鏡も見ずに器用に締めながら、奴は空いている方の手を振って見せた。
「レソトソ坊やが半日ガマンできたご褒美だ。そのブツは喜んで進呈しよう」
「ふざけるな。カネは払う」
「お前のその悔しそうな顔を見られたんだ、代金としてはそれで充分だな」


【Choose your friends [8/9]】
来たときとそっくり同じ格好に戻ったビョーキ野郎は、やはり来たときとそっくり同じ嫌味なニヤニヤ笑いを顔に張り付け、言った。
……少しでも友達だと思った俺が馬鹿だった。こんな腐れ野郎に義理を立てる必要はない。
そうだなぁ、とヤク道具一式を片付けながら、ツック・ボーイは思案げな表情をして見せた。毎度のことながら言動がいちいち芝居がかってワザとらしい。
「そうだな、今度お前が脱ヤクするときは、おれも一緒に付き合ってやるよ」
「……何のつもりだ?」
「決まってるだろ。苦しむお前をよそに軽々とこなして見せて、優越感に浸っ──」
「とっとと失せやがれ(Fuck off)!!」
返事の代わりに、奴は背を向けたまま片手を挙げる。そして歩き去る。
まったく、俺はなんだってあんな野郎とつるんでいるんだ。
怒りにまかせてタバコを引っ掴み、火をつけた。
肺腑いっぱいに煙を吸い込み、そして吐き出す。

435 :風と木の名無しさん:2013/02/28(木) 05:39:03 ID:mQxi1Tww0
【Choose your friends [9/9]】
暗い部屋に広がる紫煙を眺めながら、こんな毎日がいつまで続くのだろう、と俺はふと思った。
──人生を選べ、出世を選べ、大型テレビを、洗濯機を、車を、コンパクトCDプレーヤーを──クソだ、バカバカしい。
じゃあ、「OO7オタクのビョーキ野郎といることを選ぶ」のは?
……一番ありえない。言うまでもないだろ。──俺は笑う。
俺は立ち上がると、一瞬でも浮かんだバカげた考えをタバコと一緒に放り投げ、踏み消した。
……だいたい、選ぶまでもなく奴はいつでもそこにいる。ヘ口インみたいなものだ。
…………なかなか得難いヘ口イン、程度には言ってやってもいいが。
□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


以上となります。
念のために小分けにしてありますが、可能であれば3-4, 5-6, 7-8と
1レスにまとめて投下してくださっても構いません。
よろしくお願いします。

436 :悠然としたフォルムで4/11:2013/03/08(金) 16:52:02 ID:+dEpLG2+0
すみません規制掛かりました…どなたか投下代行お願い致します。

「大丈夫かい?」
「大丈夫といえば大丈夫ですが・・・先生こそ大丈夫ですか。」
「俺はとても疲れたよ。タオルを取ってきてあげよう。ひどい汗だね、よほど感じたんだ。」
「・・・いつも一言余計ですね。ありがとうございます。」

437 :風と木の名無しさん:2013/03/08(金) 16:55:57 ID:+dEpLG2+0
【名前欄】悠然としたフォルムで5/11

何が彼の気に障ったのか、少し考えたがよく分からないので頓挫した。それにお互い全く失念していたようだが、
「、すみません、まだしばらく動かないでいただけますか?」
「え・・ああ、これは失礼。」
二人はまだ繋がっているのだ。申し訳ないが。誰にだ


438 :悠然としたフォルムで6/11:2013/03/08(金) 16:57:58 ID:+dEpLG2+0
何が彼の気に障ったのか、少し考えたがよく分からないので頓挫した。それにお互い全く失念していたようだが、
「、すみません、まだしばらく動かないでいただけますか?」
「え・・ああ、これは失礼。」
二人はまだ繋がっているのだ。申し訳ないが。誰にだ


439 :悠然としたフォルムで7/11:2013/03/08(金) 16:59:03 ID:+dEpLG2+0
「・・・どうだったかな、ご感想は。」
「・・・それを聞きますか」
「聞きますとも。」


440 :悠然としたフォルムで8/11:2013/03/08(金) 17:00:24 ID:+dEpLG2+0
本当に先生はご婦人の扱いに慣れていない様でなにより・・・・と言いながら泣き笑いの奇妙な表情を作った。君はご婦人では無いだろう。

「色々な職務があって忙しかったもんでね、あまり明るくないんだよ。そちら方面には。」
「ハハ、じゃあそんなアナタに抱かれてる僕の立場はどうなるんですか。」


441 :悠然としたフォルムで9/11:2013/03/08(金) 17:01:28 ID:+dEpLG2+0
「ううん・・さしずめ愛玩用テディベアか。僕のように扱い方を心得ない子供でもこうやって楽しめる。しかも人肌の温もりまで味わえるのだから相当良い会社に作られたに違いない。」
「・・・相手が僕で良かったですね。」


442 :悠然としたフォルムで10/11:2013/03/08(金) 17:02:49 ID:+dEpLG2+0
なかば冗談半分で語る俺となかば呆れながら返答をする彼との笑いが
シンクロする。
洒落の分かる年下の男は、たまにこうして年相応の笑顔を見せてくれる。
何かと大人びている彼にしてはたいそう珍しい瞬間だが、そんな貴重な光景を見せてもらえているのだから神に感謝しなければ。

443 :悠然としたフォルムで11/11:2013/03/08(金) 17:05:07 ID:+dEpLG2+0
こういった瑞々しい麗らかな心地を要約するとどうなるのだろう。現状よりすっきりするのだろうか・・・いや、あえて辞めておこう。この蜜月が夢になってしまったらいけない。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!


細切れ&長時間の占拠申し訳ありませんでした・・・。

444 :風と木の名無しさん:2013/03/10(日) 23:00:23 ID:QfowgFNo0
>>436-443
一度に3レスまでしか投下できないから、
レスをまとめていいなら代行できるかもだけど、
このままじゃ1人じゃ無理だ

445 :風と木の名無しさん:2013/03/10(日) 23:07:12 ID:nbeEXm920
ありがとうございます、そしてすみません…。レスまとめていただければ…説明不足で申し訳ありません。

446 :風と木の名無しさん:2013/03/11(月) 03:42:23 ID:kSk2WAKQ0
>>445
完了しました

>>437>>438が全く同じなので片方削りました
最初にレスアンカーと、テンプレと、
分母11だけど1レスで収まったので、最後に説明をつけたしました

447 :風と木の名無しさん:2013/03/11(月) 19:32:55 ID:C9IOz4AI0
代行ありがとうございました!感謝です。

448 :風と木の名無しさん:2013/03/24(日) 18:13:49 ID:suroK3tI0
本スレ269です。連投規制のためラスト1レスの代行をお願いします。

【名前欄】full-bodied blood 4/4
【メール欄】sage 
【本文】
「……っ…!!」
あぁ……何て美味いんだ。
憎しみが香りを増し、怒りが濃厚に絡み付き、悲しみが深く染み渡る。
ここまで美味いと感じることはそうそう無い。思った通り、彼の血は極上だ。
ほんの少しだけ我を忘れて口付けを交わした。口元から顎にかけて伝っていた分まで
舐め取るほど夢中になって味わった。
だがゾクゾクと背筋を奔る興奮がそれ以上を求めだす前に自分の身体を引き剥がす。
いつの間にか栄部は意識を手放していた。薬が効いたようだ。
「……良い子だ。ゆっくり眠れ」
力無く項垂れた彼の頭をそっと撫で、身体を抱え上げる。
熱が出てきているな…早く治療してやらないと。
「君に死なれては困る……私の為にも」
奴らに全てを奪われたのは君だけではない。
いつか私が自分の為に君を利用していたという事実を打ち明けた時、
君は私を許してくれるだろうか。
私が君の最も忌むべき存在であるという真実を、君は受け入れてくれるだろうか。
――いや、まだそんなことを不安に思う時ではない。
彼を一人前のハンターとして育てること…今はそれだけを考えよう。
私は栄部を抱えて真っ暗な部屋を出た。外は少し雲がかかった寒空が広がっている。
じきに雨が降るのかもしれないな。
……彼が目を覚ました時に、さっきのキスのことを忘れてくれていればいいのだが。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
代行者さまありがとうございました。

以上です。よろしくお願いします。

449 :風と木の名無しさん:2013/03/25(月) 00:37:37 ID:3kya54Tg0
448ですが、時間が経って自分で投下できたので代行依頼は取り消させていただきます。
1レス消費してしまってすみませんでした。

450 :夢の世界にて4/5 代行願い:2013/03/29(金) 08:42:35 ID:SRoOXySci
規制されてしまいました。2レスお願いします。申し訳ございません。

「…何を、」
「雅仁、忘年会のときは抱き付いてくれたのに。素直になりや」

いやに真面目な声色で、身体が固まる。先程の姿勢とは違う個角さんに、目の前がくらくらとする。

「…離して下さい」
「いやや、俺、お前のこと好きやもん」

耳元で低い声を出され、思わず力が抜ける。

『もう、堅い話はええですよ。俺がさっきこいつに言うたから』

いつもへらへら笑って、女子かといじられる、先輩のくせに、

「お前がココを出ようが、後輩やなくなろうが、俺は雅仁を大切に思ってんねん…こんな状況やないと、雅仁も受け入れてくれんやろ?」

いつも、個として筋を通し、優しく、凛々しく、立っている。

451 :夢の世界にて 代行願い:2013/03/29(金) 08:44:17 ID:SRoOXySci
『…ありがとう、ございました…』
『ん?…ああ、別に。俺が好きでやったことやし』

個角さん。俺は、あの頃から。

『あ、名前何て言うん?俺は個角堅位置朗。あんま絡んでない後輩の名前、覚えんの苦手やねん。ごめんな』

名前も知らない、こんな俺を助けてくれたあの日から。
俺の夢だった世界に、光を見出してくれたあの日から。

「俺も…」

 □ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ! 

現行のブログにかっとなりました。すみません。
読んでくださり、ありがとうございました!
また、ご迷惑をおかけして、本当にすみませんでした…。

452 :夢の世界にて 5/5 代行願い:2013/03/29(金) 12:56:53 ID:SRoOXySci
4/5のみ投稿できましたが、5/5がダメでした。申し訳ございませんが、代行をお願い致します。

『…ありがとう、ございました…』
『ん?…ああ、別に。俺が好きでやったことやし』

個角さん。俺は、あの頃から。

『あ、名前何て言うん?俺は個角堅位置朗。あんま絡んでない後輩の名前、覚えんの苦手やねん。ごめんな』

名前も知らない、こんな俺を助けてくれたあの日から。
俺の夢だった世界に、光を見出してくれたあの日から。

「俺も…」

 □ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ! 

現行のブログにかっとなりました。すみません。
読んでくださり、ありがとうございました!

また、規制により途中での停滞、代行をお願いする、と迷惑をかけてしまい、申し訳ございませんでした。
>>280さん、支援ありがとうございました!

453 :夢の世界にて :2013/03/29(金) 16:19:34 ID:SRoOXySci
時間経過により、投下できました。消費してしまい、申し訳ございませんでした…。

454 :風と木の名無しさん:2013/05/14(火) 07:22:13 ID:THlWt9HE0
すみません。現行スレ69のレス番300のものです。
朝になったら書き込める様になるかと思えば出来なかったので、どなかか代行をお願い致します。

公園にて 3/6からのスタートです。

455 :公園にて 3/6:2013/05/14(火) 07:22:59 ID:THlWt9HE0
言ってろ、馬鹿。どうせ、お前のその台詞は直ぐに覆るに決まってらぁ。
どうせ、直ぐにまた一目惚れして、即行で告白して、見事玉砕して。


そんでまた、俺のところに泣き付いてくるんだろうが。


「……聞いてんのかよ、洋平」

「……聞いてるよ」

そして、いつの間にか。
「結果なんか最初から見えてんだよ、ばーか」とか、「俺はずっと此処にいてやってんだぞ」とか、「お前、俺がいなかったら誰にも泣き付けねーんだぞ」とか。


「だから、最初っから俺の傍にいりゃいーのに」とか。


そんな風に思う様になっちまっている今が、嫌だ。死ぬ程、嫌だ。
何て下らねー。この馬鹿の色恋沙汰なんか比べもんにもならねー。

だけど、この馬鹿を振る女連中はもっと下らねーな。

馬鹿だけど、馬鹿すぎる程に馬鹿だけど。
こんなに良い奴、そうそういねーのにな。


456 :公園にて 4/6:2013/05/14(火) 07:24:00 ID:THlWt9HE0

「……洋平さ」

「あ?」

「お前はずっと……俺の傍にいるよな?」

「っ!?」

うっわ、今の鳥肌立った。気色悪っ!って、言おうとしたつもりが。
余りの驚きに、声が出なかった。

「俺さ、お前いねーと駄目だし」

「……」

「お前といるの楽しいし」

「……」

「馬鹿もいっぱい出来るしな」

そうだな。お前にとっての俺の位置が『それ』であることを、俺は喜ぶべきだな。
下らねー考えなんか、さっさと忘れて、な。

俺は敢えて、馬鹿が俺の背中に体重を預けているのを分かった上で突然起ち上がった。案の定、バランスを崩した馬鹿が「うぉっ!?」と間抜けな声を出すのが背中越しに聞こえた。

457 :公園にて 5/6:2013/05/14(火) 07:24:53 ID:THlWt9HE0

「洋平?」

「……安心しろよ」

飲み終えた空き缶を、数m先にあるごみ箱に投げ込む。カラーンと、乾いた音が響いた。
振り返ると、怪訝そうに俺を見上げる馬鹿の面。

安心しろ、大馬鹿野郎。


「お前が何度振られようが、俺は待っててやるからよ、花道」


だから、何度でも振られて、何度でも俺の所に帰って来いよ。
出来るだけ、今まで通りにお前の泣き面を指差して大笑いしてやるよ。

「……洋平」

「あ?」

すくっと、馬鹿が起ち上がる。あっという間に視線の高低差は逆転した。
この野郎は、どんどんどんどんでかくなっちまいやがって。
その癖、頭の中はガキの頃から何一つ変わっちゃいねーんだ。

ちょっと照れ臭い話を始める時に、今みてぇに鼻の先を掻く癖だって。


458 :公園にて 6/6:2013/05/14(火) 07:25:56 ID:THlWt9HE0

「俺やっぱ、お前のことすげー好きだわ」


屈託のない笑顔見せちまって、まあ。人の気持ちも知らねーでよ。
俺はいつもみてぇに笑えてるか?馬鹿だな、お前は、って表情で言えてるか?

「……俺はお前のことなんか嫌いだけどな」

「てめぇ、マジで鬼かっ!」

正直、自信がなく。逃げる様に馬鹿に背中を向けて歩き出した。
馬鹿は馬鹿らしく、やっぱりそんな俺の焦りに気付くことはなく、いつもの様に俺を追い掛けて、追い付いて、隣に並んで歩き出す。

「で、花道。今からどーするよ?」

「そーだなー。チュウが新作のゲーム買ったっつーから遊びにいかねー?」

「おー、そりゃ良いな。パチンコも良いけどたまには健全な遊びでもするか」


さてと。この馬鹿はあと何回振られりゃ、俺の気持ちに気付くもんかね。
楽しみだな。



−…END…−

459 :風と木の名無しさん:2013/05/14(火) 07:28:59 ID:THlWt9HE0

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ 規制に引っかかり、代行にお願いしました。長時間スレを占領して本当にすみません。花は早く洋の気持ちに気付くべきだと思います。
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |


460 :風と木の名無しさん:2013/05/18(土) 13:58:42 ID:bsimJ0+Y0
忍法帖のレベルが足りないので、投下代行お願いします。
名前欄:罠にかかった話
メール欄:sage
本文:http://morara.kazeki.net/upload/img/097.txt

461 :風と木の名無しさん:2013/05/20(月) 03:39:35 ID:6S/YoU5U0
>>460
代行投下したのですが、3つめが本文が長すぎると怒られたため、分割したら規制を食らって中途半端になってしまいました
最後のセンテンスだけ、どなたか投下お願い致します
また、コピペの際もとの改行情報が反映されなかったため任意の場所で改行してあります、申し訳ありません

462 :風と木の名無しさん:2013/05/21(火) 23:48:26 ID:npYM7cfI0
>>461
投下代行ありがとうございました。
開業情報が反映されてなかったため、
お手数掛けて申し訳ありませんでした。

463 :風と木の名無しさん:2013/07/05(金) 22:35:33 ID:QfSl94sI0
長期規制で投下出来ないため、代行よろしくお願いします

【名前欄】あべこべ鏡の向こう側 1/3
【メール欄】sage
【本文】
半生。善元の某劇場開館6周年記念(というか久々に動画で観たよ記念)
おとぎ話が題材の第2回公演。李(2010年R-ONE覇者)×桃(板長)←犬(裸足)

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

とある舞台上に、人ならざる3つの影が立つ。演者の右手にはそれぞれ、剥き出しの日本刀が握られている。
上手には白の光。下手には赤の闇。混ざった中央は桃の色。
「目が見えない」
舞台の中央に立っているのは、立派な袴のよく似合う青年だ。
形の良い大きな瞳は、生まれ持った美しい輝きを失い、10年の闇に沈んでいた。
「俺は一体、何処へ向かっているんだろう?」
「鬼さんこちら♪手の鳴る方へ♪」
鬼が、唄う。青年は振り向いた。
「李太郎」
「私が桃太郎様を導いて差し上げましょう!」
祭り囃子のような声の持ち主は、着流しのよく似合う、背の高い弟。黒と桃の短髪に、右頬にあるのは二本傷か。
目には深い隈が刻まれている。顔立ちそのものは人が良さそうだが、笑顔がどことなく胡散臭い。
「俺の巧妙な話術で、兄貴にHAPPYをお届けしてやるぜィ!」
桃の子の影に生まれ堕ちた李の子は、永い孤独に冒され、天邪鬼という名の鬼になってしまった。
桃太郎の恋人を斬り、火を放った天邪鬼。純粋で清らかな兄は、弟の歪み病んだ心に気付かず、信じ続けている。
心優しき英雄が傷だらけの盗人を庇い、善良な村民を力で捻じ伏せた日から、物語は狂い始めたのだ。

464 :風と木の名無しさん:2013/07/05(金) 22:36:36 ID:QfSl94sI0
【名前欄】あべこべ鏡の向こう側 2/3
【メール欄】sage
【本文】
「……可哀想に。村の連中は、お前を疫病神のように忌み嫌う」
歩み寄った桃太郎が、赤い闇へ手を差し伸べる。その手を李太郎が引き寄せ、兄弟は抱き合った。
唇を重ね、舌を絡める。接吻は甘酸っぱい果実の味だ。互いの躯を纏う、果実の香りだ。
「愛に恵まれなかった弟に、俺は愛を与えたいんだよ」
接吻の後、兄は弟の胸に顔を埋めた。良き弟の芝居を止めた天邪鬼の、酷く冷めた双眸が宙を彷徨う。
鬼が助かる方法は、桃太郎を鬼の道へ堕とすこと。鬼を倒す方法は、桃太郎が自らの過ちを悔い改めること。
サルとキジは堕ちた主人に失望し、村を出た。残ったのは――。
「そちらへ行ってはいけません!」
右頭上で髪を束ね、眼鏡を掛けた、袴姿の白き犬。
「犬の声…犬よ、どこにおるのだ!?」
犬に対する桃太郎の声色は険しい。声だけではなく、表情も。対照的に、柔らかく紳士的な口調で、忠犬は言う。
「ここです。私はいつでも桃太郎様の傍におります」
「捨てられたくなかったら、俺がお前に触れられるところまで来い!」
桃太郎は鬼の形相で怒鳴り、鋭い刃を犬に向けた。犬は悲しい顔を返す。
「貴方が私に刀を向けている限り、近づくことは出来ません」
犬に刀を向けたまま、桃太郎は天を仰いだ。綺麗な目は潤んでいる。弱々しい声で、天に問う。
「俺は何処にいるのかな?我らは何処から来て、何処へ向かっているのだろう?」
従者2人も、主人の問いの答えは知らない。神は答えを教えてはくれない。

465 :風と木の名無しさん:2013/07/05(金) 22:37:17 ID:QfSl94sI0
【名前欄】あべこべ鏡の向こう側 3/3
【メール欄】sage
【本文】
牙を剥き出しにした犬が、低く腰を沈め、構えを取った。李太郎も犬を睨み、大上段に刀を構える。
駆ける光と闇――舞台の中央で、刀が混じる。
「犬。李太郎。目が見えないよ。耳も…聞こえなくなってきた」
「ところで話変わっちゃうんだけどさァ、お犬様ってマジで兄貴のこと愛してるっぽくない?」
力で圧していた獣が、長い脚に蹴り飛ばされた。弟は兄を見遣り、口角を歪める。
「兄貴は俺を愛してるっぽいぜ。超ウケるんですけど。温室育ちの恵まれた甘ちゃんが。あはっ、あはははは!」
鬼が、嗤う。
「俺には愛など分からんが、愛が兄貴を惑わすならば、兄貴は俺だけを愛していれば良い」
そうして、狂気染みた高笑いを上げて、李太郎は赤い闇の奥へと消えていった。
蹴られた犬は立ち上がり、白い光の下で台詞を紡ぐ。掌に血が滲むほど、強く強く刀を握り締めて。
「飼い犬の私は、飼い主が戻ってくる日を、ただひたすら待つことしか出来ない」
李太郎はあべこべ鏡に映った桃太郎。だから犬は、サルやキジのように「出て行け」と言えなかった。
「鏡の向こうの男を斬ったところで、桃太郎様の目が見えていなければ、意味は無いんだ」



『――これは、誰もが知っている桃太郎の、誰も知らないお話』

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

466 :風と木の名無しさん:2013/07/05(金) 22:59:08 ID:RuM5WlTU0
>>463-465

投下完了しました


467 :風と木の名無しさん:2013/07/06(土) 17:47:23 ID:yLD1ByAI0
>>466
お手数お掛けしました。ありがとうございます。

468 :風と木の名無しさん:2013/08/21(水) 16:43:33 ID:nddpny6k0
保管庫69の312から始まるダブルスのSS、カプ表記は(メインの二人の)田代→山下ではなく、
ドラマ6話ゲストキャラの交番勤務の警官コンビ、園部→川島、ではないでしょうか

469 :風と木の名無しさん:2013/08/21(水) 16:45:09 ID:nddpny6k0
>>468
保管庫会議室とスレ間違えましたorz
すみません!

470 :風と木の名無しさん:2013/08/25(日) 23:54:55 ID:/WSZFoFA0
規制されているためどなたか代行をお願いします。

【名前欄】流れ人の傷痕 1/3
【メール欄】sage 
【本文】
半生注意。洋画「環太平洋」主人公独白。兄の死のトラウマに苦しむ弟の話。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

黒、青、赤、白、黒。
流れ込む意識。なだれ込む感情。
大好きな兄貴。倒すべき怪獣。
全てがひとつになり、全てが俺になる。
引き裂かれる心。引きちぎられる身体。
痛い。苦しい。怖い。恐い。こわい。
一瞬で溢れかえる、兄貴の恐怖と痛みと絶望。
氾濫し、渦を巻き、俺の頭と心をズタズタに切り裂き傷付ける。

死んじまう。兄貴が。俺が?
ダメだ、行くな、止めろ、助けて、助けなきゃ。
嫌だ。イヤだ。いやだ!

声が聞こえる。
俺を呼ぶ兄貴の声と、激痛に叫ぶ二人の声と、兄貴を呼ぶ俺の声。
繋がったままの意識が脳を焼き切りそうなほどに共鳴し、全ての感覚が生々しく伝わってくる。
腕が折れて、足が千切れて、腹が潰れて、心臓が弾けた。
それは俺の身体を同じように痛め付ける。
破壊された機体から伝わるダメージと重なって全ての感覚を圧し潰し……プツンと途切れた。

無くなった。消えた。
兄貴の意識が、心が、魂が、消えた。
俺の中から、兄貴が――…

471 :風と木の名無しさん:2013/08/25(日) 23:56:46 ID:/WSZFoFA0
【名前欄】流れ人の傷痕 2/3
【メール欄】sage 
【本文】
「…っぅわあぁっ!!」

まるで電気ショックを受けたような勢いで俺はベッドから飛び起きた。
極度のパニックのせいで心臓が痛いほどに暴れ回って息ができない。

「っはっ、っぁ゛、あ゛ぅ……ぐっ…!!」

苦しさに喉を掻き毟る。どんなに口を開けても空気が入ってこないのに、どんどん肺は空になっていく。
ガクガクと震える身体を抑えることもできず、俺はシーツを握り締めて蹲った。

こんなに苦しいのに、こんなに辛いのに、俺は一人で耐えるしかない。
いつも側にいて手を握って励ましてくれた兄貴はもういない。
あれから二年が経とうとしているが、彼を失った時の傷は少しも癒えはしなかった。
兄貴の死を自分のものとして経験してしまった衝撃を忘れられるはずもなく、あれ以来俺は眠れなくなった。
苦しみから目を逸らそうと過酷な環境で身体を苛め抜いても、ふとした瞬間に兄貴の断末魔が蘇る。
その度にこうしてもがき苦しみ、心も身体もボロボロになっていった。

どのくらいそうしていただろう。
少しずつ息ができるようになってくると、吹き出した汗で濡れたシャツと握り締めすぎて破れたシーツに気が付いた。

「……はぁ…っ、は……ぁ――っぐっ!!」

大きく息を吸った瞬間、背中と胸の火傷痕が引き攣れて痛みが走る。
普段は何ともないのに、あの悪夢を見た後は必ず傷が疼く。
その痛みがまたあの記憶を呼び覚まし、気付けばウサギを追っている。

黒くうねる夜の海。青白く光を放つ怪獣の血液。真っ赤に染まる視界。傷口に突き刺さる白い雪の冷たさ。そしてブラックアウト。

472 :風と木の名無しさん:2013/08/25(日) 23:58:20 ID:/WSZFoFA0
【名前欄】流れ人の傷痕 3/3
【メール欄】sage 
【本文】
何度も何度も、兄貴が殺される。俺が死ぬ。
どうすることもできないまま、何度も何度も何度も何度も。
俺の魂に刻み込まれた兄貴の恐怖と絶望は、もう二度と消えないのだと思い知らされる。

もういい。もう止めてくれ。
見たくないんだ。思い出したくないんだ。
忘れられないのはわかってるから、せめて目を逸らしていたいのに。

「ぅ……っっ!ふっ………ううっ…」

薄く滲んでいた涙が突然ボロボロと零れ落ちた。せっかく取り込んだ酸素は嗚咽となってまた吐き出されてしまう。
そのまま声を殺して俺は泣いた。ガキの頃だってこんなに泣き続けたことはない。
ガキ――キッズ。兄貴は俺をそう呼んで可愛がってくれた。
俺の無鉄砲さに呆れながらも嬉しそうに笑う兄貴の顔は、今でもはっきり覚えてる。
それなのに。

何でここにいないの。
何で俺を置いて逝っちまったんだよ。

会いたい。兄貴に会いたい。
また笑ってくれよ。
『自惚れんな』って窘めてくれよ。
俺を一人にしないでくれよ…!

「………兄貴ぃ……っ…!!」

どれだけ泣いても足りない。兄貴の形に空いた穴は涙じゃ塞がらない。
それでも俺には、みっともなく泣くことしかできなかった。

あれから二年。あの日に俺が失ったものはあまりにも大きい。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

代行者さまどうもありがとうございました。


以上です。よろしくお願い致します。

473 :風と木の名無しさん:2013/08/26(月) 00:00:35 ID:YZbkc4/k0
規制されているためどなたか代行をお願いします。

【名前欄】流れ人の傷痕 1/3
【メール欄】sage 
【本文】
半生注意。洋画「環太平洋」主人公独白。兄の死のトラウマに苦しむ弟の話。
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

黒、青、赤、白、黒。
流れ込む意識。なだれ込む感情。
大好きな兄貴。倒すべき怪獣。
全てがひとつになり、全てが俺になる。
引き裂かれる心。引きちぎられる身体。
痛い。苦しい。怖い。恐い。こわい。
一瞬で溢れかえる、兄貴の恐怖と痛みと絶望。
氾濫し、渦を巻き、俺の頭と心をズタズタに切り裂き傷付ける。

死んじまう。兄貴が。俺が?
ダメだ、行くな、止めろ、助けて、助けなきゃ。
嫌だ。イヤだ。いやだ!

声が聞こえる。
俺を呼ぶ兄貴の声と、激痛に叫ぶ二人の声と、兄貴を呼ぶ俺の声。
繋がったままの意識が脳を焼き切りそうなほどに共鳴し、全ての感覚が生々しく伝わってくる。
腕が折れて、足が千切れて、腹が潰れて、心臓が弾けた。
それは俺の身体を同じように痛め付ける。
破壊された機体から伝わるダメージと重なって全ての感覚を圧し潰し……プツンと途切れた。

無くなった。消えた。
兄貴の意識が、心が、魂が、消えた。
俺の中から、兄貴が――…

474 :風と木の名無しさん:2013/08/26(月) 10:30:12 ID:mDSW0nFg0
スミマセン。今気づいたんですが473は書き込みミスです。
470-472でお願いします。

475 :風と木の名無しさん:2013/08/26(月) 16:44:38 ID:n0X1hWC+0
今規制解除されてるよ

476 :風と木の名無しさん:2013/08/27(火) 00:47:56 ID:fGnAH+N+0
>>475
試してみましたが自分は違う理由(スマホだから?)で規制されてるらしく駄目でした。
お手数ですがどなたかお願いできますか?

477 :風と木の名無しさん:2013/08/27(火) 02:12:37 ID:68sFCZAk0
>>476
おわた

478 :風と木の名無しさん:2013/08/27(火) 11:22:51 ID:LE49ArKU0
>>477
どうもお世話になりました。
自分の環境では書き込めるようになる見込みもあまりないので、そろそろ投下は止めようと思います。
何度か投下させてもらって良い経験になりました。ありがとうございました!

479 :風と木の名無しさん:2013/09/28(土) 02:14:54 ID:FhvWKpUE0
保管庫に投稿した後で規制に気付きました。
申し訳ありませんがどなたか代行をお願いします。

【名前欄】Interlude
【メール欄】sage
【本文】
保管庫のほうに直接投稿させていただきました。
某スペオペRPGで、黒服兄×弟前提の過去話。
投下を迷ったまま長いこと放置していた塩漬け物件なので、いろいろとアレ。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

http://morara.kazeki.net/?69-386

480 :風と木の名無しさん:2013/09/28(土) 02:21:10 ID:WA4BXilU0
>>479
わん!

481 :風と木の名無しさん:2013/09/28(土) 02:33:13 ID:FhvWKpUE0
>>480
はや!
助かりました。ありがとうございます。

482 :風と木の名無しさん:2013/10/25(金) 21:58:02 ID:lGVGepWg0
油断してたらまた書き込めませんでした。
たびたびご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どなたか代行をお願いします。

【名前欄】Brother Sun Sister Moon
【メール欄】sage
【本文】

また無駄に長いので保管庫に直接投下しました。
某スペオペRPGで、妹→艦長←黒服弟
69-386「Interlude」、 69-388「Give Me A Reason」の続きにあたります。
エロなし(ただしそれに関しての言及はあり)。女性キャラ成分多めにつき注意。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

http://morara.kazeki.net/?69-398

483 :風と木の名無しさん:2013/10/26(土) 00:37:15 ID:FhZI19HE0
>>482
投下完了!

484 :風と木の名無しさん:2013/10/26(土) 08:13:09 ID:EGdPc//c0
>>483
お手数をおかけしました。ありがとうございます。

残り三本、さっくり落として消える予定でしたが、
毎度代行者様頼みではさすがに申し訳ないので、
しばらく推敲しながら投下できる機会を待とうと思います。

代行者様、読んでくださった方、ありがとうございました。
知らない誰かが読んでくれる、という緊張感はやはり良いものですね。

485 :風と木の名無しさん:2013/11/03(日) 22:41:18 ID:bd7W3/3I0
お手数ですが代行をお願いします。
長くなったのと、wikiの使い方が分からないためアップローダーに上げています。
もし可能でしたら保管庫wikiに直接載せていただく形でも非常に有り難いです。

【名前欄】いつか来る時のために 1-7/7
【メール欄】sage
【本文】http://morara.kazeki.net/upload/img/098.txt

486 :風と木の名無しさん:2013/11/04(月) 09:40:09 ID:gs2uuHu+0
>>485
わん

向こうにも書いたんだけど、いろいろ間違えてしまった
すみません

487 :風と木の名無しさん:2013/11/04(月) 13:31:48 ID:6kWaBy+kO
>>486
ありがとうございます!
長い話でお手数かけてすみませんでした。

488 :風と木の名無しさん:2013/12/09(月) 15:22:12 ID:4D2H7qdA0
規制中のため、代行をよろしくお願いします

【名前欄】ふたり旅 1/3
【メール欄】sage
【本文】
40年前の牛寺才最 鉄王(英訳)
|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!


「実にすがすがしい気分ですなあ伍朗さん」
「そうですなあ玄太朗さん。空気までおいしいような気がしますねえ」
「本当にそうですなあ」
 緑の山が迫るロッジ風のホテルの一室で、静玄太朗と霧島伍朗はソファに身を沈めながら、すっかり羽を伸ばしていた。
「それにしても、テンコの奴はどこへいったんでしょうねえ?」
 テンコとは、宇宙人タイタニアンと戦う二人のお目付け役である典子のことだ。
 危機が迫っている時でさえ軽いノリの玄太朗たちが悪いのだが、学級委員のように口うるさい彼女が今日は不在である。鼻歌の一つも出ようというものであった。
「なんでも、国家警備機構本部でタイタニアン対策の会議があるとか言ってましたよ」
「そりゃあ大変なお仕事ですねえ」
「いやいやまったくですなあ」
 自分たちもその組織の一員であるのに、二人はおどけて帽子を取った。

 伍朗が備え付けの茶を淹れる。玄太朗より5歳年上の伍朗だが、こういうときは妙にかいがいしく見える。
 さっそく茶碗を口に運びながら玄太朗が言った。
「俺時々思うんだけどね、アイヤンキングって何者なんだろうね?」
 アイヤンキングとは、彼らの、というか主に玄太朗の戦いを助ける謎の巨大人である。
「宇宙人かな? ロボットかな?」
 伍朗はゴリラのように両手を挙げ、ガオーと言いながら玄太朗の腹をくすぐりにかかった。
 ひとしきり笑いころげた玄太朗だったが、身をよじって籐の椅子に逃げるとまた言った。
「宇宙人でもロボットでもねえだろう」
「どうしてそうはっきり言えるんだよ?」
 伍朗が首をかしげる。
「だってよ、妙に人間くさいじゃねえか。俺はあいつは人間だと思うね」
 テンガロンハットの下で、玄太朗はにやりと確信に満ちた笑みを作る。

489 :風と木の名無しさん:2013/12/09(月) 15:25:04 ID:4D2H7qdA0
【名前欄】ふたり旅 2/3
【メール欄】sage
【本文】
「じゃあさ弦の字は、いったいどんな人間だと思うんだい?」
「わっかんねぇな。アイヤンキングは水がエネルギー源だってくらいしか津島博士から知らされてねぇし。博士ったら、いっつもそういうところいい加減なんだから参るよなぁ」
 彼らを派遣した国家警備機構の上司のことである。
「確かにね。あのお人は毒の成分がよく分かんないのに解毒剤を作っちゃうようなところがあるからね」
 伍朗は笑い、それから人差し指を立ててトレードマークの赤い登山帽のつばを格好付けた様子でくいと上げた。
「俺はこう思うね。アイヤンキングは実はたくましくて強い高潔な紳士でね、時には詩でも読んじゃうような教養も持ち合わせていて、
人のかたちに戻ったらありとあらゆる女のひとがメロンメロンになっちゃうくらいの絶世の美青年で、でも本人は大事なひとを心の中にたったひとりだけ秘めてるような色男なんだってね」
 べた褒めする伍朗に呆れた風で、玄太朗は肩をすくめた。
「ほーう、ずいぶん奴に肩入れするじゃねえかよ。アイヤンキングが頑張ってるときはお前、いつもどっかで伸びてるくせに」
「そりゃあ……まあね。じゃあ玄太朗はどう思うんだよ?」
 口ごもった伍朗に水を向けられ、玄太朗は腕を組んだ。口をへの字にすると、精悍な彼の顔は途端にきかん気の強い子供のように見える。
「俺はそうは思わねえなあ。あいつはドジで間抜けで弱くてよ、その証拠に、俺が助けてやることのほうが多いじゃねえか」
「ずいぶんなことを言うねえ、ひどいなあ弦の字は。お前だってアイヤンキングに助けられたこともあったと思うけど?」
 不満そうに伍朗が言うと、
「そりゃあ、たまにはそういうこともある! でもあいつは絶対、足下に子犬でもいたら泡食って飛びのいて、そのせいで足滑らせて敵にぶん投げられちまうような奴だ」
 間違いない、というように、玄太朗がうんうんと頷く。
「うーん……」
 伍朗はちらりと玄太朗をにらんだが、すぐに明るい顔に戻ってぽんと手を打った。
「でもそれってさ、心根がとっても優しいひとってことだよね? そうだろ? 戦いの中でも子犬を助けるなんてさ。いやあ、シビれるねえ!」
「そうかなぁ? 俺そんなこと言ったかな?」
 玄太朗はとぼけてみせる。

490 :風と木の名無しさん:2013/12/09(月) 15:26:14 ID:4D2H7qdA0
【名前欄】ふたり旅 3/3
【メール欄】sage
【本文】
「あっ、誤魔化すなよ弦の字!」
「誤魔化しちゃいねえよ」
「あっ、分かった! 照れてんだな?」
「バカ! 照れるも照れないもねえ!」
「またまたー! 顔が赤いよ、よっ、色男!」
 はやし立てる伍朗を、玄太朗がひっぱたいた。
「うるせえ! お前なんか大好きな水でも飲んでろ!」
「飲むよ、はい飲みますよ」
 拗ねて茶をがぶ飲みする伍朗を優しい目で見ていた玄太朗だったが、やがて彼の隣に座りなおし、取りなすように言った。
「まあ、そんなことはどうでもいいよな。今日はお前と久しぶりの二人っきりの夜なんだ。風呂にでもゆっくり浸かって、キューっと一杯飲ろうじゃねえか」
「いいねえ! これだから俺は弦の字が大好きだよ」
 喜んだ伍朗が玄太朗に飛びついて肩を抱いた。
「よせやいバカヤロー! 気持ち悪いじゃねえか!」
 そう言いながらも腕を振り払おうとせず、玄太朗は相棒だけに見せる人なつこい笑みを顔中に広げた。


 霧島伍朗は知らない。
 アイヤンキングのピンチの時に、静玄太朗が「俺たちは二人で一人前だ」とテンコに語って全力で駆けていったことを。
 そのときの表情は、伍朗のピンチを知ったときのものと寸分違わぬものであったことを。

 知らないのかもしれない。
 知っているのかもしれない。
 どちらでも構わないのかもしれない。
 二人の旅はまだ続くのであった。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!
ホトンドホンペンソノママナンダゼ…

491 :風と木の名無しさん:2013/12/10(火) 00:04:33 ID:NwO524EE0
>>490
( ^ω^)おっおっ

492 :風と木の名無しさん:2013/12/13(金) 12:55:37 ID:B3BZDXPg0
>>491
代行ありがとうございます!


493 :風と木の名無しさん:2013/12/28(土) 22:13:18 ID:JdFEQWk60

>>484とは言ったものの、どうもこのまま年を越してしまいそうな感じなので。
毎度ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どなたか代行をお願いします。

【名前欄】I'm Still Here
【メール欄】sage
【本文】
保管庫に直接投下しました。
某スペオペRPGで捏造話、艦長×黒服弟。
69-386、69-388、69-398の続きにあたります。
エロあり。各種地雷要素を含みますのでご注意ください。


494 :風と木の名無しさん:2013/12/28(土) 22:17:58 ID:JdFEQWk60
sage忘れた……そしてリンク張り忘れた……おちつけ自分。

【名前欄】I'm Still Here
【メール欄】sage
【本文】
保管庫に直接投下しました。
某スペオペRPGで捏造話、艦長×黒服弟。
69-386、69-388、69-398の続きにあたります。
エロあり。各種地雷要素を含みますのでご注意ください。

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

http://morara.kazeki.net/?69-435


495 :風と木の名無しさん:2013/12/29(日) 04:50:10 ID:kecpYmyg0
>>494
わん

496 :風と木の名無しさん:2013/12/29(日) 05:20:24 ID:DQ4RddW20
お手数をおかけしました。ありがとうございます!

497 :clDZxykkLdS:2014/03/21(金) 12:48:52 ID:UvzuSrQ60
No one in this context, it can create benefits for these longer voyages. Yeah, I turned my back on guaranteed long china duration products to add years to degrade by half., <a href=

498 :スカーレット・メイデン:2014/03/30(日) 17:16:03 ID:30nFdUfg0
連投規制引っかかったorz
どなたか代理お願いします。

------------

「ところで、君はなかなかいい声をしているね。今夜は何か予定はあるかい?」
「はい、夜間に個室勤務が入っておりますが、ご用命とありましたらこちらで予定を調整させていただきます」
「あ、できるの? じゃあ、11時くらいからまたやるつもりだから、BGMやってくれる?」
「と、申しますと?」
彼は首をかしげた。
「こっちはこっちで楽しむから、その間横で適当にまわされて鳴いてて」
「かしこまりました。少々お待ちください」
胸ポケットの通信機で何やら会話を始める。しばらくして、彼がまた質問をしてきた。
「棒に何かご希望はございますでしょうか?」
「別に。見るわけじゃないしね」
「では、三名ご用意させていただきます。お時間は?」
「午後11時から、君が泣き叫べなくなるまで」
「かしこまりました。では、午後11時にお伺いさせていただきます」
船員はアルを回収して下がっていった。
さて、夜に備えて、さっさと仕事を終わらせなければ。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

499 :風と木の名無しさん:2014/03/31(月) 12:54:20 ID:bDIS7V8w0
>>498
done.

500 :風と木の名無しさん:2014/04/01(火) 23:49:34 ID:EdjFvGRo0
忍法帖レベル不足のため、お手数ですが代行をよろしくお願い致します。
そして、アップローダにあげようとしても失敗してしまうので、こちらに直接投稿させていただきます。

何卒よろしくお願いします。

次レスからが本文になります。4レスで完了予定です。

501 :風と木の名無しさん:2014/04/01(火) 23:51:22 ID:EdjFvGRo0
【名前欄】最初で最後の恋 1/4
【メール欄】sage
【本文】
英円のぜろ  影裏×宮辺

映画版の設定で、影裏と宮辺がカノヤで再会したところからの話です。
作品スレで出たネタに萌えまくってしまったのであちこち拝借させていただきましたm(__)m

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

「あれが…トッコウです」

カノヤで初めてついたチョクエイ任務後、倉庫横の機体の前を横切っていると、
俯いて何かの写真を見ていた宮辺が俺に気がついて言った。
俺はかけるべき言葉が見つからず、ただただ見つめ返すしかなかった。
宮辺がポツリポツリと語っているのを聞きながら、少しでも宮辺の心を軽くしてやりたくて
絞り出した言葉がかえって宮辺を激昂させてしまった。
宮辺は俺の胸ぐらをつかむと堰を切ったように懺悔の言葉を吐き出した。
「どうすればいい…どうすれば…」虚ろな目で言葉を繰り返す宮辺に抱いた感情の名前を俺は知らなかった。

彼岸に片足乗せた宮辺をこちらに連れ戻したくて、その夜、半ば強引に宮辺を抱いた。
始めの方こそ抵抗していたが、その内大人しくなり、俺の項に手を回すと額がつくほどに顔を引き寄せて口づけてきた。
そこからは無我夢中で、気を失うまで宮辺の体を貪った。
これで、何も考えられなくなるように、そして眠れるように、と願いつつ。

その後も何度か宮辺を抱いた。宮辺ももう抵抗することはなくなり、素直に身をゆだねるようになった。
再会当初よりも、あの懺悔の日よりも、宮辺に少しだけ生気が戻ってきていた気がした。

俺は勝ったと思った…何に?
宮辺を彼岸へ連れて行こうとする無数の見えない手に。
宮辺を蝕み続ける罪悪感という名の亡者の声無き声に。


502 :風と木の名無しさん:2014/04/01(火) 23:53:04 ID:EdjFvGRo0
【名前欄】最初で最後の恋 2/4
【メール欄】sage
【本文】
だが、その勝利の美酒に酔いしれる間もなく、その日はやってきた。
その日、搭乗割に宮辺に名を見つけた俺の耳に上官の声は入ってこなかった。
「終わり」
その声だけが認識できた瞬間、俺は敬礼も上の空で自動的にこなして、宮辺が廊下に出ていくのを追いかけていった。
「どういうことですか!」


最後の夜、昼間のやり取りを思い出して気まずさを覚えつつ、宮辺を待った。
何故か宮辺は来ないのではないかと思っていた。
しかし、宮辺はやって来た。
なんでもないフリをしていつものように抱こうとすると、宮辺が言った。
「陰裏…ありがとう」
俺はそれは何に対してだと聞くことさえできず、歯を食いしばって泣くのをこらえた。
それを察したように宮辺は俺の頬に手を当ててもう一度「ありがとう」と言った。
それから俺は何かに取り憑かれたように宮辺を抱いた。

宮辺の体に忘れられないように俺の痕跡を残したかった。
明日の今頃にはもう宮辺はこの世にいないというのに。


「宮辺さん…許してください…」
出撃した日、俺は発動機の不調のせいで宮辺を見失った。
最後まで守り抜くと誓った、それなのに…俺は何のためにここに存在している?
宮辺をあちらの世界へと誘った敵国を、軍を、この国を、そして自分を呪った。
チョクエイ任務から帰還してからは、自動的に生きていた…いや、正確には生きていなかったのかもしれない。
俺もあの日、宮辺と一緒に彼岸へと旅立っていたのだ。


503 :風と木の名無しさん:2014/04/01(火) 23:54:47 ID:EdjFvGRo0
【名前欄】最初で最後の恋 3/4
【メール欄】sage
【本文】
終戦後、俺は絵に描いたような自暴自棄の生活を送っていた。
特に身よりもなかった俺は町でチンピラとつまらないことでもめて、ここでこのまま死んでもいいと思ったが、
その町を仕切っている組の親分に拾われた。
その組と敵対している組を偵察する役目を仰せつかった俺は、ある日、見覚えある顔の女が敵対組織の屋敷に
連れ込まれるのを見た。
最初はどこで見た誰だったのか思い出せなかった。
しかし、ふと脳裏に宮辺の顔がよぎり、その後、宮辺が握り締めていた写真の女の顔を思い出した。
そうだ、あれは宮辺の女房だ。
他人の空似の可能性もないではなかったが、何故か俺は確信していた。あれは宮辺の女房だと。
その瞬間、俺の体は動き出していた。
親分からもらった刀を持って、敵対組織の屋敷へ飛び込んでいった。
今思い返してもあれが自分の意志で動いたと思えない。
何かが俺の中に入り込んで勝手に体を動かしたとしか思えなかった。
死に物狂いで、敵対組織の人間をメッタ斬りにしながら女を救い出すと、
持っていた財布を投げつけて「生きろ」と吐き捨てるように言った。
女は怯えながらも俺の顔をじっと見て何かを言いかけたが、俺が無言で「いけ」と促すと、
一礼して小さい娘を抱いて逃げていった。


504 :風と木の名無しさん:2014/04/01(火) 23:56:22 ID:EdjFvGRo0
【名前欄】最初で最後の恋 4/4
【メール欄】sage
【本文】
あれから60年…

宮辺の孫という男が訪ねてきた。
俺は俺が知っている宮辺のことを話してきかせた。
宮辺の孫にトッコウの搭乗員名簿を渡すと潤んだ瞳で見つめ返してきた。
…宮辺がいる。60年の時を経て、あの時見失ってしまった宮辺が目の前にいる、と思った。
その瞬間またしても体が勝手に動いて、宮辺の孫を抱きしめていた。
温かい肉体を抱きしめていると、確かに宮辺の血が脈々と受け継がれているのを感じた。
ふと我に返ると宮辺の孫は驚いた顔をしてこちらを見ていたので、咄嗟に「若い男が好きでな」と言い訳してみたが、多分、あいつにはバレてるだろう。

宮辺の孫が帰っていった後、雨が降りしきる庭を眺めていた。
ふと、庭木の間に誰かが立っている気がした。
目を凝らして見ていると、そこにあの日の宮辺がいた。
こちらを見て、俺にはついぞ向けられたことがないような微笑みを浮かべていた。
口が「ありがとう」と動いていたように見えた。
俺は裸足のまま庭に飛び出して、宮辺が立っていた木の前にいった。が、宮辺はもういなかった。

宮辺…宮辺さん…あんたは俺に一生逃れられない呪いをかけていったんだな。
そして、あちらの世界であんたに会うまでその呪いがとけることはないのだろう。
だが、それでいい。それが俺の背負った業だからだ。

「いいんだ、陰裏、いいんだ」
また会うことができたなら、そう言って抱きしめてください。宮辺さん。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

代行ありがとうございましたm(_ _)m


505 :風と木の名無しさん:2014/04/04(金) 16:57:47 ID:JLjAJ94s0
>>501
3レスしか貼れないかもしれないけどやってみる

506 :風と木の名無しさん:2014/04/04(金) 17:16:36 ID:JLjAJ94s0
>>501
やっぱり3レスしか貼れなかった…

忍法帖レベル40のMAXでも、
timecount=20/timeclose=3の規制があるから、
最大で3レスしか貼れんです

しばらく経って誰も貼ってなかったら続きを貼るね

507 :501:2014/04/04(金) 19:08:22 ID:yo4Q9M8EO
>>505

501です。
ありがとうございます!
お手数をおかけして申し訳ありませんm(__)m
よろしくお願いいたします。


508 :風と木の名無しさん:2014/04/04(金) 22:53:02 ID:JLjAJ94s0
>>507
おわったー

509 :501:2014/04/04(金) 23:29:57 ID:K8R3Bp+20
>>508
お手数をおかけしました。
本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m


510 :勝負の行方4/4:2014/06/03(火) 00:23:00 ID:6Rhya3sg0
連続規制に引っ掛かりました…
どなたか代理お願いいたします…


「来年だ来年、くそー」
「だろーな」
「勝ちたい」
「おう、勝て勝て」
肘も耳も痛い、痛いけど。痛いんだけど。悔しいし、情けないけど。
でも、来年また戦いたいなとは思った。
この人に勝って、その先に行きたい。
そのシーンを、思い描こうと思った。だから顔が上げられなかった。

□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

だがいい勝負だった。

511 :勝負の行方4/4:2014/06/03(火) 00:37:24 ID:6Rhya3sg0
何とかなりました.
お騒がせしました!すみません!

512 :ヒカ碁4/6:2014/07/25(金) 05:43:48 ID:m/eEL6j6O
今投下中ですがたった3レスでダメとは
甘く見てましたすいません
下らないネタですが良かったらお願いします

「あ‥‥入って、来た…」

アキラが呟くとヒカルがにやりと笑う。
これを、待ってたんだろ?
言外にヒカルの瞳が語る。
そうだ。分かって、待っていた。小さくイカす気ではあった。
しかし、そんなアキラの思惑も読まれていたのだろうか。
ヒカルの動きはそれを大きく越えていく。

「手堅くシマりやがって」
「‥キミが、無茶するから、だろ」
「それで耐えられんのか?」
「‥くっ、‥あ、そこ‥‥」

続けてアタり、アタりと繰り出されてはただ耐えるしか無い。
俗な手段も効くだろ?
囁くようなヒカルの声がアキラの耳を侵す。
逃さないように的確に責めて来るそれに
アキラは受ける事がやっとでしかいられない。
抑え切れない動揺に、アキラはノドの奥から呻いていた。
そんなところを突き出されるわけにはいかない。
だが最後の抵抗はそのイイ筋であっさりと封じられた。
握られたまま順番を待つ石達が、アキラの汗ばむ掌を意識させる。

身の内の奥深くまで入り込んだその塊が
より一層存在感を強めてアキラを責め立てる。
(このままじゃ、ボクは足りない…進藤は……出せるッ…!)
一定のリズムで打ち込まれるそれが
二人の間で絶え間なく音を立てる。

513 :ヒカ碁5/6:2014/07/25(金) 05:45:25 ID:m/eEL6j6O
「オレの‥‥イキだ!」
空気さえ響く勢いでヒカルが一際力強くそれを打ち付けた。
「ああァーッ‥!」
その決定的な膨らみに、ぎゅっと握り直したアキラのこぶしが
諦めたように力無く開かれていく。
盤上に、ぽたぽたと白いあれが散った。


「なあ、いっぱい出しちゃったな」
「‥…うるさい」
「オレここんとこ感じ良かったよな? あ、おい待てって」

出した石の後始末を早々に始めたアキラのその手に
ヒカルは自分の手を重ねて、耳を寄せる。

「もっかいやろーぜ?」

514 :ヒカ碁6/6:2014/07/25(金) 05:51:50 ID:m/eEL6j6O
□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、シュウキョク!
見事なキフ通りでどこもおかしくはない
ありがとうございました

↑↑↑↑↑
ここまで
下らない軽いネタのつもりだったんですがごめんなさい
どなたか宜しくお願いします

せめて投下一時中断のAAだけでもお願いします

515 :風と木の名無しさん:2014/07/25(金) 08:20:55 ID:W0MMQlo20
>>514
乙!
投下してきたよー

516 :514:2014/07/25(金) 09:17:15 ID:m/eEL6j6O
>>515
本当にありがとうございました!!
改めて、
現在の規制具合をよく調べもせず投下してしまい申し訳ないです
お邪魔しました

517 :風と木の名無しさん:2014/11/13(木) 22:57:30 ID:fpWzjRIE0
申し訳ありません、どなたか代行をお願いします

【名前欄】Flawless
【メール欄】sage
【本文】
では、あえてここで「サイトでやれ」と言われそうなのを
是非はともかく「投下したいけど怒られるんじゃ……」と躊躇しておられる方への後押しになれば

某スペオペRPGで捏造話。少年編終盤のイベント準拠
黒服兄×弟前提で、兄さんと打ち上げ屋姐さんの色気に欠ける会話
冒頭回想シーンのみ微エロ

|>PLAY ピッ ◇⊂(・∀・ )ジサクジエンガ オオクリシマース!

http://morara.kazeki.net/?69-536

↓さくっとスルーして次の萌えどうぞ

518 :風と木の名無しさん:2014/11/14(金) 20:44:36 ID:FP0K7bd60
>>517
代行しました
卑下しなくていいですよ〜、GJです!

519 :風と木の名無しさん:2014/11/14(金) 22:34:05 ID:0JB3mJGQ0
お手数をおかけしました、ありがとうございます
下手をすれば喧嘩を売ってるとも取られかねないような書き込みを代行させてしまってすみません
(一日経ってから自分の書き込みを見たら胃が痛くなった。何この変なテンション)

先の投稿に書きかけた内容ですが、投下+自分語りは不快に感じられる方もおられるかと思ったのでこちらで

自前サイトやSNSでは「更新しなきゃ」のプレッシャーで自滅するであろう自分にとって、棚の自由さはとてもありがたいものでした
棚がなければ一連のあれはおそらく日の目を見ることはなく、ローカルでちくちく書き連ねた末、未完のままHDの底に埋もれて終わりだったと思います
これ浮いてるよなあ、書き続けていいのかなあ、という不安は最後まであったのですが、そこはそれ「すべてはネタ」で流してくれるルールのありがたさで

読む側としても、知らないジャンルの思いもかけない萌えを見せてもらえるのが楽しくて棚に通っていただけに、現状の「空気を読み合った結果、誰も投下できない」流れは寂しいものがあります
やはり棚は、以前どなたかが書いておられたように「書きたい人が自由にネタを出せる場所」であってほしいと思うのですが

スレ違いの長文失礼しました。では再びROMに戻ります

520 :引退セレモニー 2/3:2018/12/05(水) 13:20:06 ID:L6+SH8S+0
申し訳ありません。どなたか代行お願いします。


↓ここから↓


「最後の日にあなたに会えて良かった」
昔と変わらぬ人懐っこさで、森乃に握手を求める。求められるまま、握手をした。あの頃と何ら変わらない握手だ。
ド荒の本にコメントを書いたことがある。ド荒、は、ファンにとっては一人だが、盛野にとって彼がド荒だった。
盛野のコメントは、彼が演じるド荒に向けたものだった。

「バク転は、若い子がしますけど…。セレモニーでは一緒に歩きましょう」
足をさすりながら彼は言う。
「ありがとう、来てくれて」
勇気が必要だったろうに、来てくれたことに労いの言葉をかけた。

ド荒は、何人もの役者に脈々と受け継がれている。坊主好き、珍妙なダンス好き、バク転、その他諸々。
設定として引き継がれてはいるが、細かく見るとそれぞれ違うな、と盛野はわかる。

「コーチとしているんですってね」
「ああ」
「後進の指導は大事ですよね。わかります。この球団一筋のあなたらしい選択だ」
そこへ、一人の若者が入室してくる。盛野は、名前も顔も一致しないその若者を訝しげに見つめた。
「今日、バク転してくれる若い子です。僕の教え子」
「教え子?」
「今、何をやってるんだ、って顔ですね。足が悪いので激しい動きはできませんが、育成部の責任者です」
よろしくお願いします、と彼は、頭を下げる。
「盛野コーチ。これからもこのド荒くんをよろしくお願いしますね」


世代交代。
華の選手はいつしか引退し、指導に回る。
彼は野球選手ではないが、彼もまた、己の身体と戦い、力尽き、次の道を選んだのか。



521 :引退セレモニー 3/3:2018/12/05(水) 13:21:30 ID:L6+SH8S+0
引退セレモニー 3/3



球場全体に、応援歌が響く。昔の応援歌。
球場全体に、「ありがとう盛野!」コールが響く。
球場全体に、ジェット風船が飛ぶ。

盛野はその中で、彼の足音を聞いた。
振り向けば、彼は、左手には、サインボールを入れた箱を抱え、右手にはデジカメを持っている。

ド荒。
俺の大好きなド荒。
一番大好きなド荒。

ボールを投げ込む。一球一球に別れの悲しみと長年の感謝を込めて。

ド荒。
俺の大好きなド荒。
一番大好きなド荒。

カメラも憚らずに、ド荒の抱擁を受け止める。
自分は、今、すごい笑顔なんだろうなあ、と考える。

なあ、お前に会えて良かった。また、飲みに行こうな。また、遊びに行こうな。
盛野は、これからの人生を楽しんでいきたいとようやく感じることができた。


□ STOP ピッ ◇⊂(・∀・ )イジョウ、ジサクジエンデシタ!

↑終わりです↑



522 :風と木の名無しさん:2018/12/16(日) 02:49:47 ID:e7JHA8Ng0
>>521
投下しました

523 :NY:2019/05/05(日) 20:09:36 ID:/92gc/Ts0
I'm a member of a gym http://cedecspro.edu.co/ little preteen nymphets Nor does the agency's management seem to have cared much for a long time about where it is going or what it needs to do to get there. According to the report, the agency

524 :NY:2019/05/05(日) 20:10:02 ID:rDKEVAcQ0
I'm a member of a gym http://cedecspro.edu.co/ little preteen nymphets Nor does the agency's management seem to have cared much for a long time about where it is going or what it needs to do to get there. According to the report, the agency

525 :NY:2019/05/05(日) 20:11:30 ID:gN+UsSuY0
I'm a member of a gym http://cedecspro.edu.co/ little preteen nymphets Nor does the agency's management seem to have cared much for a long time about where it is going or what it needs to do to get there. According to the report, the agency

526 :NY:2019/05/05(日) 22:17:48 ID:v0reTu+g0
Nice to meet you http://www.nationwidenannies.com.au/ russian lolita mom sex Indeed, of those who have adult children, 80 percent said they are providing financial support for adult children, grandchildren or aging parents.

527 :NY:2019/05/05(日) 22:18:21 ID:C4K7Fehg0
Nice to meet you http://www.nationwidenannies.com.au/ russian lolita mom sex Indeed, of those who have adult children, 80 percent said they are providing financial support for adult children, grandchildren or aging parents.

528 :NY:2019/05/05(日) 22:18:50 ID:YXB9XMa20
Nice to meet you http://www.nationwidenannies.com.au/ russian lolita mom sex Indeed, of those who have adult children, 80 percent said they are providing financial support for adult children, grandchildren or aging parents.

529 :NY:2019/05/05(日) 22:19:49 ID:xHJydC/M0
Nice to meet you http://www.nationwidenannies.com.au/ russian lolita mom sex Indeed, of those who have adult children, 80 percent said they are providing financial support for adult children, grandchildren or aging parents.

530 :NY:2019/05/06(月) 19:29:00 ID:rEB8zogo0
I'm a partner in http://wallpapers.in.net wallpaper rd hd Director of National Intelligence James Clapper said the specific allegation that the National Security Agency collected more than 70 million

531 :NY:2019/05/06(月) 19:29:20 ID:PtULVjrI0
I'm a partner in http://wallpapers.in.net wallpaper rd hd Director of National Intelligence James Clapper said the specific allegation that the National Security Agency collected more than 70 million

532 :NY:2019/05/06(月) 19:29:47 ID:ZdVItSWE0
I'm a partner in http://wallpapers.in.net wallpaper rd hd Director of National Intelligence James Clapper said the specific allegation that the National Security Agency collected more than 70 million

533 :NY:2019/05/06(月) 20:54:23 ID:3HZRmDLg0
Insert your card http://al4a.fun/al4avideos/ al4a mobile
Cordle's father, Dave Cordle,テつtold the court that his son's decisions the night of Canzani's death left himテつ

534 :NY:2019/05/06(月) 20:56:47 ID:PtULVjrI0
An envelope http://cedecspro.edu.co/ mixman bbs Gulf Capital has hired investment bank Rothschild as a financial adviser for a planned initial public offering(IPO) of the unit on an overseas exchange in 2014, the firm'schief executive said last week.


535 :NY:2019/05/06(月) 20:57:28 ID:aq6SfzDc0
An envelope http://cedecspro.edu.co/ mixman bbs Gulf Capital has hired investment bank Rothschild as a financial adviser for a planned initial public offering(IPO) of the unit on an overseas exchange in 2014, the firm'schief executive said last week.


536 :NY:2019/05/06(月) 20:58:12 ID:M8mrbafs0
An envelope http://cedecspro.edu.co/ mixman bbs Gulf Capital has hired investment bank Rothschild as a financial adviser for a planned initial public offering(IPO) of the unit on an overseas exchange in 2014, the firm'schief executive said last week.


537 :NY:2019/05/06(月) 20:58:26 ID:fRp1FMWs0
An envelope http://cedecspro.edu.co/ mixman bbs Gulf Capital has hired investment bank Rothschild as a financial adviser for a planned initial public offering(IPO) of the unit on an overseas exchange in 2014, the firm'schief executive said last week.


538 :NY:2019/05/06(月) 22:23:27 ID:wPgeSLq+0
I'm on holiday http://yuvututube.fun yuvutu tube mobile
The mother said she took managers "literally" when they suggested the pair dismount and enter the store - letting Olivia lead her six-year-old pony into the restaurant to the amazement of customers.


539 :NY:2019/05/06(月) 22:23:51 ID:vl9xU9gY0
I'm on holiday http://yuvututube.fun yuvutu tube mobile
The mother said she took managers "literally" when they suggested the pair dismount and enter the store - letting Olivia lead her six-year-old pony into the restaurant to the amazement of customers.


540 :NY:2019/05/06(月) 22:24:29 ID:nnuzxAlg0
I'm on holiday http://yuvututube.fun yuvutu tube mobile
The mother said she took managers "literally" when they suggested the pair dismount and enter the store - letting Olivia lead her six-year-old pony into the restaurant to the amazement of customers.


541 :NY:2019/05/06(月) 22:25:15 ID:mX9hJvD+0
I'm on holiday http://yuvututube.fun yuvutu tube mobile
The mother said she took managers "literally" when they suggested the pair dismount and enter the store - letting Olivia lead her six-year-old pony into the restaurant to the amazement of customers.


542 :NY:2019/05/08(水) 11:52:58 ID:XYl1j/GA0
Looking for a job http://bit.ly/2PUeBwI xnxx tube The agreement states that a Security Council resolution should allow for regular assessments of Syria's behavior and

543 :NY:2019/05/09(木) 10:46:08 ID:VttH0fDQ0
Very interesting tale http://bit.ly/2DYYAk9 tadalafil
Schettino faces charges of manslaughter and abandoning shipin the accident in January 2012 when the massive vessel tippedover on its side after striking rocks during a manoeuvre thatbrought it too close to shore.


544 :NY:2019/05/09(木) 12:12:07 ID:VttH0fDQ0
I'm not interested in football http://bit.ly/2H7D0ff levitra These smelly pests that first hitched a boat ride to the USA from Asia in the late 1990s have now been spotted in 40 states:

545 :NY:2019/05/10(金) 15:34:01 ID:C6v1brPg0
I really like swimming http://bit.ly/2HiosZ0 instant payday loans
Rodriguez told the Daily News during an interview in the Fenway Park visitorテ「ツツ冱 dugout on Friday that the テ「ツツ60 Minutesテ「ツツ report is untrue and that he already cleared the air with Cervelli, who he said he loves テ「ツツ徑ike a brother.テ「ツツ


546 :NY:2019/05/10(金) 16:51:19 ID:C6v1brPg0
We need someone with qualifications http://bit.ly/2PUJCk5 instant payday loans
"We can confirm that Afghan and Coalition forces responded to an attack and conducted a coordinated precision strike against insurgents in Behsud district, Nangarhar province yesterday," he said.


547 :NY:2019/05/11(土) 05:01:58 ID:oYZy4kSs0
The National Gallery <a href=" http://www.just4work.nl/adammale-e186.pdf ">adammale
</a> "First of all we should end the monthly purchases of mortgage bonds as quickly as possible," Lacker said in the interview. It was not the central bank's role to give any sector preferential support, he said.


548 :NY:2019/05/14(火) 04:08:07 ID:WTD807LI0
Three years <a href=" http://fittor.top/ ">sma fittor
</a> Braun, injured Yankees star Alex Rodriguez and more than a dozen players were targeted by MLB following a report by Miami New Times in January that they had been connected with Biogenesis of America, a now-closed anti-aging clinic.


549 :NY:2019/05/18(土) 07:58:09 ID:0NzDrofs0
Could I have a statement, please? <a href=" http://al4a.fun ">al4a porn
</a> Meanwhile, it’s lucky I don’t know where the lady who sold us the flat moved to or I might be tempted to send her a nice plant. I think I have one that the Victorians loved very much due to flower any minute now.


550 :NY:2019/05/18(土) 08:11:32 ID:78flcl760
Where do you come from? <a href=" http://planetsuzy.fun ">planetsuzy hd
</a> Whether that will be necessary depends on how big China's bad debt pile really is. This is a matter of guesswork, given that analysts think the official non-performing loan ratio of less than 1 percent is a considerable understatement.


551 :NY:2019/05/18(土) 08:22:05 ID:HxWlbSos0
I love this site <a href=" http://greatlakesstudentloans.in.net ">greatlakesloans
</a> The party has apologised for Communist-era repression, andits domestic policies are not very far from those of the SocialDemocrats. They both want corporations to pay more tax, and toramp up government investment.


552 :NY:2019/05/18(土) 10:34:56 ID:Ft5wqh4c0
A company car <a href=" http://xnxx.in.net/ ">xnxx porn
</a> Katherine Jackson, dressed in a purple and white coat and a dark pink top, said she confronted her son about the rumors at his Las Vegas residence, where he lived from 2006 to 2008. She did not say exactly when she brought up her concerns.


553 :NY:2019/05/20(月) 05:55:48 ID:qI2wm2OY0
Have you got any experience? http://keandra.in.net www.keandra.com
The company has already warned in its most recent earnings note that the $8.2bn it has set aside to cover compensation payments will be

554 :NY:2019/05/20(月) 06:01:00 ID:ZXOp4zvU0
Children with disabilities http://ghettotube.in.net gettotube Connecting the corners of each successive square results in a Golden Spiral, which is clearer in pictures than in words. Look up

555 :NY:2019/05/20(月) 06:12:55 ID:dpPkbMnc0
It's serious http://12yo.icu 12yo nude NEW YORK, NY (CBS) -- Former President Bill Clinton was offstage for just a few moments, but Bono seized the opportunity to steal Mr. Clinton's chair on the stage and launch into an impression of the 42nd president.


556 :NY:2019/05/20(月) 06:38:16 ID:b9OI+qtQ0
I've just started at http://xxxnx.world xxnxx Their new colony must serve as “a city upon a hill”, Winthrop told his fellow emigrants, borrowing from the Sermon on the Mount. “The eyes of all people shall be on us,” he added.


557 :NY:2019/05/20(月) 07:10:25 ID:qI2wm2OY0
I can't stand football http://ghettotube.in.net ghettoporn
The storm also caused some brokers to shut down. KnightCapital Group, a large U.S. market maker, temporarilystopped accepting client stock orders after a backup powergenerator went down. (Reporting by Sarah N. Lynch; Editing by Phil Berlowitz)


558 :NY:2019/05/20(月) 07:49:55 ID:2qQe2VNQ0
I don't like pubs http://12yo.icu 14yo Ms McNamara, 56, said she had taken up running at 40 and completed several full and half marathons, including the Great North Run, but reduced her activity 18 months ago when she began to suffer back pain.


559 :NY:2019/05/20(月) 08:05:19 ID:b9OI+qtQ0
I'm in a band http://fatmomtube.in.net bbw tube
The most significant is between Saudi Arabia and Iran, who compete for influence from Lebanon down to the Gulf. The Saudis back the insurrection, Iran is the Assad regime's closest strategic partner.


560 :NY:2019/05/20(月) 09:04:07 ID:lLg+rZXU0
Could you transfer $1000 from my current account to my deposit account? http://rulertube.fun rulertub
Peter died in Tottenham, north London, on 3 August 2007 with more than 50 injuries, despite being on the at-risk register and receiving 60 visits from social workers, police and health professionals over eight months.


561 :NY:2019/05/20(月) 09:32:46 ID:BGJUhuto0
Could you ask him to call me? http://ghettotube.in.net ghettoporn
DRW Investments and its founder Donald R. Wilson, for whomthe firm is named, filed the lawsuit against the CommodityFutures Trading Commission in the U.S. District Court for theNorthern District of Illinois.


562 :NY:2019/05/20(月) 09:36:00 ID:IDJOE6yg0
Your account's overdrawn http://yuvututube.fun yuvutu porn
-- the Board of Abbey Protection believes that the sale to Markel represents the best strategic option for the Company and its employees. Markel represents an attractive acquirer of Abbey Protection taking into account the following factors:


563 :NY:2019/05/20(月) 09:59:08 ID:r4Euua+I0
Just over two years http://myvidster.fun myvidster video Priced at ツ」199 and ツ」239 for the non-4G 16GB and 32GB models, the device also features 5MP and 1.2MP cameras, a 3,950mAh battery, 2GB of RAM, virtual surround sound and a skinny 8.7mm profile.


564 :NY:2019/05/20(月) 10:31:45 ID:dvtuOcCA0
An envelope http://rockettube.fun rockettube Authorities discovered Castro at 9:18 p.m. on Sept. 3 with his pants and underwear down around his ankles and a sheet wrapped around his neck, which had been attached to a window hinge, according to the report.


565 :NY:2019/05/20(月) 10:31:57 ID:lLg+rZXU0
Which university are you at? http://xxxnx.world xxxnxx
Right over there by the traffic light near Kings Plaza at Avenue U and E. 58th St. , a guy named Ronald Russo, 30, sits in his car with his wife, Alanna, 30, about 7 p.m. Oct. 14, waiting for a red light to turn green to drive less than a mile home.


566 :NY:2019/05/20(月) 11:00:25 ID:IDJOE6yg0
I live in London http://fatmomtube.in.net bbw tube
And you had Billy Martin in the old days, the fiery genius who would say almost anything, before or after heテ「ツツ囘 had a couple of belts. And you had Reggie Jackson. And Graig Nettles, the one who once said this about the old, Bronx Zoo Yankees:


567 :NY:2019/05/22(水) 03:09:04 ID:aIZsYcck0
I'm a housewife http://xnxx.in.net/xnnx/ xnnx com
Without a homegrown winner in 59 years, local fans were out in full force to offer their support but could not inspire the Canadian contingent to anything better than a three-under 69 from Brad Fritsch that left him four back of the leader.


568 :NY:2019/05/22(水) 03:34:51 ID:Rqv+PX/M0
Another year http://xvedio.in.net/xvidoes/ xvidoes Bird, a pharmaceutical consultant, decided against atraditional security provider like ADT and chose Comcast,already his cable TV company, to safeguard his vacation home onLong Beach Island, New Jersey.


569 :NY:2019/05/22(水) 04:26:05 ID:px3Q/7iE0
A pension scheme http://fittor.top/ fittor While our world is thankfully a little less physically brutal, savings rates have been cut by far more than a tenth. In 2008 the best buy easy access rate plummeted from 6.5pc to 3.5pc as the base rate fell.


570 :NY:2019/05/22(水) 05:01:49 ID:Rqv+PX/M0
I'm in my first year at university http://femjoy.in.net www.femjoy.com
They said last week's Fed decision would keep the dollarweak for one quarter before its longer-term uptrend resumed andrevised up their one- and three-month forecasts for euro/dollarto $1.37 and $1.35, from $1.30 and $1.28 previously.


571 :NY:2019/05/22(水) 05:49:01 ID:3VAMkBfQ0
Can you hear me OK? http://lamalinks.fun lamalink While Scouts will be roughing it outdoors, Hartley said walking won't be that rough. It's 1.5 miles from the furthest tent to the center of activity at the Summit, compared to 3 miles at Fort A.P. Hill.


572 :NY:2019/05/22(水) 06:11:45 ID:ar3SGinw0
On another call http://rockettube.fun roket tube
"We intend to encourage informal childcare by raising the threshold so that the requirement to register with Ofsted commences after three hours of regular care, rather than two," the report says.


573 :NY:2019/05/22(水) 06:18:39 ID:CRN+kPvQ0
Hello good day http://fatmomtube.in.net bbw tube
Rallying stock markets mean Grohe would likely be able tosecure a high IPO valuation. However, as TPG and Credit Suissewould only float a stake in Grohe, they would have no certaintyof being able to sell further shares at the same price at alater time.


574 :NY:2019/05/22(水) 06:52:13 ID:rsixo3io0
An envelope http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
"I was very worried, I couldn't sleep the whole night because the sound of the wind was so loud and my building was shaking almost like there was an earthquake," Taipei resident Josephine Lin told AFP.


575 :NY:2019/05/22(水) 06:59:27 ID:9GYHvYTw0
Could I have a statement, please? http://9taxi.in.net taxi9
Fireworms are particularly interesting: these fluffy creatures covered with stinging bristles are extraordinarily resistant to environmental pollution – they survive even in waters severely contaminated by heavy metals.


576 :NY:2019/05/22(水) 07:29:13 ID:3VAMkBfQ0
International directory enquiries http://fatmomtube.in.net bbw tube
As part of the consolidation plan, Beijing urges toaccelerate dismantling aging ships and wants shipbuilders tobuild high-end offshore engineering products, which it expectswill have higher demand in China's domestic market.


577 :NY:2019/05/22(水) 07:38:02 ID:miEs0Bfg0
I'd like to transfer some money to this account http://rockettube.fun roket tube
The 12,600-strong U.N. peacekeeping mission being deployed will take over responsibility for security as France whittles down its contingent to just 1,000 troops - a rapid reaction force meant to tackle any outbreaks of Islamist violence.


578 :NY:2019/05/22(水) 07:43:20 ID:ar3SGinw0
What's the last date I can post this to to arrive in time for Christmas? http://keandra.in.net keandra

579 :NY:2019/05/22(水) 08:20:28 ID:rsixo3io0
Nice to meet you http://keandra.in.net keandra porn The funding impasse is the culmination of more than three years of failed conservative efforts to repeal "Obamacare," a program aimed at extending health insurance to millions of those without coverage.


580 :NY:2019/05/22(水) 08:27:46 ID:9GYHvYTw0
I came here to work http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
Wolosky and Weingarten stand out because they have dedicatedtheir decades-long practices largely to advising activistinvestors. They are joined by a handful of lawyers at thelargest law firms that have made exceptions for some big-nameactivist investors.


581 :NY:2019/05/22(水) 20:32:30 ID:yk+2llW+0
Go travelling http://wallpapers.in.net sexy wallpaper Jones has repeatedly ignored pleas from the US military asking him not to stage his protests. Military officials say his actions put American and Western troops in Afghanistan and elsewhere in danger.


582 :NY:2019/05/22(水) 20:34:52 ID:3VAMkBfQ0
I'd like to speak to someone about a mortgage http://al4a.fun/al4avideos/ al4 There's only one way Schiano can reclaim a locker room he seems to be losing, and Freeman knows what that is:

583 :NY:2019/05/22(水) 20:34:53 ID:CRN+kPvQ0
Please call back later http://xvedio.in.net xvdios
Working out of their studio in Kent, England, the pair creates beautiful souvenirs for expecting women, some hand-painted with poppies or Victorian-era designs and others finished in shiny copper or lustrous aluminum.


584 :NY:2019/05/22(水) 20:34:54 ID:Rqv+PX/M0
How do you know each other? http://ghettotube.in.net ghettoporn
Ewing also was a leader in his day as arguably the greatest player in Knick history. But for some reason, whether thereテ「ツツ冱 an anti-big man stigma or something else at work, he isnテ「ツツ冲 viewed as head coaching material.


585 :NY:2019/05/22(水) 20:35:23 ID:px3Q/7iE0
I have my own business http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
If you\'re a print subscriber, please register now at no additional charge and continue reading without further interruption.The daily e-Edition, Journal Sentinel mobile site and content previously included in Packer Insider is part of JS Everywhere.


586 :NY:2019/05/22(水) 20:36:07 ID:ar3SGinw0
Very Good Site http://egotastic.in.net egotasticallstars
The loan, which would increase Montenegro's total 2013borrowing plan by 46 percent to 220 million euros, was a part ofa draft budget revision which also sees payment of 61 million ofKAP's unpaid bills to power company Elektropirvreda Crne Gore.


587 :NY:2019/05/23(木) 07:51:45 ID:Alxr2d3E0
Have you got a current driving licence? http://xnxx.in.net/xnnx/ xnnx com
Betsi Cadwaladr University Health Board says the risk of passing on the virus during a healthcare procedure is low, and could only happen if the worker suffered an injury causing them to bleed while treating the patient.


588 :NY:2019/05/23(木) 07:52:05 ID:uc7r0Vmc0
About a year http://12yo.icu 11yo
The scientists then built a computer model that mimics a hypothetical bee colony containing both normal and impaired bees. When they input the results of their real-world experiments into the computer model, they found an excellent fit.


589 :NY:2019/05/23(木) 07:52:14 ID:x5a1KinQ0
I'll call back later http://9taxi.in.net 9taxi "The pharmacies can't mix the drugs without a physician,"Werner explained. "This new process is trying to bring doctorsinto the process, and it violates the Hippocratic oath and thatis problematic," he said.


590 :NY:2019/05/23(木) 07:52:15 ID:1rcL9Zlw0
How much were you paid in your last job? http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
Sen. Richard Blumenthal, D-Conn., warned that gun violence in America was becoming the “new normal,” saying ツ”it will take more than silence, it will take a lot of shouting” to end the problem.


591 :NY:2019/05/23(木) 07:52:17 ID:YNbdX16Q0
I came here to work http://rockettube.fun rockettube "Under the department's proposed order, Apple's illegal conduct will cease and Apple and its senior executives will be prevented from conspiring to thwart competition in the future."


592 :NY:2019/05/23(木) 07:52:29 ID:PsOCt+8s0
very best job http://egotastic.in.net egotastic.com The United Arab Emirates was found to be the biggest riser, moving 12 places up the international table, while Lebanon, Barbados and the Seychelles were also among the most improved countries.


593 :NY:2019/05/23(木) 07:52:37 ID:4F9YzK2w0
I'd like to withdraw $100, please http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
The 25-year-old Argentine, a last-minute wild-card entry for injured Andy Murray, won 7-6(5) 7-5 with the lone break of serve of the match coming at the fag end of the second set as Raonic lost the final in Tokyo for the second year running.


594 :NY:2019/05/23(木) 09:13:41 ID:Alxr2d3E0
I work for a publishers http://12yo.icu 14yo Users also need to bring their iPhone, iPad or iPod device for serial number validation. Customers are limited to one $10 USB adapter for each iPhone, iPad and iPod they have. The program ends on Oct. 18.


595 :NY:2019/05/23(木) 09:16:52 ID:uPabmH1E0
I've lost my bank card http://planetsuzy.fun planetsuzy Premiere announced Hannity's new contract Wednesday in a release that added, "Under the new agreement, 'The Sean Hannity Show' will expand to additional major market Clear Channel talk stations."


596 :NY:2019/05/23(木) 09:19:08 ID:x5a1KinQ0
I'd like a phonecard, please http://al4a.fun al4a Will told Architectural Digest, which featured the property in 2011, that the house's circular floor plan was designed to "create an infinite cycle that represented what Jada and I hoped for our love."


597 :NY:2019/05/23(木) 09:19:10 ID:UBIMHSug0
No, I'm not particularly sporty http://ghettotube.in.net ghettoporn
"Too many of the jobs we're creating in this country are just too low paid, too many of the gains in our economy are just scooped up by the privileged few, including those big bonuses, and too often you are left being charged over the odds.


598 :NY:2019/05/23(木) 09:19:18 ID:4F9YzK2w0
I live in London http://planetsuzy.fun planet suzy It's troubling even if the intention of the program is to track only those individuals seen as an imminent threat to our national security. It's troubling because the definition of

599 :NY:2019/05/23(木) 09:20:11 ID:x5a1KinQ0
What do you study? http://fatmomtube.in.net bbw tube
Prosecutors built their case against SAC with help from several former employees, including Noah Freeman, Jon Horvath, Donald Longueuil and Wesley Wang, who pleaded guilty to charges of criminal insider trading.


600 :NY:2019/05/23(木) 09:32:04 ID:1rcL9Zlw0
A Second Class stamp http://tiava.in.net tiava xxx Erica Noonan says she woke up with a black eye at the home of NYPD Officer Carlos Becker after dining and drinking with him in March. Becker had busted Noonan in March for driving while intoxicated.


601 :NY:2019/05/23(木) 11:56:59 ID:uc7r0Vmc0
Do you know each other? http://bit.ly/2MdDEwy xnxx mobile But Boehner had some political realities to consider.Representative Richard Hudson, a North Carolina Republican,said:

602 :NY:2019/05/23(木) 11:57:55 ID:4F9YzK2w0
The National Gallery http://bit.ly/2VTepnz xnxx porn
The shrew, Scutisorex thori, measures less than a foot long and weighs only 1.7 ounces, and yet it can lift heavy logs. The appropriately named new

603 :NY:2019/05/24(金) 22:12:41 ID:OCKbYCQU0
Could you ask her to call me? http://cedecspro.edu.co/ lolita nymphet The outlooks from Moody's and Standard & Poor's, the only agency so far to have lowered its rating on U.S. debt, are both at

604 :NY:2019/05/24(金) 22:56:41 ID:apgo/VeI0
Pleased to meet you http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
Investment has jumped in recent months as Bitcoin, theprominent digital currency not backed by a government or centralbank, has begun to gain a footing among businesses andconsumers, a key step for it to go mainstream.


605 :NY:2019/05/24(金) 22:56:42 ID:pvN9b6zA0
What do you want to do when you've finished? http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
The Australian military is facing criticism for causing one of the major fires during a training exercise. Blue Mountains Mayor, Mark Greenhill, said the army should have known better than to ignite explosives on a day with dry heat and strong winds.


606 :NY:2019/05/24(金) 22:59:11 ID:fECv0S8k0
I'm self-employed http://imagefap.in.net imagefap. "He will meet with professionals provided by the Eagles during this period of time to better help him understand how his words have hurt so many, including his teammates," the team said in a statement.


607 :NY:2019/05/24(金) 22:59:21 ID:VStWnDKg0
I've lost my bank card http://rockettube.fun roket tube
"We really don't think the fragmentation around the physical location or around the input devices in terms of computation is necessary or desirable for software developers or consumers."


608 :NY:2019/05/24(金) 23:26:43 ID:rxO1u0DI0
Enter your PIN http://xxxnx.fun xxxnx Sinha said the cooked food and kitchen utensils have been seized by investigators. "Whether it was a case of negligence or was intentional, we will only know once the inquiry has been conducted," he said.


609 :NY:2019/05/24(金) 23:27:53 ID:OCKbYCQU0
This site is crazy :) http://xtube.in.net xtube com Recalling his own “liberating” experiences of acting in drag, the former Blackadder star proposed a National Service-style compulsory period when males would be forced to wear dresses.


610 :NY:2019/05/24(金) 23:32:32 ID:ylTzzC1w0
Incorrect PIN http://keandra.in.net www.keandra.com
ORLANDO, Fla. (AP) - Overall No. 1 draft pick Anthony Bennett scored all 16 of his points in the fourth quarter and Dion Waiters had 21 as the Cleveland Cavaliers rallied for a 110-105 preseason victory over the Orlando Magic on Friday night.


611 :NY:2019/05/25(土) 00:19:28 ID:uo/eR7j+0
I work with computers http://fatmomtube.in.net bbw tube
As prerequisites, Turkey must improve the conditions in which Ocalan is being held and deal with him on equal terms, guarantee amendments to the constitution and enlist a third party to oversee any further steps in the process, he said.


612 :NY:2019/05/25(土) 00:24:12 ID:25IFkYMA0
I sing in a choir http://rockettube.fun roket tube
The tanks are built from parts of disassembled oldcontainers brought from defunct factories and put together withnew parts, workers from the plant told Reuters. They say steelbolts in the tanks will corrode in a few years.


613 :NY:2019/05/25(土) 00:24:46 ID:DW/zGQVE0
I stay at home and look after the children http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
And oxygen carried risks, such as blindness. Pop singer Stevie Wonder, born six weeks premature, developed retinopathy while in an incubator because of excess oxygen. "We have now learned to control that," he said.


614 :NY:2019/05/25(土) 00:27:13 ID:NKx32e1A0
I'd like to cancel this standing order http://keandra.in.net www.keandra.com
Fomin suggested that the manテ「ツツ冱 parents might have returned to their family hut. Before leaving, the man told Fomin that his parents willingly chose to leave the comforts of society for the harsh realities of the wild.


615 :NY:2019/05/25(土) 00:35:40 ID:tLUxmH720
A First Class stamp http://al4a.fun/al4avideos/ a4a.com
The radio frequency chipmaker said China's state-ownedShanghai Pudong Science and Technology Investment Co Ltd offeredto buy the rest of its shares at $15.50 per American depositaryshare, valuing the at about $750 million.


616 :NY:2019/05/25(土) 00:41:13 ID:5ckdgxHA0
I live in London http://myvidster.fun myvidster gay
I'm still confused about what happened because one effect of the drug is to distort short-term memory. But I think the reason that I spoke the truth on this occasion is because the thought of lying never occurred to me.


617 :NY:2019/05/25(土) 00:58:10 ID:xHx56ERQ0
very best job http://xnxx.in.net/ xnxx porn
Within services, business was particularly strong in the hotels, restaurants and distribution according to the ONS, expanding 1.5% in the quarter, on top of 1.2% growth in the first three months of the year.


618 :NY:2019/05/25(土) 02:09:12 ID:5ckdgxHA0
I'd like to open a business account http://fatmomtube.in.net bbw tube
Lawler declined to provide details of the review on theearnings call, but a 99-page filing the Oklahoma-based companymade to the U.S. Securities and Exchange Commission shows theprocess is well underway.


619 :NY:2019/05/26(日) 13:42:35 ID:5iwIXWhs0
The National Gallery http://xnxx.in.net/xnxxgay/ Xnxx Gay
Also killed were a person whose body was found in a collapsed building near Jamestown, an evacuated enclave north of Boulder, and a man in Colorado Springs, about 100 miles to the south, officials said.


620 :NY:2019/05/26(日) 14:55:47 ID:5iwIXWhs0
I'm about to run out of credit http://xnxx.in.net/wwwxnxx/ Www Xnxx
The Court of Appeal will on Tuesday begin a 3-day hearingexamining two separate cases brought by clients against Barclays and Deutsche Bank. It is expected to handdown a landmark ruling later in the year, according to sourcesfamiliar with the cases.


621 :NY:2019/05/26(日) 15:45:12 ID:iGMjaotY0
Whereabouts are you from? http://xnxx.in.net/xnxxsexvideos/ Xnxx Sex Videos
Shares of home builder Taylor Morrison Home Corp,which TPG and Oaktree Capital Group LLC took public inApril, traded as low as its IPO price for the first time onThursday, ending trading down 7 percent on such fears.


622 :NY:2019/05/26(日) 15:47:21 ID:1b55WAaI0
Through friends http://xnxx.in.net/pornoxnxx/ Porno Xnxx
“I couldn’t be more enthusiastic for her to be president now,” the Missouri Democrat said in an interview with BuzzFeed’s John Stanton, “and I can’t wait to work as hard or harder for Hillary Clinton.”


623 :NY:2019/05/26(日) 15:48:42 ID:9JO8Fb+M0
There's a three month trial period http://xnxx.in.net/xnnx/ Xnnx
テ「ツツ廬テ「ツツ冦 wondering if, maybe, on our way to Houston, we should stop over in Williamsport (where the Little League World Series is going on),テ「ツツ Gibbons said, smiling weakly. テ「ツツ弩e might be able to at least get a split there.テ「ツツ


624 :NY:2019/05/26(日) 15:52:37 ID:zNL2SdLE0
Three years http://xnxx.in.net/xnxxtube/ Xnxx Tube
Mariah Carey naked in the bath tub on Valentine's Day is the textbook definition of TMI! The songstress and mother of two shared a ton of intimate snaps on her social media accounts on Feb. 14, 2013. And this wasn't the only bathtub shot ...


625 :NY:2019/05/26(日) 15:58:25 ID:O21rNj0Y0
I've only just arrived http://xnxx.in.net/xnxxasia/ Xnxx Asia
King and Mandela were inspirational symbols for huge freedom struggles happening in both countries, said Clay Carson, a Stanford professor and director of the Martin Luther King Jr. Research and Education Institute.


626 :NY:2019/05/26(日) 16:08:58 ID:6BxltStY0
I really like swimming http://xnxx.in.net/japanesexnxx/ Japanese Xnxx
HHS spokeswoman Joanne Peters played down the IT snafus, saying in a statement that "there will be a marketplace open in every state and D.C. on October 1, where families can comparison shop for quality, affordable health coverage."


627 :NY:2019/05/26(日) 16:09:02 ID:5iwIXWhs0
Where do you come from? http://xnxx.in.net/indonesiaxnxx/ Indonesia Xnxx
Hatfields Ferry's three 530 MW units entered service from1969-1971. There are two units at Mitchell - a 278 MW coal unitthat entered service in 1963 and an 82 MW oil/gas unit thatentered service in 1949.


628 :NY:2019/05/26(日) 16:34:24 ID:VB/d6kPY0
What's the last date I can post this to to arrive in time for Christmas? http://xnxx.in.net/xxnn/ Xxnn
Samsung offers better value for money. It earns much less on a Phone as compared to Apple. So as a consumer I am interested in what I get for a Buck rather than what the seller gets. Thatテδ「テつテつ冱 why Samsung is selling more.


629 :NY:2019/05/26(日) 16:55:37 ID:bYlre72A0
We'd like to offer you the job http://xnxx.in.net/xnnx/ xnnx com
The fund's shares spiked after its board of trusteesapproved a plan of liquidation and termination for the fund. Theliquidation plan is expected to take effect on or about October16, 2013, the fund said on Wednesday.


630 :NY:2019/05/26(日) 17:05:47 ID:iGMjaotY0
What's the exchange rate for euros? http://xnxx.in.net/xnxxjav/ Xnxx Jav
That campaign has been stepped up after intercepted communication between AQAP leader, Nasser al Wuhayshi and Ayman al-Zawahri, head of al Qaeda, along with other intelligence prompted Washington to close 19 U.S. embassies this month.


631 :NY:2019/05/26(日) 17:12:47 ID:1b55WAaI0
Until August http://xnxx.in.net/xnxxtv/ Xnxx Tv
Excluding charges for goodwill impairment and repatriatingcash from the embedded computing unit, Emerson reported earningsof 97 cents per share. That was a penny below the analysts'average estimate, according to Thomson Reuters I/B/E/S.


632 :NY:2019/05/26(日) 17:13:43 ID:9JO8Fb+M0
Where do you live? http://xnxx.in.net/xnxxjepang/ Xnxx Jepang
Investors identified by local media as individuals close tothe government bought and effectively neutered TV stationGlobovision, once the most high profile platform for oppositionvoices, and the largest private media conglomerate, CadenaCapriles.


633 :NY:2019/05/26(日) 17:17:59 ID:zNL2SdLE0
We'd like to offer you the job http://xnxx.in.net/nxxn/ Nxxn
Dennis Lockhart, president of the Federal Reserve Bank ofAtlanta, said the shutdown would hurt growth in the last quarterof this year, while the Bank of Japan said an extended budgetstandoff would have a severe global impact.


634 :NY:2019/05/26(日) 17:23:41 ID:O21rNj0Y0
A law firm http://xnxx.in.net/xnxxjapan/ Xnxx Japan
The second film is "I Offered You Pleasure," a 15-minute short about temporary "pleasure marriages", so named because they are often used to circumvent Islamic proscriptions on sex outside of marriage, including prostitution.


635 :NY:2019/05/26(日) 17:33:53 ID:fzhmh0FU0
Who's calling? http://xtube.in.net www.xtube.com Branislav Ivanovic, operating at centre-half alongside Gary Cahill, almost opened the scoring on five minutes when his backheel very nearly slipped past Christian Abbiati before Oscar shot just wide.


636 :NY:2019/05/26(日) 17:34:25 ID:6BxltStY0
I can't get a signal http://xnxx.in.net/videosxnxx/ Videos Xnxx
Ferguson increasingly questioned Rooney窶冱 conditioning, and criticised England窶冱 decision to allow Rooney to go to Las Vegas for a break before euro 2012 (Rooney was suspended for the first two games).


637 :NY:2019/05/26(日) 18:01:08 ID:VB/d6kPY0
What line of work are you in? http://xnxx.in.net/sunnyleonexnxx/ Sunny Leone Xnxx
Saying that his life was in danger, Ablyazov was grantedpolitical asylum in Britain in 2011 but fled Britain last yearafter missing a contempt of court hearing at which he was due tobe jailed for 22 months.


638 :NY:2019/05/26(日) 18:26:08 ID:bYlre72A0
Will I have to work shifts? http://xnxx.in.net/xnxxtv/ Xnxx Tv
Condeluci said the Titan Arum looks for pollinators in the evening, emitting heat and a smell of rotting flesh as the sun starts to fade. The smell, which dissipates in the daytime, generally lasts 24 to 48 hours.


639 :NY:2019/05/26(日) 18:28:06 ID:iGMjaotY0
What's your number? http://xnxx.in.net/xxnn/ Xxnn
The equipment parts supplier announced that it waswithdrawing its fiscal 2013 guidance relating to revenue andEBITDA. It is unlikely to issue any updates until its fiscal2014 guidance on January 2014, it said.


640 :NY:2019/05/26(日) 18:39:10 ID:1b55WAaI0
I'd like a phonecard, please http://xnxx.in.net/xnxx2019/ Xnxx 2019
Herbalife shares initially tumbled at the end of last year on Ackman's allegations, sinking nearly 40% in the four days following his announcement. But they have since been on a tear largely thanks to big purchases from billionaire investor Carl Icahn.


641 :NY:2019/05/26(日) 18:39:15 ID:9JO8Fb+M0
Do you have any exams coming up? http://xnxx.in.net/wwwxnxx/ Www Xnxx
Russia has been Assad's most powerful backer during the civil war that has killed more than 100,000 people since 2011, delivering arms and - with China - blocking three Security Council resolutions meant to pressure Assad.


642 :NY:2019/05/26(日) 18:44:06 ID:zNL2SdLE0
I like watching football http://xnxx.in.net/xnxxtelugu/ Xnxx Telugu
"Healthy breast tissue is about two to three years older than the rest of a woman's body," Horvath said. "If a woman has breast cancer, the healthy tissue next to the tumour is an average of 12 years older than the rest of her body."


643 :NY:2019/05/26(日) 18:49:06 ID:O21rNj0Y0
I don't like pubs http://keandra.in.net www.keandra.com
Asked whether Mr Duggan had moved towards him before he fired the gun, V53 replied:

644 :NY:2019/05/26(日) 18:59:24 ID:6BxltStY0
Could you please repeat that? http://xnxx.in.net/xnxxtamil/ Xnxx Tamil
On the 48th day of anti-government rallies in Bulgaria, dozen of people came outside the Parliament dressed with summer clothes. The protesters wanted to show MPs that they had no intention of taking a summer recess, unlike the MPs…


645 :NY:2019/05/26(日) 18:59:31 ID:fzhmh0FU0
I quite like cooking http://xnxx.in.net/japanesexnxx/ Japanese Xnxx
It's not easy growing up in the spotlight, and no one knows that better than these child stars who have all, at one time or another, gone off the deep end. Check out which former kid celebrities have...


646 :NY:2019/05/26(日) 19:26:46 ID:VB/d6kPY0
It's a bad line http://xnxx.in.net/xnxxmom/ Xnxx Mom
The ruling does not address the validity of the licenses that have already been issued, leaving the couples who received the licenses in limbo, said Robert Heim, an attorney representing 32 of the couples.


647 :NY:2019/05/26(日) 19:55:53 ID:bYlre72A0
It's serious http://xnxx.in.net/xnxxgay/ Xnxx Gay
Damon Janes was injured during the third quarter of Westfield-Broctonテ「ツツ冱 Sept. 13 against Portville. He was able to get on his feet but lost consciousness on the sidelines. He died three days later and an exact cause of death has not been released.


648 :NY:2019/05/26(日) 20:25:12 ID:fzhmh0FU0
Sorry, you must have the wrong number http://xnxx.in.net/xnxx.com/ Xnxx.com
She was referring to the news that scientists unveiled a test-tube burger in London, to much fanfare and reviews that while not great still offered hope to those who believe laboratory-made food will help humankind feed the ever-burgeoning population.


649 :NY:2019/05/28(火) 01:57:03 ID:z8fO/7Zk0
Excellent work, Nice Design http://xnxx.in.net/xxnn/ Xxnn
A western Pennsylvania woman has been convicted of abusing and underfeeding her 6-year-old twins, one of whom was found wandering outside wearing only a shirt and diaper on a cold morning in February 2012.


650 :NY:2019/05/28(火) 03:11:28 ID:z8fO/7Zk0
Have you got any qualifications? http://xnxx.in.net/xnxx.com/ Xnxx .com
The rating agency said the default rate fell to 2.6% from2.9% in the second quarter. It expects the rate to steady around2.7% by year-end, providing there is an orderly resolution ofthe US budget discussion.


651 :NY:2019/05/28(火) 04:24:58 ID:z8fO/7Zk0
I'm in a band http://xnxx.in.net/javxnxx/ Jav Xnxx
The lender has learned its lessons from past striving forhigh-risk deals and excessive bonuses, chairman Paul Achleitnertold the Austrian broadcasting network ORF on Saturday, saying a"change of thinking" is underway at Germany's biggest bank.


652 :NY:2019/05/28(火) 05:15:07 ID:0WeZu5SM0
I've come to collect a parcel http://xnxx.in.net/xnxxjapanese/ Xnxx Japanese
US Secretary of State John Kerry assured Israel on Thursday that on Iran, "it's not words that will make a difference, it's actions," but stressed diplomacy must be exhausted before any military option.


653 :NY:2019/05/28(火) 05:29:29 ID:/BQZ2l/Y0
We need someone with qualifications http://xnxx.in.net/www.xnxx.com/ Www.xnxx.com
The storm is expected to reach near hurricane strength as itapproaches Haiti and the Dominican Republic on Wednesday, butlose some of its power passing over the mountainous Hispaniolaisland made up of the two countries.


654 :NY:2019/05/28(火) 05:45:01 ID:fLCJI5Xw0
I never went to university http://xnxx.in.net/xnxxtv/ Xnxx Tv
While she also has the option of talking to the Greens, bothMerkel and the German public prefer a repeat of her 2005-2009right-centre alliance with the SPD. Yet it appears both sidesare headed for a bruising showdown over tax.


655 :NY:2019/05/28(火) 05:45:04 ID:87+nzcKI0
I work here http://xnxx.in.net/japanesexnxx/ Japanese Xnxx
Detroit filed for what would be the largest municipal bankruptcy in U.S. history on Friday, a move which will be bitterly fought in the courts by its creditors and by municipal workers who stand to lose promised retirement and health benefits.


656 :NY:2019/05/28(火) 05:45:28 ID:jVmghO5E0
I've been cut off http://xnxx.in.net/wwwxnxxcom/ Www Xnxx Com
So far, "Runner Runner" has drawn mixed critical reviews. The film has earned just a 23 percent rating on review aggregator RottenTomatoes.com and scored 37 out of 100 on Metacritic.com, which rounds up film critic reviews.


657 :NY:2019/05/28(火) 05:56:03 ID:swFg052M0
Which team do you support? http://xnxx.in.net/videoxnxx/ Video Xnxx
A 2011 report by the National Council of the Blind estimated that there were almost 225,000 people with visual impairment in Ireland in 2010. This figure was projected to rise to almost 272,000 by 2020 - an increase of 21%.


658 :NY:2019/05/28(火) 06:47:44 ID:0WeZu5SM0
Could I ask who's calling? http://xnxx.in.net/xnxxhd/ Xnxx Hd
There was no immediate indication of who was behind the blast, the worst such attack in years, which came as forces loyal to Assad are making gains on the battlefield and as Sunnis and Shi'ites clash in Lebanon.


659 :NY:2019/05/28(火) 07:10:14 ID:jVmghO5E0
When can you start? http://xnxx.in.net/wwwxnxx/ Wwwxnxx
LONDON, Aug 2 (Reuters) - Slower jobs growth in the UnitedStates for July weakened the dollar and sent U.S. Treasuryyields lower on Friday as it could make the Federal Reserve morecautious about trimming its stimulus. World shares trimmedgains.


660 :NY:2019/05/28(火) 07:10:20 ID:fLCJI5Xw0
I never went to university http://xnxx.in.net/xxnx.com/ Xxnx.com
Since the NSA's vast data-gathering programs were revealed in June, the president has repeatedly said he would encourage a national conversation on the need for U.S. surveillance while respecting people's right to privacy.


661 :NY:2019/05/28(火) 07:14:46 ID:/BQZ2l/Y0
I came here to work http://xnxx.in.net/www.xnxx/ Www.xnxx
The York Daily News reports Wright also said on another instance he wrestled Graff in a storage closet, and Whitcomb once promised him food if he would allow the officer to punch him in the leg to give him a テ「ツツ彭ead leg.テ「ツツ


662 :NY:2019/05/28(火) 07:15:41 ID:bGRw+Ke20
Other amount http://xnxx.in.net/xnxxdownload/ Xnxx Download
These services have seen a recent increase in investment. Adrian Ash, BullionVault窶冱 head of research, said: 窶弋otal inflows of money last week, from investors ready to buy gold or silver, were the strongest since the end of June.窶


663 :NY:2019/05/28(火) 07:16:31 ID:bGRw+Ke20
Stolen credit card http://fatmomtube.in.net bbw tube
Emerging market currencies have come under heavy sellingpressure recently following signals from the U.S. FederalReserve that it may be getting ready to dial back the pace ofits bond-buying monetary stimulus.


664 :NY:2019/05/28(火) 07:20:53 ID:87+nzcKI0
I love the theatre http://xnxx.in.net/wwwxnxx/ Www Xnxx
At stake is not just carmakers' reputation for safety or the billions of dollars that Honeywell could reap in sales, but the definition of 'acceptable risk', a notion that few carmakers relish addressing in public.


665 :NY:2019/05/28(火) 07:25:23 ID:Izv40QMQ0
Enter your PIN http://xnxx.in.net/xnxxjapan/ Xnxx Japan
Two years earlier, Anna Benson had threatened on Howard Stern's radio show to have sex with every one of his teammates if she ever caught him cheating. Her spokesman insisted she was joking and the couple later reconciled.


666 :NY:2019/05/28(火) 08:08:07 ID:0WeZu5SM0
What company are you calling from? http://xnxx.in.net/xnxxindian/ Xnxx Indian
He admitted at an earlier court hearing that his actions were taken to protect Muslims and the Taliban in Afghanistan from U.S. assaults. The base near Killeen, Texas, is a major center for soldiers deployed to Afghanistan and Iraq.


667 :NY:2019/05/28(火) 08:35:38 ID:jVmghO5E0
Why did you come to ? http://xnxx.in.net/wwwxnxx/ Wwwxnxx
"It's horrible listening to that. It shakes my whole entire family," said Donahue, who added that he was angry that Weeks in his testimony denied knowing the identity of another person in the car with Bulger at the time of the shooting.


668 :NY:2019/05/28(火) 08:36:00 ID:fLCJI5Xw0
What sort of music do you like? http://madthumbs.fun mad thumb
This week, the Wisconsin county that has issued the most mining permits, Trempealeau County,ツ imposed a moratorium on sand extraction until it gathers more information on health and environmental effects.


669 :NY:2019/05/28(火) 08:40:07 ID:/BQZ2l/Y0
Go travelling http://xnxx.in.net/videoxnxx/ Video Xnxx
Yes there are a number of options available, you can set your browser either to reject all cookies, to allow only "trusted" sites to set them, or to only accept them from the site you are currently on.


670 :NY:2019/05/28(火) 08:42:07 ID:bGRw+Ke20
Excellent work, Nice Design http://xnxx.in.net/www.xnxx.com/ Www.xnxx.com
Joined by workers from adjacent factories, they vandalisedseveral factories, he added, which prompted the owners of morethan 300 units to halt production for the day, fearing morevandalism. The workers later joined the Dhaka rally.


671 :NY:2019/05/28(火) 08:46:05 ID:swFg052M0
We'll need to take up references http://xnxx.in.net/xnxxtelugu/ Xnxx Telugu
Stella Oduah was speaking to journalists at the presidential villa on Monday, three days after sixteen people were killed in a small passenger plane that crashed shortly after take-off outside Lagos airport's domestic terminal.


672 :NY:2019/05/28(火) 08:46:34 ID:87+nzcKI0
I've got a part-time job http://xnxx.in.net/javxnxx/ Jav Xnxx
NEW YORK, Oct 1 (Reuters) - U.S. stocks started off a newmonth and a new quarter with gains on Tuesday as investorsappeared confident that the first partial government shutdown innearly two decades would be short-lived.


673 :NY:2019/05/28(火) 08:55:15 ID:Izv40QMQ0
Insert your card http://xnxx.in.net/xnxx.com/ Xnxx.com
Cuaron said this is one of Bullock's most "raw and emotionally honest" performances, and that audiences more familiar with her comedy roles in films such as "Miss Congeniality" and last month's "The Heat" would be surprised.


674 :NY:2019/05/28(火) 09:19:12 ID:7i2cPm0M0
A packet of envelopes http://xnxx.in.net/xnxxporn/ Xnxx Porn
Some companies have been taking advantage of cheap financingto make cash bids. Verizon's mammoth deal to buy Vodafone Group out of its U.S. wireless business, history's thirdlargest corporate deal announcement, illustrates this trend.


675 :NY:2019/05/28(火) 10:08:04 ID:bGRw+Ke20
How much notice do you have to give? http://xnxx.in.net/xnxx.com/ Xnxx.com
The tech sector has been pushing for more disclosures aboutgovernment data requests as Internet companies seeks to shakeoff the concerns about their involvement in vast secret U.S.surveillance programs revealed by former spy contractor EdwardSnowden.


676 :NY:2019/05/28(火) 10:25:43 ID:Izv40QMQ0
I'm not sure http://xnxx.in.net/xnxxjapan/ Xnxx Japan
Trevino, whose younger brother Omar was one of his top lieutenants, sought to expand the gang's power by taking the Zetas' fight with Mexico's most-wanted drug lord, Joaquin

677 :NY:2019/05/28(火) 10:46:02 ID:7i2cPm0M0
It's a bad line http://xnxx.in.net/desixnxx/ Desi Xnxx
That may take some time. The central bank has made it clear it considered lifting the deposit cap as the "most risky" step and promised to proceed with caution and only after implementing various safeguards, including a deposit insurance scheme.


678 :NY:2019/05/28(火) 12:12:25 ID:7i2cPm0M0
Recorded Delivery http://xnxx.in.net/teluguxnxx/ Telugu Xnxx
Ted Grossman, an attorney for Macy's, said Martha StewartLiving breached its contract by agreeing to design for Penney,which courted Stewart even though it knew she had an exclusivecontract with Macy's.


679 :NY:2019/05/29(水) 08:52:19 ID:9kivAktc0
I like it a lot http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
The restaurant chain, whose largest shareholder is StarbucksCorp Chief Executive Howard Schultz, raised about $105million after pricing its offering of 7.5 million shares at $14per share, just above its expected price range.


680 :NY:2019/05/29(水) 10:18:59 ID:9kivAktc0
I went to http://fittor.top/ gamla fittor The company, whose products range from explosive detectorsto surgical needles, said it also decided to make additionalprovisions for costs related to certain legal disputes in theSmiths Detection business.


681 :NY:2019/05/29(水) 11:33:12 ID:9kivAktc0
It's serious http://fittor.top/ unga fittor As for La Caixa, the group would likely use potentialcapital gains from a Gas Natural stake sale to shore up fundsahead of stricter capital requirements for European banks due tobe implemented from 2014.


682 :NY:2019/05/29(水) 13:51:11 ID:KvRt4jyo0
I don't know what I want to do after university http://keezmovies.in.net keezmovi
The dollar slipped against a basket of currencies, with itsindex falling to 82.418, its lowest since June 25and down around 2.8 percent from the three-year high of 84.753,touched just two sessions ago. It last stood at 82.943.


683 :NY:2019/05/29(水) 14:01:18 ID:9kivAktc0
We need someone with qualifications http://xnxx.in.net/ xnxx porn
If 120k voters turnout, that窶冱 only 19% of the population meaning if the lead candidate receives 16% of the vote, he or she will have 3% of the total population. People don窶冲 deserve Democracy with such apathy.


684 :NY:2019/05/29(水) 14:15:45 ID:D6gPvpqc0
It's serious http://femjoy.in.net www.femjoy.com
Abe, 58, is keen to replicate one of the few successes of his troubled 2006-2007 term, when he thawed Sino-Japanese ties after a five-year chill during the tenure of his predecessor, Junichiro Koizumi, diplomatic experts say.


685 :NY:2019/05/29(水) 14:38:29 ID:oLskxBP60
In a meeting http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
ESPN could have focused on the Red Sox resurrection and the fact that Boston leads the AL East. Or it couldテ「ツツ况e continued the Robinson Cano commercials, which ESPN has aired before all Bombers テ「ツツ彜NBテ「ツツ appearances this season.


686 :NY:2019/05/29(水) 15:11:50 ID:dPzL6lM60
We'll need to take up references http://wallpapers.in.net sex wallpaper
The confidence created by such aid can help the government finance the rest of Egypt’s deficit with borrowing. But such dependence mortgages the country’s future as much of the aid is in the form of loans which ultimately have to be repaid.


687 :NY:2019/05/29(水) 15:14:52 ID:OS1k5PMg0
I'm originally from Dublin but now live in Edinburgh http://planetsuzy.fun planetsuzy hd
Manufacturing in the United States has softened in recent months, hurt by falling overseas demand, though the latest ISM report showed the sector gained momentum in July, with a surge in domestic demand helping to make up the slack.


688 :NY:2019/05/29(水) 15:26:19 ID:mjRl4mn+0
I live here http://tiava.in.net tiava.com It envisages Syria providing a full inventory of its chemical weapons in one week, all production equipment being destroyed by November, and all weapons being removed from Syria or destroyed by mid-2014.


689 :NY:2019/05/29(水) 15:33:38 ID:v9kGvxmM0
Remove card http://keezmovies.in.net keez movie The Syrian conflict, now in its third year with over 93,000 people killed, has pitted overwhelmingly Sunni rebels against Assad's regime, which is dominated by Alawites, an offshoot sect of Shiite Islam.


690 :NY:2019/05/29(水) 15:40:50 ID:D6gPvpqc0
It's OK http://thisav.fun thisav Kevin Rosero, a 10-year-old boy from Ecuador who lived his whole life with a rare venous malformation on his face, smiles with Dr. Alex Dagum, his reconstructive surgeon at Stony Brook University Hospital.


691 :NY:2019/05/29(水) 16:00:15 ID:oLskxBP60
I'm not sure http://12yo.icu 11yo
The 36th annual Badwater Ultramarathon, also regarded as テ「ツツ徼he worldテ「ツツ冱 toughest foot race,テ「ツツ is taking place from July 15-17, 2013. Athletes cover 135 miles non-stop from Death Valley to Mt. Whitney,...


692 :NY:2019/05/29(水) 16:43:37 ID:KvRt4jyo0
How much were you paid in your last job? http://xxxnx.fun xxxnxx
Demand for international milk powder spiked in China afterparents turned away from Chinese products in 2008 when infantformula tainted with the industrial compound melamine killed atleast six babies and made thousands sick with kidney stones.


693 :NY:2019/05/29(水) 16:58:24 ID:rfOgmQik0
Which university are you at? http://tiava.in.net tiava free porn
In afternoon trading, Caterpillar shares were down 6.2 percent at $83.62, well below the 52-week high of$99.70, reached in February, but above their 52-week low of$79.50, touched in April, when the company issued the first ofits profit warnings.


694 :NY:2019/05/29(水) 17:34:47 ID:dPzL6lM60
Do you like it here? http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
The court ordered that the villa, bought for the family by businessman Xu, be confiscated, though it was not immediately clear if that meant the Chinese government would have to present its case for the seizure to a French court.


695 :NY:2019/05/29(水) 17:39:05 ID:OS1k5PMg0
I really like swimming http://keandra.in.net www.keandra.com
In 2010 two months of Red Shirt protest against a previous government brought much of Bangkok to a standstill and culminated in a bloody military crackdown. Some 90 people were killed in the unrest, with around 1,900 injured.


696 :NY:2019/05/29(水) 18:09:04 ID:D6gPvpqc0
Yes, I play the guitar http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
H7N9 bird flu, which was unknown in humans until February, has so far infected at least 135 people in China and Taiwan, killing 44 of them, according to the latest World Health Organization (WHO) data.


697 :NY:2019/05/29(水) 18:27:12 ID:rfOgmQik0
I can't stand football http://madthumbs.fun madthumb The DEA informants agreed to pay Hunter and two others $700,000 for the two killings, as well as an additional $100,000 to Hunter "for his leadership role," according to an indictment filed in New York.


698 :NY:2019/05/29(水) 19:09:39 ID:33M5XqZs0
A law firm http://boobs.pet boobs sucking Russia, the world's top oil producer, had previouslypreferred to sign long-term supply deals backed by loans withChina, the biggest net oil importer. (Reporting by Charlie Zhu; Editing by Muralikumar Anantharaman)


699 :NY:2019/05/29(水) 19:21:01 ID:mjRl4mn+0
How much is a First Class stamp? http://keandra.in.net www.keandra.com
Pension benefits are constitutionally protected in the state, and Schuette says he will work to defend "Michigan seniors living on fixed incomes and anticipating a safe and secure retirement after a lifetime of work."


700 :NY:2019/05/29(水) 19:56:08 ID:rfOgmQik0
What part of do you come from? http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
His furious family and civil rights groups claim that this is not the whole truth and that, in fact, it is his low grades at school and brushes with the law that mean he will be sent home without a chance of survival.


701 :NY:2019/05/29(水) 20:35:30 ID:33M5XqZs0
A packet of envelopes http://lamalinks.fun lama nudes
"Air pollution is probably one of the most important environmental risk factors for health," said researcher Jason West, assistant professor of environmental sciences at the University of North Carolina at Chapel Hill.


702 :NY:2019/05/29(水) 22:01:10 ID:33M5XqZs0
We'll need to take up references http://xtube.in.net tube x
In April more than 1,100 garment workers were killed in thecollapse of a factory building near Dhaka - the deadliestindustrial accident since 1984 Bhopal disaster in India. (Reporting by Serajul Quadir; Editing by Mark Heinrich)


703 :NY:2019/05/30(木) 01:29:53 ID:6R0hZEEg0
real beauty page http://wallpapers.in.net/wallpapersexyladies/ Wallpaper Sexy Ladies
The area where the bus accident occurred received 0.75 inches of rain in about an hour on Sunday afternoon, said Chris Stumpf, a National Weather Service forecaster in Las Vegas. A flash flood warning was in effect when the accident occurred, he said.
http://wallpapers.in.net/devilsexyshewallpaper/ Devil Sexy She Wallpaper
Its report recommended that bankers found guilty of reckless conduct should be jailed, and warned that bankers at senior levels had

704 :NY:2019/05/30(木) 01:32:56 ID:+tQaruIg0
It's funny goodluck http://wallpapers.in.net/malikasexywallpaper/ Malika Sexy Wallpaper
Regulators in Britain, Switzerland, the United States andelsewhere have been increasing scrutiny on leverage ratios,which do not rely on banks' own risk assessments but express abank's capital as a proportion of its overall assets.
http://wallpapers.in.net/sexylesbenwallpaper/ Sexy Lesben Wallpaper
Zanganeh and Mohammad Ali Najafi, a technocrat picked for education minister, visited Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei after the 2009 election to speak on behalf of the opposition leaders, who are now under house arrest.
http://wallpapers.in.net/sexgoddesseswallpapers/ Sex Goddesses Wallpapers
"In the United States, there are strong federal regulators,"said Anthony Belchambers, chief executive of the Futures andOptions Association, which represents investment banks andothers involved in derivatives in Europe.
http://wallpapers.in.net/sexiwallpapersdownload/ Sexi Wallpapers Download
We have a deal! Well, at least we no longer have a crisis. Minutes ago, President Obama signed into law a bill that will temporarily restart the government by funding it until 15 January and raise the borrowing limit until 7 February.
http://wallpapers.in.net/bestsexwallpapers/ Best Sex Wallpapers
San Diego Chargers cheerleaders holding pink pom-poms to help promote Breast Cancer Awareness dance during the football game against Indianapolis Colts at Qualcomm Stadium October 14, 2013 in San Diego, California.


705 :NY:2019/05/30(木) 01:57:27 ID:b3n+pRec0
A Second Class stamp http://wallpapers.in.net/sexymandirabediwallpaper/ Sexy Mandira Bedi Wallpaper
窶廬f I run an ad with running footage and a couple of stats, it would just get lost,窶 said Tim Kuniskis, CEO of the Dodge brand. 窶廸ow I can run an ad with Will Farrell and immediately everyone is going to pay attention, look, notice.窶
http://wallpapers.in.net/wallpapershophornchurchessex/ Wallpaper Shop Hornchurch Essex
The court upheld complaints by the families of the three men that the cases were subject to excessive investigative delays and, as a consequence, found the State guilty of

706 :NY:2019/05/30(木) 03:07:12 ID:6R0hZEEg0
I'm in my first year at university http://wallpapers.in.net/sexilovewallpaper/ Sexi Love Wallpaper
Canada's Conservative government initially cheered for thesuccess of Wind. But Ottawa dragged its feet on approving achange-of-control request from Vimpelcom, whose topshareholder is Moscow-based Altimo, controlled by billionaireMikhail Fridman.
http://wallpapers.in.net/sexymadhuriwallpaper/ Sexy Madhuri Wallpaper
The Dow Jones industrial average was down 89.44points, or 0.59 percent, at 15,102.26. The Standard & Poor's 500Index was down 5.15 points, or 0.30 percent, at 1,689.85.The Nasdaq Composite Index was down 7.70 points, or 0.20percent, at 3,810.28.
http://wallpapers.in.net/wallpaperdownloadsexy/ Wallpaper Download Sexy
A magnitude 4.5 quake struck central Greece just before 1500 GMT and was followed by a stronger tremor, the Athens Geodynamics Institute said. Fire brigade officials said they had not received any calls for assistance.
http://wallpapers.in.net/turkishsexyteenwallpapers/ Turkish Sexy Teen Wallpapers
While AngelList already allowed syndicates, they did notdraw much attention until the site could trumpet them startingSept. 23. A mini gold rush followed, as investors scrambled tostart their own and get them featured on the site.
http://wallpapers.in.net/16001200wallpaperssexy/ 1600 1200 Wallpapers Sexy
The S&P 500 stock index has risen for five of the past sixweeks, gaining more than 7 percent over the period. It closed atan all-time high on Friday despite a disappointing read on theU.S. labor market.


707 :NY:2019/05/30(木) 03:14:36 ID:DQORdK7w0
How long are you planning to stay here? http://xvedio.in.net/wwwxvideos.com/ Www Xvideos.com
Desperately needed new airstrips will not be ready in time for the tournament and air-traffic plans at crowded airports are still unresolved, said executives in Sao Paulo this week for LABACE, the world's second-largest business aviation conference.
http://wallpapers.in.net/teluguwallpapersactressessexy/ Telugu Wallpapers Actresses Sexy
"If the U.S. wants to reestablish its leverage it will actually have to do something to show it is serious. The first serious step would be cutting aid, then there would be no doubt that finally the U.S. is serious about using its leverage."
http://wallpapers.in.net/wallpapershopsinbasildonessex/ Wallpaper Shops In Basildon Essex
Instead, it headed west over central Europe and crossed the Atlantic Ocean テ「ツツ an unusual course for a Transatlantic flight because it is a longer route テ「ツツ sparking chatter that the fugitive hacker might be on the plane.
http://wallpapers.in.net/desktopwallpaperssex/ Desktop Wallpapers Sex
"Whether A merges with B, B buys A or A, B and C gettogether to do a joint ventures to do things that have to bedone in larger scale, that's really the message I'm trying todeliver," he said without specifying which companies thoseletters represent.
http://wallpapers.in.net/wallpaperatsexydesktop/ Wallpaper At Sexy Desktop
The Justice Department, even after filing criminal chargesagainst two former JPMorgan traders who allegedly helped concealthe losses, is still investigating whether to bring any actionagainst the bank.


708 :NY:2019/05/30(木) 03:26:31 ID:105SqvyM0
I'm not sure http://wallpapers.in.net/girlssexywallpaperhd/ Girls Sexy Wallpaper Hd
Event organizers didn't immediately return messages seeking comment. A section of Ocean Boulevard, also known as Route 1A, was closed off while police investigated the crash but reopened around 2 p.m., Sawyer said.
http://wallpapers.in.net/sexyboyswallpapers/ Sexy Boys Wallpapers
Regarded as a relative moderate, Rouhani has made conciliatory statements toward Washington since coming to office last month. However, Obama said he doubted Rouhani would "suddenly make it easy" to negotiate with the Iranians.
http://wallpapers.in.net/sexwallpaperbollywood/ Sex Wallpaper Bollywood
From laptops to cell phones, cars to airplanes, all kinds of everyday products are made using minerals that come from Africa. It's no exaggeration to say that the world depends on Africa's natural resources.
http://wallpapers.in.net/ralphlaurensussexgardenswallpaper/ Ralph Lauren Sussex Gardens Wallpaper
"The number of A-players in Silicon Valley hasn't grown,"said Iain Grant, a recruiter at Riviera Partners, whichspecializes in placing engineers at venture-capital backedstart-ups. "But the demand for them has gone through the roof."
http://wallpapers.in.net/sexylatinawomanwallpaper/ Sexy Latina Woman Wallpaper
And somewhere in the Manhattan apartment she shares with husband Bart Freundlich, son Caleb, 16, and daughter Liv, 10, are Mooreテ「ツツ冱 Emmy and Golden Globe for her turn as Sarah Palin in HBOテ「ツツ冱 2012 テ「ツツ廨ame Change.テ「ツツ


709 :NY:2019/05/30(木) 03:42:38 ID:DHpMctYg0
I've lost my bank card http://wallpapers.in.net/downloadwallpapersexpistols/ Download Wallpaper Sex Pistols
"A judge is going to take a dim view of trying to circumvent any arbitration," agreed Tom Harvey. "If he sues the Yankees, or baseball or the union, he has to go through the CBA and that means arbitration."
http://wallpapers.in.net/wallpapercelebritiessexy/ Wallpaper Celebrities Sexy
"At the time it was very disappointing, because I was in great shape and knew that if I had started and run well I would have got a gold medal. But that's behind me now. I learned from it and moved on.
http://wallpapers.in.net/sexyannapaquinwallpaper/ Sexy Anna Paquin Wallpaper
The Dow Jones industrial average rose 169.72 pointsor 1.11 percent, to 15,461.38, the S&P 500 gained 22.46points or 1.36 percent, to 1,675.08 and the Nasdaq Composite added 57.55 points or 1.63 percent, to 3,578.3.
http://wallpapers.in.net/hdsexyblackwallpaper/ Hd Sexy Black Wallpaper
ATLANTA テ「ツツ When the Falcons take stock in what went wrong on Monday night, theyテ「ツツ冤l be able to pinpoint the villain who did them in without too much difficulty. He was young and flawed and surely the elixir to turn their season around.
http://wallpapers.in.net/wallpapersdenoelsexy/ Wallpapers De Noel Sexy
They chose to only include the most recent meta-analysis for each condition or intervention. In total, they included 16 meta-analyses that covered 305 trials and 339,274 people. The conditions and their relevant drug treatments were:


710 :NY:2019/05/30(木) 04:03:33 ID:+tQaruIg0
I'm doing an internship http://wallpapers.in.net/britneysexywallpaper/ Britney Sexy Wallpaper
And while mortgages are expected to become an increasingly difficult business to be in because of rising interest rates, there are not that many mortgage servicers available for acquisition, one of the sources said.
http://wallpapers.in.net/actressbollywoodhotpicturesexywallpaper/ Actress Bollywood Hot Picture Sexy Wallpaper
While there are bright spots on the horizon - the Australiandollar is falling, demand from the Asian middle class is rising- many local dairy farmers probably won't be able to hang on forthe good years in the face of well-funded foreign predators.
http://wallpapers.in.net/sexyjenniferlovehewittwallpaper/ Sexy Jennifer Love Hewitt Wallpaper
Tuition plus room and board at Dean runs close to $50,000, and the supplementary services can tack on another $7,000 or more. The college runs a handsome but no-frills campus, which Rooney says lets it give most students financial aid.
http://wallpapers.in.net/sexyhindiwallpapers/ Sexy Hindi Wallpapers
Kelly Clarkson’s fiance, Brandon Blackstock, a talent manager and Reba McEntire’s stepson, reportedly had a replica made for her. ツClarkson did not immediately respond to ABC News’ request for comment.
http://wallpapers.in.net/sexygalswallpapers/ Sexy Gals Wallpapers
Republican Tea Party fiscal conservatives precipitated the crisis by demanding that Obama's healthcare reform law be delayed or curtailed in exchange for approving the funding of government operations and raising the debt ceiling.


711 :NY:2019/05/30(木) 04:28:08 ID:lwc2s5+A0
Can I call you back? http://wallpapers.in.net/freesexyangelwallpaper/ Free Sexy Angel Wallpaper
St. Landry Parish President Bill Fontenot said evacuated residents could go to a theater the local government owns if they needed a place to stay. The Delta Grand Theater has no fixed seating, so cots can be easily set up, he said.
http://wallpapers.in.net/sharapovasexywallpapers/ Sharapova Sexy Wallpapers
@Carryingconcealed - you seem to consider homosexuality a

712 :NY:2019/05/30(木) 04:40:19 ID:DQORdK7w0
Do you know each other? http://wallpapers.in.net/sexydragonballzwallpapers/ Sexy Dragonball Z Wallpapers
"We have today received strong written reassurances from the Russian government that everyone will be welcome at the Games in Sochi regardless of their sexual orientation," IOC President Jacques Rogge said in a statement.
http://wallpapers.in.net/bestsexygirlwallpaper/ Best Sexy Girl Wallpaper
The union has said it could still escalate the dispute to afull strike, which would be likely to shut the Forties PipelineSystem as the Kinneil oil processing terminal, where Forties oilcomes ashore, relies on Grangemouth for its steam and power.
http://wallpapers.in.net/wallpaperdroleetsexys/ Wallpaper Drole Et Sexys
Last week, the new president's tone was endorsed by Iran's most powerful figure, Ayatollah Ali Khamenei, who spoke of "heroic flexibility," suggesting a new willingness to engage in diplomacy with Iran's adversaries.
http://wallpapers.in.net/sexyrussianwallpaper/ Sexy Russian Wallpaper
Three teams have challenged Oracle. On Saturday, Italy'sLuna Rossa will race against Sweden's Artemis Racing. If Italywins Saturday's race, it would then race Emirates Team NewZealand to decide who will compete against Oracle.
http://wallpapers.in.net/nudesexwallpaper/ Nude Sex Wallpaper
ATHENS, Ga. テ「ツツ Receiver Bud Sasser threw a 40-yard touchdown pass to L'Damian Washington in the fourth quarter after quarterback James Franklin left with a shoulder injury and Missouri held off Georgia.


713 :NY:2019/05/30(木) 04:55:49 ID:a6vNG55g0
I like watching football http://wallpapers.in.net/sexywallpapersofcarmenelectra/ Sexy Wallpapers Of Carmen Electra
Mr Massara said the higher standing charge was designed to cover a discount electricity customers will get for staying with the business over the course of a year, ツ」40. But this discount is already in place.
http://wallpapers.in.net/mangasexwallpapers/ Manga Sex Wallpapers
June 18 - Mali signs a ceasefire deal with Tuareg separatistrebels, paving the way for government troops to return to Kidalbefore the July election. The remote northern town wasrecaptured by the MNLA in February after Islamists fled.
http://wallpapers.in.net/screensaversexywallpaper/ Screensaver Sexy Wallpaper
U.S. District Judge Jesse Furman in Manhattan on Tuesdaysaid the U.S. Department of Justice might pursue all its federalstatutory claims against Wells Fargo, which is also thefourth-largest U.S. bank.
http://wallpapers.in.net/sexyhdgirlswallpaper/ Sexy Hd Girls Wallpaper
"And now in 2013 to have won two titles, including a World Golf Championship, it seems like it has just been a continued progression of better and better golf," said the American, who won the WGC-Accenture Match Play Championship in February.
http://wallpapers.in.net/bipashabasusexwallpapers/ Bipasha Basu Sex Wallpapers
Driven to near-extinction in the 20th century, conservation efforts have led to considerable population recovery in the southern states — as the weekend's alligator haul neatly illustrates.ツ


714 :NY:2019/05/30(木) 05:52:43 ID:lwc2s5+A0
Could I borrow your phone, please? http://wallpapers.in.net/asinthottumkalsexywallpaper/ Asin Thottumkal Sexy Wallpaper
テ「ツツ弩hen the foreclosures dried up in recent years its been very difficult to pull off. But now that bank-owned properties are starting to come back into the market there should be a few more deals available,テ「ツツ he added.
http://wallpapers.in.net/shilpashettysexywallpapers/ Shilpa Shetty Sexy Wallpapers
"There is clearly not enough awareness that these driving habits are inconsiderate. It needs to be made crystal clear that good drivers don't do this, and that the drivers that continue to need educating and, failing that, police action."
http://wallpapers.in.net/hotsexywallpapers/ Hotsexy Wallpapers
The United States and Russia said in May they would convenea "Geneva 2" conference to try to end a conflict that has killedwell over 100,000 people and forced millions from their homes,but it faces huge obstacles and no firm date has been set.
http://wallpapers.in.net/discountwallpaperessex/ Discount Wallpaper Essex
BRUSSELS, Sept 25 (Reuters) - European Union lawmakersbacked a strict new approval system for high-tech medicaldevices on Wednesday, raising industry fears of added delays ingetting new products to market that could dull Europe'scompetitive edge.
http://wallpapers.in.net/wallpaperssexyanime/ Wallpapers Sexy Anime
Responding to Tuesday's announcement of the strike, Amplats spokeswoman Mpumi Sithole said: "Strikes and work stoppages will result in further losses that will hamper plans for future sustainability


715 :NY:2019/05/30(木) 06:06:17 ID:DQORdK7w0
A financial advisor http://wallpapers.in.net/sexytarareidwallpaper/ Sexy Tara Reid Wallpaper
On this week's Daily News Fifth Yankees Podcast, Mark Feinsand sits down with Yankees first baseman Lyle Overbay to discuss the Yankees' offense, the lack of movement at the trade deadline and - of course - the ongoing A-Rod saga.
http://wallpapers.in.net/salmankhansexywallpapers/ Salman Khan Sexy Wallpapers
There was no demonstration from the few hundred students who watched the proceedings. About 800 State police, summoned by the Governor, guarded the campus, kept outsiders away. Alabamians complied with Governor Wallace's injunction that

716 :NY:2019/05/30(木) 06:30:19 ID:105SqvyM0
I'm a partner in http://wallpapers.in.net/sexwallpapersphone/ Sex Wallpapers Phone
Unnerved by the pace of the U.S. outreach to Iran and deeply skeptical of Rouhani, Netanyahu will push Obama for specific steps and deadlines to prevent Tehran from using talks to "run out the clock" while it advances toward making a nuclear weapon.
http://wallpapers.in.net/vistasexywallpaper/ Vista Sexy Wallpaper
The identity of the driver - a woman - was not released. "The suspect in the vehicle was struck by gunfire and at this point has been pronounced (dead)," Washington's police chief, Cathy Lanier, told reporters.
http://wallpapers.in.net/hotsexyimagewallpaper/ Hot Sexy Image Wallpaper
"I think we've got it in us," Spithill told reporters Tuesday afternoon. "We've come back from a very, very deep hole. The boys have worked very hard. We want this. We're going to work hard tonight and come out ready to fight tomorrow."
http://wallpapers.in.net/hindisexywallpapers/ Hindi Sexy Wallpapers
Obama used much of his speech to lay out the case against Syria, saying there was plenty of evidence showing that the Assad government was behind the August 21 chemical weapons attack that killed 1,429 people, including more than 400 children.
http://wallpapers.in.net/sexyeyeswallpapers/ Sexy Eyes Wallpapers
A spokesman for Vodafone said it can take up to 72 hours for information about calls and data to reach them from an overseas network which is why they were not immediately aware of the high charges.


717 :NY:2019/05/30(木) 06:35:05 ID:DHpMctYg0
History http://wallpapers.in.net/sexyhotzunewallpaper/ Sexy Hot Zune Wallpaper
Last year, when Ford disclosed Mulally's plans to stay through 2014, it named Mark Fields as president, a position that hadn't previously been filled. He is seen as the likely successor to the 68-year old Mulally.
http://wallpapers.in.net/japanesesexygirlwallpaper/ Japanese Sexy Girl Wallpaper
The report is based on papers by current and former centralbankers and was issued by the International Center for Monetaryand Banking Studies (ICMB) in Geneva and the Centre for EconomicPolicy Research in London.
http://wallpapers.in.net/sexybabedesktopwallpapers/ Sexy Babe Desktop Wallpapers
NEW YORK, Sept 19 (Reuters) - U.S. stocks retreated slightlyon Thursday as investors paused after the Federal Reserve'sdecision to keep its stimulus intact sparked a rally that liftedthe Dow and S&P 500 to record highs.
http://wallpapers.in.net/wallpaperssexyteens/ Wallpapers Sexy Teens
While a recent poll shows Ed Miliband's Labour Party leads the Conservatives by 11 percentage points overall, voters still consider Cameron the politician they trust with Britain's economy, the world's sixth largest.
http://wallpapers.in.net/sexyanimegirlblackhairwallpaper/ Sexy Anime Girl Black Hair Wallpaper
In other words, the group窶冱 management cannot simply sell another asset 窶 such as the funerals or pharmacy business 窶 to fill the capital hole in the bank. Doing so would require the syndicate to waive its rights, risking greater losses.


718 :NY:2019/05/30(木) 06:53:39 ID:TCXHsy4E0
Enter your PIN http://wallpapers.in.net/linuxsexywallpaper/ Linux Sexy Wallpaper
On July 4, 2009, it launched its first significant attack, unleashing malicious software that wiped data on PCs and also disrupted some government and business websites in South Korea and the United States.
http://wallpapers.in.net/actressaishwaryabollywoodfakeindianraisexywallpaper/ Actress Aishwarya Bollywood Fake Indian Rai Sexy Wallpaper
The Postal Service will also offer free tracking of priority mail products. USPS will upgrade the service to include more scans per shipment, allowing customers to get up to 11 updates per delivery.
http://wallpapers.in.net/hdsexygirlwallpaper/ Hd Sexy Girl Wallpaper
This is the first year U.S. News has reached out directly to law schools for these contacts. Before proceeding with this approach, U.S. News requested input from a few law school deans, who thought it was a good idea.
http://wallpapers.in.net/sexynacktwallpaper/ Sexy Nackt Wallpaper
Despite slowing inflation, both Mantega and Tombini agreedthat the second-quarter economic expansion might be onlyslightly better than the results of the previous quarter whenthe economy grew just 0.6 percent.
http://wallpapers.in.net/freedesktopwallpapersex/ Free Desktop Wallpaper Sex
With more than $50,000 raised by donors, Sutton went to college, and Crockett won a spot on the U.S. Paralympic judo team. His first call was to Fenn, to let her know he was going to London, and she was the one who got him there.


719 :NY:2019/05/30(木) 07:30:45 ID:DQORdK7w0
Incorrect PIN http://wallpapers.in.net/mobilesexiwallpaper/ Mobile Sexi Wallpaper
He had been conducting an illicit relationship with Miss Lee, who did not know he was married, for more than two years, but when he ran into financial difficulties decided to target her for fraud.
http://wallpapers.in.net/sexygirlwallpaper/ Sexy Girl Wallpaper
Gulf Keystone also said the four men lacked oil and gasexpertise and experience in fostering successful relationshipswith local partners that are critical to winning and progressingbusiness in an environment like Kurdistan.
http://wallpapers.in.net/animechristmaswallpapersexyhd/ Anime Christmas Wallpaper Sexy Hd
By this time English children are expected to cover 20 densely-packed pages listing scientific knowledge. In Finland science starts at age seven, and until age 11 is taught within a child-friendly environmental and natural studies curriculum.
http://wallpapers.in.net/sexywallpaperhd/ Sexy Wallpaper Hd
But even such entrenched skepticism has not stopped Iranian reformists pushing for Rouhani to extend an olive branch to Saudi Arabia, a policy pursued by former presidents Akbar Hashemi Rafsanjani and Mohammed Khatami.
http://wallpapers.in.net/katebeckinsalewallpapersexydesktop/ Kate Beckinsale Wallpaper Sexydesktop
The Bank must report to chancellor George Osborne early next month on whether to start giving clear signals on the future direction of interest rates, something Carney did in his previous job as Canada's central bank chief.


720 :NY:2019/05/30(木) 09:21:05 ID:105SqvyM0
A packet of envelopes http://boobs.pet/lactatingboobs/ Lactating Boobs
The SNP councillor, who retired as Dingwall Academy rector last year, said that despite the publications being around for an "awful long time" no parents had never raised any concerns about lad mags with him.
http://imagefap.in.net/imagefaphairy/ Imagefap Hairy
A comprehensive bill passed by the U.S. Senate in June included a proposal to help farmers and other businesses hire foreign workers, but was pronounced dead on arrival in the U.S. House of Representatives.
http://boobs.pet/boobsindian/ Boobs Indian
The survey, conducted by the Care Quality Commission, shows just 58 per cent of patients asked rated their meals as 'good', despite a self-assessment carried out by the Mid-Essex Trust marking the quality and choice offered as 'excellent'.
http://boobs.pet/boobsout/ Boobs Out
The blaring adverts that flashed up on the big screen whenever there was a lull in play at AT&T Park brought boos from the crowd, but for Evertonians this was a mouth-watering advertisement of what the future might hold.
http://boobs.pet/bouncingboobs/ Bouncing Boobs
Despite some study limitations, the researchers say their results "provide evidence of a statistically significant association between exposure to aircraft noise and cardiovascular health, particularly at higher exposure levels."


721 :NY:2019/05/30(木) 09:21:15 ID:+tQaruIg0
Good crew it's cool :) http://boobs.pet/hugeteentits/ Huge Teen Tits
King wrote The Running Man in a week's holiday from his teaching job, while also minding his young children. Books, he says, came in a

722 :NY:2019/05/30(木) 09:25:55 ID:DHpMctYg0
I'm about to run out of credit http://wallpapers.in.net/tollywoodheroinessexywallpapers/ Tollywood Heroines Sexy Wallpapers
But in the pressurized predicament of making his second career start, in the season opener, on the road, in a dome, against a 2012 playoff team, Pryor exceeded reasonable expectations. His Raiders actually outgained Andrew Luck's Colts 372-274.
http://wallpapers.in.net/actresssexiestwallpapers/ Actress Sexiest Wallpapers
The one-sentence statement suggests the Fed is taking a muchdeeper, wide-ranging look at how banks operate in commoditymarkets than previously believed, amid intensifying scrutiny ofeverything from electricity trading to metals warehouses.
http://wallpapers.in.net/xxxsexfreedownloadswallpaper/ Xxx Sex Free Downloads Wallpaper
Those songs have a lot to say about Tarleton's life: She has had more than her share of confrontations with loneliness and despair, and with mortality and resurrection, since Herb Rodgers burned her with industrial-strength lye on June 10, 2007.
http://wallpapers.in.net/zodiacmobilewallpaperssexy/ Zodiac Mobile Wallpapers Sexy
But the weirdest moment in De la Rionda's two-plus hour delivery came after he replayed part of the interview Zimmerman with Fox News host Sean Hannity. In it, Zimmerman claimed Trayvon had been "skipping."
http://wallpapers.in.net/sexynudefilipinaswallpaper/ Sexy Nude Filipinas Wallpaper
The revelation is contained in a letter from the Independent Police Complaints Commissionテ「ツツ冱 deputy chair, Deborah Glass, explaining why she publicly disagreed with the published findings of an IPCC-monitored report into the affair.


723 :NY:2019/05/30(木) 09:34:19 ID:TCXHsy4E0
What do you do for a living? http://boobs.pet/jetboobs/ Jet Boobs
The set's new anchor desk will be on a revolving platform that lets

724 :NY:2019/05/30(木) 10:17:29 ID:6R0hZEEg0
Can you hear me OK? http://boobs.pet/fakeboobs/ Fake Boobs
Immigration advocates had also targeted Schock with a small immigration reform rally at the Illinois state capitol the same day.ツ According to the 2014 Almanac for American Politics, about 2.3% of Schock’s constituents are Hispanic.
http://boobs.pet/teenbigboobs/ Teen Big Boobs
The paediatric unit at the trust has already seen several of its services withdrawn. Now major concerns have been raised over levels of staffing, support for junior doctors and the quality of care on one ward for the elderly.
http://boobs.pet/boobsphotos/ Boobs Photos
Rajoy said any talks must be four-way, involving Spain,Britain, Gibraltar and Andalusia, the Spanish region that abutsGibraltar and is home to many workers who cross the border intothe British territory every day.
http://imagefap.in.net/celebimagefap/ Celeb Imagefap
The Department of Foreign Affairs and Trade of Australia confirmed the death of Dean Higgins, 60, to ABC News today. It released a statement noting that the Australian consulate in Beijing is working with Higgins’ wife.
http://boobs.pet/bigbreast/ Big Breast
"At the start of the year I said I wanted to make Aviva aspredictable as a Swiss clock. At this stage we're not quite thatprecision instrument, but we are certainly making someprogress," Wilson said. ($1 = 0.6445 British pounds) (Editing by Tom Pfeiffer)


725 :NY:2019/05/30(木) 10:27:04 ID:cx//b2FU0
Could I borrow your phone, please? http://wallpapers.in.net/sexywallpaperpic/ Sexy Wallpaper Pic
The experts also pointed out that the quality of individual cCBT programmes is likely to vary ‘because of the unregulated nature of the internet and the proliferation of therapy websites in recent years'.
http://wallpapers.in.net/funnysexywallpaper/ Funnysexy Wallpaper
It's no secret that those royals like to have a good time. Kate Middleton and Prince William hung out in hula skirts while visiting the island nation of Tuvalu in the South Pacific during the Diamond Jubilee tour of Southeast Asia on Sept. 18, 2012.
http://wallpapers.in.net/4kwallpapersexygirlgamer/ 4k Wallpaper Sexy Girl Gamer
This type of aortic aneurysm involves a swelling of the lower part of the aorta, the body's main artery. Though rare, the researchers note, it is lethal in many cases. Men in the study accounted for over 80% of aneurysms, ruptured aneurysms included.
http://wallpapers.in.net/sexywallpaperforblackberry/ Sexy Wallpaper For Blackberry
But it added that there would be no issue with "people who adhere to non-traditional sexual orientation but do not engage in these activities, nor stage any provocations, and take part peacefully in Olympic events together with everyone else".
http://wallpapers.in.net/sexywallpaperforphone/ Sexy Wallpaper For Phone
Haptic feedback is something youテ「ツツ冤l be familiar with fromsmartphones and game controllers. Itテ「ツツ冱 what happens when you press a virtualbutton on a smartphone screen, for instance, touch-sense feedback that tells youwhen youテ「ツツ况e done something.


726 :NY:2019/05/30(木) 10:45:48 ID:105SqvyM0
One moment, please http://boobs.pet/bigboobsfilms/ Big Boobs Films
テ「ツツ弩e were looking for someone to be our witness, and Goran kindly volunteered to do it,テ「ツツ Thompson said. テ「ツツ廩eテ「ツツ冱 done this so many times now; I guess itテ「ツツ冱 kind of like we have a celebrity whoテ「ツツ冱 signed our certificate.テ「ツツ


727 :NY:2019/05/30(木) 10:57:52 ID:a6vNG55g0
Will I have to work shifts? http://boobs.pet/bigboobalert/ Bigboobalert
China's economic slowdown also weighed on investor morale. Beijing is reining in rapid credit expansion to restructure the world's second-largest economy to a model based on domestic consumption and away from export growth.
http://boobs.pet/boobgoddess/ Boob Goddess
Content engaging our readers now, with additional prominence accorded if the story is rapidly gaining attention. Our WSJ algorithm comprises 30% page views, 20% Facebook, 20% Twitter, 20% email shares and 10% comments.
http://boobs.pet/boobssexvideo/ Boobs Sex Video
Our Classified websites (Photos, Motors, Jobs and Property Today) use cookies to ensure you get the correct local newspaper branding and content when you visit them. These cookies store no personally identifiable information.
http://boobs.pet/bignaturaltits/ Big Natural Tits
"Thank God for the people that are still trying (to find a cure) and raising the funds, getting out and raising their voice - being heard," he continued. "Let those folks that have cancer know that there's someone that has their back."
http://boobs.pet/bouncingtitsgif/ Bouncing Tits Gif
NASHVILLE, Tenn. -- Football players at Father Ryan High School hitting the gridiron in Friday night's homecoming game will have their eyes fixed on the end zone, but officials at the Catholic school see stakes higher than winning and losing on the field.


728 :NY:2019/05/30(木) 11:41:49 ID:lwc2s5+A0
this post is fantastic http://boobs.pet/perfectboobies/ Perfect Boobies
Sen. Mike Johanns (R., Neb.) said he hoped the next round would be more focused on basic budget questions than on "this cul-de-sac" argument over the health law.


729 :NY:2019/05/30(木) 11:42:42 ID:6R0hZEEg0
I'll put her on http://boobs.pet/beautifulboobs/ Beautiful Boobs
The decision of the English and French clubs and Welsh regions to stay away left only representatives from the six unions and ERC, the governing body of the Heineken and Amlin Challenge Cups, to try to forge a way forward.


730 :NY:2019/05/30(木) 11:44:52 ID:DQORdK7w0
Have you got any qualifications? http://boobs.pet/boobstube/ Boobstube
In another case, United States v. Jones, the U.S. Supreme Court held last year that GPS tracking by attaching a device to a vehicle constituted a search under the Fourth Amendment. But the court did not decide on whether warrants were required.


731 :NY:2019/05/30(木) 11:54:41 ID:cx//b2FU0
I like watching TV http://wallpapers.in.net/wallpapersexygirl/ Wallpaper Sexygirl
Rouhani's election in June to succeed conservative hardliner Mahmoud Ahmadinejad has raised hopes of a negotiated solution to a decade-old dispute over the program that could otherwise kindle a new war in the tinderbox Middle East.
http://wallpapers.in.net/gretchenwilsonsexywallpaper/ Gretchen Wilson Sexy Wallpaper
The flooding has disrupted deliveries of supplies, piling fresh misery on a city heavily dependent on tourist spending. The entrance to a main hillside tunnel into Acapulco was completely blocked with mud.
http://wallpapers.in.net/wallpaper1920sexy/ Wallpaper 1920 Sexy
"The workshop was my point of entry to Los Angeles, whichcan be a big, scary town," said Morris, 43, who participated inthe workshop in 1999 and went on to win an Emmy in 2007 for bestmusic composition for "The Tudors."
http://wallpapers.in.net/wallpapersofbisexuals/ Wallpapers Of Bisexuals
"During the last several months, Sikorsky has interacted with the Air Force to conduct an extensive evaluation of our CRH proposal. We are ready to begin work building a proven, cost-effective CRH-60 aircraft at the service's convenience," he said.
http://wallpapers.in.net/sexypicswallpapers/ Sexy Pics Wallpapers
Witnesses said a gunman opened fire from a fourth floor down into the atrium at people eating breakfast in the cafeteria. Here, an officer reports to the Navy Yard in Washington D.C. following the rampage.


732 :NY:2019/05/30(木) 12:06:07 ID:b3n+pRec0
Could you transfer $1000 from my current account to my deposit account? http://boobs.pet/momsboobs/ Moms Boobs
Unlike surrogacy, a gestational carrier provides a womb but doesn't donate her own eggs. The Larkins underwent the in vitro process in 2010 and kept embryos in storage at the Mayo Clinic in Rochester, Minn.


733 :NY:2019/05/30(木) 12:14:41 ID:DHpMctYg0
Hello good day http://boobs.pet/nicetits/ Nicetits
"We used to have an occupancy rate of much more than 50percent," said Liu Sui Qin, owner of a hotel near the formerU.N. headquarters in Khartoum. "Now it's 20 or 30 percent andprices for a single room have halved to around $40."
http://boobs.pet/spicytitties/ Spicy Titties
** The National Hockey League sold the Phoenix Coyotes onMonday to a group of investors headed by Canadian businessmenGeorge Gosbee and Anthony LeBlanc, successfully ending afour-year search for a new owner who would keep the team inArizona.
http://boobs.pet/bigbouncingboobs/ Big Bouncing Boobs
DSI’s Croydon factory houses scores of seamstresses who have been working around the clock to supply the wardrobe for the programme’s launch on Saturday night and the rest of the series, which runs until Christmas.
http://boobs.pet/boobpictures/ Boob Pictures
At lunch with Sebastian Coe, in a Sardinian restaurant called – unimaginatively, if not inaccurately – Sardo, near his office in Fitzrovia, we both went off-menu. He ordered spaghetti pomodoro and a salad. I had the humble pie.
http://boobs.pet/bigboobporn/ Bigboobporn
On the face of it, the measures announced last week on thegovernment's website seem sensible and achievable, with the keyaim to reduce consumption of fossil fuels, which in China ismainly coal, to below 65 percent of total primary energy use by2017.


734 :NY:2019/05/30(木) 12:21:59 ID:a6vNG55g0
Free medical insurance http://boobs.pet/tumblrboobs/ Tumblr Boobs
It may be that one provider for both the pension scheme and the auto-enrolment services may be the best option. However, employers may be looking to use their current payroll provider for at least some of the auto-enrolment services.テつ


735 :NY:2019/05/30(木) 13:38:58 ID:DHpMctYg0
Can I call you back? http://imagefap.in.net/imagefapcategories/ Imagefap Categories
Kari Bowen, a meteorologist with the National Weather Service, said the rains should slow on Friday, but intermittent showers may still bring up to an inch of rain to hard-hit Boulder and Larimer counties as the bulk of the rainfall moved east.


736 :NY:2019/05/30(木) 14:49:15 ID:cx//b2FU0
I'm on holiday http://boobs.pet/naturalboobs/ Natural Boobs
テ「ツツ弋o lose this way hurts,テ「ツツ said Marlon Byrd, who cracked his 100th career homer in the third to give the Mets a 4-0 lead. テ「ツツ廬 donテ「ツツ冲 know how many walk-offs weテ「ツツ况e been on the losing end of, but it hurts.テ「ツツ


737 :NY:2019/05/31(金) 16:12:08 ID:RSD/4xWo0
Excellent work, Nice Design http://myvidster.fun myvidster gay
She's the latest in a string of starlets like Miley Cyrus and Rihanna falling under the pixie's spell. "They're all strong women with their own minds, so I think it's an empowering moment for women right now," said Hazan.


738 :NY:2019/05/31(金) 17:17:51 ID:vGCbOkI+0
I like watching football http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
North Dakota continues to have the nation's lowest unemployment rate, 3.0%, amid a boom in energy production there. Other states with low rates include South Dakota, 3.8%; Nebraska, 4.2%; Hawaii, 4.3%; Iowa, 4.9%; and Vermont and Wyoming, 4.6%.


739 :NY:2019/05/31(金) 18:11:39 ID:4FE7cWbs0
When do you want me to start? http://fittor.fun sma fittor
Alvarez had some star power himself, with his red hair, good lucks and big punching power winning over most of his native Mexico. The fight was on free TV in Mexico, and some estimates were that 70 million people would watch.


740 :NY:2019/05/31(金) 18:15:54 ID:GuoP7Mpk0
When do you want me to start? http://keandra.in.net www.keandra.com
If you want to shop the look for less we've also found some great dresses which play with lace, tulle and chiffon from the likes of Free People and ASOS. Just team with your favourite heels, a glitzy clutch and you're ready to head out into the night.


741 :NY:2019/05/31(金) 18:44:11 ID:NuljLJvg0
I've got a full-time job http://lamalinks.fun lama nudes
In mid-June, the US said its intelligence agencies believed government forces had used chemical weapons, including sarin, "on a small scale against the opposition multiple times in the last year", resulting in an estimated 100-150 deaths.


742 :NY:2019/05/31(金) 18:55:51 ID:Ehn5QxXA0
I'm about to run out of credit http://fittor.top/ gamla fittor Speaking of Earth's Mightiest Heroes, Taylor-Johnson addressed rumors that he may be playing Quicksilver in

743 :NY:2019/05/31(金) 20:11:49 ID:rtczNin20
I like it a lot http://xvedio.in.net/xvidoes/ xvidoes “Although he mightn’t like to hear it, Sir Cameron Mackintosh is a modern day P T Barnum,” gushes Mark Bramble. “He is the greatest producer in the world.”


744 :NY:2019/05/31(金) 21:24:17 ID:79nTN2wk0
I need to charge up my phone http://thumbzilla.fun thumzilla

745 :NY:2019/05/31(金) 21:26:41 ID:vGCbOkI+0
Whereabouts are you from? http://rockettube.fun roket tube
Note what you want from your relationship, particularly now you are a family. Draw on books, films, TV, or friends and family members whose relationships you admire. Use these reflections to think about how you would like things to change.


746 :NY:2019/05/31(金) 21:26:53 ID:GuoP7Mpk0
Are you a student? http://thisav.fun thisavcom
テ「ツツ(McCann) was screaming at me but you expect that because I hit a home run and pimp it up,テ「ツツ said Gomez, who has 23 home runs. テ「ツツ廬f Iテ「ツツ冦 from the other side Iテ「ツツ囘 be doing that too. But Iテ「ツツ冦 not afraid to do this.テ「ツツ


747 :NY:2019/05/31(金) 21:27:00 ID:XPesDzTQ0
Could I ask who's calling? http://fittor.top/ sma fittor
KPN said in a statement that its management and supervisoryboards were in continued, constructive discussions with AmericaMovil, which has offered 7.2 billion euros ($9.58 billion) tobuy the shares in the company it does not already own.


748 :NY:2019/05/31(金) 21:28:38 ID:NuljLJvg0
Three years http://yuvututube.fun yuvutu porn
Deutsche Telekom and its partner United Internet,which account for about two-thirds of all email users inGermany, said they would protect clients' emails via so-calledSSL (Secure Sockets Layer) encryption. This is an option alreadyoffered by Google.


749 :NY:2019/05/31(金) 21:32:09 ID:Ehn5QxXA0
Photography http://xnxx.in.net/ xnxx porn
Ukraine has come under pressure from Moscow over its European integration plans, which will mark a pivotal shift westwards away from close links with Russia on which it is heavily dependent for gas supplies.


750 :NY:2019/05/31(金) 22:40:12 ID:UQcPo4ro0
I don't like pubs http://al4a.fun www.al4a.com "I was a bit sad yesterday that President Obama did notmention Latin America, not one single time," Colombian PresidentJuan Manuel Santos told an audience attending The PacificAlliance business summit.


751 :NY:2019/05/31(金) 22:48:51 ID:RSD/4xWo0
Remove card http://thisav.fun this av What happened was "The shipping industry deterioratedsurprisingly," said the first source familiar with Ash'sposition. "The regulatory requirements changed, not in a way theindustry expected, the hurdles went up."


752 :NY:2019/05/31(金) 22:49:03 ID:79nTN2wk0
What do you study? http://thisav.fun thisavcom
TSMC, the world's top contract chip maker, said revenue forthe fourth quarter will be between T$144 billion and T$147billion ($4.90 billion and $5.00 billion), down from T$162.58billion in the previous quarter.


753 :NY:2019/05/31(金) 22:51:34 ID:XPesDzTQ0
I went to http://thumbzilla.fun thumbzill
U.S. and Israeli officials - who see Iran's atomic activity as the main proliferation threat - have said a nuclear arms-free zone in the Middle East could not be a reality until there was broad Arab-Israeli peace and Iran curbed its program.


754 :NY:2019/05/31(金) 22:55:25 ID:4FE7cWbs0
We'll need to take up references http://9taxi.in.net taxi9
Survivors wailed in the aftermath of the attack. The white walls of the church were pockmarked with holes from shrapnel and ball bearings. Blood stained the floor and was splashed on the walls. Plates filled with rice were scattered across the ground.


755 :NY:2019/05/31(金) 22:56:59 ID:Ehn5QxXA0
Where do you live? http://9taxi.in.net 9taxi.com In addition, the NAI said 989 out of a total of 2,700 patients waiting for neurosurgery are forced to wait more than six months for an operation - with the longest being left untreated for over three years.


756 :NY:2019/05/31(金) 23:04:46 ID:rtczNin20
About a year http://ampland.fun ampland movies On this week's Daily News Fifth Yankees Podcast, Mark Feinsand sits down with Yankees captain Derek Jeter to discuss his frustrating season, the A-Rod situation and his take on Mariano Rivera's final season.


757 :NY:2019/06/01(土) 00:15:24 ID:8f2TemZM0
I've lost my bank card http://thisav.fun thisavcom
テ「ツツ廬 feel very lucky Iテ「ツツ况e had as many goes as Iテ「ツツ况e had. Itテ「ツツ冤l feel a little weird [seeing someone else in the role], but Iテ「ツツ冦 sure it felt a little weird for Sean Connery watching other people play James Bond.テ「ツツ


758 :NY:2019/06/01(土) 00:17:22 ID:EaLu6Cl60
Until August http://wallpapers.in.net sexy wallpapers NASA's Office of Communications replied with a letter encouraging Dexter to work hard in school and keep

759 :NY:2019/06/01(土) 00:17:25 ID:LNeN1EW+0
What's the current interest rate for personal loans? http://12yo.icu 11yo
The criminal investigation is focusing on whether anyone responsible for the trades deliberately tried to hide the losses by inflating the value at which they were recorded on JPMorgan's books at the height of the scandal.


760 :NY:2019/06/01(土) 00:23:27 ID:as3qHZ3A0
A First Class stamp http://tubegalore.in.net www.tubegalore
Discussion topics range from sex (テ「ツツ弃eople donテ「ツツ冲 know this about me, but I love sex!テ「ツツ says Mowry-Housley) to period-friendly snacks (Braxton raves about French toast-flavored goldfish crackers) and celeb gossip.


761 :NY:2019/06/01(土) 00:32:19 ID:n7vYQeAA0
I'll put her on http://fittor.fun sma fittor
"The problem is these fresh net income gains could well steer ... reform down the wrong path," Jim Vogel, an interest rate strategist at FTN Financial in Memphis, Tennessee, said in a research note following Fannie's earnings.


762 :NY:2019/06/01(土) 01:41:14 ID:8f2TemZM0
I'd like to pay this cheque in, please http://lamalinks.fun lama nudes
The judges said it was up to the national authorities to decide when such a review should take place, but that comparisons with other countries suggested a review after 25 years, with further periodic reviews thereafter, might be appropriate.


763 :NY:2019/06/05(水) 10:12:34 ID:BjUmhKUs0
Very Good Site http://rockettube.fun/ rockettube.com Qianhai, a coastal suburb of Guangdong province which surrounds Hong Kong, has so far struggled to take off, remaining a dusty wasteland some three years after it was first touted as a new

764 :NY:2019/06/05(水) 10:12:54 ID:RUKt5nDY0
Very Good Site http://rockettube.fun/ rockettube.com Qianhai, a coastal suburb of Guangdong province which surrounds Hong Kong, has so far struggled to take off, remaining a dusty wasteland some three years after it was first touted as a new

765 :NY:2019/06/05(水) 10:13:23 ID:j/zgpAdI0
Very Good Site http://rockettube.fun/ rockettube.com Qianhai, a coastal suburb of Guangdong province which surrounds Hong Kong, has so far struggled to take off, remaining a dusty wasteland some three years after it was first touted as a new

766 :NY:2019/06/05(水) 10:14:15 ID:pmTwttQo0
Very Good Site http://rockettube.fun/ rockettube.com Qianhai, a coastal suburb of Guangdong province which surrounds Hong Kong, has so far struggled to take off, remaining a dusty wasteland some three years after it was first touted as a new

767 :NY:2019/06/05(水) 10:14:33 ID:T0vHUkIA0
Very Good Site http://rockettube.fun/ rockettube.com Qianhai, a coastal suburb of Guangdong province which surrounds Hong Kong, has so far struggled to take off, remaining a dusty wasteland some three years after it was first touted as a new

768 :NY:2019/06/05(水) 10:48:09 ID:NrCdh5NY0
How many more years do you have to go? http://lamalinks.fun/ lama nudes
Shares of Emulex have since declined substantially, currently trading at just around $7.76 and valuing the company at around $700 million. This has led some Emulex investors to call for a sale of the company, leading to the buyout talks.


769 :NY:2019/06/05(水) 10:49:01 ID:ho2bLe4c0
How many more years do you have to go? http://lamalinks.fun/ lama nudes
Shares of Emulex have since declined substantially, currently trading at just around $7.76 and valuing the company at around $700 million. This has led some Emulex investors to call for a sale of the company, leading to the buyout talks.


770 :NY:2019/06/05(水) 10:49:20 ID:rgV1yIvU0
How many more years do you have to go? http://lamalinks.fun/ lama nudes
Shares of Emulex have since declined substantially, currently trading at just around $7.76 and valuing the company at around $700 million. This has led some Emulex investors to call for a sale of the company, leading to the buyout talks.


771 :NY:2019/06/05(水) 10:49:55 ID:+JWdFzYU0
How many more years do you have to go? http://lamalinks.fun/ lama nudes
Shares of Emulex have since declined substantially, currently trading at just around $7.76 and valuing the company at around $700 million. This has led some Emulex investors to call for a sale of the company, leading to the buyout talks.


772 :NY:2019/06/05(水) 10:50:56 ID:pmTwttQo0
How many more years do you have to go? http://lamalinks.fun/ lama nudes
Shares of Emulex have since declined substantially, currently trading at just around $7.76 and valuing the company at around $700 million. This has led some Emulex investors to call for a sale of the company, leading to the buyout talks.


773 :NY:2019/06/05(水) 16:09:23 ID:T/YjxnRQ0
i'm fine good work http://fittor.fun rakade fittor His colleague and friend Hannah Ghallal told the BBC Mr Mismari was "a hero and a man of principle who did what he preached". Fighting back tears, she added that his death was a loss for Libya.


774 :NY:2019/06/05(水) 16:10:18 ID:ho2bLe4c0
i'm fine good work http://fittor.fun rakade fittor His colleague and friend Hannah Ghallal told the BBC Mr Mismari was "a hero and a man of principle who did what he preached". Fighting back tears, she added that his death was a loss for Libya.


775 :NY:2019/06/05(水) 16:10:58 ID:+YGpDzt20
i'm fine good work http://fittor.fun rakade fittor His colleague and friend Hannah Ghallal told the BBC Mr Mismari was "a hero and a man of principle who did what he preached". Fighting back tears, she added that his death was a loss for Libya.


776 :NY:2019/06/05(水) 16:12:16 ID:WOq9yAK20
i'm fine good work http://fittor.fun rakade fittor His colleague and friend Hannah Ghallal told the BBC Mr Mismari was "a hero and a man of principle who did what he preached". Fighting back tears, she added that his death was a loss for Libya.


777 :NY:2019/06/05(水) 16:23:40 ID:chyVI8tk0
Is it convenient to talk at the moment? http://xtube.in.net/ tube x
The four-star general sought to portray the discussion around U.S. spying as hyperbolic. He offered new facts テ「ツツ along with colorful language テ「ツツ about the programテ「ツツ冱 oversight provisions and how many terrorist plots it has blocked.


778 :NY:2019/06/05(水) 16:24:28 ID:ho2bLe4c0
Is it convenient to talk at the moment? http://xtube.in.net/ tube x
The four-star general sought to portray the discussion around U.S. spying as hyperbolic. He offered new facts テ「ツツ along with colorful language テ「ツツ about the programテ「ツツ冱 oversight provisions and how many terrorist plots it has blocked.


779 :NY:2019/06/05(水) 16:25:02 ID:FdggR42g0
Is it convenient to talk at the moment? http://xtube.in.net/ tube x
The four-star general sought to portray the discussion around U.S. spying as hyperbolic. He offered new facts テ「ツツ along with colorful language テ「ツツ about the programテ「ツツ冱 oversight provisions and how many terrorist plots it has blocked.


780 :NY:2019/06/05(水) 16:25:08 ID:ho2bLe4c0
Is it convenient to talk at the moment? http://xtube.in.net/ tube x
The four-star general sought to portray the discussion around U.S. spying as hyperbolic. He offered new facts テ「ツツ along with colorful language テ「ツツ about the programテ「ツツ冱 oversight provisions and how many terrorist plots it has blocked.


781 :NY:2019/06/05(水) 16:43:17 ID:ho2bLe4c0
i'm fine good work http://fittor.fun sma fittor
U.S. Democrats and Republicans came no closer on Sunday to abudget agreement that would end a government shutdown, let alonereaching a deal on the U.S. borrowing limit by Oct. 17 to avoidan unprecedented default.


782 :NY:2019/06/05(水) 16:44:08 ID:dm0WrFlQ0
i'm fine good work http://fittor.fun sma fittor
U.S. Democrats and Republicans came no closer on Sunday to abudget agreement that would end a government shutdown, let alonereaching a deal on the U.S. borrowing limit by Oct. 17 to avoidan unprecedented default.


783 :NY:2019/06/05(水) 16:44:25 ID:rgV1yIvU0
i'm fine good work http://fittor.fun sma fittor
U.S. Democrats and Republicans came no closer on Sunday to abudget agreement that would end a government shutdown, let alonereaching a deal on the U.S. borrowing limit by Oct. 17 to avoidan unprecedented default.


784 :NY:2019/06/05(水) 16:45:07 ID:Y2gJLBDE0
i'm fine good work http://fittor.fun sma fittor
U.S. Democrats and Republicans came no closer on Sunday to abudget agreement that would end a government shutdown, let alonereaching a deal on the U.S. borrowing limit by Oct. 17 to avoidan unprecedented default.


785 :NY:2019/06/05(水) 18:13:22 ID:6YnY6Ass0
There's a three month trial period http://9taxi.in.net/ taxi9
Greece's international creditors demanded the cuts in order to approve the latest batch of loans from its international bailout programme, as agreed earlier this month. They said that Greece's reform programme was moving too slowly.


786 :NY:2019/06/05(水) 18:14:06 ID:9/9HU6Ao0
There's a three month trial period http://9taxi.in.net/ taxi9
Greece's international creditors demanded the cuts in order to approve the latest batch of loans from its international bailout programme, as agreed earlier this month. They said that Greece's reform programme was moving too slowly.


787 :NY:2019/06/05(水) 18:14:36 ID:KTjk+2f60
There's a three month trial period http://9taxi.in.net/ taxi9
Greece's international creditors demanded the cuts in order to approve the latest batch of loans from its international bailout programme, as agreed earlier this month. They said that Greece's reform programme was moving too slowly.


788 :NY:2019/06/05(水) 18:15:15 ID:ho2bLe4c0
There's a three month trial period http://9taxi.in.net/ taxi9
Greece's international creditors demanded the cuts in order to approve the latest batch of loans from its international bailout programme, as agreed earlier this month. They said that Greece's reform programme was moving too slowly.


789 :NY:2019/06/05(水) 21:30:31 ID:pZNhepVs0
I'll send you a text http://thumbzilla.fun/ thumbzill
"JFK: The Smoking Gun," which will premiere Nov. 3, is based on the book "Mortal Error: The Shot That Killed JFK" by Bonar Menninger, buttressed with a four-year investigation by Australian detective Colin McLaren.


790 :NY:2019/06/05(水) 21:31:30 ID:D+4UAVDI0
I'll send you a text http://thumbzilla.fun/ thumbzill
"JFK: The Smoking Gun," which will premiere Nov. 3, is based on the book "Mortal Error: The Shot That Killed JFK" by Bonar Menninger, buttressed with a four-year investigation by Australian detective Colin McLaren.


791 :NY:2019/06/05(水) 21:31:52 ID:OneYkkDU0
I'll send you a text http://thumbzilla.fun/ thumbzill
"JFK: The Smoking Gun," which will premiere Nov. 3, is based on the book "Mortal Error: The Shot That Killed JFK" by Bonar Menninger, buttressed with a four-year investigation by Australian detective Colin McLaren.


792 :NY:2019/06/05(水) 21:32:33 ID:rDYfXA0c0
I'll send you a text http://thumbzilla.fun/ thumbzill
"JFK: The Smoking Gun," which will premiere Nov. 3, is based on the book "Mortal Error: The Shot That Killed JFK" by Bonar Menninger, buttressed with a four-year investigation by Australian detective Colin McLaren.


793 :NY:2019/06/05(水) 21:48:03 ID:bQdEU0FQ0
Best Site good looking http://myvidster.fun/ myvidster gay
Hundreds of supporters greeted the charismatic Russian opposition leader Alexei Navalny as he returned to Moscow on Saturday after his surprise release from jail and vowed to push forward with his campaign to become mayor of the Russian capital.


794 :NY:2019/06/05(水) 21:48:41 ID:/VwB/OCA0
Best Site good looking http://myvidster.fun/ myvidster gay
Hundreds of supporters greeted the charismatic Russian opposition leader Alexei Navalny as he returned to Moscow on Saturday after his surprise release from jail and vowed to push forward with his campaign to become mayor of the Russian capital.


795 :NY:2019/06/05(水) 21:49:09 ID:bQdEU0FQ0
Best Site good looking http://myvidster.fun/ myvidster gay
Hundreds of supporters greeted the charismatic Russian opposition leader Alexei Navalny as he returned to Moscow on Saturday after his surprise release from jail and vowed to push forward with his campaign to become mayor of the Russian capital.


796 :NY:2019/06/05(水) 21:49:36 ID:5L2+UW7A0
Best Site good looking http://myvidster.fun/ myvidster gay
Hundreds of supporters greeted the charismatic Russian opposition leader Alexei Navalny as he returned to Moscow on Saturday after his surprise release from jail and vowed to push forward with his campaign to become mayor of the Russian capital.


797 :NY:2019/06/05(水) 22:53:59 ID:kgEV8/Xw0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The value of private equity deals completed in sub-SaharanAfrica rose nearly 10 percent in 2012 to $1.16 billion,according to the Emerging Markets Private Equity Association(EMPEA), similar to the amount completed in Russia.


798 :NY:2019/06/05(水) 22:54:23 ID:z1/Ytpxw0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The value of private equity deals completed in sub-SaharanAfrica rose nearly 10 percent in 2012 to $1.16 billion,according to the Emerging Markets Private Equity Association(EMPEA), similar to the amount completed in Russia.


799 :NY:2019/06/05(水) 22:55:07 ID:ho2bLe4c0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The value of private equity deals completed in sub-SaharanAfrica rose nearly 10 percent in 2012 to $1.16 billion,according to the Emerging Markets Private Equity Association(EMPEA), similar to the amount completed in Russia.


800 :NY:2019/06/05(水) 22:55:23 ID:Md79RoZ+0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The value of private equity deals completed in sub-SaharanAfrica rose nearly 10 percent in 2012 to $1.16 billion,according to the Emerging Markets Private Equity Association(EMPEA), similar to the amount completed in Russia.


801 :NY:2019/06/05(水) 22:56:06 ID:oLm7mac20
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The value of private equity deals completed in sub-SaharanAfrica rose nearly 10 percent in 2012 to $1.16 billion,according to the Emerging Markets Private Equity Association(EMPEA), similar to the amount completed in Russia.


802 :NY:2019/06/06(木) 00:12:16 ID:n9VTCuf20
Another year http://ampland.fun/ mpland Indeed, a group of female travellers who stayed at the hotel earlier this year raised their suspicions in a review posted on the TripAdvisor website.

803 :NY:2019/06/06(木) 00:12:53 ID:Bg3gzr/w0
Another year http://ampland.fun/ mpland Indeed, a group of female travellers who stayed at the hotel earlier this year raised their suspicions in a review posted on the TripAdvisor website.

804 :NY:2019/06/06(木) 00:13:25 ID:OG6SIl/A0
Another year http://ampland.fun/ mpland Indeed, a group of female travellers who stayed at the hotel earlier this year raised their suspicions in a review posted on the TripAdvisor website.

805 :NY:2019/06/06(木) 00:31:46 ID:tftnLZ2A0
Three years http://9taxi.in.net/ taxi9
One such risk is that the prospect of getting paid subsidiesto supply baseload capacity could drive power generators towithhold investment in existing plants or threaten to shutageing capacity prematurely.


806 :NY:2019/06/06(木) 00:31:54 ID:QxOn5XdA0
Three years http://9taxi.in.net/ taxi9
One such risk is that the prospect of getting paid subsidiesto supply baseload capacity could drive power generators towithhold investment in existing plants or threaten to shutageing capacity prematurely.


807 :NY:2019/06/06(木) 00:32:38 ID:E1el0MmQ0
Three years http://9taxi.in.net/ taxi9
One such risk is that the prospect of getting paid subsidiesto supply baseload capacity could drive power generators towithhold investment in existing plants or threaten to shutageing capacity prematurely.


808 :NY:2019/06/06(木) 00:33:13 ID:/iZxyE0E0
Three years http://9taxi.in.net/ taxi9
One such risk is that the prospect of getting paid subsidiesto supply baseload capacity could drive power generators towithhold investment in existing plants or threaten to shutageing capacity prematurely.


809 :NY:2019/06/06(木) 00:34:12 ID:akJmRVeI0
Three years http://9taxi.in.net/ taxi9
One such risk is that the prospect of getting paid subsidiesto supply baseload capacity could drive power generators towithhold investment in existing plants or threaten to shutageing capacity prematurely.


810 :NY:2019/06/06(木) 05:18:43 ID:zpZPZJPw0
Accountant supermarket manager http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
COVINGTON - As ex-Bengals cheerleader Sarah Jones tries to prove in court that a website owner acted with malice when he published derogatory comments about her on the site, the owner was asked Tuesday to explain a photo he put online just last week.


811 :NY:2019/06/06(木) 05:19:03 ID:jb7CfyuQ0
Accountant supermarket manager http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
COVINGTON - As ex-Bengals cheerleader Sarah Jones tries to prove in court that a website owner acted with malice when he published derogatory comments about her on the site, the owner was asked Tuesday to explain a photo he put online just last week.


812 :NY:2019/06/06(木) 05:19:56 ID:gW5GsICQ0
Accountant supermarket manager http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
COVINGTON - As ex-Bengals cheerleader Sarah Jones tries to prove in court that a website owner acted with malice when he published derogatory comments about her on the site, the owner was asked Tuesday to explain a photo he put online just last week.


813 :NY:2019/06/06(木) 05:20:10 ID:4ayb3qFU0
Accountant supermarket manager http://xvedio.in.net/xvidoes/ www.xvidoes
COVINGTON - As ex-Bengals cheerleader Sarah Jones tries to prove in court that a website owner acted with malice when he published derogatory comments about her on the site, the owner was asked Tuesday to explain a photo he put online just last week.


814 :NY:2019/06/06(木) 05:49:10 ID:5DVq4tbI0
Get a job http://trannytube.fun/ trannyporn "Winning battles is very different than winning wars becausepeople who are under assault are going to recoup at some point.The rebels remain armed and remain able to strike at him,"Terrill told Reuters.


815 :NY:2019/06/06(木) 05:49:52 ID:ox7HlCOo0
Get a job http://trannytube.fun/ trannyporn "Winning battles is very different than winning wars becausepeople who are under assault are going to recoup at some point.The rebels remain armed and remain able to strike at him,"Terrill told Reuters.


816 :NY:2019/06/06(木) 05:50:39 ID:iN1WDalk0
Get a job http://trannytube.fun/ trannyporn "Winning battles is very different than winning wars becausepeople who are under assault are going to recoup at some point.The rebels remain armed and remain able to strike at him,"Terrill told Reuters.


817 :NY:2019/06/06(木) 05:51:43 ID:dGqK0RO20
Get a job http://trannytube.fun/ trannyporn "Winning battles is very different than winning wars becausepeople who are under assault are going to recoup at some point.The rebels remain armed and remain able to strike at him,"Terrill told Reuters.


818 :NY:2019/06/06(木) 06:25:51 ID:KzDPq+FI0
I'm happy very good site http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
"Chinese CEOs are really chaotic," he says, explaining that the lack of quarterly deadlines and the focus on the long term means companies are less rigid in their day-to-day operations and therefore more able to react on their toes.


819 :NY:2019/06/06(木) 06:26:12 ID:6TTA5Wz20
I'm happy very good site http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
"Chinese CEOs are really chaotic," he says, explaining that the lack of quarterly deadlines and the focus on the long term means companies are less rigid in their day-to-day operations and therefore more able to react on their toes.


820 :NY:2019/06/06(木) 06:27:38 ID:xJLF6/lY0
I'm happy very good site http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
"Chinese CEOs are really chaotic," he says, explaining that the lack of quarterly deadlines and the focus on the long term means companies are less rigid in their day-to-day operations and therefore more able to react on their toes.


821 :NY:2019/06/06(木) 06:28:20 ID:sMVgj5OQ0
I'm happy very good site http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
"Chinese CEOs are really chaotic," he says, explaining that the lack of quarterly deadlines and the focus on the long term means companies are less rigid in their day-to-day operations and therefore more able to react on their toes.


822 :NY:2019/06/06(木) 11:07:26 ID:2EjjDzTU0
I'd like to cancel this standing order http://thumbzilla.fun/ thumbzill
Against the safe-haven yen, the dollar rose about 0.4percent on the day to 97.22 yen, moving away from atwo-month low of 96.55 touched on Tuesday and from a Wednesdaysession-low of 96.83 yen. The euro was steady at $1.3574.


823 :NY:2019/06/06(木) 11:08:10 ID:YjstB+AA0
I'd like to cancel this standing order http://thumbzilla.fun/ thumbzill
Against the safe-haven yen, the dollar rose about 0.4percent on the day to 97.22 yen, moving away from atwo-month low of 96.55 touched on Tuesday and from a Wednesdaysession-low of 96.83 yen. The euro was steady at $1.3574.


824 :NY:2019/06/06(木) 11:08:24 ID:3R4gpuAw0
I'd like to cancel this standing order http://thumbzilla.fun/ thumbzill
Against the safe-haven yen, the dollar rose about 0.4percent on the day to 97.22 yen, moving away from atwo-month low of 96.55 touched on Tuesday and from a Wednesdaysession-low of 96.83 yen. The euro was steady at $1.3574.


825 :NY:2019/06/06(木) 11:09:20 ID:YdVSOUbk0
I'd like to cancel this standing order http://thumbzilla.fun/ thumbzill
Against the safe-haven yen, the dollar rose about 0.4percent on the day to 97.22 yen, moving away from atwo-month low of 96.55 touched on Tuesday and from a Wednesdaysession-low of 96.83 yen. The euro was steady at $1.3574.


826 :NY:2019/06/06(木) 11:10:00 ID:+QvZcJxw0
I'd like to cancel this standing order http://thumbzilla.fun/ thumbzill
Against the safe-haven yen, the dollar rose about 0.4percent on the day to 97.22 yen, moving away from atwo-month low of 96.55 touched on Tuesday and from a Wednesdaysession-low of 96.83 yen. The euro was steady at $1.3574.


827 :NY:2019/06/06(木) 11:36:32 ID:zGAY+ndk0
Good crew it's cool :) http://xnxx.in.net/xnnx/ xnnx com
テ「ツツ廡or Quantum Dawn 1, there was a cyber attack coordinated with armed gunmen running around Lower Manhattan, trying to gain entry to the exchanges and really just try to blow things up,テ「ツツ said Schimmeck.


828 :NY:2019/06/06(木) 11:37:18 ID:TNLG9hs60
Good crew it's cool :) http://xnxx.in.net/xnnx/ xnnx com
テ「ツツ廡or Quantum Dawn 1, there was a cyber attack coordinated with armed gunmen running around Lower Manhattan, trying to gain entry to the exchanges and really just try to blow things up,テ「ツツ said Schimmeck.


829 :NY:2019/06/06(木) 11:38:13 ID:QinHK1XA0
Good crew it's cool :) http://xnxx.in.net/xnnx/ xnnx com
テ「ツツ廡or Quantum Dawn 1, there was a cyber attack coordinated with armed gunmen running around Lower Manhattan, trying to gain entry to the exchanges and really just try to blow things up,テ「ツツ said Schimmeck.


830 :NY:2019/06/06(木) 16:54:23 ID:dhdcq6FQ0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The justification for the exponentially greater fees- market-beating returns- rarely materializes and never endures. Far more money has been lost in hedge funds by investors chasing returns than has ever been made.


831 :NY:2019/06/06(木) 16:54:46 ID:Dx+i7dwo0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The justification for the exponentially greater fees- market-beating returns- rarely materializes and never endures. Far more money has been lost in hedge funds by investors chasing returns than has ever been made.


832 :NY:2019/06/06(木) 16:55:25 ID:MZ1puCpE0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The justification for the exponentially greater fees- market-beating returns- rarely materializes and never endures. Far more money has been lost in hedge funds by investors chasing returns than has ever been made.


833 :NY:2019/06/06(木) 16:56:07 ID:Pqvv6B8g0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The justification for the exponentially greater fees- market-beating returns- rarely materializes and never endures. Far more money has been lost in hedge funds by investors chasing returns than has ever been made.


834 :NY:2019/06/06(木) 16:56:46 ID:Xd5BwZdw0
I'd like to pay this cheque in, please http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
The justification for the exponentially greater fees- market-beating returns- rarely materializes and never endures. Far more money has been lost in hedge funds by investors chasing returns than has ever been made.


835 :NY:2019/06/06(木) 17:21:26 ID:xB3ajhQs0
Which year are you in? http://ghettotube.in.net/ ghettoporn
The NMC also ruled that Mrs Turner called a junior Asian doctor "Osama's mate" and asked if he had a bomb in his rucksack. The pair must now wait to learn what sanction, if any, they will face.


836 :NY:2019/06/06(木) 17:22:19 ID:UISOtI3Y0
Which year are you in? http://ghettotube.in.net/ ghettoporn
The NMC also ruled that Mrs Turner called a junior Asian doctor "Osama's mate" and asked if he had a bomb in his rucksack. The pair must now wait to learn what sanction, if any, they will face.


837 :NY:2019/06/06(木) 17:22:43 ID:nZjf+m8E0
Which year are you in? http://ghettotube.in.net/ ghettoporn
The NMC also ruled that Mrs Turner called a junior Asian doctor "Osama's mate" and asked if he had a bomb in his rucksack. The pair must now wait to learn what sanction, if any, they will face.


838 :NY:2019/06/06(木) 17:23:12 ID:xB3ajhQs0
Which year are you in? http://ghettotube.in.net/ ghettoporn
The NMC also ruled that Mrs Turner called a junior Asian doctor "Osama's mate" and asked if he had a bomb in his rucksack. The pair must now wait to learn what sanction, if any, they will face.


839 :NY:2019/06/07(金) 06:55:45 ID:rKtMSlNs0
We're at university together http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
Another experiment showed that elongating the time between performing the ritual and eating the food magnified the effects. Participants in this case were anticipating eating carrots of all things, and they said they tasted better after waiting.


840 :NY:2019/06/07(金) 06:56:06 ID:M1BTcbqc0
We're at university together http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
Another experiment showed that elongating the time between performing the ritual and eating the food magnified the effects. Participants in this case were anticipating eating carrots of all things, and they said they tasted better after waiting.


841 :NY:2019/06/07(金) 06:56:36 ID:KfyzuBmk0
We're at university together http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
Another experiment showed that elongating the time between performing the ritual and eating the food magnified the effects. Participants in this case were anticipating eating carrots of all things, and they said they tasted better after waiting.


842 :NY:2019/06/07(金) 06:57:18 ID:MOn30q+E0
We're at university together http://wallpapers.in.net/ sex wallpaper
Another experiment showed that elongating the time between performing the ritual and eating the food magnified the effects. Participants in this case were anticipating eating carrots of all things, and they said they tasted better after waiting.


843 :NY:2019/06/07(金) 07:44:46 ID:Ia2st+kM0
I'm on work experience http://tiava.in.net/ tiava "This group is assessing the circumstances of this case to determine what, if any, risk may exist for other patients. Further information will be available once this group has completed its assessment."


844 :NY:2019/06/07(金) 07:45:11 ID:OxnvLF920
I'm on work experience http://tiava.in.net/ tiava "This group is assessing the circumstances of this case to determine what, if any, risk may exist for other patients. Further information will be available once this group has completed its assessment."


845 :NY:2019/06/07(金) 07:45:43 ID:tz8IiKUI0
I'm on work experience http://tiava.in.net/ tiava "This group is assessing the circumstances of this case to determine what, if any, risk may exist for other patients. Further information will be available once this group has completed its assessment."


846 :NY:2019/06/07(金) 07:46:00 ID:BAo6z25s0
I'm sorry, he's http://rockettube.fun/ roket tube
Seattle Seahawks Sea Gals cheerleaders perform wearing pink for breast cancer awareness before an NFL football game between the Seattle Seahawks and the Tennessee Titans, Sunday, Oct. 13, 2013, in Seattle.


847 :NY:2019/06/07(金) 07:46:21 ID:KfyzuBmk0
I'm on work experience http://tiava.in.net/ tiava "This group is assessing the circumstances of this case to determine what, if any, risk may exist for other patients. Further information will be available once this group has completed its assessment."


848 :NY:2019/06/07(金) 07:46:39 ID:7s6Q+fW60
I'm on work experience http://tiava.in.net/ tiava "This group is assessing the circumstances of this case to determine what, if any, risk may exist for other patients. Further information will be available once this group has completed its assessment."


849 :NY:2019/06/07(金) 07:46:40 ID:THiC3lTk0
I can't get a signal http://keezmovies.in.net/ keezmov Minto was also said to have used cleaning agents on bar surfaces in the hotel and that the "heavily bloodstained" premises could be explained by an "exploding" nosebleed he had suffered.


850 :NY:2019/06/07(金) 07:46:48 ID:BAo6z25s0
I'm sorry, he's http://rockettube.fun/ roket tube
Seattle Seahawks Sea Gals cheerleaders perform wearing pink for breast cancer awareness before an NFL football game between the Seattle Seahawks and the Tennessee Titans, Sunday, Oct. 13, 2013, in Seattle.


851 :NY:2019/06/07(金) 07:46:52 ID:DBHAvL+s0
I'm sorry, he's http://rockettube.fun/ roket tube
Seattle Seahawks Sea Gals cheerleaders perform wearing pink for breast cancer awareness before an NFL football game between the Seattle Seahawks and the Tennessee Titans, Sunday, Oct. 13, 2013, in Seattle.


852 :NY:2019/06/07(金) 07:47:30 ID:igTL0eAA0
I can't get a signal http://keezmovies.in.net/ keezmov Minto was also said to have used cleaning agents on bar surfaces in the hotel and that the "heavily bloodstained" premises could be explained by an "exploding" nosebleed he had suffered.


853 :NY:2019/06/07(金) 07:47:39 ID:BAo6z25s0
Where are you calling from? http://femjoy.in.net/ www.femjoy.com
Putin and Medvedev talked casually on a boat and smiled as they drank tea together by a long table in the arranged video, which also showed the prime minister snapping pictures of the surrounding landscapes.


854 :NY:2019/06/07(金) 07:48:22 ID:I8sz2ua60
Where are you calling from? http://femjoy.in.net/ www.femjoy.com
Putin and Medvedev talked casually on a boat and smiled as they drank tea together by a long table in the arranged video, which also showed the prime minister snapping pictures of the surrounding landscapes.


855 :NY:2019/06/07(金) 07:48:25 ID:OxnvLF920
I can't get a signal http://keezmovies.in.net/ keezmov Minto was also said to have used cleaning agents on bar surfaces in the hotel and that the "heavily bloodstained" premises could be explained by an "exploding" nosebleed he had suffered.


856 :NY:2019/06/07(金) 07:48:33 ID:a0mVdD+g0
Where are you calling from? http://femjoy.in.net/ www.femjoy.com
Putin and Medvedev talked casually on a boat and smiled as they drank tea together by a long table in the arranged video, which also showed the prime minister snapping pictures of the surrounding landscapes.


857 :NY:2019/06/07(金) 07:49:18 ID:6N7UiARg0
I can't get a signal http://keezmovies.in.net/ keezmov Minto was also said to have used cleaning agents on bar surfaces in the hotel and that the "heavily bloodstained" premises could be explained by an "exploding" nosebleed he had suffered.


858 :NY:2019/06/07(金) 07:54:42 ID:THiC3lTk0
I've only just arrived http://planetsuzy.fun/ planetsuzy hd
Saleh said activists in the vicinity of Wednesday's attack have collected samples of victims' hair and blood, of soil and of pieces of munitions that landed in the area, but getting them to someone who can analyze them is another matter.


859 :NY:2019/06/07(金) 07:55:59 ID:ZFdEmFnM0
I've only just arrived http://planetsuzy.fun/ planetsuzy hd
Saleh said activists in the vicinity of Wednesday's attack have collected samples of victims' hair and blood, of soil and of pieces of munitions that landed in the area, but getting them to someone who can analyze them is another matter.


860 :NY:2019/06/07(金) 07:56:10 ID:wdY7y8mc0
I've only just arrived http://planetsuzy.fun/ planetsuzy hd
Saleh said activists in the vicinity of Wednesday's attack have collected samples of victims' hair and blood, of soil and of pieces of munitions that landed in the area, but getting them to someone who can analyze them is another matter.


861 :NY:2019/06/07(金) 07:56:46 ID:THiC3lTk0
I've only just arrived http://planetsuzy.fun/ planetsuzy hd
Saleh said activists in the vicinity of Wednesday's attack have collected samples of victims' hair and blood, of soil and of pieces of munitions that landed in the area, but getting them to someone who can analyze them is another matter.


862 :NY:2019/06/07(金) 08:06:40 ID:VJ56zTPU0
Is there ? http://greatlakesstudentloans.in.net/ greatlakesloans
Chinese factories have sent mixed signals on the extent of their latest rebound. A separate manufacturing PMI issued by HSBC on Monday showed manufacturing grew less than expected last month on soft domestic demand.


863 :NY:2019/06/07(金) 08:07:37 ID:xFpFkt5+0
Is there ? http://greatlakesstudentloans.in.net/ greatlakesloans
Chinese factories have sent mixed signals on the extent of their latest rebound. A separate manufacturing PMI issued by HSBC on Monday showed manufacturing grew less than expected last month on soft domestic demand.


864 :NY:2019/06/07(金) 08:07:59 ID:BAo6z25s0
Is there ? http://greatlakesstudentloans.in.net/ greatlakesloans
Chinese factories have sent mixed signals on the extent of their latest rebound. A separate manufacturing PMI issued by HSBC on Monday showed manufacturing grew less than expected last month on soft domestic demand.


865 :NY:2019/06/07(金) 08:08:46 ID:9uJUmSLU0
Is there ? http://greatlakesstudentloans.in.net/ greatlakesloans
Chinese factories have sent mixed signals on the extent of their latest rebound. A separate manufacturing PMI issued by HSBC on Monday showed manufacturing grew less than expected last month on soft domestic demand.


866 :NY:2019/06/07(金) 08:08:48 ID:a/GwYgyc0
Is there ? http://greatlakesstudentloans.in.net/ greatlakesloans
Chinese factories have sent mixed signals on the extent of their latest rebound. A separate manufacturing PMI issued by HSBC on Monday showed manufacturing grew less than expected last month on soft domestic demand.


867 :NY:2019/06/07(金) 08:09:42 ID:a/GwYgyc0
Please wait http://keezmovies.in.net/ keezmovie In the 2012 showdown over what was known as the "fiscalcliff" of tax hikes and budget cuts, Boehner's failure to uniteRepublicans behind a strategy reinforced a perception ofdysfunction within his caucus.


868 :NY:2019/06/07(金) 08:10:23 ID:D09375XM0
Please wait http://keezmovies.in.net/ keezmovie In the 2012 showdown over what was known as the "fiscalcliff" of tax hikes and budget cuts, Boehner's failure to uniteRepublicans behind a strategy reinforced a perception ofdysfunction within his caucus.


869 :NY:2019/06/07(金) 08:10:44 ID:h7nCcxIA0
Please wait http://keezmovies.in.net/ keezmovie In the 2012 showdown over what was known as the "fiscalcliff" of tax hikes and budget cuts, Boehner's failure to uniteRepublicans behind a strategy reinforced a perception ofdysfunction within his caucus.


513KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch+ BBS 0.5.3 110107